ヤマレコ

記録ID: 1222121 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰山 行きは良い良い帰りは...

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
48分
合計
6時間52分
S大弛峠07:5808:38朝日峠08:3909:13大ナギ09:42朝日岳11:20金峰山11:27五丈石11:5311:53金峰山12:1313:36朝日岳13:53大ナギ14:13朝日峠14:1414:50大弛峠14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小さな岩が多く歩き難いところもありますが、コース全体はよく整備されています。3か所ほど大きなガレ場があります。
大ナギの岩場は両サイドが崖、朝日岳から金峰山への下りが短距離ですが急なため注意が必要です。
朝日峠あたりに、ポケモンGOのジムあり(笑)

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ

写真

7:50頃の大弛峠駐車場。天気予報では午後から雨だったせいか、この日は比較的車が少なかった様です。
この様に朝は非常に良い天気でしたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:50頃の大弛峠駐車場。天気予報では午後から雨だったせいか、この日は比較的車が少なかった様です。
この様に朝は非常に良い天気でしたが…
登山道入り口。これから金峰山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。これから金峰山に向かいます。
森の切れ間から、時々富士山が顔を出します。
2017年08月05日 09:00撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の切れ間から、時々富士山が顔を出します。
大ナギの岩場。当日は雲が多く視界は限られていましたが、非常に眺めが良い場所です。
2017年08月05日 09:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ナギの岩場。当日は雲が多く視界は限られていましたが、非常に眺めが良い場所です。
朝日岳からの富士山。
2017年08月05日 09:43撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳からの富士山。
朝日岳から見た五丈岩。
2017年08月05日 09:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から見た五丈岩。
金峰山山頂。2個ある標識のうちの一つです。なぜかきれいな方は撮っていませんでした(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山山頂。2個ある標識のうちの一つです。なぜかきれいな方は撮っていませんでした(笑)
五丈岩。すでに右から雲が近づいていますが、この後雨が降り始めました。
2017年08月05日 11:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈岩。すでに右から雲が近づいていますが、この後雨が降り始めました。
大弛峠小屋の鍋焼きうどん。雨に降られた時には、暖かい物が最高のご馳走です。美味でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大弛峠小屋の鍋焼きうどん。雨に降られた時には、暖かい物が最高のご馳走です。美味でした。

感想/記録
by sode

天気予報では、14時頃から雨が降るとなっていたので、それまでには降りてこようと思い出かけるも、実に6か月ぶりの山行で思うように足が上がらず、往路は写真を撮りながらの行程とも併せて、予想以上に時間がかかってしまったのと、天気予報が悪い方にずれて、12時には雨が降り始めたので、非常に厳しい山行になってしまいました。
往路は、天気も良く、地上の暑さなんてどこ吹く風のような涼しさの中で、私の体力以外は快適に進み、時々見える富士山に感激をしながら、何とか金峰山、五丈岩に到着。食事も取らず写真を撮っていましたが、雲が急激に広がり始め、あっと言う間に本降りの雨。急いで帰ることにしましたが、山道は川や池になり、ゴアの靴の中も水浸しに。朝日峠を過ぎた辺りで小ぶりに変わりましたが、時すでに遅しです。
今回の反省点は、6か月も山に行けなかったので、天気予報の情報を甘く見て山行を強行したので、『今後は天気予報をもっと尊重しよう』と思ったのと、オレンジの服に虫が寄ってきて大変だったので、『虫の時期は黄色系の服は着ない事にしよう』でした。
訪問者数:48人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 ゴア ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ