また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1203979 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳(鳥倉より日帰り)

日程 2017年07月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後土砂降り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥倉駐車場 
AM3時に第一駐車場に到着したが満車と思い500mほど戻り、第二駐車場近くの空きスペースに駐車。第二駐車場はまだガラガラでした。明るくなってから見ると第一駐車場もまだ数台分は残っていたかもしれません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間49分
休憩
59分
合計
11時間48分
Sスタート地点04:4104:47鳥倉林道ゲート(駐車場)04:5205:23鳥倉林道登山口05:2906:06豊口山のコル06:30水場06:50塩川・鳥倉ルート合流点06:5507:07三伏峠小屋07:2207:34三伏山08:08本谷山09:19塩見小屋09:2610:14塩見岳10:1510:18塩見岳東峰10:2510:35塩見岳11:19塩見小屋12:45本谷山13:31三伏山13:3213:56三伏峠小屋14:0114:12塩川・鳥倉ルート合流点14:1914:42水場15:09豊口山のコル15:39鳥倉林道登山口16:15鳥倉林道ゲート(駐車場)16:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは整備良好で迷うような場面はありませんでした。塩見小屋までは危険は感じません。塩見小屋手前でやっと森林限界を超えます。
塩見小屋から山頂までは岩場あり。鎖、梯子等はないがホールドはしっかりしている。ところどころ浮石あり注意が必要です。落石注意の看板あります。
また、下山時三伏峠からは本格的雨で、コースは水浸し。丸太を使って整備された道は滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

ゲードから登山口までは林道歩き
2017年07月22日 04:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲードから登山口までは林道歩き
今日の天気はまずまずと思ってました。
2017年07月22日 04:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の天気はまずまずと思ってました。
鳥倉登山口。登山者カード提出できます。自分はネットで提出すみ。
2017年07月22日 05:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口。登山者カード提出できます。自分はネットで提出すみ。
三伏峠小屋までの10分の1。しばらく林道歩き。鈴鹿みたいです。ヒルはいないけど。
2017年07月22日 05:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋までの10分の1。しばらく林道歩き。鈴鹿みたいです。ヒルはいないけど。
ほとけの清水。少し頂きました。
2017年07月22日 06:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとけの清水。少し頂きました。
中央アルプス。湿度が高いのか低層の雲が目立ちます。
2017年07月22日 06:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。湿度が高いのか低層の雲が目立ちます。
三伏峠小屋到着。登山口から2時間で快調です。
2017年07月22日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠小屋到着。登山口から2時間で快調です。
テン場。塩見岳山頂を拝みます。
2017年07月22日 07:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場。塩見岳山頂を拝みます。
三伏山。峠からすぐです。
2017年07月22日 07:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山。峠からすぐです。
塩見岳。この姿に憧れていました。背景に入道雲。まだ遠い。
2017年07月22日 08:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳。この姿に憧れていました。背景に入道雲。まだ遠い。
1
中央は間ノ岳。右に農鳥岳。左に甲斐駒。北岳山頂は雲に隠れて、一度も見えませんでした。
2017年07月22日 09:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は間ノ岳。右に農鳥岳。左に甲斐駒。北岳山頂は雲に隠れて、一度も見えませんでした。
仙丈と甲斐駒。撮影のタイミング悪い。もっとよく見えていたのに。
2017年07月22日 09:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈と甲斐駒。撮影のタイミング悪い。もっとよく見えていたのに。
上り下りを繰り返し、なんとか塩見小屋に到着。
2017年07月22日 09:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り下りを繰り返し、なんとか塩見小屋に到着。
荒川三山
2017年07月22日 09:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山
山頂までの岩場。花の名前はわかりません。
2017年07月22日 09:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの岩場。花の名前はわかりません。
1
別の場所です。
2017年07月22日 10:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別の場所です。
1
下りの為の足(体力)を残しながら登ります。
2017年07月22日 10:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りの為の足(体力)を残しながら登ります。
山頂(西峰)到着。3047m。向こう側は3052mの東峰。
2017年07月22日 10:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(西峰)到着。3047m。向こう側は3052mの東峰。
2
ガスが上がってきましたが南側は望めます。
2017年07月22日 10:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが上がってきましたが南側は望めます。
北側は視界不良。
2017年07月22日 10:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は視界不良。
東峰はすぐです。
2017年07月22日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰はすぐです。
2
荒川三山。行きたくなりました。
2017年07月22日 10:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山。行きたくなりました。
2
東峰から西峰を望む。
2017年07月22日 10:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰から西峰を望む。
1
下りです。いつもながら、下りのほうが辛く感じます。
三伏峠を超えてから土砂降りとなり、登山道が洪水状態で滑りやすく大変でした。
2017年07月22日 11:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りです。いつもながら、下りのほうが辛く感じます。
三伏峠を超えてから土砂降りとなり、登山道が洪水状態で滑りやすく大変でした。
なんとか下山しました。
2017年07月22日 16:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか下山しました。
第一駐車場。
2017年07月22日 16:14撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一駐車場。
撮影機材:

感想/記録

白峰三山を縦走したときに眺めて以来、一度は行きたかった塩見岳。梅雨明けの発表後最初の週末に日帰りで決行しました。もう少し好天を予想(期待)したがなかなか思うようにならないものです。もう1時間くらい早く出発してガスが上がるころには山頂を目指したかったが、準備にもたついていました。
山頂で豪雨に当たらなかったからラッキーだったと思います。

鳥倉からの塩見岳は急登は塩見小屋からのみであるものの、三伏山と本谷山越えがあり、水平距離が長いところが特徴と感じました。

いつかは荒川三山
訪問者数:516人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/12
投稿数: 5
2017/7/25 5:42
 日帰りおめでとうございます。
余裕の行程で、感動しました!装備は、はじめから、日帰り用の軽装備でしょうか?
登録日: 2013/10/5
投稿数: 11
2017/7/29 21:07
 Re: 日帰りおめでとうございます。
服装は早く歩くために長袖Tシャツ、ロングタイツ、トレランシューズです。
リスク管理としてはヘッドランプ(予備を含む)と防寒着、行動食の余分、小屋泊まり用のお金の準備くらいでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

森林限界 ガス 急登 林道 テン 落石 梅雨
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ