また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222800 全員に公開 ハイキング近畿

人気の高さに納得(金勝アルプス、MIHO MUSEUM)

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新名神高速道路草津田上ICから。一丈野駐車場に駐車。500円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
1時間2分
合計
5時間5分
S一丈野野営場有料駐車場07:0807:42落ヶ滝07:5808:16鶏冠山落ケ滝分岐08:36鶏冠山08:3908:57鶏冠山落ケ滝分岐09:32天狗岩09:5110:01耳岩10:0210:12白石峰10:25竜王山10:2910:45白石峰11:06狛坂磨崖仏11:1511:26出合11:55逆さ観音11:5612:01オランダえん堤12:0312:06一丈野野営場有料駐車場12:1312:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題なし。
その他周辺情報MIHO MUSEUMは入場料1,100円ですが、JAF会員証などで割引があり、900円になります。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

登り始めて間もなく、池がきれいに見えました。
2017年08月13日 07:17撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて間もなく、池がきれいに見えました。
4
落ヶ滝。これもいい滝でした。
2017年08月13日 07:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ヶ滝。これもいい滝でした。
5
道が沢というか、沢が道というか。
2017年08月13日 08:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が沢というか、沢が道というか。
2
岩の上を歩いたり、変化があって飽きません。
2017年08月13日 08:05撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の上を歩いたり、変化があって飽きません。
2
鶏冠山に寄ってきます。
2017年08月13日 08:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山に寄ってきます。
頂上到着。
2017年08月13日 08:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上到着。
6
三角点あり。
2017年08月13日 08:36撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点あり。
5
あれは三上山でいいのでしょうか。
2017年08月13日 08:43撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは三上山でいいのでしょうか。
1
ルート上に奇岩がにょきっと出ています。
2017年08月13日 09:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート上に奇岩がにょきっと出ています。
2
鶏冠山の振り返り。
2017年08月13日 09:10撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山の振り返り。
さすがにここは通りません。
2017年08月13日 09:14撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがにここは通りません。
3
琵琶湖方面きれいです。
2017年08月13日 09:15撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖方面きれいです。
4
巨岩・奇岩が見えてきました。
2017年08月13日 09:16撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩・奇岩が見えてきました。
3
HDR画像。
2017年08月13日 09:20撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
HDR画像。
4
竜王山到着。
2017年08月13日 10:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜王山到着。
3
ここにも三角点。
2017年08月13日 10:25撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも三角点。
6
八大竜王。
2017年08月13日 10:26撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八大竜王。
1
ピントがボケてしまいました。MIHO MUSEUM(というか、あそこに見えている建物は運営している宗教団体の建物で、博物館そのものはもう少し左にあるのでしょう)。
2017年08月13日 10:34撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピントがボケてしまいました。MIHO MUSEUM(というか、あそこに見えている建物は運営している宗教団体の建物で、博物館そのものはもう少し左にあるのでしょう)。
茶沸観音。なんだか気になるネーミングです。
2017年08月13日 10:40撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶沸観音。なんだか気になるネーミングです。
1
狛坂磨崖仏方面に降ります。
2017年08月13日 10:44撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛坂磨崖仏方面に降ります。
重石。ふたつ重なっているから重石。
2017年08月13日 10:50撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重石。ふたつ重なっているから重石。
4
ここからも琵琶湖方面がきれいに見えます。
2017年08月13日 10:54撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも琵琶湖方面がきれいに見えます。
3
狛坂磨崖仏。奈良時代の作であるという説があるらしく、よくまあこれほどきれいに残っているものです。
2017年08月13日 11:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狛坂磨崖仏。奈良時代の作であるという説があるらしく、よくまあこれほどきれいに残っているものです。
3
さかさ観音。由来書によると、オランダ堰堤を作る時に石材を採取したら、バランスが崩れて落っこちてしまったと言うことです。
2017年08月13日 11:55撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さかさ観音。由来書によると、オランダ堰堤を作る時に石材を採取したら、バランスが崩れて落っこちてしまったと言うことです。
3
オランダ堰堤。これもデレーケさんの設計です。
2017年08月13日 12:01撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オランダ堰堤。これもデレーケさんの設計です。
駐車場は満杯です。
2017年08月13日 12:13撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満杯です。
MIHO MUSEUMに来ました。エントランスから本館までは、トンネルと吊り橋を通っていきます。
2017年08月13日 12:59撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
MIHO MUSEUMに来ました。エントランスから本館までは、トンネルと吊り橋を通っていきます。
1
吊り橋があります。
2017年08月13日 13:02撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋があります。
博物館本館。ちょっと強めのイフェクトをかけてみました。
2017年08月13日 13:03撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
博物館本館。ちょっと強めのイフェクトをかけてみました。
建物も有名なのだそうです。
2017年08月13日 13:04撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建物も有名なのだそうです。
雪村展開催中。外国人も含め、かなり多数の来場者。駐車場はほぼいっぱい。
2017年08月13日 13:06撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪村展開催中。外国人も含め、かなり多数の来場者。駐車場はほぼいっぱい。
帰りのトンネルからHDR。
2017年08月13日 13:42撮影 by DSC-RX100M4, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りのトンネルからHDR。
1

感想/記録
by pers

今日は大方の予想通りにいい天気で、天橋立にもかなり心が動いたのですが、高速道路の渋滞と長距離ドライブを懸念して、近いところで気になっていた金勝アルプスと、絶景ポイント(ただし人工物)のひとつであるらしいMIHO MUSEUMに行ってきました。

到着は7時過ぎで、定番であるらしい一丈野駐車場に駐車。まだ係の方は来られていないため、帰りに支払うことになります。駐車場には地図だけでなく、地図を印刷したガイドマップも完備しており、また私は集めませんでしたがスタンプラリーもやってます。

歩き始めていきなり、池と映り込みが美しかったので写真撮影。ここから山道に入りますが、沢をうまくルートに取りこんだデザインが秀逸。夏と言うこともあり、バシャバシャしながら登って行くのは楽しいです。また、落ケ滝ルートでは山道と沢道と岩登りがうまくミックスされ、急な登りもたまにありますが距離も短く、ルート設定の妙を楽しむことができました。稜線に出てから、一旦鶏冠山へ寄り道。短距離ですが登りが急です。また、鶏冠山の頂上は見晴らしはききませんでした。そういうこともあり、「鶏冠山はキュートだった」とか「鶏冠山の景観は不良」とかダジャレを考えながら歩いていましたが、どちらも不採用。

そしてここからが金勝アルプスの真骨頂。低山であるにもかかわらず、異相を放つ奇岩の数々。特に代表格の天狗岩の頂上は見晴らしも最高でした。折角持っていたのでヘルメットを初めて着用しましたが、私だけで浮いてたなあ。

ここからさらに稜線歩きが続き、分岐点から竜王山まで往復した後、下山路は狛坂磨崖仏を通るルートを採用。ただ、磨崖仏は面白かったですが、比較的退屈なルートでした。途中、キャンプ場を経由し、たくさんの人が川遊びを楽しんでいました。しかし、この下山ルートを除けば、岩と沢のミックスがええ加減、あまり激登りがないのもええ加減、ルートのバリエーションや道標もええ加減、京都や滋賀からのアプローチもええ加減、と確かに人気の高さがうなずける山でした。なお、ヒルについてもご注意喚起がなされていましたが、ヒルよけスプレーのおかげか被害には遭いませんでした。

その後、MIHO MUSEUMへ。ちょうど展示は雪村展をやっていました。HDR写真は人工物を写した時に映えるそうなのでやってみたのですが・・・どんなものなんでしょうかね。

このレポートはYAMAPにミラーしてあります。
https://yamap.co.jp/activity/1092950
訪問者数:328人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ