また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225664 全員に公開 ハイキング塩見・赤石・聖

塩見岳(公共交通機関利用)

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目→晴れのち土砂降り
2日目→晴れのち土砂降り
3日目→辛うじて曇り、下界は晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
地元駅→立川→(臨時のあずさ)上諏訪→(飯田線)→伊那大島→(12:10発伊那バス)→鳥倉林道登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
ぬかるみがひどい
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

感想/記録

山の日の連休を利用して今年の最大目標であった「塩見岳」に行ってきました。
7月20日に「もう山小屋は予約とれないよなぁ」・・と思いながらも三伏峠小屋に連絡したところ、予約がとれ、臨時のあずさの指定席もとれたのでこれは塩見岳が呼んでくれているものと思い、計画を実行に移しました。
1日目
登山口を14時過ぎに出発。三伏峠を目指します。途中3/10付近で土砂降りになり、慌ててレインウェア及びザックカバーをするもびしょ濡れ・・心が半ば折れながらも
17時に小屋に到着。少し休みたかったものの「早く食事を済ませてください」と言われ、なんやかんやで消灯の19時半になってしまう。
2日目
夜中に雨音で寝られず・・これだけ雨が降っていたら下山かな・・と思いながら
朝、小屋前に出ると星が見えており、塩見岳の姿も。
まさかの晴れで5時に小屋を出て、どろどろのぬかるんだ道を歩きます。
塩見小屋で休憩後、人生初?のヘルメット装着し、山頂へ向け、
苦手な岩場なんですが、想像していたより怖くなく、あれ?山頂にいるやん、俺。
山頂到着したもののガスガスで何も見えず、少し休んでから下山開始
塩見小屋でビールを飲みながら休み、本谷山手前付近で連日の土砂降り攻撃にあい
またもやびしょ濡れになりながらも14時半に三伏峠小屋に到着
この日は時間をもてあますくらい暇でした(笑)
3日目
5時半に小屋を出て、下山開始
9時10分のバスにて伊那大島駅のバスに乗り、帰省ラッシュにあいながらも
18時半に地元に到着

今回は塩見岳にて、いろんな猛者と出会いました。11連泊するという方や、3人組の自転車軍団・・・自分のレベルと明らかに違う人達と出会った山でした。
でも、塩見岳に登れて自分なりに自信もつきました。

ありがとう、塩見岳。そして出会ったすべての人々に感謝します。
これで日本百名山18座目となりました(目指してはいませんが)。
訪問者数:235人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ