また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218268 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山(七高山、矢島口):目論見通り午前中は快晴

日程 2017年08月07日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴、午後から少しガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上の駐車場も空いていた。今日祓川から登った人もあまり多くない。20人程度かな。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
1時間25分
合計
9時間55分
S祓川駐車場06:4508:23七ツ釜避難小屋08:3109:40氷ノ薬師09:5512:20七高山13:0014:08氷ノ薬師14:1815:08七ツ釜15:2015:27七ツ釜避難小屋16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今年は雪渓がかなり多く残っている。祓川ー七ツ釜では、祓川から徒歩数分で早くも雪渓登り。他に賽の河原、御田、何れも50〜100m。七ツ釜ー氷ノ薬師では康新道分岐付近、大雪路、その上にもう一つ。大雪路は500m位、他は100〜200m。氷ノ薬師ー舎利坂間のもう一つ、100m。スプーンカットで左程固くないのでアイゼンなしでも何とかなる。早朝は厳しいかも。ガスの時は夏道との接続に注意。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

祓川山荘から快晴の鳥海山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川山荘から快晴の鳥海山。
19
少し登って。七高山も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って。七高山も見える。
2
賽の河原手前、この先雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原手前、この先雪渓。
賽の河原、雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原、雪渓。
4
賽の河原、雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原、雪渓。
8
賽の河原、湿原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原、湿原。
7
康ケルン、この先雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
康ケルン、この先雪渓。
1
康ケルン、道標。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
康ケルン、道標。
1
七ツ釜から最初の雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ釜から最初の雪渓。
4
大雪路出口はこちら
2017年08月07日 09:47撮影 by COOLPIX S9300, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪路出口はこちら
4
氷ノ薬師は沢沿いの岩の上を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ薬師は沢沿いの岩の上を登る。
3
最後の雪渓から舎利坂〜七高山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の雪渓から舎利坂〜七高山。
2
周りが見えるようになってきたが、雲海みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りが見えるようになってきたが、雲海みたい。
5
稜線上はイワギキョウ満開。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上はイワギキョウ満開。
8
少し雲が出てきたが。あの雪渓は大雪路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雲が出てきたが。あの雪渓は大雪路。
4
舎利坂の登りが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舎利坂の登りが始まる。
4
花がきれいなんですが、厳しい登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花がきれいなんですが、厳しい登り。
1
チョウカイフスマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウカイフスマ
5
七高山から秡川方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山から秡川方面。
8
七高山に登り着くと新山が見える。今日は行きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山に登り着くと新山が見える。今日は行きません。
16
七高山から新山と御室小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山から新山と御室小屋。
7
七高山のシンボル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山のシンボル。
11
七高山から外輪の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山から外輪の眺め。
3
七高から南方、遠方の山は見えない。月山とかも雲海の中かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高から南方、遠方の山は見えない。月山とかも雲海の中かな。
5
雲海、段々と上に発達してきそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海、段々と上に発達してきそう。
4
祓川方面は雲が架かるのは最後かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川方面は雲が架かるのは最後かな。
七高山山頂のイワギキョウとイワブクロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山山頂のイワギキョウとイワブクロ。
4
そろそろガスが来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろガスが来た。
チョウカイアザミ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウカイアザミ
4
東風のガスが鳥海山を乗り越えはじめた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東風のガスが鳥海山を乗り越えはじめた。
アオノツガザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アオノツガザクラ
4
大雪路、かなり雪上が長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪路、かなり雪上が長い。
2
七ツ釜って滝の連続のはずだが、雪渓の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ釜って滝の連続のはずだが、雪渓の中。
5
祓川山荘まだ遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川山荘まだ遠い。
5
祓川山荘が大きく見えてきたが、まだ2か所雪渓通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川山荘が大きく見えてきたが、まだ2か所雪渓通過。
2
賽の河原の雪渓。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原の雪渓。
3
夕方の駐車場はまばら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の駐車場はまばら。
4
撮影機材:

感想/記録
by kyen

この週末は仕事だったので、月火位休めるかな。でも台風が接近で、火曜は無理。月曜にかけるが、東北の太平洋側と奥羽山脈まで東風で雲がかかって天気が悪い。仙台など梅雨明け発表以来一週間毎日曇りか小雨で30℃以下、天気の良いのは日本海側の秋田。こうなると行先は決定、鳥海山です。本当はまだ行っていない東側の百宅口から行きたいのだが、かなりマイナーなルートで林道などの情報が少なすぎ。夏には登っていない祓川から行くことにする。

今日も天気の悪い仙台を出発、途中雨に遭いながら鳴子から108号線鬼首トンネルを超えて秋田県に入ると、途端に快晴。矢島から祓川への道に入る。早朝で誰もいないと思っていたのだが、大学の陸上部の合宿だろうか、早朝練習で山登りで走っている。伴走の車も数台いて、何台か追い抜いた。祓川に着くと快晴のきれいな鳥海山が見える。ここまでは目論見通りだ。

祓川山荘から木道を歩き数分、最初の丘の登りに差し掛かるといきなり雪渓が現れてびっくり。朝でまだ雪が固いので、滑らないよう注意して登る。夏道に入り岩のゴロゴロしている所を登ると、樹林帯の平坦な道が少し続く。賽の河原下部の標識から登ると次の雪渓登りだが、傾斜は緩い。賽の河原は平坦な湿原で木道がある。さらに少し登ると御田の雪渓となり、ここを過ぎてしばらく登ると七ツ釜避難小屋分岐となる。ここから数分で七ツ釜。滝の連続する急沢だが、今年は雪の下に沢が流れ込んでいるのが見える。その先に康ケルンがあるが、その先に雪渓が出てきてそれを過ぎてしばらく夏道を登ると大雪路入口に出る。大雪路は雪上をかなり長い距離歩くのでガスの時など先が見えないので注意。右寄りを登って一番上部まで行くのが原則だと思う。夏道を見つけて暫く登ると次の雪渓があるが、距離はさほど長くない。その上の氷ノ薬師辺りは、急な沢の右岸の岩がゴロゴロしている急登が続く。そこを抜けると最後の雪渓を過ぎて、舎利坂の急登となる。快晴はいいのだが、とにかく暑くてきつい。この辺りはザレで滑りやすいので注意。この急登をこなすと七高山山頂である。

七高山山頂でも快晴だったが、東と南方面はほぼ雲海で、月山や朝日などの山も雲の中になって見えなかった。北と西は晴れて眺望があり、秋田や庄内の海岸線は見えた。祓川方面は山荘や駐車場も、登ってきたコースも良く見える。秡川からの矢島口も今年は雪が多く、雪上を歩く部分も多かったが、新山の雪も昨年よりかなり多いようだ。山頂から見ていると雲が段々こちらに迫ってきているようだ。帰りは康新道を回ってみようとも考えていたのだが、舎利坂上部のザレに気を取られて下っているうちに分岐を見過ごしてしまったので、往路を帰ることになった。途中2時位から雲が山を越えて架かるようになり、大雪路辺りではガスの中だった。七ツ釜より下るとまた晴れてきて、暑さの中、祓川に到着した。

祓川からのルートは残雪期に登り4時間、下り1時間で行ったので、ちょっと甘く見ていたら、夏季はかなり色々な要素のある登りだった。今日は往路の氷ノ薬師辺りから足が攣り気味で休み休み登ったので、時間が掛かってしまった。下りでも影響があるのでこちらも時間が掛かった。当然新山には行けません。昨年は湯ノ台口から新山も往復したのだが。5月以来長時間歩いていないから鍛錬不足かなー。
訪問者数:314人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ