また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1226353 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

ヤマビル多数お出迎えの オボコンベ山(595m)

日程 2017年07月31日(月) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
硯上山の続き
 矢本PA(車中泊)5:36 == 5:39 鳴瀬奥松島料金所 == 6:10 山田IC == 6:52 オココンベ山登山口
※本砂金川沿いを進むと、人家が終わり狭い未舗装の道路となる。
地図上のP299m地点が登山口で標識が有り、駐車スペースもある。アブが多数寄ってくる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間4分
休憩
22分
合計
2時間26分
S登山口07:0907:52沢別れ08:23オココンベ山08:4509:05沢別れ09:35登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
栃木百名山七座と南東北の山々(7/26〜8/5)6日目
マダニは居なかったが、多数のヤマビルが出迎えてくれた。
沢はきれいな滑床だった。
オココンベ山0.03μ㏜/h
コース状況/
危険箇所等
登山口から直ぐに徒渉し、沢沿いに右岸左岸を歩き、尾根に上りあげる。テープの目印を外さないように進む。沢沿いを歩くとヤマビルがたくさん上ってくるので沢の中を歩く。長靴で大丈夫な水量だ。アブも多い。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

7:10 オココンベ山登山口
2017年07月31日 09:35撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:10 オココンベ山登山口
7:13 直ぐに徒渉して対岸へ
2017年07月31日 07:13撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:13 直ぐに徒渉して対岸へ
7:29 とてもきれいな滑床だ ヤマビルが襲ってくるので沢を歩く
2017年07月31日 07:29撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:29 とてもきれいな滑床だ ヤマビルが襲ってくるので沢を歩く
7:32 沢沿いに踏跡あるが滑床の方が快適だ ヤマビルもいないし
2017年07月31日 07:32撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:32 沢沿いに踏跡あるが滑床の方が快適だ ヤマビルもいないし
7:46 オボコンベ山頂への標識もある
2017年07月31日 07:46撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:46 オボコンベ山頂への標識もある
7:52 沢二股 倒木で荒れている ここから登り上げる
2017年07月31日 07:52撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:52 沢二股 倒木で荒れている ここから登り上げる
7:59 整備された歩道だ
2017年07月31日 07:59撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:59 整備された歩道だ
8:21 マンモス岩のアーチ
2017年07月31日 08:21撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:21 マンモス岩のアーチ
8:23〜8:45 オボコンベ山頂上は岩峰で祠と川崎町の地籍図根三角点が埋め込まれていた
2017年07月31日 08:24撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:23〜8:45 オボコンベ山頂上は岩峰で祠と川崎町の地籍図根三角点が埋め込まれていた
8:23〜8:45 オボコンベ山 川崎町の地籍図根三角点
2017年07月31日 08:24撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:23〜8:45 オボコンベ山 川崎町の地籍図根三角点
8:23〜8:45 オボコンベ山頂上にある祠 参拝
2017年07月31日 08:24撮影 by EX-ZS240, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:23〜8:45 オボコンベ山頂上にある祠 参拝

感想/記録

5:36 矢本PA(車中泊)
5:39 鳴瀬奥松島料金所
6:10 山田IC ¥1590円
 本砂金(モトイサゴ)川沿いを進むと、人家が終わり狭い未舗装の道路となる。
6:52〜7:09 オココンベ山登山口
 地図上のP299m地点が登山口で標識が有り、駐車スペースもある。アブが多数寄ってくる。
 直ぐに沢を徒渉して対岸へ渡り、テープと踏跡を外さないように沢に沿って進む。沢筋なのでアブが多くヤマビルも上ってくる。
7:45 沢二股 オボコンベ山頂へ の標識がある。
 頂上に向かって左の沢に入る。間違えて反対の沢に入るがテープが無いので戻る。
 沢の左岸に踏跡があるが、沢を歩いた方がヤマビルが防げ滑床なので気持ちが良い。
7:52 沢二股
 ここから沢と別れ、笹等が覆っている所もあるが、踏跡明瞭な路を登り上げる。
 上る途中に桐ノ目山の分岐部があったが、見過ごしてしまう。
 頂上直下に岩峰に穴があるような所が有り、絶景だ。マンモス岩と言うようだ。
8:23〜8:45 オボコンベ山 展望180度位
 頂上は岩峰で祠と川崎町の地籍図根三角点が埋め込まれていた。
 暑くなってきた。疲れた。珍しくゆっくり休む。
 何か身体が重く疲れたので桐ノ目山の方へは行かずに、来た道を帰ることにする。
8:55 桐ノ目山分岐
9:05 沢二股 沢からの登り口
9:11 沢二股
9:18 沢二股 左岸を歩く。9:19 右岸に渡る。
9:30 沢二股 無数のアブが襲ってくる。ヤマビルも多い。
9:35〜9:38 オココンベ山登山口
 地図上のP299m地点 無数のアブが襲ってくるので、早々に車を走らせる。アブとヤマビルに悩まされた山行だった。車に乗る前にヤマビルを確認したら10匹程長靴に付いていた。全て塩でお陀仏に。
 シシナゴ山へは国道286、457号線の丁字路を山形方面へ300m程走り、左折する。道なりに進むと山形道高架手前にシシナゴ山の標識がある。高架下を抜けて右折後100m程の所にもシシナゴ山の標識が有り、そこを左折して道なりに未舗装の林道を進む。
10:22〜10:35 林道北沢線シシナゴ山登山口
 シシナゴ山へ向かう
訪問者数:91人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ