また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1203398 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳と雷鳥

日程 2017年07月21日(金) 〜 2017年07月22日(土)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間57分
休憩
1時間8分
合計
9時間5分
S長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:4908:18仙水小屋10:25駒津峰11:0611:34六方石12:57甲斐駒ヶ岳13:0313:23駒ヶ岳神社本宮13:2514:03六方石14:1114:48駒津峰14:5815:32双児山15:3315:42双児山南峰16:53北沢峠 こもれび山荘16:54北沢峠
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

雷鳥の砂浴び
2017年07月21日 12:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥の砂浴び
4
旦那さんの誇らしげな凛々しい姿
2017年07月21日 12:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旦那さんの誇らしげな凛々しい姿
5
頂上のほこら
2017年07月21日 13:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上のほこら
登頂記念に
2017年07月21日 13:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念に
3
頂上付近は花崗岩の砂地で歩きにくいです
2017年07月21日 13:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近は花崗岩の砂地で歩きにくいです
天空の細道
2017年07月21日 13:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空の細道
テント場からの朝焼け
2017年07月22日 04:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場からの朝焼け
テント場の朝
2017年07月22日 04:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の朝
1
朝9時からだけど、8時50分に入れてもらいました。
ありがとうございます。
2017年07月22日 08:56撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝9時からだけど、8時50分に入れてもらいました。
ありがとうございます。
芦安駐車場で温泉に入れます。
700円でした。
2017年07月22日 09:18撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦安駐車場で温泉に入れます。
700円でした。

感想/記録

年休を取って、白馬岳に行く計画を立てたが、天気予報は今一。
それならば近くでということで甲斐駒ヶ岳に行ってきました。
三時半に駐車場に着くと、ギリギリ芦安第一駐車場に入れたけど混んでる事にびっくり。
1時間程仮眠し、連れも到着したので、乗合タクシーで広河原に移動。
広河原からバスに乗り北沢峠に。
移動は少し面倒くさいけど、自分で運転しないからと割り切る事に。
北沢峠からテント場まで15分くらいで到着。テントを張り身軽になって、いよいよ登山開始。
駒津峰までの急登は、寝不足と暑さにこたえてヘロヘロ状態。
駒津峰から甲斐駒ヶ岳の途中で直登と巻き道か、選択出来ますが、直登を選びました。
ところが、これがまた結構怖い。
ロープも鎖もなく、途中で巻き道を選べば良かったと後悔しかけたその時、なんと特別天然記念物の雷鳥に遭遇。
雷鳥見たのが初めてだし、ずっと見たかったので、我を忘れてシャッターを押し続けました。
雷鳥も人を恐れず近寄っても逃げたりしません。
鳴き声も可愛く、この出来事だけで今回の登山は大満足でした。
頂上に着くと、辺りはガスっていて、登頂記念の写真を撮って、早々に下山開始。
頂上付近は花崗岩の砂地でとても疲れました。
訪問者数:325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ