また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218120 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

琉球王府の道を歩く 首里城〜浦添城址〜嘉数高台

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候基本的に、想像を絶する蒸し風呂のドピーカン。たまに雲が太陽を隠す。
那覇の午前8時の気温29.8度、湿度80%。午前10時の気温31.2度、湿度73%。
アクセス
利用交通機関
電車バス
START……ゆいレール・首里駅から。
GOAL……琉球バス交通・広栄BSまで。(本数はそこそこ多いです。バイパス経由便に乗ると、ゆいレール古島駅まで12〜13分ほどで着きます)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間22分
休憩
50分
合計
3時間12分
S首里駅07:2507:31首里城城壁東端の展望地07:3307:45守礼門07:4607:55ローソン首里当蔵店07:5808:07儀保駅前08:1008:15平良交差点08:1708:31北の坂登り口08:41浦添御殿 (うどぅん) の墓08:4208:58経塚08:5909:11浦添大公園入口歩道橋09:1209:20浦添城頂上=前田高地09:3009:33伊波普猷の墓09:3509:38浦添ようどれ (尚寧王の墓)09:4609:48浦添大公園北トイレ09:5009:54普天間街道石畳道の橋09:5610:12嘉数高台公園入口10:1310:15嘉数高台公園展望台10:2510:27嘉数高台公園入口10:2810:37広栄バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
平均歩行速度は3.95km/h。
体力の消耗を避けるため、ゆっくり歩いているつもりでしたが、何だかんだで4km/h近い速度で進んでいたようです。
午前中に消費した水分は、昼食の沖縄そば汁完飲も含めて2.5リットル超……。
コース状況/
危険箇所等
危険なところはありません。
今回歩いたところは「歴史の道」として地元自治体が整備を進めており、舗装路ながらも部分的に石畳敷になっているのが目印です。ただ、まだまだ整備は発展途上で、道標の充実度もまだ十分とは言えません。私も今回、浦添グスクの手前、経塚〜仲間三丁目界隈で道を間違えました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

01. 用務先の方々と泡盛・魚づくしの宴会を楽しみ、泊埠頭に近いルートインに泊まったところ、部屋の窓から大型クルーズ船が見えました。
2017年08月13日 05:29撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
01. 用務先の方々と泡盛・魚づくしの宴会を楽しみ、泊埠頭に近いルートインに泊まったところ、部屋の窓から大型クルーズ船が見えました。
10
02. お盆の観光客で大賑わいの朝食会場にあって、スーツ姿なのは私だけ。場違い感もあってそそくさと平らげたあとは、美栄橋駅から「ゆいレール」で首里へ。
2017年08月13日 07:03撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
02. お盆の観光客で大賑わいの朝食会場にあって、スーツ姿なのは私だけ。場違い感もあってそそくさと平らげたあとは、美栄橋駅から「ゆいレール」で首里へ。
10
03. 古島駅から市立病院駅に向かって駆け登る車内の最後部から眺める、那覇市街と東シナ海の眺めがダイナミック過ぎます。ちょうど空港行きとすれ違い☆
2017年08月13日 07:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
03. 古島駅から市立病院駅に向かって駆け登る車内の最後部から眺める、那覇市街と東シナ海の眺めがダイナミック過ぎます。ちょうど空港行きとすれ違い☆
10
04. というわけで、首里駅から歩き出します。
2017年08月13日 07:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04. というわけで、首里駅から歩き出します。
4
05. 首里城東端の高台あずまやに到着。公園内は地元のジョギング・散歩の方がちらほらという感じで、膨大な数の外国人観光客は全くおらず、気分はまったり♪ (蒸し暑くなければ最高ですが……)
2017年08月13日 07:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05. 首里城東端の高台あずまやに到着。公園内は地元のジョギング・散歩の方がちらほらという感じで、膨大な数の外国人観光客は全くおらず、気分はまったり♪ (蒸し暑くなければ最高ですが……)
5
06. 那覇市最高峰の弁ヶ嶽 (ビンヌウタキ) を望む。既に、去る1月の出張ついでウォーク (^^;) で赤線を延ばしております。
2017年08月13日 07:31撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06. 那覇市最高峰の弁ヶ嶽 (ビンヌウタキ) を望む。既に、去る1月の出張ついでウォーク (^^;) で赤線を延ばしております。
3
07. 首里城の外壁に沿い、那覇の街を見下ろしつつ進みます。
2017年08月13日 07:36撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07. 首里城の外壁に沿い、那覇の街を見下ろしつつ進みます。
9
08. 石垣のうねり方と白雲のコラボが見事です♪
2017年08月13日 07:40撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
08. 石垣のうねり方と白雲のコラボが見事です♪
12
09. 抜けるような夏空と緑……天候不順の首都圏から来ると、本当にまぶしく感じます。
2017年08月13日 07:44撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09. 抜けるような夏空と緑……天候不順の首都圏から来ると、本当にまぶしく感じます。
6
10. 守礼門。今やここで観光客を入れずに写真を撮りたければ、朝8時よりも前の早朝に限ります! (首里城内も8時過ぎなら辛うじて空いているかも)
2017年08月13日 07:45撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10. 守礼門。今やここで観光客を入れずに写真を撮りたければ、朝8時よりも前の早朝に限ります! (首里城内も8時過ぎなら辛うじて空いているかも)
15
11. 首里城の上に立ち昇る雲に見送られつつ、琉球王府ゆかりの歴史の道「中頭方西海道 (なかがみほうせいかいどう)」に踏み出します。
2017年08月13日 07:51撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11. 首里城の上に立ち昇る雲に見送られつつ、琉球王府ゆかりの歴史の道「中頭方西海道 (なかがみほうせいかいどう)」に踏み出します。
6
12. オオバナアリアケカズラ。びっくりするほど大きな花がたわわに咲きます。さすが南国!
2017年08月13日 07:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12. オオバナアリアケカズラ。びっくりするほど大きな花がたわわに咲きます。さすが南国!
16
13. 混じりけなき黄・緑・碧。これぞ沖縄的色彩感の世界でしょうか……?
2017年08月13日 07:59撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13. 混じりけなき黄・緑・碧。これぞ沖縄的色彩感の世界でしょうか……?
19
14. 琉球菓子の超定番・ちんすこう (金楚餻) の老舗「新垣菓子店」の本店。琉球王朝最後の料理人であった初代が1908年に開店したとか。もっとも、今や国際通りの店の方がメインのようです。
2017年08月13日 08:03撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14. 琉球菓子の超定番・ちんすこう (金楚餻) の老舗「新垣菓子店」の本店。琉球王朝最後の料理人であった初代が1908年に開店したとか。もっとも、今や国際通りの店の方がメインのようです。
5
15. 歴史の道は、徐々にこんな感じで石畳敷が整備されつつあります (新垣菓子店前にて)。
2017年08月13日 08:04撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15. 歴史の道は、徐々にこんな感じで石畳敷が整備されつつあります (新垣菓子店前にて)。
7
16. ブーゲンビレアは暑さの中で妖艶さMaxでした。
2017年08月13日 08:05撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16. ブーゲンビレアは暑さの中で妖艶さMaxでした。
14
17. 儀保駅前〜平良交差点のあいだは住宅街の細い坂道を進み、平良交差点で北に渡ったあとすぐに左へ細道に入ります。
2017年08月13日 08:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17. 儀保駅前〜平良交差点のあいだは住宅街の細い坂道を進み、平良交差点で北に渡ったあとすぐに左へ細道に入ります。
4
18. 細い道はすぐに終わり、しばらく1.5〜2車線路を進みます。

赤い実線が、今歩いている歴史古道です。名所案内の看板を見てみると、付近には琉球王国史における超有名人の墓が複数あってビックリ (今回は省略 ^^;)。
2017年08月13日 08:22撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18. 細い道はすぐに終わり、しばらく1.5〜2車線路を進みます。

赤い実線が、今歩いている歴史古道です。名所案内の看板を見てみると、付近には琉球王国史における超有名人の墓が複数あってビックリ (今回は省略 ^^;)。
3
19. 汗が全身から滝のように吹き出て、朦朧とした気分のまま二車線路をそのまま行ってしまいそうになりますが、正面の大樹の脇に、右へ急降下する分岐があります。
2017年08月13日 08:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19. 汗が全身から滝のように吹き出て、朦朧とした気分のまま二車線路をそのまま行ってしまいそうになりますが、正面の大樹の脇に、右へ急降下する分岐があります。
3
20. 凄まじい蝉時雨を聞きつつ、超激坂「南の坂」(フェーヌヒラ) を転がるように下ります。
2017年08月13日 08:27撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20. 凄まじい蝉時雨を聞きつつ、超激坂「南の坂」(フェーヌヒラ) を転がるように下ります。
6
21. 琉球の歴史古道はなるべく高いところを選んでいることが多く、下りあればすぐ真正面に登るべき斜面あり。ヤレヤレ、といった気分です。
2017年08月13日 08:28撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
21. 琉球の歴史古道はなるべく高いところを選んでいることが多く、下りあればすぐ真正面に登るべき斜面あり。ヤレヤレ、といった気分です。
4
22. それでも、「北の坂」(ニシヌヒラ) が画面右に見えた瞬間、さすがに「ドヒャー!」と腰を抜かし、汗が爆発的に出て来ました (^^;
2017年08月13日 08:30撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
22. それでも、「北の坂」(ニシヌヒラ) が画面右に見えた瞬間、さすがに「ドヒャー!」と腰を抜かし、汗が爆発的に出て来ました (^^;
4
23. 爆汗をかいてヒーヒー言いつつ、「北の坂」をチンタラと登ります。路傍の熱帯っぽい花だけが慰めです。
2017年08月13日 08:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
23. 爆汗をかいてヒーヒー言いつつ、「北の坂」をチンタラと登ります。路傍の熱帯っぽい花だけが慰めです。
10
24. 「北の坂」の最上部は超きっつ〜い階段! やっとこさ登り、ひとしきり住宅街を進んだ後、左へ300mほど寄り道し、「浦添御殿 (うどぅん) の墓」を見物します。
2017年08月13日 08:34撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
24. 「北の坂」の最上部は超きっつ〜い階段! やっとこさ登り、ひとしきり住宅街を進んだ後、左へ300mほど寄り道し、「浦添御殿 (うどぅん) の墓」を見物します。
4
25. 浦添御殿 (うどぅん) の墓。実に圧巻な亀甲墓……ですが草刈り中 (T_T)。写真を撮ってすぐに折り返しました。結構下ったのに……登り返しが面倒くせぇ〜(>_<)。
2017年08月13日 08:41撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25. 浦添御殿 (うどぅん) の墓。実に圧巻な亀甲墓……ですが草刈り中 (T_T)。写真を撮ってすぐに折り返しました。結構下ったのに……登り返しが面倒くせぇ〜(>_<)。
6
26. 朝9時前にして絶望的な蒸し暑さの中、経塚地区をトボトボと進みます。右奥に浦添城界隈の高みが見え、何とか頑張ろうという気になります。
2017年08月13日 08:48撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
26. 朝9時前にして絶望的な蒸し暑さの中、経塚地区をトボトボと進みます。右奥に浦添城界隈の高みが見え、何とか頑張ろうという気になります。
4
27. 第二経塚バス停付近の景観。住宅街として、近くにコンビニやSC (スタバも入っている!) もあります。時間の都合で寄ってませんけど……(^^;
2017年08月13日 08:56撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
27. 第二経塚バス停付近の景観。住宅街として、近くにコンビニやSC (スタバも入っている!) もあります。時間の都合で寄ってませんけど……(^^;
4
28. 経塚。むかしこの界隈に妖怪が出没し、街道を行く人々が恐れをなしたことから、仏典を埋めて妖怪を鎮めたのだとか。

このあと、余りの暑さで地図読みの注意力が下がった中、シーサーが置かれた階段の入口にだまされて下降し、間違いに気付いたあとは元の場所に戻る気力もなく、石積みの橋「安波茶橋」は見物省略です……(滝汗)。
2017年08月13日 08:59撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
28. 経塚。むかしこの界隈に妖怪が出没し、街道を行く人々が恐れをなしたことから、仏典を埋めて妖怪を鎮めたのだとか。

このあと、余りの暑さで地図読みの注意力が下がった中、シーサーが置かれた階段の入口にだまされて下降し、間違いに気付いたあとは元の場所に戻る気力もなく、石積みの橋「安波茶橋」は見物省略です……(滝汗)。
4
29. 茶山団地を歩いて、浦添大公園前の歩道橋に到着し、道間違えは終了。歩道橋の上から浦添城址のピーク部分を望みます。
2017年08月13日 09:11撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
29. 茶山団地を歩いて、浦添大公園前の歩道橋に到着し、道間違えは終了。歩道橋の上から浦添城址のピーク部分を望みます。
4
30. メラメラと照りつける直射日光で、まさに緑も燃え立ちそうな色に。そんな中、石畳道を進むのはまさに地獄ですが、必死に頑張りました……。
2017年08月13日 09:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30. メラメラと照りつける直射日光で、まさに緑も燃え立ちそうな色に。そんな中、石畳道を進むのはまさに地獄ですが、必死に頑張りました……。
6
31. こんな感じで展望が開ければ、暑かろうが何だろうが登らないわけには行きません! (笑)。安謝・天久方面の街並みを望みます。
2017年08月13日 09:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
31. こんな感じで展望が開ければ、暑かろうが何だろうが登らないわけには行きません! (笑)。安謝・天久方面の街並みを望みます。
10
32. そしてこちらは、ゆいレール延伸工事が進む街並み。

ジェットコースターのような急坂で山を越えたゆいレールは、画面中央下あたりに新設される浦添前田駅に着きます。開業後はさらに開発が進み、この風景も変わることでしょう。
2017年08月13日 09:16撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
32. そしてこちらは、ゆいレール延伸工事が進む街並み。

ジェットコースターのような急坂で山を越えたゆいレールは、画面中央下あたりに新設される浦添前田駅に着きます。開業後はさらに開発が進み、この風景も変わることでしょう。
6
33. 浦添城址の頂上にある東屋に到着! 画面右奥に見えるなだらかな山は恩納岳でしょうか? 海風がとにかく涼しい!! 

たまたま地元の方を募った歴史散歩イベントが開催中で、「浦添ようどれの館」学芸員の方から、イベント参加者にふるまうためのスポーツドリンクを頂きつつ (ありがたや……)、いろいろな説明を伺いました。
2017年08月13日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
33. 浦添城址の頂上にある東屋に到着! 画面右奥に見えるなだらかな山は恩納岳でしょうか? 海風がとにかく涼しい!! 

たまたま地元の方を募った歴史散歩イベントが開催中で、「浦添ようどれの館」学芸員の方から、イベント参加者にふるまうためのスポーツドリンクを頂きつつ (ありがたや……)、いろいろな説明を伺いました。
9
34. 宜野湾市街を望む。左端に普天間飛行場が見えます。

たまたま訪れた8月13日は、飛行場脇の沖縄国際大学に飛行機が落ちた日にあたるのだとか。滑走路の脇に都会の風景というのは厚木基地と全く同じで、神奈川県央民として人ごとではありませんな……。一番右奥の高みは、中城 (なかぐすく) のあたりでしょうか?
2017年08月13日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
34. 宜野湾市街を望む。左端に普天間飛行場が見えます。

たまたま訪れた8月13日は、飛行場脇の沖縄国際大学に飛行機が落ちた日にあたるのだとか。滑走路の脇に都会の風景というのは厚木基地と全く同じで、神奈川県央民として人ごとではありませんな……。一番右奥の高みは、中城 (なかぐすく) のあたりでしょうか?
5
35. 東屋の周囲の風景。樹間から首里城がチラ見え。

なお、ここは沖縄戦の激戦地「前田高地」でもあり、日本軍の総司令部が置かれた首里城を防衛するための超重要拠点と位置づけられ、主に配属された北海道・東北の部隊が悲惨な運命に直面したとのこと。今は夏草に覆われ、「国破れて山河あり」という古詩を思い出す情景です……。
前田高地での激戦は、メル・ギブソン監督による最新の映画『ハクソー・リッジ』(アカデミー賞ノミネート作品) で描かれたばかりで、浦添市としても映画公開を機に平和学習の地としてアピールしているようです。
2017年08月13日 09:23撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
35. 東屋の周囲の風景。樹間から首里城がチラ見え。

なお、ここは沖縄戦の激戦地「前田高地」でもあり、日本軍の総司令部が置かれた首里城を防衛するための超重要拠点と位置づけられ、主に配属された北海道・東北の部隊が悲惨な運命に直面したとのこと。今は夏草に覆われ、「国破れて山河あり」という古詩を思い出す情景です……。
前田高地での激戦は、メル・ギブソン監督による最新の映画『ハクソー・リッジ』(アカデミー賞ノミネート作品) で描かれたばかりで、浦添市としても映画公開を機に平和学習の地としてアピールしているようです。
7
36. 琉球開闢神話の地・久高島を望む。

水平線の手前に見える細長い影のようなものが久高島となります。学芸員の方に教えて頂かなければ全く分からなかったです。冬至の頃は久高島から朝日が昇るとのことで、なるほど開闢の聖地ですね……。
2017年08月13日 09:26撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
36. 琉球開闢神話の地・久高島を望む。

水平線の手前に見える細長い影のようなものが久高島となります。学芸員の方に教えて頂かなければ全く分からなかったです。冬至の頃は久高島から朝日が昇るとのことで、なるほど開闢の聖地ですね……。
3
37. 長居すると飛行機の時間に差し障りますので、再び夏色の浦添城址を進みます。
2017年08月13日 09:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
37. 長居すると飛行機の時間に差し障りますので、再び夏色の浦添城址を進みます。
8
38. 近代における沖縄学最大の立役者・伊波普猷 (いはふゆう) の墓。

何と、今日が命日とのことでビックリ。既にテレビカメラがスタンバイし、このあと祭壇が設けられるとのことで、その前に見学出来て幸いでした。
2017年08月13日 09:33撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
38. 近代における沖縄学最大の立役者・伊波普猷 (いはふゆう) の墓。

何と、今日が命日とのことでビックリ。既にテレビカメラがスタンバイし、このあと祭壇が設けられるとのことで、その前に見学出来て幸いでした。
4
39. 浦添ようどれ。

「ようどれ」とは夕凪=穏やかさの意で、要するに高貴な人物の墓所。琉球中山王朝第七代国王・尚寧王の墓とのことです。
通常、琉球王は首里の玉陵 (たまうどぅん) に葬られますが、尚寧は自分が分家の子として生まれ育った浦添への埋葬を望んだのだとか。(沖縄戦で破壊され復元)
2017年08月13日 09:44撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
39. 浦添ようどれ。

「ようどれ」とは夕凪=穏やかさの意で、要するに高貴な人物の墓所。琉球中山王朝第七代国王・尚寧王の墓とのことです。
通常、琉球王は首里の玉陵 (たまうどぅん) に葬られますが、尚寧は自分が分家の子として生まれ育った浦添への埋葬を望んだのだとか。(沖縄戦で破壊され復元)
13
40. 浦添ようどれの正面。

なお、尚寧の時代には薩摩に攻め込まれ、尚寧は江戸に連行されて徳川秀忠と対面。琉球に戻り引き続き在位することを許されたものの、これ以後琉球王国は日本と明清の両方と服属関係を結ぶ状態に (清との朝貢関係を禁止され、完全に日本の一部になったのが、1879年の沖縄県設置)。
2017年08月13日 09:40撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40. 浦添ようどれの正面。

なお、尚寧の時代には薩摩に攻め込まれ、尚寧は江戸に連行されて徳川秀忠と対面。琉球に戻り引き続き在位することを許されたものの、これ以後琉球王国は日本と明清の両方と服属関係を結ぶ状態に (清との朝貢関係を禁止され、完全に日本の一部になったのが、1879年の沖縄県設置)。
5
41. したたる緑から沸き上がる白雲……メチャクチャきれいですが、絶望的に暑い!
2017年08月13日 09:45撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
41. したたる緑から沸き上がる白雲……メチャクチャきれいですが、絶望的に暑い!
8
42. 浦添城界隈からは「中頭方西海道」と枝分かれし、琉球国王が旧暦九月に普天満宮を参詣するために使った街道「普天満参詣道」を進みます。石畳道が僅かに残っており、転がるように下ります。
2017年08月13日 09:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
42. 浦添城界隈からは「中頭方西海道」と枝分かれし、琉球国王が旧暦九月に普天満宮を参詣するために使った街道「普天満参詣道」を進みます。石畳道が僅かに残っており、転がるように下ります。
4
43. 現在は石畳道が国指定史跡となり、こんな感じでほっこりした空間が広がっています。ハブが出そうですが (^^;
2017年08月13日 09:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
43. 現在は石畳道が国指定史跡となり、こんな感じでほっこりした空間が広がっています。ハブが出そうですが (^^;
5
44. 仲間由紀恵さんが19世紀半ばの琉球の高級官僚に扮したNHKドラマ『テンペスト』に出て来る石橋のシーンは、ここで撮影が行われたのだとか。
2017年08月13日 09:55撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
44. 仲間由紀恵さんが19世紀半ばの琉球の高級官僚に扮したNHKドラマ『テンペスト』に出て来る石橋のシーンは、ここで撮影が行われたのだとか。
7
45. 石畳道は約200mでおしまいです (^^;)。暑さでヘロヘロになりながら住宅街を進んだのち、国道330号線の安里バイパスを跨ぎます。
2017年08月13日 10:05撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45. 石畳道は約200mでおしまいです (^^;)。暑さでヘロヘロになりながら住宅街を進んだのち、国道330号線の安里バイパスを跨ぎます。
4
46. 本日最後のスポット・嘉数 (かかず) 高台公園に到着しました。

ここは普天間飛行場が目の前に見える展望地のため、少しずつ口コミで (?) 観光客が増えているようです。何とC人も複数グループ見かけたという……。
2017年08月13日 10:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
46. 本日最後のスポット・嘉数 (かかず) 高台公園に到着しました。

ここは普天間飛行場が目の前に見える展望地のため、少しずつ口コミで (?) 観光客が増えているようです。何とC人も複数グループ見かけたという……。
3
47. 階段を登ると、平和を祈念した地球儀状の展望台が現れます。

ここも場所柄、沖縄戦最大の激戦地の一つ。嘉数の陥落で、攻防の舞台は前田高地=浦添城址に移りました。
2017年08月13日 10:14撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
47. 階段を登ると、平和を祈念した地球儀状の展望台が現れます。

ここも場所柄、沖縄戦最大の激戦地の一つ。嘉数の陥落で、攻防の舞台は前田高地=浦添城址に移りました。
6
48. 浦添城址よりも海が近く見えます♪ まさに夏色の沖縄……! 立ち上る水蒸気で、海面と空の境目が曖昧に (^^;
2017年08月13日 10:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
48. 浦添城址よりも海が近く見えます♪ まさに夏色の沖縄……! 立ち上る水蒸気で、海面と空の境目が曖昧に (^^;
6
49. 普天間飛行場でオスプレイが2機待機しているのが見えます。絶対に辺野古の方が良いと思うのですが……。いやそもそも、C・NKの変な政権さえなければ基地なんて……(以下略)。
2017年08月13日 10:20撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
49. 普天間飛行場でオスプレイが2機待機しているのが見えます。絶対に辺野古の方が良いと思うのですが……。いやそもそも、C・NKの変な政権さえなければ基地なんて……(以下略)。
7
50. 宜野湾市中心部を望む。次回の沖縄出張ついで赤線延ばしは、ここから普天満宮を経て中城公園か? (←気が早い ^^;)

※8月15日記……いや、琉球大学キャンパスの北あたりから、太平洋を見下ろしながら中城公園に至る長大な遊歩道があるのを発見してしまった (Google Earthとストリートビューは偉大です☆)
2017年08月13日 10:24撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50. 宜野湾市中心部を望む。次回の沖縄出張ついで赤線延ばしは、ここから普天満宮を経て中城公園か? (←気が早い ^^;)

※8月15日記……いや、琉球大学キャンパスの北あたりから、太平洋を見下ろしながら中城公園に至る長大な遊歩道があるのを発見してしまった (Google Earthとストリートビューは偉大です☆)
6
51. 浦添城址を望む。この美しい島の風景が未来永劫続きますように!!
2017年08月13日 10:21撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
51. 浦添城址を望む。この美しい島の風景が未来永劫続きますように!!
7
52. 嘉数高台公園の東にある広栄BSから、すぐに来たバスに乗って県庁北口に戻ってきました (富士重工7Eキター! ^o^)。

バスの中から国際通りを10年以上ぶりに眺めたところ、完全に観光客向けの別世界に変わっており、今さっき歩いて来た歴史世界とも余りにもギャップが (汗)。
2017年08月13日 11:06撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
52. 嘉数高台公園の東にある広栄BSから、すぐに来たバスに乗って県庁北口に戻ってきました (富士重工7Eキター! ^o^)。

バスの中から国際通りを10年以上ぶりに眺めたところ、完全に観光客向けの別世界に変わっており、今さっき歩いて来た歴史世界とも余りにもギャップが (汗)。
4

感想/記録

お盆休み中の沖縄は、山好きな人種とは全く逆の、リゾートでウェ〜イと楽しむのが大好きな人々で大賑わい。飛行機の中も街も空港も、およそ私のような一匹狼へたれハイカーにとっては居心地の悪い世界です。

にもかかわらず、何が何だか分かりませんが、そんな時期のド真ん中に1泊2日で那覇に出張して来ました。去る1月にも那覇で出張ついで赤線延ばしをしまして、それと全く同じプロジェクトに伴うものですが、関係者が全員顔を合わせられるのがたまたまお盆中しかないので来い、とのお達し……。トホホ……。

しかし幸いにして、用務の後は美味しい泡盛と魚料理尽くしの宴席があり、そのまま泊まって翌日は帰りの飛行機までテキトーにぶらぶらしても良いとのこと! そこで、沖縄本島出張ついで赤線延ばし第2弾の敢行決定です! とにかく猛烈に蒸し暑いのは覚悟の上で、観光客がまずいない時間帯や場所を見計らって歩いてみることにしました。

既に前回、那覇中心部〜首里を歩いており、なるべく高いところを選んで歩くと眺めが素晴らしいだけでなく歴史遺産も目白押しであることが分かっていましたので、今回は首里から、ほど近いグスク=城へと赤線を延ばそうと思いまして、狙いを浦添市の浦添グスク跡=城址に定めてみました。そこでググってみますと、浦添市の観光パンフPDFが出て来まして、「なるほど……首里と浦添グスクを結ぶ道は、まさに歴史街道 (中頭方西海道) か!」ということが分かり、テンション急上昇! さらに昭文社『県別マップル・沖縄県』を買って来たところ、浦添グスクの北には嘉数高台公園というところがあり、米軍普天間飛行場のすぐ目の前……。こうしていろいろ出て来た情報をもとに、山行計画画面で赤線を引いて距離を算出したところ、暑さを考えて首里〜嘉数間を超チンタラ歩くと、那覇空港13:15の飛行機に乗るのにちょうど良いプランニングになることも分かりました。

というわけで、朝7時半前に首里駅を出発し、こんな感じで歩いてみたところ……朝から猛烈な蒸し暑さのため、自分史上最も汗が吹き出しまくり、本当に参りました……。スーツとシャツが、まるで汗の海にドボンしたとしか思えないほどグショグショに……。この夏、なかなか高い山に登る機会がない中 (台風5号のバカヤロー!!)、低地で大汗かきながらの赤線延ばしをするばかりですが、もう要らんです、この蒸し暑さ……。

いっぽう、たとえば琉球王国がらみにせよ沖縄戦がらみにせよ、実地に歩くことでいろいろと歴史的な見聞を深めることが出来たのは良かったです。たまたま浦添グスクの東屋で、浦添ようどれの学芸員の方から詳しいお話を伺えたのも、大いに勉強になりました。単に赤線が延びるだけでなく、こんな感じで行き当たりばったり的にいろいろな発見があり、しかも記憶が新しいうちにまとめておこうという気にになるのが、ヤマレコ赤線延ばしの醍醐味というものでしょうか?

さて、かくなる上は、沖縄本島赤線延ばし中長期計画を策定し、最高峰の与那覇岳を目指すべきか……?(爆)

以上、新鮮な記憶をとどめておくべく、やたらと文字数の多いレコとなってしまいましたが、ご覧頂き誠にありがとうございました。m(_ _)m
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

トビ テン 山行 東屋 道標 クリ 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ