ヤマレコ

記録ID: 1212540 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳

日程 2017年07月30日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
芦安まで車でそこからタクシー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間6分
休憩
28分
合計
9時間34分
S広河原インフォメーションセンター06:1806:24広河原山荘06:2706:36白根御池分岐08:43白根御池小屋08:4410:25草すべり分岐10:2710:40小太郎尾根分岐10:4611:28北岳肩ノ小屋11:2911:41両俣分岐11:4212:01北岳12:0412:22両俣分岐12:2412:33北岳肩ノ小屋12:3413:11小太郎尾根分岐13:1213:20草すべり分岐13:2314:12白根御池小屋14:1415:44白根御池分岐15:49広河原山荘15:5115:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険とまではいかないが肩の小屋から山頂までは岩場で所々足場が狭く風が強い時は注意が必要。
その他周辺情報下山後、近くの金山沢温泉に行った。芦安駐車場前の温泉は16:30で閉まるため入れなかった。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

広河原の登山者向け施設。建物もトイレも綺麗でした。雨が降っていたのでみんなここでレインウェアに着替える等準備してました。
2017年07月30日 06:18撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原の登山者向け施設。建物もトイレも綺麗でした。雨が降っていたのでみんなここでレインウェアに着替える等準備してました。
白根御池小屋へ向かう途中にベンチが2箇所あります。休める場所があまりなかったのでありがたかったです。
2017年07月30日 07:18撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋へ向かう途中にベンチが2箇所あります。休める場所があまりなかったのでありがたかったです。
白根御池小屋。山小屋とは思えない程綺麗。南アルプスの天然水(蛇口からの飲用水)をがぶ飲み&ペットボトルに補充。ここで売ってた桃のソフトクリームは美味すぎた。
2017年07月30日 08:31撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋。山小屋とは思えない程綺麗。南アルプスの天然水(蛇口からの飲用水)をがぶ飲み&ペットボトルに補充。ここで売ってた桃のソフトクリームは美味すぎた。
白根御池小屋からさらに登ると花の保護区があった。たくさんの花を見ながらしばし休憩。
2017年07月30日 10:08撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋からさらに登ると花の保護区があった。たくさんの花を見ながらしばし休憩。
肩の小屋手前の稜線からの眺め。基本がスっていたが、たまにガスの切れ目から壮大な景色が見えた。この景色を見て『3000m級の山からの景色は2000m級のそれとは格が違う…』と心から感じた。晴れた時の景色はさらにすごいんだろうな。
2017年07月30日 11:13撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋手前の稜線からの眺め。基本がスっていたが、たまにガスの切れ目から壮大な景色が見えた。この景色を見て『3000m級の山からの景色は2000m級のそれとは格が違う…』と心から感じた。晴れた時の景色はさらにすごいんだろうな。
1
肩の小屋付近でイワベンケイを見つけた。和む。
2017年07月30日 11:13撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋付近でイワベンケイを見つけた。和む。
肩の小屋から山頂へと続く峰が一瞬顔を出した?ちなみに山頂はもっと奥。山頂までは思いの外距離があった。
2017年07月30日 11:19撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋から山頂へと続く峰が一瞬顔を出した?ちなみに山頂はもっと奥。山頂までは思いの外距離があった。
雲がかかっているが絶景の一端を見ることができた。
2017年07月30日 11:30撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかっているが絶景の一端を見ることができた。
山頂付近は急斜面。
2017年07月30日 11:30撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は急斜面。
ハクサンイチゲ。いたるところに咲いていて綺麗だった。
2017年07月30日 11:59撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。いたるところに咲いていて綺麗だった。
仲間と共に三角点タッチ(^-^)
2017年07月30日 11:59撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仲間と共に三角点タッチ(^-^)
白根岳三角点っていう名前なんですね。
2017年07月30日 12:00撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根岳三角点っていう名前なんですね。
山頂の標柱。初めての3000m級登頂に感無量でした。景色が良ければ言うことなしだったけど…
2017年07月30日 12:01撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の標柱。初めての3000m級登頂に感無量でした。景色が良ければ言うことなしだったけど…
こちらは山梨百名山の標柱。
2017年07月30日 12:02撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは山梨百名山の標柱。
山頂は少し開けていて、こんな感じだった。
2017年07月30日 12:03撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は少し開けていて、こんな感じだった。
下山中、肩の小屋付近で雷鳥の親子を発見!駐車場にいた管理者さんによるとこの親子は山頂付近に住み着いてよく目撃されてるらしい。
2017年07月30日 12:22撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中、肩の小屋付近で雷鳥の親子を発見!駐車場にいた管理者さんによるとこの親子は山頂付近に住み着いてよく目撃されてるらしい。
1
肩の小屋付近でミヤマオダマキを発見。色鮮やかでとても美しかった。
タクシーの時間の関係で下山はダッシュだったためほとんど写真は撮れず、残念。
2017年07月30日 12:25撮影 by SC-04F, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋付近でミヤマオダマキを発見。色鮮やかでとても美しかった。
タクシーの時間の関係で下山はダッシュだったためほとんど写真は撮れず、残念。
撮影機材:

感想/記録

初めて3000m級の山にチャレンジしました。最初小雨が降っていて足元が悪かったためルートを少し変更し、草すべり経由のピストンルートにしました。
普段よく登る2000m級の山なら体力的には特に問題は無いのですが、今回はかなりヘトヘトになりました。
でも、山頂付近でガスの合間から見えた立派な稜線と2〜3000m級の山々を下に見る壮大な景色を見ると本当にここまでの頑張りが報われてそれ以上の充足感を感じることができました。
山頂ではガスで周りが見えず風も強くて何より寒かったので5分くらいの滞在ですぐ下山を始めましたが…。
今回は北岳日帰りピストンの強行登山でしたが、もっと体力をつけて、天気の良い時に白根御池小屋に泊まりつつゆっくりと自然や景色を堪能しながらの登山をいつかしてみたいと思いました。
訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ