ヤマレコ

記録ID: 1224409 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

南アルプス南部(荒川〜赤石〜聖〜光)

日程 2017年08月10日(木) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー
天候8月10日:晴れのち曇り
8月11日:曇りのち時々雨
8月12日:晴れのち曇時々雨
8月13日:曇りのち時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙の臨時駐車場から椹島までは東海フォレストの送迎バスを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間39分
休憩
1時間1分
合計
8時間40分
S椹島ロッジ07:4008:32鉄塔下08:3809:23小石下09:2810:48蕨段10:13清水平10:1811:45駒鳥池11:5012:20千枚小屋12:3013:10千枚岳13:1513:55丸山14:0514:30悪沢岳14:4515:45荒川中岳避難小屋
2日目
山行
7時間41分
休憩
34分
合計
8時間15分
荒川中岳避難小屋05:0005:05中岳05:15前岳06:10荒川小屋07:47小赤石岳08:20赤石岳08:3009:30百間平10:07百間洞山の家10:2511:33中盛丸山11:3512:18子兎岳12:2013:03兎岳13:0513:15兎岳避難小屋
3日目
山行
6時間34分
休憩
51分
合計
7時間25分
兎岳避難小屋05:1506:50聖岳06:5507:05奥聖岳07:1007:20聖岳07:3508:15小聖岳08:2009:04聖平小屋分岐09:1010:002561m地点10:0511:05上河内岳11:1512:40茶臼小屋
4日目
山行
11時間33分
休憩
1時間17分
合計
12時間50分
茶臼小屋03:4004:05茶臼岳04:40希望峰05:38易老岳05:4506:27三吉平07:02静高平07:27光岳07:3007:37光石07:4007:47光岳07:5508:08県営光岳小屋08:1208:57三吉平09:39易老岳09:4510:42希望峰11:08茶臼岳11:1011:28茶臼小屋12:0213:12横窪沢小屋13:1714:05ウソッコ沢小屋14:1015:00ヤレヤレ峠15:25畑薙大吊橋16:12畑薙第1ダム16:30臨時駐車G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状態や登山ポストなどは各種地図、ガイドブックのとおりですので省略
その他周辺情報駐車場から車で10分弱のところに温泉(白樺荘)あり

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ポール テント テントマット シェラフ

写真

椹島到着時点では良い天気です。稜線に出るまで持つかどうか。
2017年08月10日 07:39撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
椹島到着時点では良い天気です。稜線に出るまで持つかどうか。
1
登山道入り口。約2000mの上りのスタートです。
2017年08月10日 07:51撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。約2000mの上りのスタートです。
晴天の中、ひたすら登ります。
2017年08月10日 07:54撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴天の中、ひたすら登ります。
まっててね〜
2017年08月10日 08:46撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっててね〜
小石下付近では林道を渡ります。が、途中でルートを失い、やむなく林道を歩くこともありました。
2017年08月10日 09:43撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小石下付近では林道を渡ります。が、途中でルートを失い、やむなく林道を歩くこともありました。
駒鳥池です
2017年08月10日 11:48撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒鳥池です
高山植物もまだまだ咲いていました
2017年08月10日 12:11撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山植物もまだまだ咲いていました
千枚小屋に到着。
予定ではここに泊まる予定でしたが、予定よりも早いペースで来たので、もう少し先に進むことにします。
2017年08月10日 12:20撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚小屋に到着。
予定ではここに泊まる予定でしたが、予定よりも早いペースで来たので、もう少し先に進むことにします。
1
が、徐々に雲が上がってきてしまいました。。。。
2017年08月10日 12:21撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、徐々に雲が上がってきてしまいました。。。。
千枚岳に到着。
2017年08月10日 13:10撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千枚岳に到着。
2
ガスがどんどん上がってきて。。。。
2017年08月10日 13:26撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがどんどん上がってきて。。。。
丸山につく頃には真っ白になってきました。
2017年08月10日 13:55撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山につく頃には真っ白になってきました。
悪沢岳につく頃には写真もピンボケになるくらいに(笑)。この日は中岳避難小屋で止まりました。
2017年08月10日 14:31撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳につく頃には写真もピンボケになるくらいに(笑)。この日は中岳避難小屋で止まりました。
2
2日目。朝からガスガスです。雨が降っていないのだけが救いでした。
2017年08月11日 05:05撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。朝からガスガスです。雨が降っていないのだけが救いでした。
中岳、前岳は写真を撮っただけでそそくさと先に進みます。
2017年08月11日 05:14撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳、前岳は写真を撮っただけでそそくさと先に進みます。
荒川岳小屋に到着。
2017年08月11日 06:09撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳小屋に到着。
1
荒川カレーに心惹かれます。が、朝食を食べた後なのでパス。
2017年08月11日 06:10撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川カレーに心惹かれます。が、朝食を食べた後なのでパス。
2
赤石岳に到着。やはりガスガスで全く展望が聞かず(涙)。
2017年08月11日 08:19撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳に到着。やはりガスガスで全く展望が聞かず(涙)。
3
百間洞山の家に到着。
時間が早いのでもう少し先まで進むことにしました。
2017年08月11日 10:07撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百間洞山の家に到着。
時間が早いのでもう少し先まで進むことにしました。
1
このころからごくたまに青空が見えるようになりました。
2017年08月11日 10:12撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このころからごくたまに青空が見えるようになりました。
兎岳につく頃にはまたガスってしまいました。
2017年08月11日 13:04撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳につく頃にはまたガスってしまいました。
2
兎岳避難小屋に到着。聖平小屋までは無理なのでここに泊まることにしました。
2017年08月11日 13:16撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋に到着。聖平小屋までは無理なのでここに泊まることにしました。
外見はかなり・・・・ですが、中は改修されておりきれいです。入り口のドアが閉まり切れないほかは全く問題ないです。
2017年08月11日 13:16撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外見はかなり・・・・ですが、中は改修されておりきれいです。入り口のドアが閉まり切れないほかは全く問題ないです。
3日目。ようやく晴天の朝です!。いざ聖岳へ!
2017年08月12日 04:55撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。ようやく晴天の朝です!。いざ聖岳へ!
天気が良いので写真を撮りながら先に進みます。
2017年08月12日 05:59撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良いので写真を撮りながら先に進みます。
聖岳に到着! ようやく展望がきく状態でピークにたてました。
2017年08月12日 06:49撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳に到着! ようやく展望がきく状態でピークにたてました。
3
奥聖岳からみた聖岳です。
2017年08月12日 07:07撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥聖岳からみた聖岳です。
2
景色を堪能した後は下山して、上河内岳へ向かいます。
2017年08月12日 07:57撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色を堪能した後は下山して、上河内岳へ向かいます。
ふと横を見ると、谷に小さな虹が。
真ん中の黒い点は何?と思ってみてみたら、なんと自分の影でした(下から足がのびています)。
2017年08月12日 08:08撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと横を見ると、谷に小さな虹が。
真ん中の黒い点は何?と思ってみてみたら、なんと自分の影でした(下から足がのびています)。
2
次は上河内岳です。眺望がウリの山ですが、ガスが上がってきてしまっています。間に合うか?
2017年08月12日 08:14撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は上河内岳です。眺望がウリの山ですが、ガスが上がってきてしまっています。間に合うか?
登山道のすぐ横に雷鳥発見!
2017年08月12日 10:47撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のすぐ横に雷鳥発見!
1
しかも二羽。親子でしょうか?
雷鳥をじかに見るのは初めでした。
2017年08月12日 10:47撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも二羽。親子でしょうか?
雷鳥をじかに見るのは初めでした。
3
残念ながら、上河内岳からの眺望はいまひとつでした。
この後茶臼小屋まで行って宿泊。ようやくテントを使いました。
2017年08月12日 11:48撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら、上河内岳からの眺望はいまひとつでした。
この後茶臼小屋まで行って宿泊。ようやくテントを使いました。
4日目。光岳に向かいます。前日までとは違う山に来たかのような様子が大変印象的でした。
2017年08月13日 05:24撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目。光岳に向かいます。前日までとは違う山に来たかのような様子が大変印象的でした。
小屋の手前の水場。
どこの南アルプスの天然水も大変おいしゅうございました。
2017年08月13日 07:04撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の手前の水場。
どこの南アルプスの天然水も大変おいしゅうございました。
本行程最後の百名山。光岳に到着。
2017年08月13日 07:28撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本行程最後の百名山。光岳に到着。
2
頂上を少し過ぎたところに光石がありました。
2017年08月13日 07:37撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を少し過ぎたところに光石がありました。
1
雲に覆われて眺望がきかないしためイザルヶ岩、仁田岳はパスし、この日のうちに下山することにしました。白樺荘でひとっ風呂浴びれるよう帰りを急ぎます。
2017年08月13日 08:18撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に覆われて眺望がきかないしためイザルヶ岩、仁田岳はパスし、この日のうちに下山することにしました。白樺荘でひとっ風呂浴びれるよう帰りを急ぎます。
仁田池も見るだけ
2017年08月13日 10:57撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁田池も見るだけ
ガスってしまったので茶臼山もスルー
茶臼小屋に戻ったところで雨が降り始めてしまいましたが、軽く昼食をとり、テントを撤収して下山します。
2017年08月13日 11:09撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってしまったので茶臼山もスルー
茶臼小屋に戻ったところで雨が降り始めてしまいましたが、軽く昼食をとり、テントを撤収して下山します。
1
横溝沢小屋付近では雨脚が強くなりましたが、下りてくるに従い雨はやみました。ウソッコ沢小屋ではレインウェアを脱ぎました。
2017年08月13日 14:05撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横溝沢小屋付近では雨脚が強くなりましたが、下りてくるに従い雨はやみました。ウソッコ沢小屋ではレインウェアを脱ぎました。
ウソッコ沢小屋前後では小さなつり橋をいくつかわたります。が、板が割れていたり、濡れて滑りそうで怖いのなんの。。。。
2017年08月13日 14:29撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウソッコ沢小屋前後では小さなつり橋をいくつかわたります。が、板が割れていたり、濡れて滑りそうで怖いのなんの。。。。
最後の登りを終え ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。
2017年08月13日 15:01撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りを終え ┐(´∀`)┌ヤレヤレ。
1
ラスボスの大吊橋。無事渡り切り、ここから先は林道を歩いて駐車場へ。無事温泉に間に合いました。
2017年08月13日 15:24撮影 by FTJ152C, Plus One Japan Limited
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラスボスの大吊橋。無事渡り切り、ここから先は林道を歩いて駐車場へ。無事温泉に間に合いました。
2

感想/記録
by tt1005

 この夏はまだ行ったことのない南アルプス南部を縦走する気でいましたが、梅雨明け後も天候が不安定でなかなか踏ん切りがつかない中、台風5号通過後、今しかない、と決行してきました。

〇1日目;椹島〜千枚小屋〜悪沢岳〜中岳避難小屋
 仕事が終えた後、車を走らせ畑薙の駐車場で車中泊。朝は臨時便が出たので予定より1時間以上早く椹島に到着。
 快晴ゆえ荷物は重いが心は軽い。がつがつと登っていき、正午過ぎには千枚小屋に到着。まだ余裕があったので、もう少し先に進むことにする。
 が、稜線に上がったところからガスも一緒に上がってきて、悪沢岳では視界がきかず。残念無念。真っ白な中で歩くのは精神的にきついので荒川小屋行きは断念し、中岳避難小屋までとする。宿泊者は5名のみでゆったりと過ごすことができた。管理人さんや一緒に宿泊された方々にはお世話になりました。

〇2日目;中岳避難小屋〜赤石岳〜百間洞山の家〜兎岳〜兎岳避難小屋
 外を見ると周りは真っ白。心はブルー。雨が降っていないのが唯一の救い。
 赤石岳についても状況は変わらず。残念無念その2。登頂写真だけ撮ってそそくさと退散。
 百間洞山の家に着いた頃は少し晴れ間が見えた。時間がまだ早いこともあり、もう少し先に進むことにする。が、結果的には霧の中の山歩きが続く。
 聖岳を越えるほどのモチベーションが上がらず、前日の宿で情報収集していた兎岳避難小屋を使わせていただくことにする。小屋は外見はギョギョっ!だが、中は改装済で快適(ただし、ドアはきっちり閉まらない)。この日の宿泊は3名(うち1名は昨日もご一緒)のみで広々と一夜を過ごす。

〇3日目;兎岳避難小屋〜聖岳〜上河内岳〜茶臼小屋
 朝から晴天。3日目にしてようやく(かつ今山行で唯一の)眺望のきく稜線歩きを堪能。昨日無理に聖岳を登らないでよかった。あ〜、こんな感じに見えるんだ〜、という感じ。聖岳では赤石岳や荒川岳の雄姿を間近に見ることができた。上河内岳への登りの途中では登山道のすぐそばで雷鳥に遭遇。
 前日までに前倒しで進んでいたためこの日は昼前後に宿泊予定地の茶臼小屋に到着。最終的にテント場は満員となったが到着が早かったおかげで場所取りに苦労することもなく、15時ごろからの雨もテントの中に逃げこめた。

〇4日目;茶臼小屋〜光岳〜茶臼小屋〜畑薙大吊橋〜畑薙臨時駐車場
 軽装で光岳へピストン。前日までの岩ゴロゴロ&ダイナミックなアップダウンの繰り返しから一転し、シダとバイケイソウが生い茂る平坦な道のりで、まるで別の山に来ているような錯覚。この日も靄の中であったがそれがむしろ幻想的な雰囲気を醸し出していた。
 当初は茶臼小屋でもう1泊する予定だったが、翌日以降もあまり天候に期待が持てないので、この日のうちに下山することに変更。眺望がきかないので仁田岳やイザルヶ岳もパスしてそそくさと茶臼小屋へリターンし、テントを撤収。かなり長時間&長距離となるとともに下山途中雨に降られたものの「白樺荘が開いているうち(〜18時)に下山してひとっぷろ浴びる!」という思いを支えに無事下山。温泉も間に合いました。
訪問者数:406人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ