また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221141 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

霧★花★岩★泥のトムラウシ(層雲峡〜トムラウシ温泉)

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月15日(火)
メンバー , その他メンバー2人
天候13日:雨
14日:曇り&濃霧
15日:やや晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等、 飛行機
【行き:飛行機、レンタカー、ロープウェイ】
・伊丹空港から新千歳空港まで飛行機で移動して友人と現地集合。そこからレンタカーで層雲峡まで移動開始(多少の寄り道込みで3時間程度です)。層雲峡に行く前に旭川の秀岳荘でガスカートリッジや携帯トイレなどを購入。旭川鷹栖ICから5分くらいです。そしてこの日は層雲峡の朝陽亭にて宿泊し、北海道の食を満喫。

・翌日、黒岳ロープウェイと黒岳リフトで7合目まで移動。1100円と400円(ともに片道料金)。駐車場は無料でした。またロープウェイ駅の近くにセブンイレブンがあります(私達は利用せず)。

■黒岳ロープウェイ
http://www.rinyu.co.jp/modules/pico01/

【帰り:バスとJRと飛行機】
・トムラウシ温泉からJR新得駅まで期間限定(今年は7/15〜8/20)で路線バスが出ています。拓殖バスの運行で要予約。2000円。

■拓殖バス
https://www.takubus.com/

■拓殖バストムラウシ線の発着時間
8:45→10:15 トムラウシ温泉→JR新得駅
16:15→17:45 トムラウシ温泉→JR新得駅

・15日16:15発のバスを予約していましたが、ロックガーデンに時間を費やしたことと、下りのスピードが全然上がらなかったことで断念。前トム平から電話して16日8:45発のバスに変更してもらいました。ヒサゴ沼方面からトムラウシ山頂は普通に歩いてもコースタイムより時間がかかるので注意です(前を歩いていたソロのお父さんも同じくらいの速度で、山頂でコースタイム厳しいよねと二人で話してました笑)。

・日程がズレた分は、こちらも前トム平からトムラウシ温泉東大雪荘に電話して当日予約しました。登山者用の大部屋の相部屋を利用しました。この日は大部屋にゆったりと布団11枚が準備されていましたが、さらに宿泊者が8名であったのでかなりゆったり使えました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間49分
休憩
18分
合計
5時間7分
S7合目リフト乗り場08:3409:52黒岳09:5610:30黒岳石室10:3912:09北海岳12:1113:09白雲分岐13:1213:41白雲岳避難小屋
2日目
山行
7時間10分
休憩
1時間0分
合計
8時間10分
白雲岳避難小屋05:4606:41高根ヶ原分岐06:4208:26忠別沼08:2909:12忠別岳09:3110:24忠別岳避難小屋分岐10:2611:07五色岳11:1812:26化雲岳12:5013:00ヒサゴ沼分岐13:56ヒサゴ沼避難小屋
3日目
山行
9時間59分
休憩
1時間26分
合計
11時間25分
ヒサゴ沼避難小屋05:2706:22ヒサゴのコル06:2306:52天沼06:5707:05日本庭園07:39ロックガーデン07:4308:28北沼08:3809:12トムラウシ山09:3010:08南沼キャンプ指定地10:0910:46トムラウシ公園11:24前トム平11:5212:36コマドリ沢出合12:4114:21カムイ天上15:02温泉コース分岐15:1116:45東大雪荘16:5016:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【白雲岳避難小屋・テント場】
・悪天候もあり避難小屋は余裕ありでした。この時期は管理人さんがいらっしゃいます。避難小屋1000円、テント場300円。水場は歩いて2分くらいの所にある雪解け水となります。要煮沸orろ過。トイレは汲み取り式で2つ併設されています。
・DOCOMOは圏外でした。

【ヒサゴ沼避難小屋・テント場】
・引き続き悪天候だったので避難小屋は余裕ありでした。無料。地図には小屋近くに水場マークがありましたが、見つけられませんでした。おそらく雪解け水なので状況的に枯渇していたと推測。ですので水場は少し遠いですが、トムラウシへと続く登山道にある雪渓まで行くことになります。水は潤沢です。なるべく上部で確保するのがよいでしょう。要煮沸orろ過。トイレは汲み取り式で2つ併設されています。
・DOCOMOは圏外でした。

【南沼キャンプ指定地】※私は未宿泊
・携帯トイレブースが設置してあります。私は確認していませんが、泊まった人の話ですと水はあるみたいです。
・DOCOMOは通じました。

【そのほか電波状況】
・私が確認した限りですが、電波(DOCOMO)が通じた箇所は下記です。
・化雲岳山頂、トムラウシ山頂〜南沼キャンプ指定地、前トム平
・東大雪荘に貼ってあったポスターでは、トムラウシ温泉〜トムラウシ山頂までの開けたところはそこそこ電波入るとのことです。

【危険個所】
・ヒサゴ沼からトムラウシ側の稜線に上がる雪渓がやや急で凍っている箇所も多く、かなり慎重に登る必要がありました。アイゼンは使用しませんでしたが、雪に慣れていない方はあったほうがいいでしょう。また下りにはこの雪渓は使わない方が無難かもしれません。
・危険というわけではありませんが、トムラウシ温泉へと下る道はかなりの泥濘です。悪路。スパッツ推奨。
その他周辺情報【山バッチ】
・トムラウシのバッチは東大雪荘で売っています。650円(たしか)。

【温泉】
・トムラウシの登山口がトムラウシ温泉なので、みんな東大雪荘を利用していました。宿泊者やキャンプ場利用者は無料です。

【コンビニ】
・黒岳ロープウェイ乗り場の近くにセブンイレブンがあります。
・トムラウシ温泉近くにはなにもありませんので、車の方は新得や鹿追で早めに準備が必要です。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

黒岳ロープウェイでワープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳ロープウェイでワープ
3
なんか大きなやつ!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか大きなやつ!?
1
まずは黒岳に登頂!!ガスガスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは黒岳に登頂!!ガスガスです。
4
黒岳石室へと続く道。ガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳石室へと続く道。ガスガス。
1
【エゾノツガザクラ】
桃色がとてもかわいいエゾノツガザクラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【エゾノツガザクラ】
桃色がとてもかわいいエゾノツガザクラ
4
【エゾノツガザクラ】
もう一枚
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【エゾノツガザクラ】
もう一枚
5
雫の花を咲かせるチングルマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雫の花を咲かせるチングルマ
5
【赤石川】
赤石川を蛇カゴを使って渡っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤石川】
赤石川を蛇カゴを使って渡っていきます
2
【赤石川】
それにしても2000m近くですごい水量
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤石川】
それにしても2000m近くですごい水量
2
【コマクサ】
色鮮やかな女王
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コマクサ】
色鮮やかな女王
6
北海岳に登頂!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北海岳に登頂!!
5
白雲岳避難小屋が見えてきました。悪天候のため白雲岳は今回スキップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋が見えてきました。悪天候のため白雲岳は今回スキップ。
1
白雲岳避難小屋とトイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋とトイレ
3
ガスの中にそびえる白雲岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中にそびえる白雲岳
2
【トリカブト】
この存在感です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トリカブト】
この存在感です
3
【ミヤマキンバイ】
キンバイ系ですよね?
調べるとミヤマキンバイとチシマノキンバイソウがあるみたいですが、、、わからん笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマキンバイ】
キンバイ系ですよね?
調べるとミヤマキンバイとチシマノキンバイソウがあるみたいですが、、、わからん笑
4
【エゾウサギギク】
小さなヒマワリみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【エゾウサギギク】
小さなヒマワリみたい
2
濃霧の中、高根ヶ原をただひたすらに進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濃霧の中、高根ヶ原をただひたすらに進みます
2
この旅路では、ほとんどのお花が雫でデコレーションされていましたね。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この旅路では、ほとんどのお花が雫でデコレーションされていましたね。。。
3
【チングルマ】
咲いていればさぞ壮観だったんでしょうね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【チングルマ】
咲いていればさぞ壮観だったんでしょうね
2
【コマクサ】
高根ヶ原で大量に見ました。コマクサのバーゲンセール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コマクサ】
高根ヶ原で大量に見ました。コマクサのバーゲンセール。
10
忠別沼。晴れていれば青空を反射した絶景のはずなんですが、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別沼。晴れていれば青空を反射した絶景のはずなんですが、、、
2
忠別岳に到着!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別岳に到着!!
4
五色岳から化雲岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色岳から化雲岳
1
五色岳には山頂標識なし、、、扱いが悪い?笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色岳には山頂標識なし、、、扱いが悪い?笑
2
【神遊びの庭】
木道が化雲岳へと続いていきます。この時間が2日目で唯一ガスが晴れていました。貴重な時間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【神遊びの庭】
木道が化雲岳へと続いていきます。この時間が2日目で唯一ガスが晴れていました。貴重な時間です。
3
天人峡へとつながる稜線。気持ちよく歩けそうな稜線です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天人峡へとつながる稜線。気持ちよく歩けそうな稜線です。
2
【ミヤマリンドウ】
美しい色ですね、ミヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ミヤマリンドウ】
美しい色ですね、ミヤマリンドウ
3
化雲岳に登頂!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
化雲岳に登頂!!
3
【チングルマ】
ヒサゴ沼へと下る途中で。やっと出会えたヒゲじゃないチングルマの群生にテンションMAX。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【チングルマ】
ヒサゴ沼へと下る途中で。やっと出会えたヒゲじゃないチングルマの群生にテンションMAX。
5
【ヒサゴ沼】
ヒサゴ沼でお食事中の親子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
ヒサゴ沼でお食事中の親子
3
【ヒサゴ沼】
子どもはこちらへの警戒が強かったですが、母親は知らぬ顔でずっとお食事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
子どもはこちらへの警戒が強かったですが、母親は知らぬ顔でずっとお食事
7
【ヒサゴ沼】
気づいたら遠くにめっちゃいました笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
気づいたら遠くにめっちゃいました笑
5
【ヒサゴ沼】
ヒサゴ沼避難小屋とトイレです。お世話になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
ヒサゴ沼避難小屋とトイレです。お世話になりました。
2
【ヒサゴ沼】
秘境感の漂うヒサゴ沼。テント泊し甲斐がありますが、私は悪天候に負けて小屋泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
秘境感の漂うヒサゴ沼。テント泊し甲斐がありますが、私は悪天候に負けて小屋泊です。
4
【イワイチョウ】
ヒサゴ沼の周りに咲いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イワイチョウ】
ヒサゴ沼の周りに咲いていました
1
【ヒサゴ沼】
水場です。雪渓登りが始まる直前のところ。小屋からちょっと遠いですが、ここが一番おススメです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヒサゴ沼】
水場です。雪渓登りが始まる直前のところ。小屋からちょっと遠いですが、ここが一番おススメです。
2
水は前日にろ過した分がありましたが、冷たい水が今すぐに飲みたかったのでフィルタを直結!!
汲んですぐに飲めるのがフィルタの利点です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は前日にろ過した分がありましたが、冷たい水が今すぐに飲みたかったのでフィルタを直結!!
汲んですぐに飲めるのがフィルタの利点です。
2
雪渓にいた鳥さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓にいた鳥さん
4
ヒサゴ沼からの雪渓登りはやや急峻。そしてそこから岩稜帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼からの雪渓登りはやや急峻。そしてそこから岩稜帯。
1
このような岩稜帯を歩くとトムラウシに近づいてきたなと実感できます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような岩稜帯を歩くとトムラウシに近づいてきたなと実感できます
2
【チングルマ】
今日も雫を纏っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【チングルマ】
今日も雫を纏っています
3
【天沼】
見た目も名前も神秘的
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天沼】
見た目も名前も神秘的
3
【ロックガーデン】
山頂まであとちょっとというところで霧が晴れたので、後ろを振り返ってみました。そこには素晴らしいロックガーデンが広がっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ロックガーデン】
山頂まであとちょっとというところで霧が晴れたので、後ろを振り返ってみました。そこには素晴らしいロックガーデンが広がっていました。
2
トムラウシに登頂!!!!!
思わずガッツポーズ笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシに登頂!!!!!
思わずガッツポーズ笑
14
さよなら、トムラウシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよなら、トムラウシ
2
南沼キャンプ指定地。水は雪解け水のみとのこと。私は未確認ですが宿泊者の証言では問題なく汲めるみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沼キャンプ指定地。水は雪解け水のみとのこと。私は未確認ですが宿泊者の証言では問題なく汲めるみたいです。
3
後ろ髪を引かれながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ髪を引かれながら
1
前トム平あたりから濃霧になり、そして雨になり、長時間この悪路を下ることになります。苦行。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前トム平あたりから濃霧になり、そして雨になり、長時間この悪路を下ることになります。苦行。
周りの登山者はあと10分くらいですが、私はここから1時間半くらい。。。厳しい現実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの登山者はあと10分くらいですが、私はここから1時間半くらい。。。厳しい現実。
1
【トムラウシ温泉東大雪荘】
前トム平でこの日のバスは諦めていたので、本日はここに宿泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トムラウシ温泉東大雪荘】
前トム平でこの日のバスは諦めていたので、本日はここに宿泊です。
3
【トムラウシ温泉東大雪荘】
2日ぶりの豪華なご飯!!
鹿肉のハンバーグがおいしかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トムラウシ温泉東大雪荘】
2日ぶりの豪華なご飯!!
鹿肉のハンバーグがおいしかったです。
6
【前泊・層雲峡】
層雲峡での晩ごはん。海鮮オールスターズ。ウニの茶わん蒸しとホタテが激ウマでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【前泊・層雲峡】
層雲峡での晩ごはん。海鮮オールスターズ。ウニの茶わん蒸しとホタテが激ウマでした。
6
【前泊・層雲峡】
とくにファイターズファンというわけではありませんが、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【前泊・層雲峡】
とくにファイターズファンというわけではありませんが、、、
3
【前泊・層雲峡】
絶望しかないお天気情報
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【前泊・層雲峡】
絶望しかないお天気情報
1
【前泊・層雲峡】
朝ごはん。出発前にしっかりとエネルギー充填!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【前泊・層雲峡】
朝ごはん。出発前にしっかりとエネルギー充填!!
4
【下山後】
北海道といえばカツゲン!!
絶対にみなさんご賞味くださいね笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
北海道といえばカツゲン!!
絶対にみなさんご賞味くださいね笑
4
【下山後】
久々の実家でジンギスカン。もちろんジンギスカン鍋は常備されていますよ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
久々の実家でジンギスカン。もちろんジンギスカン鍋は常備されていますよ!!
7
【下山後】
今回のために購入したモバイルバッテリー20100mAh。スマホもカメラもこれ一本☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
今回のために購入したモバイルバッテリー20100mAh。スマホもカメラもこれ一本☆
2
【下山後】
こぼれイクラ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
こぼれイクラ!
6
【下山後】
豚ドーン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
豚ドーン!
7
【下山後】
ワンマン列車で千歳へと移動。青春18きっぷを準備していたのですが、出発が遅れてうまく乗り継ぎできず断念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山後】
ワンマン列車で千歳へと移動。青春18きっぷを準備していたのですが、出発が遅れてうまく乗り継ぎできず断念。
3

感想/記録
by zzzin

念願の北海道、表大雪縦走を楽しんできました!!!

当初は全行程でひとりの予定でしたが、ダメ元で誘った友人が途中まで一緒に来てくれることになったので、白雲岳避難小屋まで3人行動、そこから別行動で私はトムラウシ温泉へと下山しました。レンタカーの回収は友人たちにお任せ。

台風5号がいい天気を全部吹き飛ばしてしまったため、登山の全行程で悪天候。。。そもそも北海道滞在中に晴れた日が16日のみという引きの悪さでした。結果論でいうとヒサゴ沼から南沼に移動して1日停滞というのが正解だったみたいです。

実際、大雪山系を縦走したという実感はほとんど湧いていません。ほぼ濃霧の中の行動であったので、楽しみにしていた雄大で神秘的な景色が楽しめなかったことが原因でしょう。。。本当に無念ですが、また行く理由ができたとも言えますので、悲観ばかりではないですね。

とはいえ、登山の前後で北海道の食も十分楽しめたので、よい登山旅行でありました。


【今回の大雪山縦走で新たに準備した装備】

■ろ過用のフィルタ『SAWYER SP131 』
煮沸以外で飲用水を調達するために購入。SP131セットは2Lパウチと連結チューブ、メッシュバックが付属として付いており、セッティングして放置しておけば重力だけで飲用水を確保できる優れもの。

■モバイルバッテリー『Anker PowerCore 20100』
今までは5200mAhと2500mAhのふたつを利用していましたが、予備日も含めて長期行動になる可能性があることから購入。20100mAhとスマホであれば7回程度はフル充電できます。結果だけでいうと山中3日であったことと、下山後も悪天候であったことからテント泊しなかったので不要でしたが、こいつがあるという安心感はすごかったです。

■クマよけ鈴『東京ベル 森の鈴 Bear Bell』
ひとりの行動時間が長いことから購入。今まで使っていたカウベルタイプは音量不足や、接触によって音が響かないことが気になっていましたが、これはそれらの問題を一気に解決する優れもの。まずカバー付きのためザックなどへの接触によって音が鳴らないということがなく、さらにON/OFFをワンタッチで切り替え可能。音も大きくて安心。
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ