また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223314 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

悪沢岳~赤石岳(椹島ロッジより周回)

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー
天候1日目:くもり のち 雨
2日目:晴れ のち 雨
3日目:晴れ のち 雨

朝7~8時までなら山頂付近の展望◎。
朝9時くらいからガスが上がってきて午後になると雨が降るというような感じでした。
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
☆駐車場までのアクセス☆
赤石温泉白樺荘(054-260-2021)をナビで目的地指定すれば、その先2kmほどで畑薙ダム夏季臨時駐車場に行けます。

ルートは2つあります。
/契轍ICからの峠越えルート(県道27号~189号~60号経由)
∪邵本町からの大井川沿岸ルート(国道362号~県道77号~388号~60号経由)

両方ともワインディングした細い山道を通るので運転は疲れます。
今回は,離襦璽箸鮖藩僂靴泙靴燭夜間でガスっていたため視界が1メートルも無くて死ぬかと思いました。ちなみに最後のコンビニは臨時駐車場60km手前の新静岡IC近くのファミマなので注意。
個人的には△離襦璽箸里曚Δ楽なのですが、先日の台風の影響で通行止めになっていました。

どちらにしろ日中に移動して白樺荘や畑薙ロッジに一泊するのが一番楽だと思います。


☆駐車場☆
●場所:畑薙ダム手前の夏季臨時駐車場
●料金:無料
●収容台数:約300台

仮設トイレあり。
連休中は満車になることが多いようです。早めに到着するようにしましょう。


☆送迎バス☆
●区間:夏季臨時駐車場↔椹島ロッジ
●所要時間:60分

・往路
シーズン中のみ朝6:00頃に臨時便が何台かでます。
特に整理券が出るわけではないので早めに並んでおきましょう。
運賃は3,000円です。
この時のバスチケットを山小屋で見せると宿泊代が3,000円引きになります。
(つまり宿泊代を前払いしているということ)

・復路
椹島ロッジの受付に宿泊した山小屋のレシートを見せると整理券を貰えます。
運賃は無料です。
出発の10分前位になるとバスがロッジ前に来るので集合しましょう。


東海フォレストのバスの時刻表は以下の通り
http://www.t-forest.com/alps/bus_sawara.html

これは山小屋の送迎バスです。小屋泊以外の方は乗れないので注意が必要(一泊でもすればOK)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間42分
休憩
35分
合計
6時間17分
S椹島ロッジ07:5308:03滝見橋08:0409:52小石下10:0112:01蕨段12:0312:13見晴岩12:2213:15駒鳥池13:2914:10千枚小屋
2日目
山行
4時間8分
休憩
1時間5分
合計
5時間13分
千枚小屋05:1506:03千枚岳06:1206:58丸山07:0807:34悪沢岳08:0409:04荒川中岳避難小屋09:1009:14中岳09:1509:26前岳09:2809:51お花畑(荒川前岳南東斜面)09:5810:28荒川小屋
3日目
山行
6時間8分
休憩
55分
合計
7時間3分
荒川小屋04:2004:47大聖寺平04:5606:04小赤石岳06:0606:14赤石岳・小赤石岳間分岐06:1506:31赤石岳06:5207:04赤石岳・小赤石岳間分岐07:0607:33北沢源頭07:3408:20富士見平08:2108:43赤石小屋09:0010:14カンバ段10:1511:23椹島ロッジ11:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムと宿泊先について

1日目
常人では千枚小屋までが限界。
アスリートレベルの健脚者でなければ時間に余裕をもって中岳避難小屋より先に進めないと思う。
(というよりそんなに急いで移動しても楽しくないので…)

2日目
荒川小屋か赤石岳避難小屋が候補。
今回荒川小屋泊にしたのは、収容人数に余裕があることと水量豊富な水場の存在が理由です。
一方の赤石岳避難小屋は、山頂からご来光が眺められることや翌日のコースタイムに余裕をもてるといったメリットがあります。
なおこのレコが証明している通り荒川小屋泊でも翌日のバスに十分間に合います。
個人的に2日目に赤石小屋まで行くのはオススメしません。コースタイムが長いうえにアップダウンが苦しい、あと赤石岳山頂をガスが多い時間帯に通過する事になるからです。

3日目
赤石小屋からの東尾根下山には3時間程度かかります。
最終バスが14時なので10時までには赤石小屋に到着しておきたいところです。
もし間に合わない場合は赤石小屋か椹島ロッジに宿泊しましょう。
コース状況/
危険箇所等
☆コース全体☆
岩場や痩せ尾根などはありますが危険箇所には最低限の補助はあります。
慎重に行けば特に問題無いと思われます。
長いルートなので水の確保やコースタイムをキチンと把握することが大事。


【椹島~悪沢岳まで】
1. 椹島ロッジ~千枚小屋
●長い樹林帯の登山道。
●全体的に勾配は緩めだが所々急登もある。

2. 千枚小屋~千枚岳~悪沢岳
●千枚岳手前で森林限界越え。
●千枚岳西側は痩せた岩尾根。10mくらいの岩場の登下降もある。
●悪沢岳手前は巨岩ひしめく岩稜帯。

3. 悪沢岳~荒川中岳(前岳)
●悪沢岳からは200mほど急激に標高を落とす。落石に注意。


【赤石山脈主稜線】
1. 荒川中岳~荒川小屋
●荒川中岳から先は200~300m近く一気に標高を落とす急坂。
●荒川小屋付近のみ森林限界以下。

2. 荒川小屋~大聖寺平~小赤石岳の肩
●荒川小屋からは少しの間だけ急登だがその後は緩く登るトラバース道になる。
●小赤石岳の肩手前は九十九折れの急登。

3. 小赤石岳の肩~小赤石岳~赤石岳
●緩いアップダウンが続く稜線ルート。


【椹島~赤石岳まで】
1. 椹島ロッジ~赤石小屋
●樹林帯の登山道。
●急登区間が多いうえにコースも長め。

2. 赤石小屋~富士見平~北沢源頭
●富士見平から若干下り気味のトラバース道。
●せり出した岩がとても滑るので要注意。

3. 北沢源頭~赤石岳
●森林限界越えの急登。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

山の日だというのに臨時駐車場はガラガラ。
やっぱり悪天候のせいかな…。
2017年08月11日 06:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の日だというのに臨時駐車場はガラガラ。
やっぱり悪天候のせいかな…。
バスに乗って椹島に到着。
今にも雨が降り出しそうな空模様。
2017年08月11日 07:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗って椹島に到着。
今にも雨が降り出しそうな空模様。
1
あんまり気乗りがしない感じだがいつか晴れるだろうと信じて歩き始めました。
2017年08月11日 07:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんまり気乗りがしない感じだがいつか晴れるだろうと信じて歩き始めました。
舗装路を通ってもいいけど少しだけ近道できる。
2017年08月11日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を通ってもいいけど少しだけ近道できる。
北にある橋の手前に登山口。
2017年08月11日 08:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北にある橋の手前に登山口。
千枚岳登山口があった。
ここからスタート。
2017年08月11日 08:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳登山口があった。
ここからスタート。
川の沿岸を歩いていく。
2017年08月11日 08:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の沿岸を歩いていく。
吊り橋を渡ると本番。
2017年08月11日 08:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡ると本番。
取付きはやっぱり急登。
2017年08月11日 08:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付きはやっぱり急登。
急登を登りきるとなだらかな広尾根になった。
2017年08月11日 08:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきるとなだらかな広尾根になった。
最初のチェックポイントである鉄塔下。
ザックの重さに体が慣れてないので少し休憩した。
2017年08月11日 09:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のチェックポイントである鉄塔下。
ザックの重さに体が慣れてないので少し休憩した。
せっかく登ったのに一旦下る。
2017年08月11日 09:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく登ったのに一旦下る。
地図でいう岩頭見晴という場所。
晴れていたら悪沢岳が見えるのかな?
2017年08月11日 09:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図でいう岩頭見晴という場所。
晴れていたら悪沢岳が見えるのかな?
緑の樹林帯の中をひたすら登る。
2017年08月11日 09:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の樹林帯の中をひたすら登る。
林道を横断する。
送迎バスもこの道使って送ってくれればいいのに…。
2017年08月11日 09:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断する。
送迎バスもこの道使って送ってくれればいいのに…。
小石下到着。
このルートには所々腰を下ろせるベンチが設置されていました。
2017年08月11日 09:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小石下到着。
このルートには所々腰を下ろせるベンチが設置されていました。
勾配が緩くなってきた。
この辺りは林道と並走するように登山道があるので急勾配はないな。
2017年08月11日 10:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配が緩くなってきた。
この辺りは林道と並走するように登山道があるので急勾配はないな。
林道を横切ります。
2017年08月11日 10:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切ります。
しばらく緩い登りのトラバース道が続く。
2017年08月11日 10:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく緩い登りのトラバース道が続く。
清水平到着。
ここでようやく半分。
2017年08月11日 11:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水平到着。
ここでようやく半分。
水はしっかり流れていました。
2017年08月11日 11:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はしっかり流れていました。
このコース唯一の水場なので沢山の人が休憩していました。
2017年08月11日 11:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコース唯一の水場なので沢山の人が休憩していました。
なだらかになってくると蕨段が近い。
2017年08月11日 11:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかになってくると蕨段が近い。
蕨段に到着。
2017年08月11日 12:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕨段に到着。
写真を見ていてとても美しい森だったんだと気づいた。
登っている最中は死にそうになっていたからなあ。
2017年08月11日 12:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を見ていてとても美しい森だったんだと気づいた。
登っている最中は死にそうになっていたからなあ。
見晴台到着。
上に登る道があります。
2017年08月11日 12:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台到着。
上に登る道があります。
展望台から。
悪沢岳は雲の中。
2017年08月11日 12:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から。
悪沢岳は雲の中。
赤石岳も山頂が隠れていた。残念…。
2017年08月11日 12:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳も山頂が隠れていた。残念…。
長くだらだらした坂がずっと続いていく。
地味ながらこの区間がかなり苦しかった。
2017年08月11日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長くだらだらした坂がずっと続いていく。
地味ながらこの区間がかなり苦しかった。
駒鳥池到着。
千枚小屋手前の最後のチェックポイント。
2017年08月11日 13:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒鳥池到着。
千枚小屋手前の最後のチェックポイント。
なんだか不思議な雰囲気の池。
2017年08月11日 13:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか不思議な雰囲気の池。
あと15分。
長かった!
2017年08月11日 13:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと15分。
長かった!
小屋手前は少し登ります。
もう坂はないと安心していたのに…!
2017年08月11日 14:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋手前は少し登ります。
もう坂はないと安心していたのに…!
大規模なお花畑に出た!
2017年08月11日 14:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模なお花畑に出た!
千枚小屋到着!
2017年08月11日 14:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚小屋到着!
1
小屋からは富士山が眺められました。
2017年08月12日 05:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からは富士山が眺められました。
1
翌日。
のんびりと準備をしてから出発。
2017年08月12日 05:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日。
のんびりと準備をしてから出発。
二日目スタート。
2017年08月12日 05:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目スタート。
お花畑を横切る贅沢な登山道。
2017年08月12日 05:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を横切る贅沢な登山道。
マンノー尾根との分岐。
2017年08月12日 05:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンノー尾根との分岐。
この森林限界出る手前が一番ドキドキする。
2017年08月12日 05:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この森林限界出る手前が一番ドキドキする。
南アルプス南部の秀峰達!
上河内岳・聖岳・赤石岳。
2017年08月12日 05:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部の秀峰達!
上河内岳・聖岳・赤石岳。
1
富士山もそこにいた。
2017年08月12日 05:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もそこにいた。
3
絶好の展望台だった!
それにしても笊ヶ岳の存在感はすごい。
2017年08月12日 05:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶好の展望台だった!
それにしても笊ヶ岳の存在感はすごい。
1
千枚岳山頂まであと少し!
2017年08月12日 05:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳山頂まであと少し!
赤石・聖が徐々に色彩豊かになっていった。
2017年08月12日 05:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石・聖が徐々に色彩豊かになっていった。
1
千枚岳到着!
2017年08月12日 06:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳到着!
3
稜線の向こう側には南アルプス北部の山々!
2017年08月12日 06:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の向こう側には南アルプス北部の山々!
目指すは悪沢岳!
2017年08月12日 06:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指すは悪沢岳!
2
岩々した稜線上に沢山の高山植物。
2017年08月12日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩々した稜線上に沢山の高山植物。
ひときわ目立つタカネマツムシソウ。
2017年08月12日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ目立つタカネマツムシソウ。
タカネビランジ。
2017年08月12日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネビランジ。
千枚岳西側は険しい様相。
長梯子を降下するポイントや、
2017年08月12日 06:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳西側は険しい様相。
長梯子を降下するポイントや、
10mくらいの岩場の下りなど。
難易度が高いわけでは無いが慎重に。
2017年08月12日 06:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10mくらいの岩場の下りなど。
難易度が高いわけでは無いが慎重に。
1
場所によってはピークを通らず巻き道を通ることもある。
ここは右巻きするところ。
ペンキで道順が記されていた。
2017年08月12日 06:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
場所によってはピークを通らず巻き道を通ることもある。
ここは右巻きするところ。
ペンキで道順が記されていた。
千枚岳の細い岩場を越えると穏やかな尾根が広がっていた。
2017年08月12日 06:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千枚岳の細い岩場を越えると穏やかな尾根が広がっていた。
右のまあるいピークが丸山。
2017年08月12日 06:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右のまあるいピークが丸山。
丸山到着!
2017年08月12日 06:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山到着!
悪沢岳まであと少し。
2017年08月12日 06:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳まであと少し。
1
稜線北側にはとても美しい万之助カール。
2017年08月12日 07:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線北側にはとても美しい万之助カール。
1
大小の岩がひしめく岩稜帯を越えていきます。
比較的緩い勾配だが足元に注意。
2017年08月12日 07:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大小の岩がひしめく岩稜帯を越えていきます。
比較的緩い勾配だが足元に注意。
山頂に着いた!
周りは結構ガスが湧き始めていた。
2017年08月12日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着いた!
周りは結構ガスが湧き始めていた。
悪沢岳登頂!
2017年08月12日 07:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳登頂!
4
西側。
荒川中岳がガスで覆われいった。
2017年08月12日 07:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側。
荒川中岳がガスで覆われいった。
北側。
塩見岳のてっぺんにガスがまとわりついていた。
2017年08月12日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側。
塩見岳のてっぺんにガスがまとわりついていた。
ペンキマークに従って下降を開始。
2017年08月12日 08:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペンキマークに従って下降を開始。
しばらくは緩やかだった勾配もあの先端から一気に急勾配になる。
2017年08月12日 08:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは緩やかだった勾配もあの先端から一気に急勾配になる。
浮石だらけの急登。
2017年08月12日 08:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮石だらけの急登。
コルに到着。
ここから100~150mくらい登り返す。
2017年08月12日 08:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルに到着。
ここから100~150mくらい登り返す。
1
西側から見る悪沢岳は岩々していて格好いい!
2017年08月12日 08:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側から見る悪沢岳は岩々していて格好いい!
2
登り返しはキツイけどそれ程急勾配というわけでもなく。
2017年08月12日 08:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しはキツイけどそれ程急勾配というわけでもなく。
中岳避難小屋到着。
2017年08月12日 09:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳避難小屋到着。
すぐそこに荒川中岳。
2017年08月12日 09:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこに荒川中岳。
荒川中岳到着〜。
ガスガスだ。
2017年08月12日 09:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川中岳到着〜。
ガスガスだ。
1
少し下るとすぐに分岐。
奥に見える棒が立っているのが荒川前岳。
2017年08月12日 09:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下るとすぐに分岐。
奥に見える棒が立っているのが荒川前岳。
分岐。
ここにザックをデポして前岳に行く人が大半でした。
2017年08月12日 09:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。
ここにザックをデポして前岳に行く人が大半でした。
まあるい荒川前岳。
よく言われていることだけどこれを三山の一つに数えるのは無理がある気がする…。
2017年08月12日 09:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まあるい荒川前岳。
よく言われていることだけどこれを三山の一つに数えるのは無理がある気がする…。
荒川前岳到着。
2017年08月12日 09:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川前岳到着。
1
分岐から下降を開始。
ここは結構な急勾配だった。
2017年08月12日 09:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から下降を開始。
ここは結構な急勾配だった。
美しい圏谷の斜面をトラバースしていく。
2017年08月12日 09:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい圏谷の斜面をトラバースしていく。
1
登山道はお花畑を通過するようにつけられています。
2017年08月12日 09:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はお花畑を通過するようにつけられています。
多種多様な高山植物が咲いていましたが詳しくないので…。
ただ最盛期は過ぎている感じがしました。
2017年08月12日 09:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多種多様な高山植物が咲いていましたが詳しくないので…。
ただ最盛期は過ぎている感じがしました。
1
中でも目立つのがシロウマタンポポ。
冗談半分で「タンポポ咲いてんじゃん」と思っていたら本当にタンポポでビックリした。
2017年08月12日 09:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中でも目立つのがシロウマタンポポ。
冗談半分で「タンポポ咲いてんじゃん」と思っていたら本当にタンポポでビックリした。
1
迫力のある荒川岳の白い岩壁。
花崗岩だと思っていたけど本で読んだところ凝灰岩らしい。
2017年08月12日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力のある荒川岳の白い岩壁。
花崗岩だと思っていたけど本で読んだところ凝灰岩らしい。
1
水場。
地図によると涸れていることが多いらしいけどこの日は沢山水が出ていました。
2017年08月12日 10:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。
地図によると涸れていることが多いらしいけどこの日は沢山水が出ていました。
トラバース道を通って荒川小屋へ。
見てのとおり一旦森林限界下まで標高を落とします。
2017年08月12日 10:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道を通って荒川小屋へ。
見てのとおり一旦森林限界下まで標高を落とします。
1
荒川小屋到着。
2017年08月12日 10:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋到着。
1
水場はテント場の近くまで降りる必要がある。
2017年08月12日 11:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場はテント場の近くまで降りる必要がある。
テント場。
かなり良い立地だと思う。今度テント担いで来てみたい!
2017年08月12日 11:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場。
かなり良い立地だと思う。今度テント担いで来てみたい!
1
雲は出てきたけど赤石岳方面も良く見える。
2017年08月12日 11:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は出てきたけど赤石岳方面も良く見える。
かなり豊富な水量。
汗をたくさんかいたので濡れタオルで体を拭いた。
2017年08月12日 11:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり豊富な水量。
汗をたくさんかいたので濡れタオルで体を拭いた。
この日は一気に下山するつもりで日の出前に出発。
2017年08月13日 04:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は一気に下山するつもりで日の出前に出発。
シルエットでしかわからないが…。
荒川小屋から少し急登を登るとトラバース道になる。
この崩壊地付近で森林限界越えとなる。
2017年08月13日 04:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルエットでしかわからないが…。
荒川小屋から少し急登を登るとトラバース道になる。
この崩壊地付近で森林限界越えとなる。
大聖寺平到着。
2017年08月13日 04:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺平到着。
1
日が出てきたのか空が赤く染まってきた。
2017年08月13日 04:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が出てきたのか空が赤く染まってきた。
1
奥茶臼山と中央アルプス。
2017年08月13日 05:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥茶臼山と中央アルプス。
1
荒川小屋付近に滝雲が流れ込んできた!
こんな近くで見たのは初めてだったから興奮した!
2017年08月13日 05:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川小屋付近に滝雲が流れ込んできた!
こんな近くで見たのは初めてだったから興奮した!
1
小赤石岳の肩までの急登。
2017年08月13日 05:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳の肩までの急登。
ぜーはー言いながら振り返るとなんとも幻想的な景色。
2017年08月13日 05:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜーはー言いながら振り返るとなんとも幻想的な景色。
2
小赤石岳の肩に到着!
2017年08月13日 05:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳の肩に到着!
ここから爽快な稜線歩きが始まる!
2017年08月13日 05:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから爽快な稜線歩きが始まる!
綿毛になったチングルマの群生。
この稜線は高山植物も豊富だった。
もう少し早い時期ならさらに良かったのかもしれない。
2017年08月13日 05:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿毛になったチングルマの群生。
この稜線は高山植物も豊富だった。
もう少し早い時期ならさらに良かったのかもしれない。
南アルプスの稜線部分はアップダウンがとても激しいが、ここはなだらかで歩きやすかった。
2017年08月13日 05:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスの稜線部分はアップダウンがとても激しいが、ここはなだらかで歩きやすかった。
小赤石岳到着!
2017年08月13日 06:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小赤石岳到着!
1
進む先にある赤石岳は猛烈にガスっていた…。
2017年08月13日 06:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進む先にある赤石岳は猛烈にガスっていた…。
分岐までには少しだけアップダウンがあります。
2017年08月13日 06:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐までには少しだけアップダウンがあります。
赤石小屋との分岐に到着。
お、少し晴れてきてるじゃん。
2017年08月13日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋との分岐に到着。
お、少し晴れてきてるじゃん。
ガスっているときの定番のブロッケンも。
2017年08月13日 06:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっているときの定番のブロッケンも。
1
最後の急登。
ガスがとれて青空が広がってきた!
2017年08月13日 06:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登。
ガスがとれて青空が広がってきた!
最後の最後でこんな青空のもと山頂を踏めるなんて…。
2017年08月13日 06:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最後でこんな青空のもと山頂を踏めるなんて…。
赤石岳山頂部。
遮るものは何もない。
2017年08月13日 06:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳山頂部。
遮るものは何もない。
赤石岳登頂!!
2017年08月13日 06:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳登頂!!
4
日本で一番高い所にある一等三角点。
2017年08月13日 06:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本で一番高い所にある一等三角点。
北側には今回自分が縦走してきた千枚岳~悪沢岳~荒川中岳~小赤石岳の稜線。
ガスもとれてこんなにハッキリと眺められるとは思わなかった。
2017年08月13日 06:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には今回自分が縦走してきた千枚岳~悪沢岳~荒川中岳~小赤石岳の稜線。
ガスもとれてこんなにハッキリと眺められるとは思わなかった。
2
南側。
聖岳もなんとか頭を出してくれた!
2017年08月13日 06:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側。
聖岳もなんとか頭を出してくれた!
2
赤石岳避難小屋。
とても贅沢な立地条件だ。
2017年08月13日 06:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳避難小屋。
とても贅沢な立地条件だ。
1
富士山もなんとか顔を出してくれた。
2017年08月13日 07:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もなんとか顔を出してくれた。
1
何といってもこの堂々とした赤石岳の山容が素晴らしい!
2017年08月13日 07:02撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何といってもこの堂々とした赤石岳の山容が素晴らしい!
3
分岐からの下降は結構な急勾配。
2017年08月13日 07:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からの下降は結構な急勾配。
水場。
ここら辺が北沢源頭にあたるのかな?
2017年08月13日 07:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。
ここら辺が北沢源頭にあたるのかな?
砲台型休憩所からはトラバース道。
2017年08月13日 07:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砲台型休憩所からはトラバース道。
このトラバース道は富士見平まで50~100m程登ってしまう。
標高を下げる気満々だったのに…。
2017年08月13日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このトラバース道は富士見平まで50~100m程登ってしまう。
標高を下げる気満々だったのに…。
狭い道で岩がせり出している所は要注意。
表面が濡れているとかなり滑る。
ここは基本に返って三点支持で慎重に。
2017年08月13日 07:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い道で岩がせり出している所は要注意。
表面が濡れているとかなり滑る。
ここは基本に返って三点支持で慎重に。
1
多数の桟橋。
しっかりした作りでした。
2017年08月13日 08:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多数の桟橋。
しっかりした作りでした。
何で下山するのにこんなに登らせるんだと愚痴りながらもまた森林限界を越えそうだ。
2017年08月13日 08:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何で下山するのにこんなに登らせるんだと愚痴りながらもまた森林限界を越えそうだ。
富士見平到着。
ガスで何も見えねー。
2017年08月13日 08:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平到着。
ガスで何も見えねー。
何だかどっと疲れた気がする…。
流石にここからは下り基調になりました。
2017年08月13日 08:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だかどっと疲れた気がする…。
流石にここからは下り基調になりました。
赤石小屋到着。
かなり時間に余裕があるので帰りのバスに間に合いそうだ。
2017年08月13日 08:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋到着。
かなり時間に余裕があるので帰りのバスに間に合いそうだ。
1
赤石小屋で最後の大休憩。
僅かな時間だったけど山頂部分だけガスがとれて赤石岳がお見送りしてくれた。
本当にこの旅は至れり尽くせり、幸運続きだった。
2017年08月13日 08:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石小屋で最後の大休憩。
僅かな時間だったけど山頂部分だけガスがとれて赤石岳がお見送りしてくれた。
本当にこの旅は至れり尽くせり、幸運続きだった。
1
東尾根から下山開始。
2017年08月13日 09:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根から下山開始。
所々緩いところもあるけど基本的には急勾配が続くきつい尾根。
2017年08月13日 09:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々緩いところもあるけど基本的には急勾配が続くきつい尾根。
ここで行程の約半分。
2017年08月13日 09:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで行程の約半分。
ハチに注意らしい。
この日はいなかった。
2017年08月13日 10:05撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチに注意らしい。
この日はいなかった。
登りだろうと下りだろうと辛い道だと思う。
千枚小屋への尾根道のほうが幾分マシだった。
2017年08月13日 10:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りだろうと下りだろうと辛い道だと思う。
千枚小屋への尾根道のほうが幾分マシだった。
1/5まで降りてきた。
2017年08月13日 10:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1/5まで降りてきた。
ここが一番苦しかった。
植林地を延々に九十九折りながら下っていく…。
2017年08月13日 11:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番苦しかった。
植林地を延々に九十九折りながら下っていく…。
やっと降りきった!
2017年08月13日 11:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと降りきった!
最後の階段。
2017年08月13日 11:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の階段。
バスに乗るために椹島ロッジへ帰還する。
2017年08月13日 11:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスに乗るために椹島ロッジへ帰還する。
1
戻ってきたーって感じがする。
2017年08月13日 11:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきたーって感じがする。
1
時間に余裕があったので、バスの整理券を貰ってシャワーを浴びてご飯を食べて、と一通りのことができた。
2017年08月13日 11:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕があったので、バスの整理券を貰ってシャワーを浴びてご飯を食べて、と一通りのことができた。
1
駐車場に戻ってくると満車に近い状態になっていた。
2017年08月13日 13:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってくると満車に近い状態になっていた。
撮影機材:

感想/記録

今年の目標であった悪沢岳~赤石岳の縦走をしてきました!

~入山まで~
GPVなどを確認しながら雨雲の動きを見て、少なくとも午前中は晴れると読みましたが前日は生憎の雨模様…。
椹島ロッジに着いても全く期待感の無い空模様で不安しかありませんでした。
最悪3日間雨に打たれるという覚悟で入山しました。

~2日目朝まで~
1日目はずっとガスっていたので入山した事を後悔していました。
今回ザックも重量があったので気持ちも身体も辛くて辛くて…。
2日目何となく千枚小屋を出発して森林限界超えた先に赤石岳がドーンと見えた時、やっと自分の決断を信じることが出来ました!

~悪沢岳~
昨年登った塩見岳や笹山から眺めた景色に心を打たれ、南部の山を登るなら最初は悪沢岳だ!と心に決めていました。
遠くから見ると格好いいけど近くで見ると綺麗な花だらけというのもギャップがあって良いですね。

~赤石岳~
正直にいうと計画段階では悪沢岳のオマケでした。
でも今回体験した幸運の数々のおかげで一躍大好きな頂へとなりました!
待っていたとばかりにガスが消えていった時は神様っているんだなと感じました!


流石に疲れたので暫く再訪する予定は無いですがまた来たいと思います。
まだまだ若造なのでこれから先も何十回でも登ってやろうと思います!
訪問者数:231人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ