また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222818 全員に公開 ハイキング丹沢

アサギマダラ舞う丹沢

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候☂/🌂/☁/☀/☁
アクセス
利用交通機関
車・バイク
用木沢出合駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間21分
休憩
10分
合計
9時間31分
S用木沢出合05:4606:53ザレノ沢06:5407:19白石滝(大理石の滝)08:22白石峠(お茶煮のコシッパ)08:2809:03加入道避難小屋09:25馬場峠09:32前大室09:54破風口11:26大室山・犬越路分岐13:17大杉丸13:1913:45犬越路13:4615:09用木沢出合15:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※ 白石沢・用木沢コース
台風に伴い荒れています。特に白石沢コースの上流部は土が流出し、大小の石が浮いています。木橋は架け直したのでしょうか? 全て架かっています。
※ 各一部ですが、アザミや笹が経路を覆っていますので、ズボンが望ましいでしょう。雨降り時や早朝は露で下半身が濡れます。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ツェルト

写真

林道終点後の第一渡渉点
木橋はいずれも濡れていて滑ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点後の第一渡渉点
木橋はいずれも濡れていて滑ります
5
堰堤下の第二渡渉点
木橋がないと靴が濡れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤下の第二渡渉点
木橋がないと靴が濡れます
2
木橋が連続する第三渡渉点
奥に木橋が続きます。
水が手前を流れるようになりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木橋が連続する第三渡渉点
奥に木橋が続きます。
水が手前を流れるようになりました
5
第四渡渉点
手前に小沢の渡渉がありますが問題なしです
この先登山道は枝沢沿いを行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第四渡渉点
手前に小沢の渡渉がありますが問題なしです
この先登山道は枝沢沿いを行きます
2
金属製堰堤下、木橋最後は水に浸かっています
ここから沢から離れ「大理石の滝」看板まで登りになります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金属製堰堤下、木橋最後は水に浸かっています
ここから沢から離れ「大理石の滝」看板まで登りになります
8
「大理石の滝」看板を越えると木橋が
滑落は帰って来れませんので慎重に・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大理石の滝」看板を越えると木橋が
滑落は帰って来れませんので慎重に・・・
4
小沢の渡渉
対岸の積み石・赤い金属板の方へ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢の渡渉
対岸の積み石・赤い金属板の方へ進む
2
清水
こんこんと湧き水が何時も出ています(〇)
この先水は涸れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水
こんこんと湧き水が何時も出ています(〇)
この先水は涸れます
7
涸れ沢の登り
土が流され石が浮いていますので、掴みや登りに注意です
赤テープが垂れています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れ沢の登り
土が流され石が浮いていますので、掴みや登りに注意です
赤テープが垂れています
1
左側に標識版が見えます
左に入って行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に標識版が見えます
左に入って行きます
1
🌼ギンバイソウ
訪問が遅れてしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
🌼ギンバイソウ
訪問が遅れてしまいました
12
白石峠
矢印のように登って来ます
ここまで階段の土留が宙に浮き、歩き難い経路です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石峠
矢印のように登って来ます
ここまで階段の土留が宙に浮き、歩き難い経路です
3
トチバニンジンが赤い実を付けています
この先に建替えられた加入道避難小屋がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トチバニンジンが赤い実を付けています
この先に建替えられた加入道避難小屋がある
8
ゆっくり歩きのため前へ
斜めだと気分的に楽な自分(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり歩きのため前へ
斜めだと気分的に楽な自分(^^♪
5
破風口
風の通り道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風口
風の通り道
4
キバナガンクビソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナガンクビソウ
3
着生・イワギボウシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着生・イワギボウシ
15
これも観たかった
クサアジサイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも観たかった
クサアジサイ
12
ヤマホトトギス
まだ少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマホトトギス
まだ少ない
12
オオバダケブキとアサギマダラ
☀たらアサギマダラが集まって来た〜(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバダケブキとアサギマダラ
☀たらアサギマダラが集まって来た〜(^^♪
35
丹沢固有種
タンザワイケマとアサギマダラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢固有種
タンザワイケマとアサギマダラ
10
こんなに多いのは初めてです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに多いのは初めてです
31
右にオオバダケブキ
左にアザミ
経路は埋もれてチクチク痛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右にオオバダケブキ
左にアザミ
経路は埋もれてチクチク痛い
2
マツノハマンネングサ
傍らに小っちゃなカタツムリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツノハマンネングサ
傍らに小っちゃなカタツムリ
17
犬越路分岐
ベンチ脇にシラヤマギク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
犬越路分岐
ベンチ脇にシラヤマギク
5
笹に埋もれた経路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹に埋もれた経路
5
用木沢
水量たっぷり、木橋は全て有り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用木沢
水量たっぷり、木橋は全て有り
13
ジャコウソウも観れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャコウソウも観れた
12
一眼レフ持って行くべきだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一眼レフ持って行くべきだった
29
あれ〜、生存していたよ〜(^^♪
一眼欲しかった
微妙にピンボケ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ〜、生存していたよ〜(^^♪
一眼欲しかった
微妙にピンボケ
14

感想/記録
by kazika

台風の跡 朝は結構な雨でござる。
長靴履き、雨具のズボン着用+折り畳み傘スタイル

暫く歩くと雨は止む。モロクボ沢分岐を過ぎると水量は減ったが、沢が細くなった分水量は多く感じる。
木橋は全て架かっていた。ボランティア団体の方々が架けてくれたのでしょう。ありがとうございます。

白石沢から離れると再び雨、おいおい、ここで降って来るの☂
鳥が鳴き・蝉が鳴くと雨も小降りに🌂
今日はどうしても歩かねばならなかったので気合が入っているため、雨も気にならない。
アザミや笹に覆われた経路もこのスタイルのためヘッチャラでござる。

犬越路分岐の休憩は、さすがに我慢出来ずに脱いで出発時履き直す。
笹の経路はこのスタイルで良かったよ( ◠‿◠ )

本来なら特別な花は観れなかった。
たまたま小をしに経路を外れ、辺りを眺めながら用を足していたら、気になる物?が・・・近くに行くと咲いてるではないか、このような出会いは過去にもある。
そして沢山のアサギマダラとの出会い
雨の中歩き出してほんとに良かった。

訪問者数:448人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ