また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1216721 全員に公開 ハイキング丹沢

三ノ塔北尾根下降〜行者ヶ岳へ

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
自転車
戸沢出合に駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
28分
合計
7時間49分
S戸沢山荘08:0508:09作治小屋08:1008:56仲尾根09:29烏尾山09:3309:51烏尾山荘10:12三ノ塔地蔵菩薩10:1813:19行者ヶ岳13:2813:47政次郎ノ頭13:54書策新道分岐14:0115:47天神尾根入口(旧書策新道入口)15:4815:54戸沢山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
自宅6:10-コンビニ-6:45滝沢園入口-7:05竜神の泉-7:35戸沢出合8:05-9:30烏尾山9:50-10:15三ノ塔お地蔵さん-11:55ヤゲン沢12:10-13:30行者ヶ岳-13:55書策小屋跡14:04-14:40白竜ノ滝-15:15本谷沢-15:55戸沢出合-17:15自宅
コース状況/
危険箇所等
◆滝沢園入口の登山ポストに山行計画を投函。
◆戸川林道:水たまり数箇所あり。危険箇所特にありません。道幅の狭い箇所があります。ロードバイクだとパンクに注意です。
◆仲尾根:取付きは複線化していますので、お好みのルートで可。踏み跡あり。烏尾山山頂手前は藪漕ぎです。下山で使用の場合は、下降口が分かりずらいです。
◆三ノ塔北尾根:上部は踏み跡ありますが、途中からは不明瞭となります。マーキングは少ないです。支尾根がありRFが必要です。ヤマレコMAPのGPSを使用しました。
支尾根に入り込み、少し登り返しました。沢への下降点は、下り易いところをトラバースしながらでした。痩せ尾根の通過やRFが必要なバリルートだと思います。
◆行者ヶ岳北東尾根:ヤゲン沢からの取付きは登山道ではありません。グズグズの急斜面を時には四つん這いで登りました。北東尾根の稜線に出てからは、境界杭と踏み跡を頼りに歩きました。
◆表尾根:暑いです。小さい虫が飛び交っていました。鎖場ありますが慎重に下りれば問題なしです。ゆっくり歩けば、特に危険箇所ありません。
◆書策新道:廃道となっていますが、崩落場所にロープが張られています。沢の渡渉を何回かします。踏み跡、マーキングありますが、不明瞭箇所や登山道以外の踏み跡もあり、一般道しか歩いていない方は、使用しない方がよいと思います。
今回、違う踏み跡に入り込んでしまいました(以前にも間違いました)。
沢の手前で藪漕ぎ(チクチク攻撃)箇所があり、その場所も分かりずらいです。
本谷沢で沢屋さん3名の方が休憩していました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

山行計画をポストへ。
2017年08月06日 06:48撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行計画をポストへ。
1
サッパリしました。
2017年08月06日 07:03撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サッパリしました。
8
取付く前から汗びっしょり。
2017年08月06日 08:10撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付く前から汗びっしょり。
1
2個目の標識。
2017年08月06日 08:27撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2個目の標識。
またしても広場にでました。
2017年08月06日 08:47撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても広場にでました。
4
今度は樹林帯へ。
2017年08月06日 08:57撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は樹林帯へ。
3
楓の葉っぱ緑です。
2017年08月06日 09:05撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楓の葉っぱ緑です。
5
青いカミキリムシ(ルリボシカミキリ)。
2017年08月06日 09:07撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青いカミキリムシ(ルリボシカミキリ)。
11
ヘビイチゴ。
2017年08月06日 09:20撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘビイチゴ。
2
烏尾山、眺望なし。
2017年08月06日 09:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山、眺望なし。
4
小さい虫がいっぱい飛んでいたがおやつです。
2017年08月06日 09:43撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい虫がいっぱい飛んでいたがおやつです。
2
ホタルブクロがあちこちで頑張っていました。
2017年08月06日 09:57撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロがあちこちで頑張っていました。
4
ヒメレンゲか?
2017年08月06日 10:03撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒメレンゲか?
4
通って来た道。
2017年08月06日 10:06撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通って来た道。
6
ヤマユリロード、少しの晴れ間。
2017年08月06日 10:07撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマユリロード、少しの晴れ間。
4
山行の無事を祈願。
2017年08月06日 10:15撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行の無事を祈願。
8
ヨモギ尾根を右手側に見ながら鹿柵脇から入りました。
2017年08月06日 10:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨモギ尾根を右手側に見ながら鹿柵脇から入りました。
4
ミヤマオダマキ。
2017年08月06日 10:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマオダマキ。
9
いい感じの急斜面。
2017年08月06日 10:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じの急斜面。
1
またヤセ尾根。
2017年08月06日 10:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またヤセ尾根。
2
間違ったコースを上り返すとちっちゃなマーキングがありました。分かりづらい。
2017年08月06日 11:03撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違ったコースを上り返すとちっちゃなマーキングがありました。分かりづらい。
2
またまたヤセ尾根。
2017年08月06日 11:17撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまたヤセ尾根。
3
なぜかワイヤーロープ。
2017年08月06日 11:33撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜかワイヤーロープ。
1
ヤゲン沢に下り立ちました。
2017年08月06日 11:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤゲン沢に下り立ちました。
5
ここでランチにしました。
2017年08月06日 11:55撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでランチにしました。
4
何処から登ろう。
2017年08月06日 12:11撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処から登ろう。
2
両手両足でよじ登りました。
2017年08月06日 12:15撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両手両足でよじ登りました。
2
行者ヶ岳北東尾根に乗りました。ここまでがきつかった。
2017年08月06日 12:36撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳北東尾根に乗りました。ここまでがきつかった。
1
ソリ出しに似ている。
2017年08月06日 13:14撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソリ出しに似ている。
1
昨年、シロヤシオを見たところです。
2017年08月06日 13:16撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年、シロヤシオを見たところです。
2
この尾根にもヤセ尾根。
2017年08月06日 13:19撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根にもヤセ尾根。
3
だれとも遇わない鎖場。
2017年08月06日 13:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だれとも遇わない鎖場。
1
巨人がお昼寝?
2017年08月06日 13:38撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨人がお昼寝?
3
書策新道へ。
2017年08月06日 14:04撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道へ。
1
傾いた標識。その後ルートミス。
2017年08月06日 14:17撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾いた標識。その後ルートミス。
2
助かります。
2017年08月06日 14:37撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
助かります。
3
白竜ノ滝
2017年08月06日 14:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜ノ滝
10
お皿が一片のみ。
2017年08月06日 14:48撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お皿が一片のみ。
1
ロープを頼ります。
2017年08月06日 14:57撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを頼ります。
ここも危険箇所。
2017年08月06日 15:21撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも危険箇所。
2
書策大橋ですが巻です。
2017年08月06日 15:29撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策大橋ですが巻です。
1
流れる階段、水量少ないです。
2017年08月06日 15:48撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れる階段、水量少ないです。
戸沢出合の沢。
2017年08月06日 15:53撮影 by EX-Z3000 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢出合の沢。
5

感想/記録

  丹沢は30分起きに汗拭ひ
  仲尾根の山頂近く夏野かな
  山百合や香りで招く三ノ塔
  山峡の昼食場所よ夏の川
  夏の日に丹沢登る修業かな
                はだひろ
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/1
投稿数: 309
2017/8/7 21:43
 夏の丹沢
hadahiroさん こんばんは

涼しい沢とブナ林のまさに夏の丹沢が凝縮されたような山行ですね
登山口まで自転車でのアプローチするだけでもとても暑そうですが、沢の水でサッパリできるのも、これも夏の丹沢らしさですね
私も前日、自転車で大山周辺の林道を走ってましたが 冷たい沢の水でサッパリ出来ることも沢が多い丹沢の恩恵かなと思いました
こちらも次週こそは天候回復を期待して、涼しげな丹沢を探して歩こうと思ってます。
登録日: 2013/10/12
投稿数: 375
2017/8/7 22:54
 Re: 夏の丹沢
iwanalpenさん こんばんは。
戸沢出合に着いたら、汗でシャツがびっしょりでした。
着替えようか迷いましたが、パタパタと数回汗を切って変えずに同じシャツを着ました。
烏尾山に着くまで汗掻きまくりました。

稜線上もとても蒸し暑く、小さい虫が発生していて食事もままならないです。
三ノ塔お地蔵さんの裏手に入ったら、ご夫婦が休憩していました。
”ヨモギ尾根ですか。”と訊きましたが、”虫が凄くて退避してきました。”とのことでした。
”国民宿舎から周回ですか。”と聞かれましたので、”戸沢から登って来て、沢に下りてまた登り返してきます。”と答えました。

夏の丹沢は、沢を絡めないと熱中症になってもおかしくないと思います。
是非、沢で涼を得てください。
コメントありがとうございました。
登録日: 2015/1/25
投稿数: 575
2017/8/9 8:55
 丹沢で涼を得る
hadahiroさん、おはようございます。
汗をかきながらの尾根歩きは稜線で吹く風に期待したいところですが甘くはなかったようですね。
それでも痩せ尾根を伝って沢に降りてしまえばそこは別世界
自然のクーラーが汗をかいて疲れた体を癒してくれますがついついドボンしたくなっちゃったりして
立秋を過ぎてようやく本格的な夏が遅れてやってきたようです。
修行しすぎて熱中症にならないようにも注意したいですね。
登録日: 2013/10/12
投稿数: 375
2017/8/9 18:15
 Re: 丹沢で涼を得る
secretmagic さん こんばんは。
コメントありがとうございます。
仲尾根を上り烏尾山に着くと誰もいませんでしたが、私がベンチで休憩していると数組のハイカーも次々と休憩をしだしました。皆さん小さな虫を気にしている様でした。私は虫除けスプレーを撒いて、その隙におやつを口に掻き込みました(体にはよくない)。
他の人の丹沢レコでも虫が多いと書いていました。
ヒルには遭遇しませんでしたが、左腕2箇所ブヨに咬まれました。いまだに赤く腫れていてとても痒いです。
腕にも虫除けスプレーを塗っていましたが、汗と藪漕ぎで落ちていたようです。

こんな暑い中でも、表尾根(含むヨモギ尾根入口)で20人くらいの人とすれ違いました。トレランの方は3〜4人でした。本谷沢で3名の方、それ以外では人とは会わず、ヘビやカエル、ハチにアブ、ブヨ、カミキリムシ等多くの虫がいて、静かな山行とはなりませんでした。

ヤゲン沢に下りたら、今までとは空気が変わり涼しさを得られましたが、上り返しは修行のようでした。行者ヶ岳北東尾根の稜線に乗ると比較的に平坦で救われました。

戸沢出合(政次郎尾根入口)の沢で腕を洗っていたら、左足が滑ってドボンしました。幸い靴下まで濡れずにすみました。最後にドボン、スンナリ行かないものですが靴もきれいになって、切り替えです。

南風が草木を渡ってすがすがしく匂うように吹いてくる心地よい風を讃えた言葉に“風薫る”副題で“薫風(くんぷう)”という三夏の季語があります。
この夏は、この季語で発句できずに立秋になってしまいました。来夏の宿題です。
GPS頼りでしたが、初めての尾根を無事に通過できた事、トリッキーな書策新道を久し振りに歩けた事が今回の山行での“盛夏”じゃなく“成果”でした。
日光観光お疲れ様でした。
(長文、お許しを・・・)
登録日: 2015/1/25
投稿数: 575
2017/8/10 6:51
 Re[2]: 丹沢で涼を得る
hadahiroさん、おはようございます。
この季節ブヨは堪忍してほしいです。キンカン塗っても効かないし...
炎症がおきてしまうともう遅いのかもしれません。

沢からの登り返しはどこから取り付こうか不安にもなりますが、
無事尾根に乗れて安堵した時の気持ちはいいものですね。

”風薫る”、”薫風”ですか、どちらもいい響きで意味が理解しやすい季語ですね。
過ぎちゃってますがこんど山で感じた時に思い出してみます。

最後にはドボンもあったようですが盛夏に間に合う成果を得られてよかったですね。
お疲れ様でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ