また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1209820 全員に公開 ハイキング関東

富士山、本七合目の日の出は雲の向こう

日程 2017年07月29日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
須走多目的公園駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

須走口五合目を深夜23時に出発
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

感想/記録
by yasu-u

須走多目的公園駐車場に22時半集合、メンバーは4人、タクシーで須走口五合目へ向かう。登山口で身体を標高にならし、23時に登山を開始する。

あたりは真っ暗、ヘッドライトの明かりのみが頼りだ。自分のヘッドライトはスポットライト的、広範囲に照らす調整はできない。くるくる首をまわし、左右を確認しながら進む。

七合目を過ぎて本七合目に向かっているとき、足元がざらつき、次第に登りにくくなってきた。まわりを見回すと、登山者のヘッドライトが、遠くに見え、こちらに近づいてこない。眠たい頭で考えた。いま自分たちは下山道を登っているんじゃないか。

来た道を戻る。七合目の登山道と下山道の分かれ道に着いた。戻ってよかった。登山道を本七合目へ向かって登る。

本七合目では、多くの方が日の出を待っていた。自分たちも日の出を待つ。あたりは雲のなか、日の出の時間も雲のなか。朝日を見ることはできなかった。

下山道を下山する。途中、間違えて登っていた下山道を通る。そこで引き返して良かったと改めて実感する。

下山してから、御殿場の風呂「オアシス御殿場」へ行く。仮眠もできるところだ。風呂上りに2時間ほどリラックスシートで睡眠、眠気がとれた。昼14時、クルマで御殿場を発つ。

※帰宅して部屋のベットに横になった。時々目覚めるも、翌朝まで寝続けた。翌朝、体内時計が元に戻った感じ。
訪問者数:131人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ