ヤマレコ

記録ID: 1219204 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

栗沢山(ロケ地巡り)

日程 2017年08月09日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
仙流荘バス停駐車場に車を停めてバスに乗り換えて北沢峠へ。
駐車場は200円。
乗客が多いと数本バスが出るようです。
売店、自販機あり。

北沢峠にトイレあり。水場あり。バス停目の前に「こもれび山荘」あり。

登山口までは北沢峠バス停から広河原方面にバス通りを下っていきます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
1時間50分
合計
7時間34分
S北沢峠07:1107:16仙丈ヶ岳二合目登山口07:1607:23長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)07:2308:10仙水小屋08:1008:56仙水峠09:1911:17栗沢山12:3514:24長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)14:3314:39仙丈ヶ岳二合目登山口14:3914:46北沢峠14:4614:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
良好。岩場が滑る箇所があり要注意。
仙水峠からはケルンが沢山ある方面の岩場を登って行く。その先に明確な登山道がある。
仙水峠の標識から下って行く道もあるがどこに続くかは未確認。
その他周辺情報マイカーは戸台橋から先へは行けない。
橋を渡らずに集落方面にはいけるがしばらくしてその先も行けないよう。

テント場は長衛小屋前にあり。
山荘は北沢峠バス停の「こもれび山荘」と、登山口の「長衛小屋」。
長衛小屋はTシャツ、小物、食料あり。
仙水荘は寄りませんでした。

仙流荘にて日帰り入浴可。

おすすめは(ちょっと遠いけど)伊那ICすぎて少し行った大芝高原の「大芝の湯(500円)」。
近くに「ホサナ」という中華屋さんがあり、個人的には好きな味。

ローメン食べるなら伊那市駅前の「いなっせ」に停めて「うしお」がオススメ。マトンですが。
天竜川沿いの「鍋辰」もオススメ。

写真

仙流荘バス停に5:40着。
臨時便で5:45からバスが出ていました。
6台目に乗車。6:05発でした。

バスの運転手さんが走行中に花に名前や山の名前など案内してくれます。
2017年08月09日 05:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙流荘バス停に5:40着。
臨時便で5:45からバスが出ていました。
6台目に乗車。6:05発でした。

バスの運転手さんが走行中に花に名前や山の名前など案内してくれます。
北沢峠着。
ここから、仙丈方面、甲斐駒ケ岳方面、栗沢山方面に分かれます。
広河原行きのバスに乗り換えもできます。
道沿いに清流が流れ、涼しいです。
2017年08月09日 06:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠着。
ここから、仙丈方面、甲斐駒ケ岳方面、栗沢山方面に分かれます。
広河原行きのバスに乗り換えもできます。
道沿いに清流が流れ、涼しいです。
しばらくバス通りを下って、仙水峠方面へ。
鳥の鳴き声、水の音、木々のざわめき。
いい雰囲気です。
2017年08月09日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくバス通りを下って、仙水峠方面へ。
鳥の鳴き声、水の音、木々のざわめき。
いい雰囲気です。
テント場の先に登山口。
橋を渡って左に行くと仙水峠。真っ直ぐ行くと栗沢山。
2017年08月09日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の先に登山口。
橋を渡って左に行くと仙水峠。真っ直ぐ行くと栗沢山。
今回は仙水峠経由で栗沢山なので、左に。
沢沿いを歩きます。
2017年08月09日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は仙水峠経由で栗沢山なので、左に。
沢沿いを歩きます。
昨日の雨の影響もあってか(元々なのか?)、登山道は小川になってます。
といっても、歩くのに支障はないです。
左に清流を見ながら、ハイキング。^_^
2017年08月09日 07:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日の雨の影響もあってか(元々なのか?)、登山道は小川になってます。
といっても、歩くのに支障はないです。
左に清流を見ながら、ハイキング。^_^
日差しが良い感じです。
アンダーに半袖シャツでちょうどいい感じ。
2017年08月09日 07:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しが良い感じです。
アンダーに半袖シャツでちょうどいい感じ。
途中いくつか水が溜まってる場所があります。
透明度がすごい!触ったら冷たい!
2017年08月09日 07:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中いくつか水が溜まってる場所があります。
透明度がすごい!触ったら冷たい!
CM撮影ポイントと思われる橋を同じようなアングルで。1つ目の丸太橋です。奥からきて手前に抜けて行くのが登り方面。
2017年08月09日 07:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CM撮影ポイントと思われる橋を同じようなアングルで。1つ目の丸太橋です。奥からきて手前に抜けて行くのが登り方面。
1
朝もや。神秘的。
きてよかった。そして晴れてよかった!
2017年08月09日 07:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝もや。神秘的。
きてよかった。そして晴れてよかった!
1
ここもCMで出てました。ロープは使わず登れます(むしろ使わない方が安全かも)。
2017年08月09日 07:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもCMで出てました。ロープは使わず登れます(むしろ使わない方が安全かも)。
CMのアングルです。ヒョイヒョイと登れます。
2017年08月09日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CMのアングルです。ヒョイヒョイと登れます。
しばらく登って丸太橋を渡って、さらに登ると岩場に出ます。暑い!
ここのどこかがCM撮影ポイントなのでしょうが特定できず!残念!

登山道は左右同じような岩場の谷を歩いて行く感じです。
この岩場登ったらどこに続くのか、危ないんで行きませんでしたw
2017年08月09日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登って丸太橋を渡って、さらに登ると岩場に出ます。暑い!
ここのどこかがCM撮影ポイントなのでしょうが特定できず!残念!

登山道は左右同じような岩場の谷を歩いて行く感じです。
この岩場登ったらどこに続くのか、危ないんで行きませんでしたw
仙水峠です。左が甲斐駒ケ岳、右が栗沢山。
親子ずれ(お子さんは小学生?)が甲斐駒ケ岳方面に。行くのか、すごいなー。
2017年08月09日 08:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙水峠です。左が甲斐駒ケ岳、右が栗沢山。
親子ずれ(お子さんは小学生?)が甲斐駒ケ岳方面に。行くのか、すごいなー。
ガスもなく、バッチリ見えますね!甲斐駒ケ岳(だよね?ちょっと自信ない)。写真でよく見てたのを目の当たりにすると感慨深い。
2017年08月09日 08:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスもなく、バッチリ見えますね!甲斐駒ケ岳(だよね?ちょっと自信ない)。写真でよく見てたのを目の当たりにすると感慨深い。
栗沢山は仙水峠の看板を右に登っていきます。
ケルンが沢山積んである方向です。
下る道もありましたがそちらから迂回できるのかは不明。

ここからがきつかった・・・段差、岩場、なにこの傾斜!

ここからがリアルに「うわまじか」でしたw
2017年08月09日 09:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山は仙水峠の看板を右に登っていきます。
ケルンが沢山積んである方向です。
下る道もありましたがそちらから迂回できるのかは不明。

ここからがきつかった・・・段差、岩場、なにこの傾斜!

ここからがリアルに「うわまじか」でしたw
やっと目的地見えてきた!
山頂は晴れている模様!
しかし、きつい登りでペース上がらない。
休み休みです。
グローブつけてても使ってよじ登るところもチラホラ。
2017年08月09日 10:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと目的地見えてきた!
山頂は晴れている模様!
しかし、きつい登りでペース上がらない。
休み休みです。
グローブつけてても使ってよじ登るところもチラホラ。
やっとの思いで到着!
正直舐めてました。
いやーきつかった!
2017年08月09日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとの思いで到着!
正直舐めてました。
いやーきつかった!
2
仙丈ケ岳方面。あそこに見えるは、誰が名付けたか「ひかる岩」。CMの最後のシーンですね。
2017年08月09日 11:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳方面。あそこに見えるは、誰が名付けたか「ひかる岩」。CMの最後のシーンですね。
アサヨ峰方面と水。記念撮影!
この峰がガスを堰き止めていて、右に雲が流れていかない。ちょっと凄いなと思いました。
2017年08月09日 11:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰方面と水。記念撮影!
この峰がガスを堰き止めていて、右に雲が流れていかない。ちょっと凄いなと思いました。
1
ということで、岩にOnしてみました。
岩からの景色は絶景(下を見なければ・・・)!
2017年08月09日 11:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで、岩にOnしてみました。
岩からの景色は絶景(下を見なければ・・・)!
1
甲斐駒ケ岳方面以外はこんなに晴れてるのに!!
(甲斐駒はガスの中〜)
2017年08月09日 12:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳方面以外はこんなに晴れてるのに!!
(甲斐駒はガスの中〜)
昼食&コーヒータイムを経て下山。
帰りは長衛小屋方面に。この岩場を真っ直ぐ行くと道があるのですが、上からじゃ分かりにくい。
スマホGPS確認しつつ恐る恐る下って行きます。
2017年08月09日 12:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食&コーヒータイムを経て下山。
帰りは長衛小屋方面に。この岩場を真っ直ぐ行くと道があるのですが、上からじゃ分かりにくい。
スマホGPS確認しつつ恐る恐る下って行きます。
あとは道なりに下るだけですが結構な勾配で太ももにきます。ポール使用して下りました。
途中、凄い色のキノコが。うわ、まじか。
2017年08月09日 14:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは道なりに下るだけですが結構な勾配で太ももにきます。ポール使用して下りました。
途中、凄い色のキノコが。うわ、まじか。
1
撮影機材:

感想/記録

仙丈ケ岳と甲斐駒ケ岳に挟まれているため低く見えますが栗沢山は2700mほどあり、標高は燕岳と同じくらいです。登山口からの標高差、CTだけだと優しそうですが、仙水峠を越えてから一気に本領を発揮してきてなかなか手強かったです。
メンタルで登った感が否めませんでした。
荷物は38Lザックに9割で水も多かった(カップラーメン、お湯戻しのピラフ、コーヒー2杯分+行動中の飲用プラスα)ので重さで体力を削られたのかもしれませんが。

今回は、今後の山業に向けて重い荷物を背負った登山、歩き方の練習を兼ねていたので、きつかったけど身になったと感じます。

帰りは伊那IC先の南箕輪村まで行って、大芝の湯によりました(500円)。キレイで良いところでした。
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ