また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1215279 全員に公開 ハイキング大峰山脈

熊渡〜双門〜弥山〜八経ヶ岳〜カナビキ〜熊渡

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R309、熊渡の橋のたもとに駐車スペース(5~6台)有
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
47分
合計
8時間33分
S熊渡06:0106:27金引尾根・弥山川分岐06:2806:41釜滝07:28吊橋07:4608:31仙人瑤離謄薀08:4109:40河原小屋09:4211:01狼平避難小屋11:0311:24大黒岩11:2511:35弥山11:3611:41弥山小屋11:4611:48国見八方覗12:06大峰山12:0712:07八経ヶ岳12:19明星ヶ岳12:2212:50日裏山12:59高崎横手13:0013:13ナベの耳13:31カナビキ尾根分岐13:3314:13金引橋14:34熊渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■ 熊渡〜双門分岐
通常の登山道
■ 釜滝〜狼平
沢沿い歩きで滑り易い状態。道をロストしそうになる場合は、立ち止まって周囲を見渡し、テープ、ケルンを探してください。
■狼平〜弥山〜八経ヶ岳〜ナメリ坂分岐
通常の登山道
■ナメリ谷〜金引橋
破線ではあるものの、踏み固められ、テープは要所要所にあるので安心です。
ただ、傾斜がきついので滑りやすいかも知れません。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 防寒着 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル

写真

さ、スタート!
2017年08月05日 05:56撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ、スタート!
双門とカナビキの分岐。左へ。
2017年08月05日 06:24撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双門とカナビキの分岐。左へ。
すごい迫力でした
2017年08月05日 07:46撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい迫力でした
2
手のひらサイズのカエルさん
2017年08月05日 08:10撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手のひらサイズのカエルさん
ひたすら川上へ
2017年08月05日 09:23撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら川上へ
双門ルートは一方通行。確かに危ないねぇ。
2017年08月05日 10:54撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双門ルートは一方通行。確かに危ないねぇ。
弥山小屋。コーラ補給
2017年08月05日 11:33撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋。コーラ補給
こんにちわ
2017年08月05日 12:50撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちわ
2
分岐へ戻る
2017年08月05日 14:11撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐へ戻る
帰還後に見ると、実感が湧くね
2017年08月05日 14:29撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰還後に見ると、実感が湧くね
1
撮影機材:

感想/記録

熊渡への道のりは、車の場合は、川合以降道が細いので厄介・・。もう使わず川合からかな。
初めての双門ルート。
きちんとテープ、ケルン、梯子の位置などを確認しながら慎重に歩けば問題ない。
滝は壮大で圧巻!これは見る価値ありですな。
復路で使用したカナビキルート。下った感じだと、相当な傾斜があったので、登りが面白いかも知れない。
良い山行。

訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ケルン コーラ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ