また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223351 全員に公開 ハイキング関東

両神山 赤岩尾根

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
 iki
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
1時間4分
合計
7時間6分
Sスタート地点05:5306:50赤岩峠07:0107:42赤岩岳08:0210:53P1(赤岩尾根)11:1611:41八丁峠11:4612:16上落合橋登山口12:2112:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

橋の手前の路肩に駐車して出発
2017年08月13日 05:58撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の手前の路肩に駐車して出発
2
廃屋の向こうには赤岩岳
2017年08月13日 06:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋の向こうには赤岩岳
1
赤岩峠着
2017年08月13日 07:03撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩峠着
2
峠から稜線を赤岩岳方面に向かうと、岩場に突き当たる。ここをフリーで登るのは自分には無理と思って左を見ると踏み跡が岩場の基部に続いているので行ってみると又進行困難になり
2017年08月13日 07:14撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠から稜線を赤岩岳方面に向かうと、岩場に突き当たる。ここをフリーで登るのは自分には無理と思って左を見ると踏み跡が岩場の基部に続いているので行ってみると又進行困難になり
2
そこで頂上方向を仰いでみると、見えている部分は登れそうだが、上部で行き詰ると下降は困難になりそうだと思い少し戻って
2017年08月13日 07:20撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで頂上方向を仰いでみると、見えている部分は登れそうだが、上部で行き詰ると下降は困難になりそうだと思い少し戻って
1
マーキングを追っていくと
2017年08月13日 07:23撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングを追っていくと
巻径に出て、辿ってきた方向を見る
2017年08月13日 07:25撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻径に出て、辿ってきた方向を見る
赤岩岳にやっと着く
2017年08月13日 07:49撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩岳にやっと着く
2
頂上から少し行った所から、登山口を見る
2017年08月13日 08:04撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から少し行った所から、登山口を見る
2
大ナゲシかな
2017年08月13日 08:05撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ナゲシかな
2
赤岩岳の名の通り、岩が赤い
2017年08月13日 08:07撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩岳の名の通り、岩が赤い
2
赤岩岳と大ナゲシと思う
2017年08月13日 08:08撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩岳と大ナゲシと思う
2
前衛峰を直登する同行者
2017年08月13日 08:27撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前衛峰を直登する同行者
2
1583峰が、眼前、とても登れそうに見えないが、リッジの右側を登って行った
2017年08月13日 08:39撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583峰が、眼前、とても登れそうに見えないが、リッジの右側を登って行った
2
右への移動開始、2歩かな
2017年08月13日 08:48撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右への移動開始、2歩かな
2
リッジを快調に登ってきますね
2017年08月13日 08:50撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リッジを快調に登ってきますね
2
1583峰頂上
2017年08月13日 08:55撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1583峰頂上
2
P4峰直登は、行けそうな気もするが、安全を期して巻径を使用
2017年08月13日 09:35撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4峰直登は、行けそうな気もするが、安全を期して巻径を使用
1
P4のマーキング
2017年08月13日 09:44撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P4のマーキング
P3のチムニー、今はハーケンが残るのみ
2017年08月13日 10:11撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3のチムニー、今はハーケンが残るのみ
2
倒れていた標識を立てて撮る。まあ、すぐに又倒れるだろう
2017年08月13日 11:06撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れていた標識を立てて撮る。まあ、すぐに又倒れるだろう
2
八丁峠近くにある祠
2017年08月13日 11:39撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠近くにある祠
2
上落合橋登山口に出る
2017年08月13日 12:22撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上落合橋登山口に出る
2
無事帰着
2017年08月13日 13:02撮影 by DMC-FZ1000, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事帰着
2

感想/記録
by iki

ダムのメイン道路から外れた場所で車中泊して、相原橋のバス停にある公衆トイレに寄って、赤岩岳登山口に着くと単独の男性が出発の準備していた。15分程してから自分も後に続く。赤岩峠に着いてから稜線を赤岩岳方向に行くと先程の男性が道を探している感じがしたので、峠から巻き道がありますよと教えてあげるが、後で考えると峠迄戻らなくても、この付近から行けたようだ。この先の様子聞いてみると直登は無理だ言われる。一応自分の目で見る為に進んでみると確かに、とてもフリーソロで登れるような壁ではない。峠迄戻るのも面倒なので、そこから踏み跡をたどり、途中で直登を探ったりしたが結局巻き道を行く。稜線に上がったら右に向かうんだが、これが赤岩峠方向に戻る錯覚に襲われる。これは同行者の方も言ってみえた。赤岩岳で自分は少し休憩してから後を追って、前衛峰の基部で追い付く。同行者が先に直登され、自分も後に続く。それ程難しくなく快適に登れる。次の1583峰も同行者が先に取り付かれる、大岩を這い上がり、その先のリッジ正面は難しそうなので、右側を登れるか探りたいが、下からは右側は見えないので、そうするにはリッジに取り付いて二歩程右に移動しないといけない。同行者が躊躇ってみえるので、交代して自分がトライする。岩が湿っぽいので、ちょっと緊張するが無事移動し終え、上部を窺うと、それ程難しくはなさそうだ。同行者に登れますよ、と声をかけ登つて行く。ホールドは適度にあり、気持ちのいいクライミングを楽しめる。同行者も快調に登ってこられる。ここまでは順調だつたが、この次の小さなピークでちょっとさ迷う。自分が先頭で下つていたのだが、途中で南の方向に行っているのに気付き、間違いましたと言って引き返してピークに戻り正しい東の方向に下ろうとするが、踏み跡もないし、あまりに急斜面なので同行の方が、一旦南に下り途中から東の尾根にトラバースするんではと言われ、成る程と思い先程の道を下ると、引き返した地点からほんの少し行った所にテープがあり、道が左にトラバースしていた。ここで少し余分な時間を使ってしまった。さて次はP4、ここは無理しないで巻く。後のピークは全て直登で行く。P3で自分は休憩とし、同行の方は先に行かれるが登山口に帰着した時にはまだいらして、又どこかでとお別れする。
今回の山行ではロープなどの残置物は一切見ることはなかった。自分が残置物のあるコース通らなかった可能性もあるが、全て撤去された?
訪問者数:276人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ