また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1206120 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

トムラウシト山から旭岳縦走 【神田百No.1】

日程 2017年07月14日(金) 〜 2017年07月17日(月)
メンバー
 aiba51(CL)
天候晴れのち曇そして雷雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等、 飛行機
羽田空港からとかち帯広空港へ飛行機→バスで帯広駅→汽車で新得駅→タクシーで短縮登山口
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間30分
休憩
0分
合計
12時間30分
S短縮登山口05:0013:15トムラウシト山17:30ヒサゴ沼非難小屋テン場
2日目
山行
9時間5分
休憩
5分
合計
9時間10分
ヒサゴ沼非難小屋テン場05:3009:50忠別岳13:20�根が原分岐13:2514:40白雲岳非難小屋
3日目
山行
6時間10分
休憩
0分
合計
6時間10分
白雲岳非難小屋05:2009:45旭岳11:30ロープウエイ駅
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
所々雪渓あり注意が必要
登山ポストがないため登山計画書は所管警察署に提出が必要
その他周辺情報下山後の温泉は近くにある。ただし12:30から。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ マット シェラフ アルコール少々 つまみ
共同装備 テント コッヘル 調理用食材 調味量 ガス ガスカートリッジ

写真

短縮登山口スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短縮登山口スタート
短縮登山口出発、しばらくして沢を渡り雪渓を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短縮登山口出発、しばらくして沢を渡り雪渓を歩く
前トム平、森林を抜けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トム平、森林を抜けました
トムラウシト公園。天気良くて最高です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシト公園。天気良くて最高です。
トムラウシト山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシト山頂
北海道第2の高峰、トムラウシ。
神田?東京?と。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道第2の高峰、トムラウシ。
神田?東京?と。
1
黄、白、紫、桃色の小花満開の中に沼、木道ありの日本庭園。
ここからまたまだ歩く~
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄、白、紫、桃色の小花満開の中に沼、木道ありの日本庭園。
ここからまたまだ歩く~
1日目終了地点、人気のヒサゴ沼避難小屋のテン場。
水は、煮沸して利用した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1日目終了地点、人気のヒサゴ沼避難小屋のテン場。
水は、煮沸して利用した。
チングルマが満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマが満開。
北海岳
天気良ければ広大な大雪山が見えるはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳
天気良ければ広大な大雪山が見えるはず
北海道最高峰、旭岳。
展望悪しだったが、感無量!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海道最高峰、旭岳。
展望悪しだったが、感無量!
旭岳姿見の池到着。
3日間の縦走が終了
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳姿見の池到着。
3日間の縦走が終了
1

感想/記録
by aiba51

2日目、16日は雷雨で縦走中、写真を撮ってる場合ではなかった。

感想/記録
by

神田百の推薦欄に、最も多くの魅力が語られ山!と。楽しみは増すばかり...

・初日、快晴!色とりどりの高山植物が咲き競い、沼、木道が美しく調和した日本庭園は、クタクタの身体を癒してくれた。人気のヒサゴ沼避難小屋からの夕景は感動的!!
・2日目、ガスがかった高根ヶ原は、一面チングルマの群生でとても幻想的なお花畑だった。(ここでチングルマ覚えました(^o^;))
スタート時は晴→曇→雷雨と自然の変化の厳しさを学んだ。テン泊予定だったが雨の為避難小屋泊に。濡れたウェア、シューズを干すという体験をする。白雲岳避難小屋1000円(6〜9月管理人常駐)
・3日目、間宮岳分岐からは雪渓が残っていたが、軽アイゼンは必要なし。旭岳は残念なことにガスガスだったが達成感がありとても満足できた。

タフな縦走コースで、またまた経験値を上げることができました。雄大な北海道の人気コースを堪能できた。
aiba51さん、ありがとうございました。
訪問者数:158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ