ヤマレコ

記録ID: 1226846 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳 室堂〜別山尾根(復路は弥陀ヶ原経由称名平へ下山)

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー
天候1日目雨のち曇り→2日目晴れ→3日目曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
行き:立山駅までマイカー、その後室堂までアルペンルート
帰り:称名平から立山駅までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間37分
休憩
10分
合計
2時間47分
S室堂07:5007:55みくりが池08:00みくりが池温泉08:14雷鳥荘08:29雷鳥沢キャンプ場08:3908:40浄土橋10:13剱御前小舎10:37剱沢キャンプ場
2日目
山行
7時間19分
休憩
2時間16分
合計
9時間35分
剱沢キャンプ場03:1103:18剱澤小屋03:44剣山荘04:06一服剱04:1604:55前剱05:01前劔の門05:33平蔵の頭06:13剱岳06:3107:24前劔の門07:33前剱07:4308:09一服剱08:1708:33剣山荘08:59剱澤小屋09:0909:18剱沢キャンプ場10:2511:21剱御前小舎11:3412:40浄土橋12:46雷鳥沢キャンプ場
3日目
山行
5時間29分
休憩
50分
合計
6時間19分
雷鳥沢キャンプ場06:1906:54みくりが池07:07室堂07:2007:50天狗平山荘09:00一ノ谷10:16弘法10:2611:45八郎坂登り口12:0312:10称名滝展望台12:1912:30大日岳登山口12:38称名滝駐車場12:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■室堂〜剱沢
危険箇所特になし。スーツ姿のお兄さんまで歩いているある意味テーマパーク

■剱沢〜剱岳
数ヵ所雪渓あるが、アイゼン・ピッケル不要。その他の危険箇所はものの本にあるとおり。

■室堂〜弘法
木道は湿っていて転倒要注意。2回ほど派手にすっ転ぶ。笹薮もうるさく、スパッツがあると便利。自分はもう帰るだけと思ってすたすた行きましたが、靴の中までぐしょぐしょになりました。

■八郎坂〜称名平
なかなかの急坂。やたら落石注意喚起がされていたので、ヘルメット着用で下りましたが、トレラン風の人がけっこう行き交っており、自分だけ浮いてました。
その他周辺情報帰路グリーンパーク吉峰に寄りましたが、食事がいまいちそうだったので、結局お約束の有磯海SAにて昼食。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット
備考 初日にずぶぬれになってしまったので、結果的にはもう1枚くらい着替えがあってもよかった。

写真

始発1時間前にしてこの混雑。それでもなんとか始発から数えて3本目に乗れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発1時間前にしてこの混雑。それでもなんとか始発から数えて3本目に乗れました。
室堂は雨。今年はこんなんばっかですな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂は雨。今年はこんなんばっかですな。
残念みくりが池。立山も一の越山荘がかろうじて見える程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念みくりが池。立山も一の越山荘がかろうじて見える程度。
…と思っていたら少し晴れそうなきざし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…と思っていたら少し晴れそうなきざし。
雄山もかすかに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山もかすかに
青空もちらほら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空もちらほら。
雷鳥沢あたりではもう晴れるんじゃないかっていうくらいの期待感!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢あたりではもう晴れるんじゃないかっていうくらいの期待感!
そこでレインウェアを脱いで軽装化…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこでレインウェアを脱いで軽装化…
したとたんまた降ってくる。何人かつられてウェアを脱がせてしまい申し訳ありませんでした。結局5分でまた着用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
したとたんまた降ってくる。何人かつられてウェアを脱がせてしまい申し訳ありませんでした。結局5分でまた着用。
剱御前小舎前にて。剱のつの字も見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱御前小舎前にて。剱のつの字も見えません。
なんかだんだんひどくなる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかだんだんひどくなる。
剱沢キャンプ場。混雑はそれほどでもなさそう。その点だけにおいて天候に感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢キャンプ場。混雑はそれほどでもなさそう。その点だけにおいて天候に感謝。
この辺はまだチングルマが花の状態で見られます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はまだチングルマが花の状態で見られます。
霧につつまれた殿堂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧につつまれた殿堂。
ところがテント張って一寝入りしてたら、まわりがざわざわし始め…お、なんかいい感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところがテント張って一寝入りしてたら、まわりがざわざわし始め…お、なんかいい感じ。
一服剱をズーム。こんな天候でも登っている人がいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服剱をズーム。こんな天候でも登っている人がいる。
剱沢を振り返ると、ザ・夏山!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢を振り返ると、ザ・夏山!
おーこれは明日に大いに期待です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おーこれは明日に大いに期待です。
1
翌朝3時に出発。心霊写真ではありません。すでに前剱あたりまで登っている人もいる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝3時に出発。心霊写真ではありません。すでに前剱あたりまで登っている人もいる。
剣山荘。ここから先、いよいよ始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘。ここから先、いよいよ始まります。
剱沢を振り返ると、点々とヘッドランプの明かりが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱沢を振り返ると、点々とヘッドランプの明かりが…
前剱手前でいよいよ本峰が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱手前でいよいよ本峰が姿を現す。
朝焼けに染まる剱沢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる剱沢。
前剱頂上にて。ちなみに「まえつるぎ?」「ぜんけん?」どっちなのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱頂上にて。ちなみに「まえつるぎ?」「ぜんけん?」どっちなのでしょうか?
前剱頂上はご来光を狙う人々で混み合う。この渋滞に引っかかりたくないので、自分は先を急ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱頂上はご来光を狙う人々で混み合う。この渋滞に引っかかりたくないので、自分は先を急ぐ。
門あたりで夜明けを迎える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門あたりで夜明けを迎える。
おおっ!ダイヤモンド五竜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ!ダイヤモンド五竜!
3
反対に富山市は雲海につつまれている。これはこれで神秘的。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対に富山市は雲海につつまれている。これはこれで神秘的。
けっこう怖かった平蔵の頭からの下り。途中鎖が途切れるところでルート不明となり、無理やりトラバースしたが、帰りに見てたら、みんな登り用の鎖を使って下りていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこう怖かった平蔵の頭からの下り。途中鎖が途切れるところでルート不明となり、無理やりトラバースしたが、帰りに見てたら、みんな登り用の鎖を使って下りていた。
この角度で見ると恐ろしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この角度で見ると恐ろしい。
そして登りのハイライト、たてばい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして登りのハイライト、たてばい。
ほんとに垂直。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとに垂直。
登ってるときに下を見ない方がいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってるときに下を見ない方がいいです。
実は一番キツかった、たてばい後の最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は一番キツかった、たてばい後の最後の登り。
登頂!とにかく晴れてよかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂!とにかく晴れてよかった!
北方稜線。いつか通る日が来るのであろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方稜線。いつか通る日が来るのであろうか。
後立山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面。
登頂の余韻にひたっているとガスってくる。さらに次々人が登ってくるので、頃合いを見て下山開始。本当の勝負はこれから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂の余韻にひたっているとガスってくる。さらに次々人が登ってくるので、頃合いを見て下山開始。本当の勝負はこれから。
と思っていたら、ブロッケン。みなさん興奮してシャッターを切っていたのでつられて撮ってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思っていたら、ブロッケン。みなさん興奮してシャッターを切っていたのでつられて撮ってしまった。
影剱にブロッケン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影剱にブロッケン。
1
そしてよこばい。幸いなことにブロッケン騒ぎで後ろに誰もいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてよこばい。幸いなことにブロッケン騒ぎで後ろに誰もいない。
いや、これはちょっと高度感ありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、これはちょっと高度感ありますね。
最初の一歩と鎖の距離が微妙で嫌な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の一歩と鎖の距離が微妙で嫌な感じ。
距離感が分かるように降り口と最初の足場を撮ったつもりですが、ちょうど朝日が重なってよくわかりません。あしからず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
距離感が分かるように降り口と最初の足場を撮ったつもりですが、ちょうど朝日が重なってよくわかりません。あしからず。
あとは横にスライドしていくだけ。ほんとに最初の一歩がクリアできればあとは簡単。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは横にスライドしていくだけ。ほんとに最初の一歩がクリアできればあとは簡単。
これまたおなじみ。垂直梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまたおなじみ。垂直梯子。
これは槍の方が怖いな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは槍の方が怖いな。
ここでトイレする勇気はない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでトイレする勇気はない。
下りてきたら、たてばいが早くも渋滞。3時出発大正解。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきたら、たてばいが早くも渋滞。3時出発大正解。
前剱からの下り。事故が多い所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前剱からの下り。事故が多い所。
この大岩のあたりは浮石が多く、確かに嫌だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大岩のあたりは浮石が多く、確かに嫌だった。
登るときは夢中で(というか暗くて)気づかなかったお花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るときは夢中で(というか暗くて)気づかなかったお花畑。
ハクサンフウロ…だと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ…だと思う。
この前剱の迫力。これも暗いうちに登っておいてよかった。明るいうちに見ていたら心が折れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この前剱の迫力。これも暗いうちに登っておいてよかった。明るいうちに見ていたら心が折れていた。
剣山荘が見えてくるが、まだ気は抜かない。テントに戻るまでが剱岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘が見えてくるが、まだ気は抜かない。テントに戻るまでが剱岳。
剣山荘。生きててよかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山荘。生きててよかった!
雪渓を渡る風も心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を渡る風も心地よい。
剱澤小屋前で勝利のビールを飲みながら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱澤小屋前で勝利のビールを飲みながら。
テント撤収めんどくさ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント撤収めんどくさ。
しんどさでいうとこの日一番。剱御前小舎への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しんどさでいうとこの日一番。剱御前小舎への登り。
ちょうどお昼時で小屋は混雑。スルーして雷鳥沢をめざします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうどお昼時で小屋は混雑。スルーして雷鳥沢をめざします。
ここで一考。このまま帰るか、もう一泊するか。とりあえずまたビールを飲んで考えよう。飲んでる時点でアウト。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで一考。このまま帰るか、もう一泊するか。とりあえずまたビールを飲んで考えよう。飲んでる時点でアウト。
結局雷鳥沢でもう一泊。翌朝はまた曇りに逆戻り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局雷鳥沢でもう一泊。翌朝はまた曇りに逆戻り。
NHKで夜中にやってる北アルプスの映像に出てくるお地蔵様?なんと、お参りしときたかった。また来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NHKで夜中にやってる北アルプスの映像に出てくるお地蔵様?なんと、お参りしときたかった。また来ます。
初日よりはマシになったみくりが池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日よりはマシになったみくりが池。
ここでまた一考。バスで楽々下山するか、歩いてこの旅を締めくくるか。計画上は徒歩ですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでまた一考。バスで楽々下山するか、歩いてこの旅を締めくくるか。計画上は徒歩ですが…
時間も早いし、歩いて帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間も早いし、歩いて帰ります。
天気よくなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気よくなってきた。
同じ溶岩台地だけあって雲ノ平に雰囲気似てます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ溶岩台地だけあって雲ノ平に雰囲気似てます。
剱に別れを告げ、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱に別れを告げ、
2時間半って書かれるとややモチベダウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間半って書かれるとややモチベダウン。
しかし、この風景。すばらしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、この風景。すばらしい!
なんとなくバスに乗っている人より優越感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとなくバスに乗っている人より優越感。
チングルマ。この辺はもう綿毛です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。この辺はもう綿毛です。
ニッコウキスゲも一輪だけ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲも一輪だけ。
大日をバックにするとまた一段と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日をバックにするとまた一段と。
ところがこの辺から徐々に薮化。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところがこの辺から徐々に薮化。
最初は涼しげだと思っていたが、この辺でびしょぬれに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は涼しげだと思っていたが、この辺でびしょぬれに。
しかも天候悪化。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも天候悪化。
さらに急にワイルドになってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに急にワイルドになってくる。
昭文社の山と高原地図にあった水場だと思うが…正直室堂の玉殿のほうがおいしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社の山と高原地図にあった水場だと思うが…正直室堂の玉殿のほうがおいしい。
この橋大丈夫か?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋大丈夫か?
ふたたび台地へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたび台地へ。
もうちょい天気がよければな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょい天気がよければな〜
弘法からのルートがよくわからず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法からのルートがよくわからず。
向かいにあった祠にお参りしようと車道を渡ったらルート発見。ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいにあった祠にお参りしようと車道を渡ったらルート発見。ありがとうございます。
バスから見てて不思議に思っていたのだが、このトイレの存在価値をはじめて知った。使いませんでしたが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスから見てて不思議に思っていたのだが、このトイレの存在価値をはじめて知った。使いませんでしたが。
ここでまた思案。立山駅までは約4時間。称名平までは急坂だが、約2時間。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでまた思案。立山駅までは約4時間。称名平までは急坂だが、約2時間。
美女平方面。もう木道と笹薮はこりごり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美女平方面。もう木道と笹薮はこりごり。
よって八郎坂を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よって八郎坂を下る。
途中称名滝が見えるはずですが…この状態。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中称名滝が見えるはずですが…この状態。
なんとか無事生還。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか無事生還。
これいいですね。歩くアルペンルート。今度やってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これいいですね。歩くアルペンルート。今度やってみたい。
おまけの称名滝。ゆるい観光客ばかりで自分浮いてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけの称名滝。ゆるい観光客ばかりで自分浮いてました。
12時台のバスがなく、30分ほど待つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時台のバスがなく、30分ほど待つ。
立山駅。今度は歩くアルペンルートで完全制覇めざします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山駅。今度は歩くアルペンルートで完全制覇めざします。

感想/記録

昨年仕事が入ってしまった「山の日」リベンジに剱岳を選択。ちょうど新調したテントの試し張りもかねて2泊3日のぜいたく日程を組んでみました。直前まで台風の動きにあたふたさせられましたが、結果山の日を避け、1日後ろにずらした日程により、ついに剱初登頂しました。以下簡単に感想を。

【1日目】
あいかわらず今年は雨にたたられている。降ってきたと思ってレインウェアを着ると晴れ、晴れたと思って脱ぐと降りの繰り返し。結果、びしょぬれになった状態で剱沢キャンプ場へ。ここでも晴れたり降ったりの繰り返し。新テントは快適だったものの、明日への不安と期待であまり眠れない夜を過ごす。

【2日目】
快晴とまではいかないまでも昨日よりかなりマシな天気。何かの本で5時より遅く出発すると、小屋泊組の渋滞に巻き込まれるとあったので、午前3時に出発。まわりの人々もいそいそと準備している。結果この暗闇行動がかえって気負いなく行動できた要因だったように思う。
剱全体の印象としては、地元びいきもあるが、やはり八海山や御神楽の方が怖い。やっぱり危険といっても鎖や足場がしっかり整備されてあるので、慎重に行動しさえすれば特に問題はないと感じた。
それでもこの日の疲れは相当のもので、雷鳥沢まで戻ってくるのが精一杯。隣のテントの大カラオケ大会(笑)にもめげず、8時間の完全睡眠をとる。

【3日目】
昨日しっかり寝られたせいか、まずまず快調。今日中に新潟に戻ればいい日程だったため、調子に乗って徒歩にて立山駅まで下山をめざす。途中木道のあまりのすべりっぷりと靴のズブズブ感に嫌気がさし、予定を変更し、称名平へ下る。
このルートは秋の快晴時がおすすめ。木道に気を使いすぎて、むしろそれにつかれた。

いずれにしても剱登頂で一般登山道最難関はクリア。次なる目標は大キレットです!
訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ