また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218360 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

飯豊山(弥平四郎日帰り)

日程 2017年08月04日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇(ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道の駅「にしあいづ」で仮眠後、弥平四郎登山口へ。弥平四郎のゲートから駐車場まではダート道です(T_T)。先週の大雨の影響で道は一部荒れていましたが、慎重に運転すれば軽でも大丈夫でした(ただし、運が悪ければパンクします)。事前に道路状況を役場に問い合わせたのですが、親切に道路状況を教えてくれた職員の方ありがとうございました(^_^)。なお、駐車場には仮設トイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間35分
休憩
1時間10分
合計
12時間45分
S祓川駐車場04:5506:10上ノ越07:10疣岩分岐07:55三国小屋08:0509:20切合避難小屋09:2511:00本山小屋11:1011:25飯豊山11:4513:15切合避難小屋13:2014:40三国小屋15:0017:25祓川山荘17:40祓川駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般にアップダウンが多く、予想以上にしんどかったです。
危険箇所は特にありませんが、下りに使用した新長坂ルートはかなりの急登で、下りは滑りやすく危険でした(実際2回スリップしました(>_<))。
ちなみに、今回のルートは高妻山のルートに似ていて(ルートの形もそっくりです(笑))、高妻山の2倍弱のしんどさくらいでしたのでご参考に(^_^;)。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

ダート道を無事通過し、登山口の駐車場に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダート道を無事通過し、登山口の駐車場に到着。
2
弥平四郎登山口からは、新長坂ルートと新道のふたつのルートがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥平四郎登山口からは、新長坂ルートと新道のふたつのルートがあります。
新長坂ルートは林道を少し戻ってからスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新長坂ルートは林道を少し戻ってからスタートです。
新道はこちらから。行きは新道で上り、帰りは新長坂ルートで下ることにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道はこちらから。行きは新道で上り、帰りは新長坂ルートで下ることにしました。
憧れの飯豊山スタートです♪
しばらくはこのような樹林帯を黙々と登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れの飯豊山スタートです♪
しばらくはこのような樹林帯を黙々と登ります。
ロープもありますが、新道は特に危険箇所はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープもありますが、新道は特に危険箇所はありませんでした。
ただし、ピンクテープがほとんどないので、道が合っているか不安になります。ピンクテープを見つけるとホッとします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただし、ピンクテープがほとんどないので、道が合っているか不安になります。ピンクテープを見つけるとホッとします。
なんと上はガスっているみたいで、テンションが一気に下がります(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと上はガスっているみたいで、テンションが一気に下がります(>_<)。
南側の視界が開けました♪
雲海から顔を出しているのは磐梯山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の視界が開けました♪
雲海から顔を出しているのは磐梯山。
上ノ越に到着(登山口から1時間15分)。1ヶ月ぶりの登山で体がなまっていたのか、あまりコースタイムをまけず…
残念ながらここからもまだまだ樹林帯が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノ越に到着(登山口から1時間15分)。1ヶ月ぶりの登山で体がなまっていたのか、あまりコースタイムをまけず…
残念ながらここからもまだまだ樹林帯が続きます。
樹々の間から飯豊山が♪
あちらはまだガスっていないようで、一気にテンションがあがります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹々の間から飯豊山が♪
あちらはまだガスっていないようで、一気にテンションがあがります。
南側は視界が開けてきました♪左から、吾妻山、安達太良山、磐梯山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側は視界が開けてきました♪左から、吾妻山、安達太良山、磐梯山。
1
上ノ越から20分ほどで樹林帯を抜けはじめます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノ越から20分ほどで樹林帯を抜けはじめます。
1
南側はどんどん青空に♪磐梯山と那須岳方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側はどんどん青空に♪磐梯山と那須岳方面。
2
気持ちのいい稜線歩きスタート。ですが、この日は絶不調で、この先のアップダウンに気が滅入ってしまいました(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩きスタート。ですが、この日は絶不調で、この先のアップダウンに気が滅入ってしまいました(>_<)。
ついに飯豊山が見えてきました♪ただ、背後には早くも敵(ガス)が迫っております(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに飯豊山が見えてきました♪ただ、背後には早くも敵(ガス)が迫っております(T_T)。
1
疣岩分岐に到着(上ノ越から約1時間)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疣岩分岐に到着(上ノ越から約1時間)。
飯豊山が全容を♪8月なのにまだまだ雪が残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊山が全容を♪8月なのにまだまだ雪が残っています。
2
三国岳と三国小屋が見えてきました。が、アップダウンを見て泣きそうに(T_T)。山と高原地図には(飯豊山の中では)比較的楽なコースと書かれていましたが、全然楽じゃない…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳と三国小屋が見えてきました。が、アップダウンを見て泣きそうに(T_T)。山と高原地図には(飯豊山の中では)比較的楽なコースと書かれていましたが、全然楽じゃない…
三国小屋への最後の登りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋への最後の登りです。
4
三国小屋に到着(疣岩分岐から約45分)。ここで10分休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋に到着(疣岩分岐から約45分)。ここで10分休憩。
2
川入コースとの合流地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川入コースとの合流地点。
まだまだ長い道のり。それにしても、アップダウン多すぎです(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ長い道のり。それにしても、アップダウン多すぎです(T_T)。
1
ハシゴや(プチ)ナイフリッジもあり、ここが一番の核心でした!(ただし、飯豊山に来るような登山者には簡単かと思われます(^_^;))
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴや(プチ)ナイフリッジもあり、ここが一番の核心でした!(ただし、飯豊山に来るような登山者には簡単かと思われます(^_^;))
1
三国小屋を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国小屋を振り返る。
1
お花が増えてきました。お花に癒されながら、なんとかアップダウンを頑張ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花が増えてきました。お花に癒されながら、なんとかアップダウンを頑張ります。
切合小屋が見えてきました♪が、その先に見えるアップダウンにまたもや泣きそうに(T_T)。そして、背後には敵(ガス)がさらに迫っております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋が見えてきました♪が、その先に見えるアップダウンにまたもや泣きそうに(T_T)。そして、背後には敵(ガス)がさらに迫っております。
5
残雪ゾーン 4躙渦媾蠅呂△蠅泙擦鵝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪ゾーン 4躙渦媾蠅呂△蠅泙擦鵝
切合小屋に到着(三国小屋から約1時間15分)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋に到着(三国小屋から約1時間15分)。
水場もあります。実はこのルートはじめての水場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場もあります。実はこのルートはじめての水場です。
さて、出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、出発です。
草履塚に到着。大日岳方面は雲に覆われはじめました(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草履塚に到着。大日岳方面は雲に覆われはじめました(T_T)。
本山小屋が見えてきました(^_^)。湧き上がる敵(ガス)と絶賛攻防中(山頂までなんとかしのいでください(>_<))。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋が見えてきました(^_^)。湧き上がる敵(ガス)と絶賛攻防中(山頂までなんとかしのいでください(>_<))。
4
またもや下ります(T_T)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またもや下ります(T_T)。
姥権現に到着。ここからは登りを頑張るのみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥権現に到着。ここからは登りを頑張るのみ。
本山小屋手前でついにガスってきました(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋手前でついにガスってきました(>_<)。
ついに本山小屋をとらえました。ここから山頂まで、ガスったり、青空が見えたりの繰り返しでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに本山小屋をとらえました。ここから山頂まで、ガスったり、青空が見えたりの繰り返しでした。
3
本山小屋に到着(切合小屋から約1時間半)。疲労困憊だったので、迷わずコーラを注文しました(^_^;)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本山小屋に到着(切合小屋から約1時間半)。疲労困憊だったので、迷わずコーラを注文しました(^_^;)。
2
コーラで回復。あとは山頂への気持ちいい稜線歩きが待っています♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーラで回復。あとは山頂への気持ちいい稜線歩きが待っています♪
たまにガスがきれて、御西岳方面への稜線が姿を現します。晴れていたら最高の景色なんでしょうね(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにガスがきれて、御西岳方面への稜線が姿を現します。晴れていたら最高の景色なんでしょうね(>_<)。
山頂まであと一息♪左手にはニッコウキスゲがお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと一息♪左手にはニッコウキスゲがお出迎え。
憧れの飯豊山山頂に到着♪出発から約6時間半。本当にお疲れさまでした。朝日岳を見たくて20分ほど粘りましたがダメでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
憧れの飯豊山山頂に到着♪出発から約6時間半。本当にお疲れさまでした。朝日岳を見たくて20分ほど粘りましたがダメでした。
7
一気に秡川山荘へ。帰りは疲労困憊で写真を撮る余裕がありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に秡川山荘へ。帰りは疲労困憊で写真を撮る余裕がありませんでした。
3
新長坂ルートは一旦沢まで下ります。ここから10分ほど登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新長坂ルートは一旦沢まで下ります。ここから10分ほど登ります。
新長坂ルート入口に到着。ここから登山口まではすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新長坂ルート入口に到着。ここから登山口まではすぐです。
日が落ちる前に無事戻ってこれました\(^o^)/。今までで一番しんどい日帰りでした(>_<)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が落ちる前に無事戻ってこれました\(^o^)/。今までで一番しんどい日帰りでした(>_<)。
4

感想/記録

本題に入る前に、兎にも角にもこの夏は天気が悪すぎです(T_T)。
私はなるべく高気圧に覆われる晴れの日にしか登らないようにしているのですが、待てども待てども高気圧に覆われる気配はなく、前回の登山から気が付けば1ヶ月も経ってしまいました。このままでは登山を忘れてしまいそうだったので、ガスる可能性はありますが、晴れマークを信じて勝負することにしました。
さて、本題に入りまして、幌尻岳日帰りから1ヶ月!次に目標としていたのが今回の飯豊山日帰りでした(^_^)。
感想は「ほんましんどい」の一言。前回の幌尻岳よりもはるかにしんどかったです(>_<)
1ヶ月ぶりの登山で体がなまっていたのと、アップダウンにやられてしまい、中間地点の三国岳でリタイアも考えるほどでした(>_<)。
肝心の景色ですが、夏山特有の、湧き上がる雲との勝負となりましたが、完全にガスる前になんとか山頂に滑り込みました。11時半到着にしてはいい景色でした(^_^;)。晴れていれば絶景なのでしょうね(>_<)。絶景はまた次回に。

なお、翌日は平ヶ岳を予定していたのですが、飯豊山の疲れで見事に寝坊してしまい、田代山に変更となりました(^_^;)。

次回は縦走でまったりと飯豊山を楽しみたいです(^_^;)

ちなみに私事ですが、
ついに百名山のカウントダウンスタートです(^_^)

おしまい。
訪問者数:369人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ