また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218568 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山(ヒラフ登山口から)

日程 2017年08月02日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宿泊した蝦夷富士小屋までは倶知安の市外からクルマで約10分。蝦夷富士小屋は感じの良い夫婦が経営している定員10人ほどの小さな山荘だが、とても良い宿だった。(3500円/人泊) 大きな2段ベッド、シャワー、自炊設備は電子レンジ、オーブントースター、種類豊富な食器類があり、我々も付近の道の駅やスーパーなどで仕入れた材料でごちそうを楽しんだ。
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
1時間25分
合計
7時間47分
S蝦夷富士小屋03:4503:50ヒラフ登山口04:0004:502合目05:00690m地点(休憩)05:1005:304合目06:101160m地点(休憩)06:2006:256合目07:108合目07:221650m地点07:3207:359合目08:20羊蹄山山頂08:4509:209合目09:451350m地点(休憩)09:5510:026合目10:324合目10:522合目11:0211:32ヒラフ登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コニーデ型の山らしく標高差は1500mあるが、登山口から徐々に急になるのぼりをひたすら登っていく。登山道は整備されており、新潟の高校生がトレイルランのトレーニングを行っていた。
その他周辺情報ニセコ駅前にある「綺羅の湯」(500円/人)で汗を流してから千歳空港に向かった。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

宿泊した蝦夷富士小屋。こじんまりしたいい小屋です。
2017年08月01日 14:28撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宿泊した蝦夷富士小屋。こじんまりしたいい小屋です。
前日、山頂は雲の間に見え隠れしていた。
2017年08月01日 16:17撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日、山頂は雲の間に見え隠れしていた。
前日の夕食。メニューは、豚ロースの生姜焼き、キノコのオリーブオイル炒め、蒸しアスパラ、トマト・レタス・キュウリの生ハム・モッアレラチーズ添えサラダ、とれたてトウモロコシ、小樽赤ワイン。 言うことなし!!
2017年08月01日 17:27撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の夕食。メニューは、豚ロースの生姜焼き、キノコのオリーブオイル炒め、蒸しアスパラ、トマト・レタス・キュウリの生ハム・モッアレラチーズ添えサラダ、とれたてトウモロコシ、小樽赤ワイン。 言うことなし!!
6合目の少し手前からのニセコアンヌプリ(1308m)
2017年08月02日 06:15撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目の少し手前からのニセコアンヌプリ(1308m)
9合目。道は整備されているが、下を向いて歩いていると登山道に覆いかぶさった木の枝に頭をぶつけ、痛い思いを何度かした。
2017年08月02日 07:34撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目。道は整備されているが、下を向いて歩いていると登山道に覆いかぶさった木の枝に頭をぶつけ、痛い思いを何度かした。
9合目がひと登りで火口壁の一角に出る。火口は3か所あり、ここからは中と小の2つの火口が並んでいるのが見える。正面スカイラインに山頂が見える。
2017年08月02日 07:54撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目がひと登りで火口壁の一角に出る。火口は3か所あり、ここからは中と小の2つの火口が並んでいるのが見える。正面スカイラインに山頂が見える。
旧山頂。京極コースへの分岐点。
2017年08月02日 08:11撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧山頂。京極コースへの分岐点。
山頂。360度見回してもここより高いところはない。
2017年08月02日 08:25撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。360度見回してもここより高いところはない。
山頂の左(南側)には火口壁の岩壁が連なる。
2017年08月02日 08:25撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の左(南側)には火口壁の岩壁が連なる。
登ってきた北側はなだらかな稜線になっている
2017年08月02日 08:48撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた北側はなだらかな稜線になっている
左下が倶知安の市街地。高いところから見下ろすと、エラそうな気分になってしまうのは無理もない?・・
2017年08月02日 08:57撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下が倶知安の市街地。高いところから見下ろすと、エラそうな気分になってしまうのは無理もない?・・
ここが登山口
2017年08月02日 11:56撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが登山口
朝はクルマが少なかったけど、帰りはたくさん停まっていた。
2017年08月02日 11:56撮影 by VA-01A, JCI_JP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はクルマが少なかったけど、帰りはたくさん停まっていた。

感想/記録

羊蹄山(1898m)は、道南の盟主としての貫録を持った山で、まさにミニ富士山である。山の名前について深田久弥氏は次のように書いている。
「函館を発って札幌へ行く汽車で、私たちの眼をそばたたせる山が二つある。まずは駒ヶ岳、ついで後方羊蹄山(しりべし)。駒ヶ岳の颯爽とした尖峰は胸の透くような眺めだが、後方羊蹄山はドッシリと重く、一種の圧迫を感じる。古来蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれただけあって、その整正な山容はどこから眺めても形を崩さない。この山を単に羊蹄(ようてい)山と略して呼ぶことに私は強く反対する。古く『日本書紀』斉明朝5年(659年)にすでに後方羊蹄山と記された歴史的な名前である・・・」(深田久弥:「日本百名山」)
訪問者数:31人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ