また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1217860 全員に公開 沢登り四国

浦山川ワサビ谷

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入渓点付近の路肩に駐車。道は工事個所あり、通行可能か事前に確認したほうが良い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
5分
合計
8時間0分
S入渓点駐車場所07:3011:50大滝11:5513:40登山道15:30入渓点駐車場所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中休憩40分程度含む。下山は敬天の滝を見るために林道にも寄る。
コース状況/
危険箇所等
一般ルートではありません。安全なエスケープルートはなし。巻き道は踏み跡比較的しっかりしている。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 足袋  シャツ  ズボン  カッパ  防寒具  時計  ヘルメット  登攀具<br />タオル  ライト  エマージェンシーキット  地形図  トイレットペーパー<br />常備薬  ビニール袋  水  行動食  保険証  携帯  筆記具
共同装備 ロープ
備考 入渓点付近今回遡行時にはアブが多いので気になる方は忌避剤等

写真

入渓すぐ。右岸側がスラブリー。
2017年08月05日 07:34撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓すぐ。右岸側がスラブリー。
大きな一枚岩
2017年08月05日 07:44撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな一枚岩
右岸の傾斜が続き
2017年08月05日 07:48撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の傾斜が続き
小さ目ですが小さいゴルジュ状。左岸からまく
2017年08月05日 07:58撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さ目ですが小さいゴルジュ状。左岸からまく
巻いてから振り返る
2017年08月05日 08:03撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いてから振り返る
東からの大き目な支流をこえるとちゃんとした滝が出て来る。
2017年08月05日 08:51撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東からの大き目な支流をこえるとちゃんとした滝が出て来る。
1
戻って左岸からまく。
2017年08月05日 08:54撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って左岸からまく。
7mクラスの滝も泳ぐのが億劫で右岸からまく。
2017年08月05日 09:05撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7mクラスの滝も泳ぐのが億劫で右岸からまく。
途中岩の裂け目から小さい噴水
2017年08月05日 09:11撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中岩の裂け目から小さい噴水
滑るような滝で見栄え良い。
2017年08月05日 09:14撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑るような滝で見栄え良い。
1
釜付きの滝ばかり。
2017年08月05日 09:20撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜付きの滝ばかり。
泳いでも楽しいのでしょうが…
2017年08月05日 10:04撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泳いでも楽しいのでしょうが…
連瀑帯。多分5,8,8,2条10mまとめて右岸からまく。
2017年08月05日 10:21撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連瀑帯。多分5,8,8,2条10mまとめて右岸からまく。
1
途中の8m滝二本。やはり釜つきで格好が良い。
2017年08月05日 10:24撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の8m滝二本。やはり釜つきで格好が良い。
沢に戻るとちょど2条10m滝の落ち口。
2017年08月05日 10:36撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に戻るとちょど2条10m滝の落ち口。
CS滝は右から直登可能。
2017年08月05日 10:43撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CS滝は右から直登可能。
その後浅めのゴルジュ風地形の終点に沢が直角にまがり滝が現れる。少し戻って左岸の岩の割れ目を登る。
2017年08月05日 10:51撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後浅めのゴルジュ風地形の終点に沢が直角にまがり滝が現れる。少し戻って左岸の岩の割れ目を登る。
二つ目の連瀑帯。右岸からまく。
2017年08月05日 11:25撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の連瀑帯。右岸からまく。
1
巻き途中から
2017年08月05日 11:33撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き途中から
一箇所だけ崩壊地
2017年08月05日 11:46撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一箇所だけ崩壊地
ハイライト到着
2017年08月05日 11:50撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイライト到着
30m位はある滝で周りが円形に広がる雰囲気のよい空間。
2017年08月05日 11:55撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30m位はある滝で周りが円形に広がる雰囲気のよい空間。
枝沢との境目からまく。巻き途中に一箇所滝の近くまでいけますがちょっと足場が危なっかしい。
2017年08月05日 12:00撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝沢との境目からまく。巻き途中に一箇所滝の近くまでいけますがちょっと足場が危なっかしい。
メインの後はゴーロも多くなり落ち着きますがまだ釜付きの滝が出て来る。
2017年08月05日 12:10撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインの後はゴーロも多くなり落ち着きますがまだ釜付きの滝が出て来る。
右側の岩の出っ張りをつかいへつる。
2017年08月05日 12:20撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の岩の出っ張りをつかいへつる。
奥の滝を直登の場合はシャワーくらいます。
2017年08月05日 12:30撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の滝を直登の場合はシャワーくらいます。
日差しも入りキラキラ。
2017年08月05日 12:53撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しも入りキラキラ。
後半もこの滝のレベル。
2017年08月05日 13:03撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半もこの滝のレベル。
登山道合流地点には矢印看板とピンクテープがはってあるので見落としにくいはず。
2017年08月05日 13:46撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道合流地点には矢印看板とピンクテープがはってあるので見落としにくいはず。
下山道から見える敬天の滝70mとのこと
2017年08月05日 14:08撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道から見える敬天の滝70mとのこと
二つの山を割るように流れているようです。
2017年08月05日 14:20撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つの山を割るように流れているようです。

感想/記録

アプローチ、入渓のしやすさ、滝や景観も良い沢です。昔からよく入られている沢だけあると思いました。
滝は直登できるものも多いのでしょうが、釜が多いのであまり冒険せずに高巻中心の遡行となりました。踏み跡はちゃんとあります。

連瀑帯、大滝と見せ場もしっかりあり、しかもゴルジュっぽい地形がたびたび出て来ます。経験豊富なけん引役がいれば「体力がある」初級者もなんとかなりそうですが、初心者にはルートが長くしんどいかも。
訪問者数:112人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ