また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1226651 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳で3000mテント泊

日程 2017年08月09日(水) 〜 2017年08月11日(金)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
甲府駅に7時40分ぐらいに着きましたが、最初の広河原行きバスが9時5分発だったせいかバス停に待つ人はありませんでした。最終的に高校生や大学生の団体が何組も着て、2台のバスは200%ぐらいの混み具合になりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間40分
休憩
0分
合計
2時間40分
S広河原・吊り橋分岐11:3011:40広河原山荘14:10白根御池小屋
2日目
山行
4時間20分
休憩
0分
合計
4時間20分
宿泊地05:0005:00草すべり分岐07:00小太郎尾根分岐07:50北岳肩ノ小屋07:50両俣分岐09:20北岳09:20北岳肩ノ小屋
3日目
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
北岳肩ノ小屋06:2006:50小太郎尾根分岐08:30大樺沢二俣10:20広河原山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日目の下りはほぼ休憩なしのノンストップ。11時広河原初のバスで帰宅。
コース状況/
危険箇所等
草すべりの中ほどがとくに急でしたが、それ以外の傾斜は時間さえかければなんとかなる範囲。肩ノ小屋から北岳山頂は岩場で鎖も2、3あるので慎重に。右股はダケカンバの林が続き、そのあとの大樺沢沿いとすがすがしいコースでした。登る人も常に視界のどこかにいる感じで、一人で不安になるようなこともありませんでした。コースの表示板も充実しているため道に迷う可能性はほとんどないと思われます。
その他周辺情報白根御池小屋、肩ノ小屋ともに水、トイレとも心配なく、テント泊にもやさしい小屋でした。ともに生ビールもあり、さすがにメジャーな山は違うという印象です。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

草すべりコース、二股コース分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草すべりコース、二股コース分岐
富士山と雲海(草すべりの終りあたりから)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と雲海(草すべりの終りあたりから)
肩ノ小屋手前(両股小屋分岐)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋手前(両股小屋分岐)
1
肩ノ小屋キャンプ場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋キャンプ場
1
ライチョウの親子(山頂近く)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウの親子(山頂近く)
右股(ダケカンバ林)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右股(ダケカンバ林)

感想/記録

台風一過の日となった2017年8月9日(水)、1、2泊の予定で広河原から北岳山頂を目指しました。広河原からはじめての登山ということもあり無理せずコースを刻んでいくことにしました。
学生の団体が多いことと、土砂崩れの片付けなどから甲府駅からのバスは少し遅れて広河原に到着。白根御池小屋で15時に小屋に着かないなら肩ノ小屋を目指すのはやめたほうがいいとのアドバイスをもらい、宿泊しゆっくりと翌日の計画を練ることにしました。
2日目は草滑りのコースをとりましたが、草すべり中盤の急登など思った以上にきびしいコースでした。ただ草すべりでは多くの山野草に迎えられ、気分を変えながら肩ノ小屋まで登っていくことができてよかったです。
肩ノ小屋で小休止の後、北岳を超えて北岳山荘まで行く予定でしたが、北岳山荘への下りと八本歯のコースイメージが持てなかったことと雲で視界がとれなかったので、山頂から折り返し肩ノ小屋キャンプ場で2泊目とすることにしました。ピークハントや縦走よりも3,000m地点でのテン泊を楽しむほうを選択する登山です。3日目の下りは草すべりではなく、右股コースを選びましたが、ダケカンバの林を抜けていく下山はとてもさわやかな気分を味わえました。大樺沢の水量は台風の影響もあり普段よりかなり多かったようで、山道にも水が流れているところも多くありましたが、それもきれいな水だったのでそれなりに楽しみながらの下山となりました。天候は3日ともに曇りがちで、朝以外は雲や霧に覆われることがほとんどでしたが、富士山や甲斐駒、雲海なども見られ天候不順な時期だったことを考えると雨にほとんどあわない恵まれた山行だったように思います。次回は八本歯から北岳山荘と間ノ岳への縦走を楽しめたらと思います。
訪問者数:142人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ