ヤマレコ

記録ID: 1224750 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月12日(土)
メンバー , その他メンバー2人
天候11日曇り
12日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【自家用車】
米子IC-新清水IC
国道52号線-県道37号線で奈良田まで。
奈良田からは自家用車規制のためバスで広河原へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間18分
休憩
19時間16分
合計
26時間34分
S広河原インフォメーションセンター07:0007:07広河原山荘07:0807:23白根御池分岐07:2309:55大樺沢二俣10:2213:11八本歯のコル13:1113:46吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐13:4714:25トラバースルート分岐14:2614:46北岳山荘
2日目
山行
4時間41分
休憩
19時間56分
合計
24時間37分
北岳山荘09:3509:58トラバースルート分岐09:5810:26吊尾根・北岳山荘トラバース道分岐10:2610:44八本歯のコル10:4912:25大樺沢二俣12:3914:17白根御池分岐14:1714:25広河原山荘14:3314:35広河原・吊り橋分岐14:3514:41広河原インフォメーションセンター15:2015:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大樺沢の下部樹林帯は登山道に水が流れているのでビシャビシャ。
雪渓を通過してからの八本歯のコル直下の急登はハシゴが多数設置してあり、体力を消耗する。
トラバース道は意外に高度感はない。

写真

奈良田に到着
野呂川がゆったりと流れていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田に到着
野呂川がゆったりと流れていた
1
広河原
たくさんの人でごった返していた
トイレの行列は15分以上かかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原
たくさんの人でごった返していた
トイレの行列は15分以上かかった
登山口には警察の方が遭難防止啓発のチラシを配布していた
2017年08月11日 07:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口には警察の方が遭難防止啓発のチラシを配布していた
吊橋を渡っていよいよ登山開始
2017年08月11日 07:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡っていよいよ登山開始
吊橋から野呂川を見下ろす
2017年08月11日 07:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋から野呂川を見下ろす
吊橋渡ってすぐにある広河原山荘
テント場にもテント多数だった
2017年08月11日 07:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋渡ってすぐにある広河原山荘
テント場にもテント多数だった
出だしのの樹林帯は沢音が気持ちいい
2017年08月11日 07:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしのの樹林帯は沢音が気持ちいい
登山道自体も水が流れている
2017年08月11日 07:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道自体も水が流れている
とにかく水が豊富
2017年08月11日 08:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく水が豊富
橋を何本か渡る
2017年08月11日 08:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を何本か渡る
崩落地が見えてきた
2017年08月11日 08:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地が見えてきた
最後の橋
この橋を渡ってしばらくすると、樹林帯を抜ける。
2017年08月11日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の橋
この橋を渡ってしばらくすると、樹林帯を抜ける。
樹林帯を抜けて振り返ると、鳳凰三山が見えてきた
2017年08月11日 09:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて振り返ると、鳳凰三山が見えてきた
大樺沢の上部まで見渡せるようになる
たくさんの先行者が見える
2017年08月11日 09:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢の上部まで見渡せるようになる
たくさんの先行者が見える
そのまま高度を上げる
2017年08月11日 09:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま高度を上げる
大きな岩のところから雪が現れた
二俣まであと少し
2017年08月11日 09:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩のところから雪が現れた
二俣まであと少し
バットレス?
2017年08月11日 10:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレス?
1
だいぶ上り詰めてきた
岩がガラガラした地帯
そろそろ雪渓の上を横切る
2017年08月11日 11:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ上り詰めてきた
岩がガラガラした地帯
そろそろ雪渓の上を横切る
1
バットレス!
2017年08月11日 12:00撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレス!
大樺沢を登りつめるとハシゴが連続する急登になる
このハシゴがきつかった、、。
2017年08月11日 12:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢を登りつめるとハシゴが連続する急登になる
このハシゴがきつかった、、。
1
なんとか八本歯のコルにたどりついた
もうヘトヘト
2017年08月11日 13:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか八本歯のコルにたどりついた
もうヘトヘト
1
八本歯のコルで休憩
2017年08月11日 13:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルで休憩
1
バットレスに人影発見
はたから見ていても恐ろしい
2017年08月12日 10:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレスに人影発見
はたから見ていても恐ろしい
1
トラバース道を行く
思ったより高度感はなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道を行く
思ったより高度感はなかった
北岳山荘でテント泊
夕方雨が降ったが夜には星空が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘でテント泊
夕方雨が降ったが夜には星空が見えた
翌朝山頂へ
絶好の天気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝山頂へ
絶好の天気!
4
山頂はすごい人数
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はすごい人数
1
頂上から鳳凰三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から鳳凰三山
頂上から間ノ岳への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から間ノ岳への稜線
2
仙丈ヶ岳
さすが女王、気品がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳
さすが女王、気品がある
富士山も見えた
写真だとわからないが、実際は近くに見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えた
写真だとわからないが、実際は近くに見える
1
甲斐駒ケ岳と、奥に八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と、奥に八ヶ岳
山頂を後にして下山
白峰三山縦走は諦めてそのまま下山することに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を後にして下山
白峰三山縦走は諦めてそのまま下山することに
撮影機材:

感想/記録
by haman

※ログとれてませんでしたが、実際は北岳山荘から山頂まで登りました。

職場の登山部員3人で山の日にアルプスに行くことになった。全員初テント泊。2人は初アルプス。このためにライペンのオニドームを購入し、自宅の庭で設置の練習を行ってきた。

8/10(木)の仕事が終わってすぐ、職場から車に飛び乗り奈良田へ出発。3人交代で夜通し運転し、午前4:30に奈良田に到着した。

奈良田からは自家用車規制のため5:30のバスに乗り広河原に向かう。広河原には甲府からのバスも次々と到着して、人がごった返していた。さすが山の日。

山行計画
①大樺沢を登り、八本歯のコルから北岳山頂。北岳山荘でテント泊
②間ノ岳、農鳥岳を縦走し大門沢小屋でテント泊
④奈良田へ下山

大樺沢は雪渓を渡ってからのハシゴの連続が体力を消耗し、かなり厳しかった。特にテント泊の荷物の重さが一歩一歩のしかかるので、足が前に出ない。頭痛もあり、高山病と思われる。八本歯のコルでの休憩中に、この日の目標を頂上から北岳山荘に切り替えた。

トラバース道は高度感はあまり感じずに通過。コースタイムから大幅に遅れて北岳山荘に到着した。テント設営してさっそく睡眠。体力が回復したら夕方北岳山頂へアタックも考えていたが、雨が降ってきて断念した。

夜中になって、メンバーに起こされてテントを出てみると満天の星空が。喜んで写真撮影しまくっていた。なかなか頭痛は治らないが、この天気なら朝北岳にアタックできるかも。4時に出発の約束をして再びテントに入った。

4時に出発して北岳山頂を目指す。山荘から頂上までの道のりは1時間20分ほど。山頂が目の前に見えるので油断していたが、ガレ場が多くなかなか険しい道のりだった。

山頂はすごい人数の人だったが、素晴らしい景色が広がっていた。南アルプスの山々、鳳凰三山、仙丈ヶ岳、鋸岳、甲斐駒ケ岳、間ノ岳。それに富士山、八ヶ岳、中央アルプスなど。色々な山が雲海に浮かんでいた。最高の景色。ここまで来てよかった!

北岳山荘に帰り、朝食をとりながらメンバー全員で今後の計画を相談。高山病2名。現状を考えて今日縦走するのは難しい。ということで、下山を決意。下山ルートは昨日登ってきたルートで無事下山できた。

この山行のために、いろいろ片付けないといけない仕事が多く、睡眠不足だった。体調があまり良くない中、夜通し運転で白峰三山縦走するのは無謀な計画だったかもしれない。ゆったりとした計画で3日間を使えばもっと楽しめた可能性もある。次回大きな山にチャレンジする際は、自分の身の丈にあった計画で登りたい。

それでも、山頂からの絶景を見せてくれた北岳に感謝。
訪問者数:114人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ