ヤマレコ

記録ID: 1224364 全員に公開 ハイキング道東・知床

雌阿寒岳 雌阿寒温泉登山口ピストン

日程 2017年08月07日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間36分
休憩
2分
合計
1時間38分
S雌阿寒温泉コース登山口13:3714:32雌阿寒岳14:3415:15雌阿寒温泉コース登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

登山口に立派なトイレあり
2017年08月07日 13:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に立派なトイレあり
登り始めます
2017年08月07日 13:36撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めます
登りはじめから木の根の多い急登
2017年08月07日 13:44撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはじめから木の根の多い急登
20分もすると視界が開けてきました
2017年08月07日 13:54撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分もすると視界が開けてきました
快晴なり
2017年08月07日 14:00撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴なり
ハイマツのトンネル
2017年08月07日 14:01撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツのトンネル
岩がゴロゴロし始めます
2017年08月07日 14:11撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロし始めます
八合目に到着。意外と登りがきつい
2017年08月07日 14:20撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目に到着。意外と登りがきつい
噴火口
2017年08月07日 14:27撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火口
阿寒湖を挟んで雄阿寒岳
2017年08月07日 14:30撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒湖を挟んで雄阿寒岳
雌阿寒岳に登頂しました。思ったよりずっと大変だった・・
2017年08月07日 14:32撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳に登頂しました。思ったよりずっと大変だった・・
阿寒富士
2017年08月07日 14:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士
阿寒富士に続く稜線。興味をそそられましたが時間がないので帰ります
2017年08月07日 14:33撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士に続く稜線。興味をそそられましたが時間がないので帰ります
オンネトー
2017年08月07日 14:45撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンネトー

感想/記録
by bibi_k

登山に北海道遠征にきたものの、結局登ったのは大雪山〜十勝の縦走だけ。
予定では幌尻岳とカムエクにも上る予定でしたが、いまいち登山のテンションが上がらないのと、北海道の海の幸が美味しすぎてドライブと海鮮丼ばかり食べる毎日でした。
こんなことではさすがにアカンと、最終日に日帰りで行ける山として雌阿寒岳に行ってきました。

いつも日帰りでも練習も兼ねてテント泊装備なのですが、この日は帰りの飛行機まで時間がないのでペットボトル一本だけ持っていく超軽装で登りました。
装備も軽いしサクサク登れるかな、と思ったのですが思いのほか登りがきつい。日差しもきついで、思ったより大変な登山になりました。
雌阿寒岳頂上から阿寒富士に続く稜線はなだらかで、時間があれば登ってみたかったです。オンネトーや、白湯山のほうからも道も興味深いし、サクッとピストンで終わらせてしまうには勿体ない山でした。

幌尻岳とカムエクに上るために今夏もう一度北海道に来たいです。
訪問者数:57人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ