また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1210435 全員に公開 キャンプ等、その他蔵王・面白山・船形山

聖山平から股窪へ

日程 2017年07月14日(金) 〜 2017年07月15日(土)
メンバー
天候曇りのち雨(14日,15日とも)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
S聖山平12:0015:20股窪17:20ろうずめ平18:00股窪10:30聖山平10:30ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

青根から峨々温泉に至る尾根から前後の烏帽子岳を望む。朝は晴天だったけど,湿度が高く蒸し暑い。
2017年07月14日 09:10撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根から峨々温泉に至る尾根から前後の烏帽子岳を望む。朝は晴天だったけど,湿度が高く蒸し暑い。
熊野岳東面の残雪。
2017年07月14日 09:53撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳東面の残雪。
おびただしい数のアキアカネが飛んでいる。2週間前にはまったく見られなかった。
2017年07月14日 10:44撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おびただしい数のアキアカネが飛んでいる。2週間前にはまったく見られなかった。
アザミの花とヒョウモンチョウ。
2017年07月14日 11:26撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの花とヒョウモンチョウ。
刈田岳の東面にもまだ雪が残っている。
2017年07月14日 11:36撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳の東面にもまだ雪が残っている。
ここから澄川へ下り,登り返して股窪へ。今日は駐車中の車はなく,先行者はいない様子。
2017年07月14日 11:56撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから澄川へ下り,登り返して股窪へ。今日は駐車中の車はなく,先行者はいない様子。
澄川の渡渉点。危なげなし。ここで,渡れなくなるほど増水したのを見たことがない。
2017年07月14日 12:33撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
澄川の渡渉点。危なげなし。ここで,渡れなくなるほど増水したのを見たことがない。
雲が湧き,周囲の景色を覆い隠す。晴れ間からつかの間見えた後烏帽子岳を撮る。
2017年07月14日 14:37撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が湧き,周囲の景色を覆い隠す。晴れ間からつかの間見えた後烏帽子岳を撮る。
サンカヨウの花が終わり,果実が大きくなった。
2017年07月14日 14:55撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウの花が終わり,果実が大きくなった。
尾根に登ると,股窪まではゆるい登り。だんだん森が深くなり,年降りた巨木が目に付くようになる。
2017年07月14日 15:03撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に登ると,股窪まではゆるい登り。だんだん森が深くなり,年降りた巨木が目に付くようになる。
足下にはゴゼンタチバナがたくさん咲いている。
2017年07月14日 14:49撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足下にはゴゼンタチバナがたくさん咲いている。
股窪の池塘に着いた。雨が近いのだろうか,タゴガエル?の鳴き声が響く。
2017年07月14日 15:17撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股窪の池塘に着いた。雨が近いのだろうか,タゴガエル?の鳴き声が響く。
よくカルガモが浮かんでいる池だけど,今日はいなかった。
2017年07月14日 15:18撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくカルガモが浮かんでいる池だけど,今日はいなかった。
ここは三方を山に囲まれて,周囲の水が沢となって集まる地形だ。強い風は吹かず樹木は大きく育つ。深く静かな太古の森。
2017年07月14日 15:29撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは三方を山に囲まれて,周囲の水が沢となって集まる地形だ。強い風は吹かず樹木は大きく育つ。深く静かな太古の森。
鳥たちが,手を伸ばせば触れられるんじゃないかと思うくらい近く(2mぐらい?)まで飛んでくる。キビタキもいた。
2017年07月14日 15:55撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥たちが,手を伸ばせば触れられるんじゃないかと思うくらい近く(2mぐらい?)まで飛んでくる。キビタキもいた。
雷が鳴り,だんだん頭上へと近付いてくる。それとともに土砂降りの雨。樹下で雨宿りをするが,小止みになってテントを張るまで2時間かかった。
2017年07月14日 18:02撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷が鳴り,だんだん頭上へと近付いてくる。それとともに土砂降りの雨。樹下で雨宿りをするが,小止みになってテントを張るまで2時間かかった。
夜半には星もみえたけど,朝にはまた雲がかかり,いつ降り出すかわからないので,長居はしないことにする。
2017年07月14日 23:38撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜半には星もみえたけど,朝にはまた雲がかかり,いつ降り出すかわからないので,長居はしないことにする。
朝食を食べていると,すぐ近くの樹からホトトギスの鳴き声がする。カメラを構えて撮ろうとするけど,姿を見せないままに飛び去っていった。
2017年07月15日 04:55撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食を食べていると,すぐ近くの樹からホトトギスの鳴き声がする。カメラを構えて撮ろうとするけど,姿を見せないままに飛び去っていった。
ここなら,テントを張っても草木に悪影響を与えることはないと踏んだ空き地。蔵王の稜線近くにはそのような場所は無いに等しい。
2017年07月15日 05:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここなら,テントを張っても草木に悪影響を与えることはないと踏んだ空き地。蔵王の稜線近くにはそのような場所は無いに等しい。

感想/記録

蔵王の股窪は,周囲から沢が集まる静謐な古樹の森。野鳥と動物たちの楽園。
訪問者数:66人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ