また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218094 全員に公開 ハイキング大雪山

平山・比麻良山・文三岳

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり 風がなくて蒸し暑い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平山登山口までの未舗装林道約9劼蓮後半はやや荒れていますが、スピードを出さなければ普通乗用車でも問題なく走れると思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
1時間9分
合計
8時間25分
Sスタート地点06:1708:53平山09:2510:12比麻奈山10:28比麻良山10:3011:01文三岳11:2512:00比麻良山12:0112:13比麻奈山12:2314:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にないと思います。
比麻良山と文三岳の中間地点付近でクマのものらしき新しい糞あり。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

広い駐車場。今日の一番乗り。
2017年08月06日 06:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い駐車場。今日の一番乗り。
昨年秋にもあった、「蕗の湧水」。どなたかが、湧水出口に蕗の茎を設置してくれています。冷たくてうまかった。飲む場合は自己責任で。
2017年08月06日 07:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年秋にもあった、「蕗の湧水」。どなたかが、湧水出口に蕗の茎を設置してくれています。冷たくてうまかった。飲む場合は自己責任で。
5
ヤチブキの花咲く沢を越えていく。
ナキウサギの鳴き声は聞こえるが姿は見えず。
2017年08月06日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤチブキの花咲く沢を越えていく。
ナキウサギの鳴き声は聞こえるが姿は見えず。
4
満開のお花畑。クマが現れてもおかしくないと思えるロケーション。
2017年08月06日 08:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開のお花畑。クマが現れてもおかしくないと思えるロケーション。
3
稜線に出ました。先に右手奥の平山山頂へ。
2017年08月06日 08:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ました。先に右手奥の平山山頂へ。
3
タカネシオガマ、初めて見ることができました。
2017年08月06日 08:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ、初めて見ることができました。
2
平山山頂付近から、大槍小槍...ですが、雲が(>_<)
表大雪は厚い雲に覆われて全く見える気配なし。
2017年08月06日 09:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平山山頂付近から、大槍小槍...ですが、雲が(>_<)
表大雪は厚い雲に覆われて全く見える気配なし。
2
平山分岐に戻りました。
比麻良山方面に向かいます。
2017年08月06日 09:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平山分岐に戻りました。
比麻良山方面に向かいます。
1
雲が湧き上がって、次々と稜線を越えていきます。
2017年08月06日 09:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が湧き上がって、次々と稜線を越えていきます。
比麻奈山付近から。左奥が文三岳。ずいぶん遠く見えるが、行けるんだろうかとちょっと不安になる。
2017年08月06日 10:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比麻奈山付近から。左奥が文三岳。ずいぶん遠く見えるが、行けるんだろうかとちょっと不安になる。
2
小さいけど目を引く鮮やかな青。名前がわからなくてモヤモヤしたが、帰って調べたらミヤマリンドウらしい。毎回こうやって復習すれば少しは覚えられるのに。
2017年08月06日 10:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいけど目を引く鮮やかな青。名前がわからなくてモヤモヤしたが、帰って調べたらミヤマリンドウらしい。毎回こうやって復習すれば少しは覚えられるのに。
4
アンギラスとニセカウ。
このあたりからの眺望が気に入ってます。
2017年08月06日 10:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンギラスとニセカウ。
このあたりからの眺望が気に入ってます。
5
道の上に点々と...。
クマの糞か確信持てませんが、ビビって笛を取り出しました(^^;
2017年08月06日 10:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の上に点々と...。
クマの糞か確信持てませんが、ビビって笛を取り出しました(^^;
文三岳到着。山頂標識はなく、ケルンが目印。
2017年08月06日 11:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三岳到着。山頂標識はなく、ケルンが目印。
5
歩いてきた稜線。
2017年08月06日 11:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
上空はいい天気なのに、なかなか雲が切れず。
そろそろ引き返します。
2017年08月06日 11:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空はいい天気なのに、なかなか雲が切れず。
そろそろ引き返します。
霞んでますが、これだけ見れたので良しとしましょう。
2017年08月06日 11:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでますが、これだけ見れたので良しとしましょう。
3
比麻奈山からアンギラスへの道。
ハイマツ漕ぎ必須らしい。
今のところ、行こうとは思わない。
2017年08月06日 12:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比麻奈山からアンギラスへの道。
ハイマツ漕ぎ必須らしい。
今のところ、行こうとは思わない。
8
空から密林を眺めているような気分。
2017年08月06日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空から密林を眺めているような気分。
2
比麻奈山から平山分岐までの道。
アップダウンは少ないが、意外と遠く感じる。
2017年08月06日 12:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比麻奈山から平山分岐までの道。
アップダウンは少ないが、意外と遠く感じる。
平山分岐で休憩後、下山開始。
ハイオトギリが咲いていた。打上げ花火のようで鮮やか。
2017年08月06日 13:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平山分岐で休憩後、下山開始。
ハイオトギリが咲いていた。打上げ花火のようで鮮やか。
4
帰りはナキウサギの鳴き声すら聞こえず、諦めて岩場を後にする。
2017年08月06日 13:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはナキウサギの鳴き声すら聞こえず、諦めて岩場を後にする。
雪渓下の、ヤチブキ群落。
2017年08月06日 13:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓下の、ヤチブキ群落。
4
結構な高さのある滝。見ごたえ十分です。
滝から約20分、登山口に無事到着しました。
2017年08月06日 14:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な高さのある滝。見ごたえ十分です。
滝から約20分、登山口に無事到着しました。
2
撮影機材:

感想/記録

前日の赤岳→黒岳縦走に続いて、平山から連なる「ヒラヤマ山脈」に向かいました。平山登山口から近い白滝道の駅にて車中泊、約40分で登山口到着です。
昨年秋以来二度目の平山。アンギラスとニセカウの山容が素晴らしく、お気に入りの山への再訪です。
今回の目標は、ナキウサギを見ることと、未踏の文三岳まで足を延ばすこと。ナキウサギは、あちこちで鳴き声は聞こえましたが、結局姿は見れずじまいでした。残念。
先に平山に向かい、そのあと比麻良山方面へ。比麻良山から先の道では、クマのものらしき新しい糞があり、ビビりつつホイッスルを鳴らしながら歩きました。平山分岐から文三岳までの往復行程ですれ違う人はなく、静か過ぎて心細い気持ちになりました。

それにしても「ヒラヤマ山脈」、「ひらやま」「ひまなやま」「ひまらやま」と名前がまぎらわしいです。名前の由来は...やっぱりあるんでしょうね。

訪問者数:229人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/24
投稿数: 31
2017/8/9 9:03
 連日の山歩き、はまっていますね。
awaさんタフですね。
連日の山歩き。お疲れ様です。
私の場合、洗濯の関係もあり、一度山へ行くと中三日ほど間を空けないと次へ出かけられません。本当は体力が回復しないのです(-_-;)
山は行けるうちにたくさん登っておいた方がいいですね(^_-)-☆
登録日: 2013/9/30
投稿数: 54
2017/8/9 13:20
 Re: 連日の山歩き、はまっていますね。
ありがとうございます。
下山してからの洗濯物、大量でした(^^;
遠征して大雪まで来た機会に、未踏の文三岳にも登ることができて満足です。
でもさすがに連日登山は疲れますね。平山からの下り、登山口までの道の長かったこと(^^;
これからも無理せず安全登山を楽しみたいですね(^o^)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ