また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1217678 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

比良山 釈迦岳〜武奈ヶ岳

日程 2017年08月05日(土) 〜 2017年08月06日(日)
メンバー
天候1日目 曇
2日目 曇のち晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間5分
休憩
15分
合計
5時間20分
S北小松駅09:0009:30登山口(北小松・楊梅滝)09:4010:40涼峠11:15ヤケ山11:2012:50ヤケオ山13:20釈迦岳14:00比良ロッジ跡14:20八雲ヶ原
2日目
山行
4時間50分
休憩
30分
合計
5時間20分
八雲ヶ原06:4007:30コヤマノ分岐07:4008:20武奈ヶ岳08:3009:00細川越09:20釣瓶岳09:40イクワタ峠09:5010:45地蔵山11:20ヨコタニ峠12:00畑バス停12:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地蔵峠からヨコタニ峠間、道薄く支尾根に入り込むことがあった。おかしいと思ったらすぐ元に戻るようにしたい。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

花じゃなくて新芽。名前は?
2017年08月05日 12:14撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花じゃなくて新芽。名前は?
2
一瞬、琵琶湖岸が見えた
2017年08月05日 12:52撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、琵琶湖岸が見えた
2
何のキノコ??
2017年08月05日 13:54撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何のキノコ??
2
八雲が原
2017年08月05日 14:16撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲が原
2
八雲が原より夕暮れ
2017年08月06日 07:05撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲が原より夕暮れ
2
朝の陽光と樹林
2017年08月06日 07:34撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の陽光と樹林
3
ガスが消えて、武奈ヶ岳!!
2017年08月06日 08:20撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが消えて、武奈ヶ岳!!
2
釣瓶岳北側より蛇谷ヶ岳
2017年08月06日 09:35撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳北側より蛇谷ヶ岳
4
イワクタ峠
2017年08月06日 09:54撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワクタ峠
3
畑に下山。ここから入る。
2017年08月06日 11:53撮影 by RICOH R8 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑に下山。ここから入る。
1
撮影機材:

感想/記録

今日は曇りなので、北小松から釈迦岳通って八雲が原目指す。なぜ曇り、だからかというと、北小松駅から登山口まで急な坂道、約30分、そしてヤケオ山へは見晴らしのいい(つまり今の時期ならクソ暑い)稜線だからだ。
登山口までもう汗びっしょり。涼峠へ山道になるが何か調子悪い。ゆっくり上がってるのだが、息が一杯一杯になる。堪らず急坂の手前、20分ほど大休止した。ガリバー旅行村でテント泊するという子供たち、団体さんがやってきた。別に追われる、というわけじゃないが出発する。
やっと涼峠到着。ここから寒風峠へ沢に下る道とヤケ山行く道にV字型に道が分かれる。私はヤケ山へ。なだらかな樹林帯の登りだが、山頂の手前、めちゃくちゃ急になる。10kgほどなのだがテン泊装備が重い。
ヤケ山、見晴し、いいはずなのだが、葉が茂ってそれほどでもない、夏には来ないからだ。稜線、やっぱりガスがかかって琵琶湖岸、見えない。ただ、真っ白な中、ヤケオ山目指す。
ヤケオ山から釈迦の取り付きまで、すごーく見晴らしのいい尾根道なのだが、残念、今日は何も見えない。
比良山系の釈迦岳は、暗い樹林の中、展望なし、おまけにアブがうるさいからすぐに立ち退く。
比良ロッジ跡から八雲が原を望むと、緑の草原と木立、本当にきれいだなと思う。今日は八雲でテン泊だ。

翌朝、ガス。ちょいもうひと眠りしよう、だけど寝れない、起き出してゴソゴソ朝飯食べて、さあ、ガスってたら今日はどうしよう、と悩む。ともかく武奈ヶ岳頂上までは行ってみよう。
コヤマノ岳分岐近くまで上がった。振り返ると薄霧を通して陽光が差してきれい。武奈も霧が流れて姿が見えているじゃないか。
頂上着いた時にはまたガスの中。テント装備のお兄さんとしばらく話しする。
北側、何かガスが薄れてきたように思えた、予定通り武奈ヶ岳北陵を行こう。堂満岳ならいつでも行けるからだ。
釣瓶岳の方まで下るともうガスはかなり薄くなった。晴れている、ヤッホー!!ここの下り、すごく見晴らしがいいのだ、何年か前に来たときは。今日は何だかそれほどでもない、梢の合間からしか見えない、何年も経ったら木は成長するのだよ、と納得する。
しんどくはないのだが時間十分あるので、イワクタ峠でちょい休憩。木陰に涼しい風が吹き抜け、青空が広がって、し・あ・わ・せ。
地蔵峠からヨコタニ峠へは植林地に隣接して、要注意区間だ。この前、間違って行ってしまった分岐には、ちゃんと矢印付きの道標が立っていた。そしてその先、また支尾根が真っ直ぐ延びている(間違えやすいパターン)、案の定、そっちに行ってしまった。道形がなくなったし右横に尾根筋を見たので、すぐ引き返した。
ところで北陵の目印として、白地に青のテープが所々ついている。これが北陵の目印なので(誰かに教えてもらった?)見落とさないように気を付けなければならない。赤とか黄色のテープは、どこに行くための目印かわからないので。

少し遠回りしながら(カンカン照りの舗装路、だけど町に中ほど暑くない、我慢できる暑さだ)、畑のバス停に12時過ぎ到着。立派なお手洗いがある。顔を洗ってさっぱりする。
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ