また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1219682 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

旭岳(大雪山)【化雲岳 → 旭岳 → 羅臼岳 ※どこでもドアをフル活用?3−2】

日程 2017年08月10日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 ケーブルカー等
天人峡(天人閣)→旭岳温泉ロープウェイ乗場
※タクシー利用で、5,300円でした。
※AM5:40頃の迎車。早朝料金等はなし。

旭岳(温泉)→姿見駅
※ロープウェイ利用(始発の6:30発に乗車)

黒岳→層雲峡
※ロープウェイ利用(15分間隔で便利でした)

層雲峡→上川駅(バス) 上川駅→知床斜里(電車)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
52分
合計
7時間36分
S姿見駅07:0307:23旭岳石室08:39金庫岩08:49大雪山08:5308:53旭岳08:58大雪山09:0009:48裏旭キャンプ指定地10:16間宮岳分岐10:2010:21荒井岳10:52松田岳11:01北海岳12:29黒岳石室13:0913:30黒岳13:3214:237合目リフト乗り場14:39ロープウェイ黒岳駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
姿見駅へはロープウェイを利用。
始発の6:30発に乗車しました。※時間は時期による
黒岳より層雲峡へはロープウェイを利用。
本数が多く(たしか15分間隔)、待たされることもなく、
助かりました。
その他周辺情報天人峡の宿泊先、天人閣。
温泉は、とても気に入りました。
ただ、男湯女湯入れ替え制なので、できれば2泊推奨。

サービス、アクセスなど評判の芳しくない天人閣(天人峡)。
確かに、?!なところはありますが、
覚悟していたこともあり、「OK」でした。
特別に推奨はできないが、かといって。
どっちやねん!すみません。

注意点としては、クレジットカード(現地払い)は、
VISA、MASTERのみ対応。JCB、AMEX不可です。

あと、朝早くお風呂に向かっていたお嬢さんが、
館内の通路?(男湯と女湯のあいだ)に、
でっかい「スパイダーマン」がいる!と、
びびっておりました。

極度にそういうのダメな方は、
避けたほうがいいかもです。


過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル カメラ
備考 日焼け止め・・・持って行ってもよかったかな。
アイゼン・・・(個人的には)持って行って正解。安心でした。
※時期にもよりますが、「いらん」が多数意見かと。

写真

皆さんの記録や、
写真の質の高さには、
とても感心します。
頭上がりませんが、
ランダムにピックアップ。
2017年08月10日 08:34撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さんの記録や、
写真の質の高さには、
とても感心します。
頭上がりませんが、
ランダムにピックアップ。
旭岳の山頂にて。
最高の天気になりました。
2017年08月10日 08:53撮影 by SH-M04, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳の山頂にて。
最高の天気になりました。
あの雪渓でアイゼンを使う。
恥ずかしながら、
稀少な、臆病者でしょう。
いらんやろ、アイゼン!が、
大多数の意見かと。
※時期などによります。
2017年08月10日 09:53撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの雪渓でアイゼンを使う。
恥ずかしながら、
稀少な、臆病者でしょう。
いらんやろ、アイゼン!が、
大多数の意見かと。
※時期などによります。
結構、花が咲いてます。
花の名は・・・。
2017年08月10日 12:04撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、花が咲いてます。
花の名は・・・。
花の名は、
ポンポンポンと
写真に添えて、
ご教授される
みなさんの技術と
能力、すごい!

2017年08月10日 12:04撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の名は、
ポンポンポンと
写真に添えて、
ご教授される
みなさんの技術と
能力、すごい!

感想/記録

すいません。20日以上の記録です。
2017年8月10日(木)、旭岳(大雪山)登山時の記録。
もう、9月(2日)になってしまいました。
内容を含め、参考に値しません。が、一応、記録します。

※後日、記憶の範囲内で、追記予定。

序盤、いきなり道を間違えて、姿見の池をほぼ周遊。
例えば、マラソンランナーがコースを間違えたときの
なんとも言えない表情・・・、その気持ちが
ちょっぴりわかるハプニング?がありました。

姿見より旭岳は、天気のコンディションにも恵まれ、
また、昨日の化雲岳のときとは違い、十分過ぎる朝の
栄養補給もあってか、負担感は大きくありません。

旭岳登頂後、まず間宮岳に向かいますが、
初めのやや急な斜面は、この山行中に感じた数少ない
試練です。靴底が剥がれつつあったことに加え、
足(爪)に負った怪我の為、不安を感じます。

山行者が思った以上に少なかったことに加え、
台風などの影響による天気にネガティブな情報も
入っていたこともあり・・・。体力も幾分か消耗。

結局、黒岳石室手前の登りで、石室は、まだ?と
へばりはしましたが、天気を含め、ほぼ終始、順調な
山行となりました。

ハプニングといえば、北海岳にて、道に迷った?
Stuttgart(シュトゥットガルト)からという
ドイツ人親子に会いました。両親に加えお嬢さん。

北岳を経て、北鎮岳に行きたいが、地図を忘れて、
右往左往とのこと。方向音痴によるブロークンな
イングリッシュではと・・・、デジカメを利用し
地図もお渡しして。

一件落着。後で、あんな小さなお子さんを連れて
大丈夫?余計な道案内を!?と、やや煩悶もあり
ましたが、問題なかったようで、よかった。

それにしても、3週間のHolidayで、2週間の
日本旅行、いいな!これ、最大の心理的試練。
もうちょっと「山頂留学」続けたい気持ちを
抑えて?こんな場所でもバスに乗り遅れるから、
もういかなあかんねん、って!!せかっち
日本人、情けない限り、でありました。

ドイツ語もさっぱりですので、ダンケシェーン、
Bye Bye!と皆さんとお別れ。
ベンチから転げ落ちて大泣きしていたお嬢さん、
Bye Bye!と満面の笑みを見せてくれたのは、
いろいろな意味で嬉しい限りでした。

なるほど、ドイツ語で、さよならは、
アウフヴィーダーゼーエン(Auf Wiedersehen)
今だけでもと、一時的に記憶にとどめる。

それにしても、ログを見る限り、ほんとに
短時間の「山頂留学」、ずいぶんと長く
感じましたが、結構なエネルギーを使って
いたんでしょうね・・・。









訪問者数:85人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 雪渓 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ