また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222397 全員に公開 講習/トレーニング剱・立山

剱岳

日程 2017年08月02日(水) 〜 2017年08月04日(金)
メンバー
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

熊の岩、下部あたりにて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の岩、下部あたりにて
熊の岩近辺、水場にて
2017年08月03日 12:57撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の岩近辺、水場にて
撮影機材:

感想/記録

今の私は残念ながらトレッキングルートから山を登っても面白くありません
かといってクライマー見習いの自分には北方稜線はリスクが高すぎる

東京から立山...だいぶあるなー...
室堂からコースタイム出すと時間的には余裕なはずだが...

25kg背負って雷鳥坂はキツかった...
アルパインならこんぐらい余裕で登れなきゃ話しにならないらしいが...
嬉しかったのはキャンプ場まで重荷背負ってコースタイムで辿りつけたこと

初劔、長次郎谷や剣沢雪渓がどんなもんなのか?
雪渓の傾斜に慣れるまでビビりながら下降しました
長次郎谷も登るにつれ傾斜がキツくなりビビりました
慣れてくると心地よい緊張感で自分の力でリスク管理している奇妙な快感が湧き上がってきます

今年は雪が多かったらしく、長次郎谷の頭や八つ峰のコルまで雪がつまってて長次郎谷より眺める景観は大迫力でした
途中、思い違いから源次郎尾根に取り付いたり...熊の岩近辺の水場でアルプス気分を味わったり...
クレバス帯で分断され、ナイフリッジのようになったクレバスを馬乗りになって渡ったり...
私は熊の岩を左下より雪が繋がっていたのでそのままつめました
いろんな経験が出来ました

雪と岩と緑のコントラストが晴天と相まって別天地のようで感動しました
熊の岩にあった1・2張りのテントは景観的にアレでしたが...

頭から山頂はともかく、別山尾根の下降は以外に時間がかかり一服劔まで、まだかまだかとウンザリしました
まぁー、ノーマルルートも下降で体験できたので良しとしましょう

冬靴と14時間行動で足が馬鹿になってたし、真っ暗だったので調べるのも億劫で思わず道を聞いちゃいました
剣山荘で心良くキャンプ場までの道のりを教えていただいた方々にはこの場を借りてあらためて感謝します

月明かりの中を雪渓を渡り何度も転びそうになってキャンプ場に着きテントの前で温かいお茶を飲んだ時、あー終わったんだなーって...

正直剣山荘からの道のりが核心として記憶に残ってます

帰りは特に問題もなく雷鳥沢に着きました
雷鳥坂では皆さん苦しそうで、皆んなもやっぱ舐めてんだなーって思いました

雷鳥沢から室堂ターミナルまでの登り返しは辛かった
観光客が多く気を使うのと、ゴールが目と鼻の先だと思っているのになかなか着かず削られました

無事に室堂に戻れて良かったです
最後までお付き合いいただきありがとうございました
訪問者数:55人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ