ヤマレコ

記録ID: 1203403 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

また雲の中の月山:弥陀ヶ原から

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇、1600mより上は雲の中
アクセス
利用交通機関
車・バイク
月山八合目駐車場60台ほど。朝6時到着でバス5台、車20台ほどだった。天気のせいか、今日は帰り11時でも半分以上空きあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
43分
合計
5時間4分
Sスタート地点06:0006:52一ノ岳07:00たたみ石07:0107:16九合目 佛生池07:34行者返し08:24月山09:0009:37行者返し09:52九合目 佛生池10:04たたみ石10:09一ノ岳10:1210:55御田原参籠所10:5811:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石畳で、よく整備されており危険個所なし。今年は残雪が多いようで、仏生池下と山頂直下の2か所に雪面のトラバースあり、注意。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

月山八合目から階段を登ると、すぐに弥陀ヶ原になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山八合目から階段を登ると、すぐに弥陀ヶ原になる。
3
駐車場を見下ろす。ニッコウキスゲのある草原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場を見下ろす。ニッコウキスゲのある草原。
1
ニッコウキスゲをアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲをアップ。
11
ウラジロヨウラク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
4
弥陀ヶ原を見下ろす、建物は御田原参籠所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原を見下ろす、建物は御田原参籠所。
2
月山山頂方面は雲の中。今日は仕方ないね。雨が降り出す前に帰ってくる予定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山山頂方面は雲の中。今日は仕方ないね。雨が降り出す前に帰ってくる予定。
2
佛生池手前で、早くも残雪のトラバース。今年は随分残っているものだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佛生池手前で、早くも残雪のトラバース。今年は随分残っているものだ。
7
ハクサンイチゲさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲさん
3
ハクサンシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
4
ヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ
2
ミヤマキンポウゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
2
イワイチョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
3
チングルマさん、群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマさん、群生。
8
佛生池小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佛生池小屋。
4
雲の中を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の中を登る。
1
ハクサンシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
5
行者返しの岩場。ここは急だが、登りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者返しの岩場。ここは急だが、登りやすい。
1
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
4
山頂稜線に近づく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂稜線に近づく。
1
晴れていれば、いい眺めなんだろうが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、いい眺めなんだろうが。
2
ミネウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネウスユキソウ
4
稜線にのり、大峰あたり。木道が出てくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にのり、大峰あたり。木道が出てくる。
1
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
6
寄せ植え風。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄せ植え風。
2
山頂直下の雪田を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の雪田を通過。
1
いつも行くんだけど、三角点に寄ってみました。ここからの鶴岡方面の眺めはよいんだけど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも行くんだけど、三角点に寄ってみました。ここからの鶴岡方面の眺めはよいんだけど。
3
月山神社入口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山神社入口。
3
月山頂上小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山頂上小屋。
1
帰りの山頂直下、雪田を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの山頂直下、雪田を通過。
1
ハクサンイチゲさんアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲさんアップ。
8
弥陀ヶ原上部、左の水蒸気が上がっている所は雪田。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原上部、左の水蒸気が上がっている所は雪田。
2
ニッコウキスゲの原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの原。
3
雲の下になった。弥陀ヶ原の池塘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の下になった。弥陀ヶ原の池塘。
8
近くの山も見えるようになった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くの山も見えるようになった。
3
御田原参籠所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御田原参籠所。
3

感想/記録
by kyen

しばらく山に行くことができなかったので、この週末に行きたいと思ったが天候が思わしくない。土日どちらかと言えば、土曜が東北北部以外は、雨が降るのは昼からという予報なので、早く出てサッと行ってこよう。久しぶりなのであまりきつくない所、暑くない高い所はないかな。月山は、弥陀ヶ原(羽黒口)からは登ったことが無いので、登山口がやや遠いが行ってみることにした。

月山八合目までの、月山高原ラインは羽黒山近くから16劼發△襦J涸で良い道だが幅が狭いところも多く、バスも通るのですれ違いに時間がかかる場合もある。朝のすれ違いは幸い車1台だけだった。帰りは対向車もあり、スピードには注意した。バス同士のすれ違いがあり、やや渋滞して時間もかかった。月山八合目駐車場は道の右側、谷側に並んでいる(無料)。係員の方が案内してくれる。駐車場は朝6時でバス5台、車20台ほどだった。天気のせいか、今日は帰り11時でも半分以上空きがあった。

さて、天気は予報通りで平地では晴れているが、月山の山頂は雲の中である。駐車場から階段を登り、弥陀ヶ原へ向かう。すぐに気持ちの良い草原となり、密度は薄いがニッコウキスゲがきれいである。登山道は最初木道もあるが、大部分は石畳や石の上をゆったりと登っていく。特に急な所もなく、花を見ながら進む。標高1600mあたりから雲の中に入ってしまった。その後、佛生池の手前で、雪渓を20mほどトラバースする場所があった。ガスで周りが全く見えないし、雪が柔らかくはないので、注意して渡る。佛生池の周辺はお地蔵様などもあり、独特の雰囲気である。小屋を通過して登っていくが、相変らず登りは緩い。行者返しは岩場の急登だが、距離は短いし、登りやすい。そこを過ぎると山頂から延びる稜線は近い。稜線に出ると風が結構強い。木道が出てくるが、その後も緩い登りである。山頂が近づくと稜線東側をトラバースするようになり、雪田に出るが傾斜は緩く危険はない。また、右の山腹にも踏み跡がある。先ず、右に月山の三角点に行ってみた。ここは月山に来た時はいつも立ち寄るのであるが、眺望が良いところだ。でも、今日は何も見えない。

その後、月山神社と月山山頂小屋の所まで行ってから戻り、神社東側の斜面で昼食をとる。ここは、ハイシーズンの昼頃は大勢の人で賑わうのだが、まだ9時前なので、姥沢や湯殿山下からの人はまだだろうから、人は多くない。天気も天気だしね。帰りは雪田を下り道に入って往路の通り戻る。下りでも、弥陀ヶ原上部は気持ちの良い草原である。帰りは御田原参籠所を経由して駐車場に出た。今日は天候があまり良くないが、多くの人と出会った。人数から言えば、白衣の月山講の方が半分以上かな。やはり月山は独特の雰囲気がある。佛生池付近の雪渓では白衣の方々は靴に藁を巻きつけて滑り止めにしていた、なるほど。弥陀ヶ原コースは標高差、距離ともリフトを使う姥沢コースより長いが、傾斜が緩いので登りやすいルートで、楽だった。

今日は、雲の中で少し濡れたが、雨には遭わずに、予定通り11時に駐車場に下山した。陽があたらないので15℃以下くらいで、場所によっては強風、Tシャツだと寒いくらいで歩き易かった。確かに涼しい山には行けたことになるか。帰路、湯殿山インター付近で12時位に大雨、それから仙台南インター近くでも14時前に一時的に大雨に会った。12時ころから雨というのは、天気予報通りだったが、少し北の秋田県では豪雨だったということだし、局地的に何処で大雨が降るかの予想は難しそうだ。
訪問者数:558人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ