また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225974 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

台風直後の飯豊山 親子で1泊2日

日程 2017年08月09日(水) 〜 2017年08月10日(木)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候9日雨、10日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
弥平四郎登山口からの往復。登山口駐車場は最後の集落より林道4km。内2.5kmは概ねフラットダート。傾斜が出てきた後は雨水による凸凹あるが、普通乗用車で問題なし。郡山方面からは、会津坂下より西会津ICからの方が道が良く早い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間0分
休憩
1時間20分
合計
9時間20分
S祓川駐車場07:3008:50上ノ越09:0010:40疣岩分岐10:5011:30三国岳11:5013:00切合避難小屋13:3014:50本山小屋15:10飯豊山15:30本山小屋15:4016:50切合避難小屋
2日目
山行
3時間30分
休憩
30分
合計
4時間0分
切合避難小屋04:3005:40三国岳05:5006:30疣岩分岐06:4007:20上ノ越07:3008:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最初の上ノ越への登りが、長い行程を意識してオーバーペースになり苦しみました。初日は上ノ越から三国岳の区間のみ雨が上がり、後は終日小雨。翌朝の景色は絶景でした。
コース状況/
危険箇所等
登山口から上の越までの登りは急坂。コースタイム上も短縮は難しいかと。稜線上に出ると基本的には歩き易い登山道。この時期は虻が多い。
その他周辺情報経路上の避難小屋3か所(三国、切合、本山)では、開山期はいずれも飲料販売、カップラーメン販売あり。食料・寝袋持参が基本だが、切合では米持参で食事提供。寝具も数は限られるが備えあり。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 時計 タオル ストック ナイフ シェラフ
共同装備 サブザック 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 携帯 カメラ
備考 長袖を持参しながらTシャツで行動し、虻の餌食となる。

写真

台風5号を避け、予定より1日遅れで入山。弥平四郎からの本山往復コースを登り始める。広い駐車場にはまだ2台。虻が飛び交う。霧雨。
2017年08月09日 07:48撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風5号を避け、予定より1日遅れで入山。弥平四郎からの本山往復コースを登り始める。広い駐車場にはまだ2台。虻が飛び交う。霧雨。
2
疣岩分岐。上ノ越までの急登後も急な登りが続く。雨が上がり温度が上昇。いささかバテ気味。
2017年08月09日 10:38撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疣岩分岐。上ノ越までの急登後も急な登りが続く。雨が上がり温度が上昇。いささかバテ気味。
3
三国近辺からは小雨が降り続き、吹きつけてビショ濡れに。切合小屋に宿泊具をデポし、本山を往復。御所の岩場を登る。
2017年08月09日 14:14撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国近辺からは小雨が降り続き、吹きつけてビショ濡れに。切合小屋に宿泊具をデポし、本山を往復。御所の岩場を登る。
稜線は強風。雨滴が横殴りに。晴れていればさぞ、素晴らしい稜線でしょうに。
2017年08月09日 14:48撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は強風。雨滴が横殴りに。晴れていればさぞ、素晴らしい稜線でしょうに。
風雨の飯豊本山山頂に到着! 山頂小屋で休ませていただきました。ショータ君は97/100名山。
2017年08月09日 15:13撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雨の飯豊本山山頂に到着! 山頂小屋で休ませていただきました。ショータ君は97/100名山。
6
イイデリンドウやマツムシソウが綺麗。
2017年08月09日 15:44撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イイデリンドウやマツムシソウが綺麗。
2
切合小屋間近の雪渓。あと一踏ん張り。
2017年08月09日 16:38撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切合小屋間近の雪渓。あと一踏ん張り。
着いた〜〜っ! 台風直後でしたがツアー団体が2組入っており、賑やかでした。自炊のラーメンをヤマワッパ君は「うまい、うまいっ!」と啜って、バタンキュー。
2017年08月09日 16:47撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた〜〜っ! 台風直後でしたがツアー団体が2組入っており、賑やかでした。自炊のラーメンをヤマワッパ君は「うまい、うまいっ!」と啜って、バタンキュー。
1
一夜明けて晴れ。大日岳と月。
2017年08月10日 04:42撮影 by NEX-5N, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一夜明けて晴れ。大日岳と月。
1
飯豊本山がどっしりと。
2017年08月10日 04:53撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊本山がどっしりと。
2
三国岳への稜線上の岩稜。三国岳の向こうには雲海に磐梯山が浮かぶ。三国岳からは駆けるように下山。
2017年08月10日 05:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳への稜線上の岩稜。三国岳の向こうには雲海に磐梯山が浮かぶ。三国岳からは駆けるように下山。
3

感想/記録
by capfuk

台風5号の迷走により、予定から1日遅れで入山。連続して立山・剱が控えているために、行程上で長時間行動となり、ほぼ終日の雨でしんどい山旅となりました。ショータ(10歳)も、「トーチャン、こないだの荒川〜聖岳よりきついかも…」とぼやき。苦労の分、翌朝の光景が忘れられないものになりました。
息子/ショータの百名山でも飯豊はどうしても後回しになりがちでしたが(一度は雨のため入山口で断念)、無事終えることが出来ました。出来れば、次回は山脈の縦走を楽しみたいです。
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ