また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1219887 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳(白沢登山口、日帰り)

日程 2017年08月10日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、後ややガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口手前の駐車スペース。朝5:30時点で5,6台ほど。
エアリアに20台と書いてあるけどそんなにとめられるか?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
41分
合計
6時間58分
S白沢登山口05:5006:51最終水場06:5407:42大凪山09:02餓鬼岳小屋09:05餓鬼岳09:1009:24展望台09:4410:04餓鬼岳10:0610:10餓鬼岳小屋10:1211:10大凪山11:1311:47最終水場11:5312:48白沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです
コース状況/
危険箇所等
最終水場まで沢近くの斜面または沢底を歩く感じで、渡渉も何カ所もあり。
また、同範囲内に新しい崩壊地が4,5か所もあるため、豪雨時等は通らない方がよさそう。再崩落の兆候(石がパラパラ落ちてくる、濁った水が流れる等)が無いかよく確認の上、通過を。
コース全体的に荒い砂利、苔の生えた岩場、木製の階段や橋など、滑りやすい要素満載なのでご注意を。
その他周辺情報車で20分くらい?のすず虫温泉へ行こうとしたら16時からでした…。なので、安曇野穂高温泉郷へ。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール

写真

白沢登山口入口。仮設トイレあり。
2017年08月10日 05:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白沢登山口入口。仮設トイレあり。
しばらく(5分くらい)林道みたいなところを歩く
2017年08月10日 05:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく(5分くらい)林道みたいなところを歩く
白沢登山口過ぎるとこんな感じ
2017年08月10日 05:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白沢登山口過ぎるとこんな感じ
沢沿いに入るとこんな感じのものが連続する
2017年08月10日 05:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに入るとこんな感じのものが連続する
崩壊地(先日の台風によるもの?)。写真真ん中あたりを通過します
2017年08月10日 06:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地(先日の台風によるもの?)。写真真ん中あたりを通過します
水場にはこんな感じの案内が。小さくて見つけづらいですが
2017年08月10日 06:21撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場にはこんな感じの案内が。小さくて見つけづらいですが
ルートにはこんな感じのマーキングが要所要所にあります
2017年08月10日 06:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートにはこんな感じのマーキングが要所要所にあります
魚止ノ滝。ここを通り過ぎると沢から離れます
2017年08月10日 06:35撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚止ノ滝。ここを通り過ぎると沢から離れます
崩落地。木の株の下をくぐる感じで通ります。通過前に斜面上などで動きがないかよくチェックを
2017年08月10日 12:15撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地。木の株の下をくぐる感じで通ります。通過前に斜面上などで動きがないかよくチェックを
ほどなくして最終水場
2017年08月10日 06:50撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなくして最終水場
ちなみにこのルートの水場はだいたいこんな感じの沢水です
2017年08月10日 06:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにこのルートの水場はだいたいこんな感じの沢水です
天気持ってほしい…
2017年08月10日 07:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気持ってほしい…
1
安曇野・大町方面の景色が徐々に見えてくる
2017年08月10日 07:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇野・大町方面の景色が徐々に見えてくる
2
大凪山の標識
2017年08月10日 07:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凪山の標識
大凪山過ぎるとしばらくは傾斜が緩やかに
2017年08月10日 07:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大凪山過ぎるとしばらくは傾斜が緩やかに
ただし、雨上がりなどは泥濘箇所が多数。足首まで埋まりました
2017年08月10日 10:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただし、雨上がりなどは泥濘箇所が多数。足首まで埋まりました
百曲りかその手前あたり。傾斜は急だが頑張って登る
2017年08月10日 08:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百曲りかその手前あたり。傾斜は急だが頑張って登る
天気もいい感じ
2017年08月10日 08:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もいい感じ
1
百曲り登りきったあたり
2017年08月10日 08:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百曲り登りきったあたり
樹林帯を抜けると視界が一気に広がる
2017年08月10日 08:57撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると視界が一気に広がる
1
餓鬼岳小屋
2017年08月10日 09:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋
餓鬼岳方面
2017年08月10日 09:00撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
餓鬼岳方面
2
ピークを目指す最後の登り
2017年08月10日 09:02撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを目指す最後の登り
山頂ちょい手前で咲き残っていたコマクサ
2017年08月10日 09:04撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ちょい手前で咲き残っていたコマクサ
2
山頂到着。360度の展望
2017年08月10日 09:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。360度の展望
3
大町、二科三湖方面。木崎湖がちょい見えました
2017年08月10日 09:05撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大町、二科三湖方面。木崎湖がちょい見えました
1
安曇野方面
2017年08月10日 09:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安曇野方面
1
燕、槍ヶ岳方面
2017年08月10日 09:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕、槍ヶ岳方面
3
水晶、鷲羽方面
2017年08月10日 09:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶、鷲羽方面
1
パノラマで
2017年08月10日 09:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで
1
とりあえず展望台へ
2017年08月10日 09:10撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず展望台へ
最初は岩場で、その後ハイマツ帯の中を進みます
2017年08月10日 09:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は岩場で、その後ハイマツ帯の中を進みます
唐沢岳分岐
2017年08月10日 09:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢岳分岐
展望台到着
2017年08月10日 09:23撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台到着
1
とりあえず一息休憩
2017年08月10日 09:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず一息休憩
1
燕方面はガスがやや上がってくる
2017年08月10日 09:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕方面はガスがやや上がってくる
北アルプス北部方面が一望できました。そのうち行きたいものです
2017年08月10日 09:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス北部方面が一望できました。そのうち行きたいものです
2
展望地から餓鬼岳へ戻る。槍がガスで隠れちゃいました
2017年08月10日 09:46撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地から餓鬼岳へ戻る。槍がガスで隠れちゃいました
1
こちらもガスがだんだん上がってくる
2017年08月10日 10:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもガスがだんだん上がってくる
1
ガスと入れ違いで下山
2017年08月10日 10:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスと入れ違いで下山
1
下界は晴れていそう
2017年08月10日 11:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は晴れていそう
1
ザレてて足元気を遣いました
2017年08月10日 11:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレてて足元気を遣いました
苔むした岩のところも
2017年08月10日 11:34撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした岩のところも
最終水場まで戻って水をがぶ飲み。冷たくておいしかったです
2017年08月10日 11:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場まで戻って水をがぶ飲み。冷たくておいしかったです
1
こちらでも足元に気を付けながら下山
2017年08月10日 11:53撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらでも足元に気を付けながら下山
沢沿いは涼しいですが、羽虫が顔の周りをうろうろ
2017年08月10日 12:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いは涼しいですが、羽虫が顔の周りをうろうろ
行きは気づかなかった紅葉の滝
2017年08月10日 12:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは気づかなかった紅葉の滝
ほぼ見えない
2017年08月10日 12:24撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ見えない
登山口へ帰着
2017年08月10日 12:48撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ帰着
お疲れ様でした
2017年08月10日 12:55撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした
登山道沿いの花。タマアジサイのつぼみ
2017年08月10日 06:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いの花。タマアジサイのつぼみ
1
シラヒゲソウ
2017年08月10日 06:33撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラヒゲソウ
1
コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)
2017年08月10日 11:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コキンレイカ(ハクサンオミナエシ)
1
ヨツバヒヨドリ?ヒヨドリバナの類の群生
2017年08月10日 07:18撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨツバヒヨドリ?ヒヨドリバナの類の群生
1
コイチヨウラン。豆粒みたいな花その一
2017年08月10日 08:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイチヨウラン。豆粒みたいな花その一
2
コフタバラン豆粒みたいな花その二
2017年08月10日 09:51撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コフタバラン豆粒みたいな花その二
1
イワナシの実
2017年08月10日 12:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナシの実
1
ゴゼンタチバナ
2017年08月10日 09:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
コケモモの実
2017年08月10日 09:47撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケモモの実
1
きのこもそこそこ出てた。これはおそらくチチタケ
2017年08月10日 12:52撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこもそこそこ出てた。これはおそらくチチタケ

感想/記録

10日休みが取れたので、10日・11日でテント泊でどこか行こうと思っていましたが、11日が天気悪そうなので10日日帰りに変更。空いていそうかつ未踏な山域の餓鬼岳へ、トレーニングも兼ねて行くことに決定。
登山道は、木製の階段・橋、苔むした岩、粒径の小さ目な砂利と、滑りやすさ満載なルートで、特に下りに神経使いました。沢沿いは傾斜は緩やかですが渡渉や崩落地などもあるため、降雨時等の通過には注意が必要と感じました。
展望が開けるのがだいぶ上までないのがつらいところですが、山頂からの360度の景色はなかなか素晴らしいものがありました。特に北アルプスの北部方面の山並みと、燕岳へと続く稜線の眺めが最高でした。ガスが上がってくる前に到着できて良かったです。
ちなみに、前述したように足元が悪い山域なので、トレランには向かないルートかなと感じましたので、一応記述しときます。日帰りの場合でも必要十分な装備をご持参ください。
訪問者数:603人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ