ヤマレコ

記録ID: 1222313 全員に公開 沢登り祖母・傾

キレンゲショウマを求めて 川上本谷遡行(川上渓谷まで)

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間21分
休憩
1分
合計
4時間22分
S尾平登山口09:3810:05宮原分岐(吊り橋)10:0613:45宮原分岐(吊り橋)14:00尾平登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング 渓流シューズ

写真

写真の容量が足りなくなりました。
こちら↓をご覧ください。
https://yamap.co.jp/activity/1089527
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の容量が足りなくなりました。
こちら↓をご覧ください。
https://yamap.co.jp/activity/1089527
6

感想/記録
by yu-ri

背振山系の沢登り(シャワークライミング)も楽しかったけど,美しい渓流を遡行したくなりました。

ちょここちゃんに打診してみると,くじゅう朝駆けの後に川上渓谷にキレンゲショウマを見に行く予定だった(単独だから登山道を歩いて)と。
私も,行くなら遡行経験のある川上本谷(川上渓谷まで)と思っていたので,これにはビックリ!
ということで,キレンゲショウマ鑑賞と沢登りをドッキングしたプランの出来上がり!

-----

くじゅう朝駆け後のちょここちゃんと瀬の本(三愛レストハウス)で待ち合わせ,乗り合わせて尾平登山口に行きました。

身支度を整えてスタート!
美しい渓流を目の当たりにして,我慢出来ずに今回も早々に入渓!
去年来た時よりも水量が多くて,滑床を歩くだけでもかなり良い感じ。(*^^*)
水流との戦いを楽しみながら,まんべんなく小滝を越えて行きました。

迎えたナメ滝
ちょここちゃんの沢靴はモンベルのサワトレッカー。ヌメリの無い岩ではグリップ力を発揮するけど,ヌメリが有る岩は…×
そのため,滑るナメの斜面を避け,流れの激しいトイ状のナメ滝を進んで行くちょここちゃん。
たくましい姿を笑いながら見ていたけど,流石に行き詰まった様子。そうだ!ここで安全確保の練習をしよう!とお助けロープを出したのでした。

ちょここちゃんが登り上がったところで,この先が滑り台だったかなぁ〜と見上げていると,ワーーーと言う叫び声が!何事かと思ったら,「キレンゲショウマを見つけたーー」と。左岸に咲いているのかと思っていたけど,右岸だったんですね^ ^

存分にキレンゲショウマを鑑賞&撮影した後,高巻きをして斜滝の上へと行き,滑り台(斜滝)を滑って滝壺プールにドボン!






キレンゲショウマの咲いている場所(平な所)に戻って昼食を摂り,登山道を歩いて帰りました。

-----

美しい渓流を遡行し,キレンゲショウマやイワタバコ等の花鑑賞も楽しんだ大満足の1日となりました。

-----

★沢登りは楽しいけど危険な遊び
今回はロープを携行しました。苔付きのナメ岩でちょここちゃんにお助けロープを出してみたけど,全くダメダメでした。(^^;)
沢登りを事故無く楽しむために,安全確保の実戦経験を積みたいと思っている今日この頃。(*´-`)
あっ,その前にロープワークの練習しなきゃ💦
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ