また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1227338 全員に公開 沢登りアジア

【韓国の秀渓へ】コクベグン溯行〜チェダンゴク下降〜 テチョンボン(大青峰)登頂 (ソラクサン 雪岳山)

日程 2017年08月11日(金) 〜 2017年08月13日(日)
メンバー
天候11日 雨時々曇り
12日 曇り
13日 曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
バス
ソクチョの市内バス乗り場からバスでペッタムサ(百澤寺)入口へ (3500ウォン 30分)
ペッタムサ入口から徒歩20分ほどでペッタムサシャトルバス乗場へ
シャトルバスは片道1300ウォン15分程度
シャトルバス乗場からペッタムサまでは林道7km 徒歩だと1時間半

下山はソラクサンビジターセンターからバスでソクチョの高速バスセンターまで。2600ウォン程度で30分で着く
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間10分
休憩
50分
合計
3時間0分
Sペッタムサ入口13:3014:00シャトルバス乗場14:1014:30ペッタムサ15:1015:40シャトルバス乗場16:30シャトルバス乗場近くのキャンプ場
2日目
山行
12時間30分
休憩
2時間50分
合計
15時間20分
キャンプ場00:1001:30ペッタムサビジターセンター03:20スリョムドン避難小屋03:3004:00仮眠地点05:3005:50白雲洞渓谷出合06:0006:10テント設営地06:3007:40コクベグン出合09:20第三石畳帯先二股09:3010:30西南稜10:4011:40チェダンゴク下降地点12:30チェダンゴク源頭部12:4013:5020mの滝14:0015:00コクベグン出合15:30テント設営地
3日目
山行
8時間30分
休憩
1時間0分
合計
9時間30分
テント設営地06:0008:00ホンジョンアム寺院08:1008:50分岐09:0009:00テチョンボンピーク09:3010:00分岐11:30フイウンガ山荘11:4012:40ヤンポク山荘14:30ヒソンデ15:10シスサ寺院15:30ソラクドンバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ソラクサン(雪岳山)国立公園は入口にそれぞれ入山リミットあり
ペッタムサについては4〜10月は15時が入山リミット
降雨によっては通行止もある

コクペグンの入渓地点はスリョムドン避難小屋から30分ほど歩いた大きな二股。二股から少し進むと立派な橋がある

コクペグンはナメが主体でザイルを出す箇所は無し
スリップに注意する程度、詰めなどの踏跡も明瞭でケルンやテープも多い

チェダンゴク下降の降り口はコクペグンから西南稜に出て、東に登山道を進み三つ目の小ピークを右手から巻く登山道が稜線に復帰するところから真北に藪に突っ込む

藪から大きな沢に出るところがスラブかつ岩が堆積していて、スリップと落石に注意がいる。

1つ4mほほどの小滝で岩をピンに一人が懸垂、一人が右岸を空身でクライムダウンした

チェダンゴクの大滝は右岸の木を支点に20mの懸垂

それ以外はコクペグン同様スリップに注意
その他周辺情報韓国の国立公園の地図について
ビジターセンターで手に入るものは概念図でポイント毎の距離とコースタイムのみで地形は確認はできない

参考にした記録には地形図はソウルの地図センターで手に入るということだが、今回は諸事情でソクチョに直行したた確認できず。

スマホで確認できるもので細かい地形まで確認できるのはNaver Mapだがハングル表記のみ
西南稜の稜線ではWi-Fiが通じて、チェダンゴクの下降点を確認できた

ソクチョの高速バス乗り場のコインロッカーに荷物は預けられる(1回1000ウォン 500ウォン硬貨2枚で先払)
ソクチョやソラクドンには温泉施設あり

ガス缶はインチョンからソクチョにバスで向かう最中に寄ったサービスエリアでたまたま手に入った。
確認はしていないが、ソウルやソクチョ市内の登山用品店でも手に入ると思われる
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 沢タビ 沢スパッツ ヘルメット ハーネス スリング・カラビナ 環付カラビナ 確保器 ナイフ コンパス・地図 時計 ラテルネ ライター 雨具 ポリタン(水筒) トレぺ マット シュラカバ 防寒具 コッヘル ブキ 火器 携帯 カメラ 常備薬 お金 着替え・温泉グッズ 計画書 タオル
共同装備 テント(1) ナベ(飯盒)(1) ガス台(1) 食計道具(1) 救急箱(1) ノコ(1) 食糧 ザイル(ダブル50m×1) ハーケン ハンマー 捨て縄 ヌンチャク
備考 ソラクサン国立公園の小屋はすべて避難小屋だが使用には予約が必要で定員も少なく国外からの予約はほぼ不可能か

写真

ペッタムサ入口
2017年08月11日 13:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペッタムサ入口
シャトルバス乗り場まで歩く
2017年08月11日 13:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャトルバス乗り場まで歩く
増水気味?
2017年08月11日 14:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
増水気味?
ペッタムサ
2017年08月11日 14:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペッタムサ
金剛力士像
2017年08月11日 14:30撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛力士像
ペッタムサ
2017年08月11日 14:32撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペッタムサ
国立公園の解説板
2017年08月11日 15:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国立公園の解説板
アカガエル?
2017年08月12日 02:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカガエル?
登山道沿いから美しいナメ
2017年08月12日 05:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いから美しいナメ
素晴らしい滑り止め
2017年08月12日 05:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい滑り止め
緊急時の連絡案内
2017年08月12日 05:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊急時の連絡案内
美しい渓相
2017年08月12日 05:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい渓相
エメラルドグリーンの水を湛えたナメ
2017年08月12日 05:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エメラルドグリーンの水を湛えたナメ
韓国の国立公園のキャラクター
2017年08月12日 05:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国の国立公園のキャラクター
いよいよ入渓
2017年08月12日 06:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ入渓
鈴鹿を彷彿とさせるエメラルドグリーン
2017年08月12日 06:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿を彷彿とさせるエメラルドグリーン
最初のナメ滝
2017年08月12日 07:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のナメ滝
左岸を微妙なへつりで突破
2017年08月12日 07:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸を微妙なへつりで突破
ちょっとゴーロ歩くと
2017年08月12日 07:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとゴーロ歩くと
川幅いっぱいの大きなナメが
2017年08月12日 07:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川幅いっぱいの大きなナメが
第一石畳帯の始まり
2017年08月12日 07:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一石畳帯の始まり
なかなかのスケール
2017年08月12日 07:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかのスケール
笑みが溢れる
2017年08月12日 07:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笑みが溢れる
ナメを思い思いに歩く
2017年08月12日 07:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメを思い思いに歩く
コクベグン出合
2017年08月12日 07:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクベグン出合
トウチソウの仲間
2017年08月12日 07:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウチソウの仲間
あっちは帰りに
2017年08月12日 07:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは帰りに
コクベグンに入ってもナメは続く
2017年08月12日 07:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクベグンに入ってもナメは続く
ナ~メは続くよ~どこまでも~
2017年08月12日 07:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナ~メは続くよ~どこまでも~
素晴らしいとしか言いようがない
2017年08月12日 07:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいとしか言いようがない
岩塔が聳える
2017年08月12日 07:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩塔が聳える
スリップに注意して
2017年08月12日 07:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリップに注意して
ゴーロ帯の巻きにあった石碑
2017年08月12日 08:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯の巻きにあった石碑
堰堤みたいな岩壁
2017年08月12日 08:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤みたいな岩壁
お見合い写真
2017年08月12日 08:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お見合い写真
お見合い写真
2017年08月12日 08:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お見合い写真
左岸のフィックスロープを頼りに
2017年08月12日 08:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸のフィックスロープを頼りに
上から見るとこんな感じ
2017年08月12日 08:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見るとこんな感じ
滝上まで至れり尽くせり
2017年08月12日 08:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上まで至れり尽くせり
滝上から第二石畳帯
2017年08月12日 08:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝上から第二石畳帯
斜度がありナメ滝が続く
2017年08月12日 08:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度がありナメ滝が続く
大きなナメ滝
右岸のブッシュを掴みつつ
2017年08月12日 08:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなナメ滝
右岸のブッシュを掴みつつ
ナメ滝が続く
2017年08月12日 08:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝が続く
後ろには岩塔
2017年08月12日 08:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには岩塔
1
ナメの規模も大きい
2017年08月12日 08:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメの規模も大きい
岩塔も近づく
2017年08月12日 09:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩塔も近づく
どこまでも
2017年08月12日 09:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこまでも
弾ける飛沫
2017年08月12日 09:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弾ける飛沫
ミヤマアキノキリンソウ
2017年08月12日 09:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
第三石畳帯
2017年08月12日 09:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三石畳帯
ここは斜度もなく穏やか
2017年08月12日 09:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは斜度もなく穏やか
階段状になっている
2017年08月12日 09:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段状になっている
1
テープを頼りに沢を詰める
2017年08月12日 09:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープを頼りに沢を詰める
ヤマハッカ
2017年08月12日 09:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハッカ
鬱蒼として蒸し暑い
2017年08月12日 09:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬱蒼として蒸し暑い
藪の中のよく刈り込まれ踏跡
2017年08月12日 10:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中のよく刈り込まれ踏跡
レイジンソウ
2017年08月12日 10:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レイジンソウ
フシグロセンノウ
2017年08月12日 10:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フシグロセンノウ
稜線上も整備されている
2017年08月12日 10:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上も整備されている
ツタのうるさい藪を漕いでチェダンゴク源頭へ
2017年08月12日 12:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツタのうるさい藪を漕いでチェダンゴク源頭へ
遠くに見える山がいい感じ
2017年08月12日 12:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見える山がいい感じ
源頭部は急なスラブとガレ帯
2017年08月12日 12:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭部は急なスラブとガレ帯
源頭部を振り返る
2017年08月12日 12:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭部を振り返る
さっそく岩盤質に
2017年08月12日 12:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく岩盤質に
ナメに帰ってきた
2017年08月12日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメに帰ってきた
小気味よく出てくる滝をスリップに注意して降りる
2017年08月12日 12:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小気味よく出てくる滝をスリップに注意して降りる
白蛇のようにナメを滝が滑り落ちる
2017年08月12日 13:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白蛇のようにナメを滝が滑り落ちる
tentyo懸垂でおりた4mの滝
2017年08月12日 13:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
tentyo懸垂でおりた4mの滝
右岸を懸垂
2017年08月12日 14:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を懸垂
白雲洞渓谷に合流し規模が大きくなる
2017年08月12日 14:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲洞渓谷に合流し規模が大きくなる
第一石畳帯上部
やはり素晴らしいスケール
2017年08月12日 14:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一石畳帯上部
やはり素晴らしいスケール
楽しいです
2017年08月12日 14:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しいです
ナメ滝三兄弟
2017年08月12日 14:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ滝三兄弟
思い思いに歩きます
2017年08月12日 14:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い思いに歩きます
ひときわ美しい
2017年08月12日 14:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひときわ美しい
コクベグン出合
2017年08月12日 14:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コクベグン出合
何故か色が変わっていた
2017年08月12日 15:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か色が変わっていた
テント場に出没するシマリス
2017年08月12日 15:46撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場に出没するシマリス
トッポギ麺
2017年08月12日 16:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トッポギ麺
マッコリをちびるシマリス
2017年08月12日 16:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッコリをちびるシマリス
警戒心は?
2017年08月12日 17:03撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
警戒心は?
飯の興味津々
2017年08月12日 17:14撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯の興味津々
飯盒のカスを狙って
2017年08月12日 17:15撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盒のカスを狙って
飯盒に落ちちゃう
2017年08月12日 17:18撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盒に落ちちゃう
1
何かを頬張る
2017年08月12日 17:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かを頬張る
見返りシマリス
2017年08月12日 17:20撮影 by SO-04G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見返りシマリス
1
翌日、立派な橋を
2017年08月13日 06:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、立派な橋を
登山道沿いの沢も美しい
2017年08月13日 06:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道沿いの沢も美しい
滝もちらほら
2017年08月13日 06:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝もちらほら
聳える岩塔
2017年08月13日 06:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聳える岩塔
迫力もある
2017年08月13日 06:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力もある
そそり立つ岩壁
2017年08月13日 06:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そそり立つ岩壁
沢の流された人を助ける浮き輪
2017年08月13日 06:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の流された人を助ける浮き輪
サンリョン瀑布
2017年08月13日 06:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンリョン瀑布
降りてくる人で渋滞
2017年08月13日 06:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてくる人で渋滞
1
なんだろうクサボタンに雰囲気は似てる
2017年08月13日 07:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだろうクサボタンに雰囲気は似てる
ゾウの御手水
2017年08月13日 07:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゾウの御手水
ガスの中に聳える岩塔
2017年08月13日 07:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中に聳える岩塔
ホンジェンガム寺院
2017年08月13日 07:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホンジェンガム寺院
カワミドリ
2017年08月13日 08:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワミドリ
フウロソウ
2017年08月13日 08:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウロソウ
ソバナっぽい
2017年08月13日 08:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソバナっぽい
ガスの中の太陽
2017年08月13日 08:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中の太陽
アズマギク?
2017年08月13日 08:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アズマギク?
なんだろうか
2017年08月13日 08:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだろうか
整備された道
2017年08月13日 08:57撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された道
こんな景色が見えるらしい
2017年08月13日 08:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな景色が見えるらしい
チュウチョンボン山荘
2017年08月13日 09:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チュウチョンボン山荘
クルマユリ
2017年08月13日 09:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリ
ハイマツの芽を保護している
2017年08月13日 09:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツの芽を保護している
イワギキョウ的な
2017年08月13日 09:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ的な
ハクサンイチゲ
2017年08月13日 09:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
タカネツリガネニンジン?
2017年08月13日 09:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネツリガネニンジン?
テチョンボンのピークへ
2017年08月13日 09:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テチョンボンのピークへ
分岐から激下りしてフイウンガ山荘
2017年08月13日 11:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から激下りしてフイウンガ山荘
展望台から眺めるクニョンヌンソン(恐竜稜線)
2017年08月13日 11:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から眺めるクニョンヌンソン(恐竜稜線)
1
お見合い写真
2017年08月13日 11:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お見合い写真
落石で道がこんなんになったらしい
2017年08月13日 11:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石で道がこんなんになったらしい
そりたつスラブ
2017年08月13日 12:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そりたつスラブ
花崗岩の岩が並び立つ
2017年08月13日 12:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の岩が並び立つ
チョンフルドン(千仏洞)渓谷へ
2017年08月13日 12:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョンフルドン(千仏洞)渓谷へ
素晴らしい景観
2017年08月13日 12:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景観
落石防止のネット
2017年08月13日 12:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石防止のネット
トイ状の美しい渓谷
2017年08月13日 12:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイ状の美しい渓谷
よくこんなん着けたなって感じの道
2017年08月13日 12:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よくこんなん着けたなって感じの道
大きな岩塔を後ろに備えたヤンポク山荘
2017年08月13日 12:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩塔を後ろに備えたヤンポク山荘
沢底から標高差何メートルだろう
2017年08月13日 12:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢底から標高差何メートルだろう
名前の通り千の仏
2017年08月13日 12:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前の通り千の仏
写真じゃ迫力が伝わらない
2017年08月13日 12:59撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真じゃ迫力が伝わらない
1
渓谷は続く
2017年08月13日 13:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓谷は続く
深い渓谷が続く
2017年08月13日 13:54撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い渓谷が続く
美しい渓相
2017年08月13日 14:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい渓相
淵もきれい
2017年08月13日 14:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淵もきれい
ピゾンテは見えてきた
2017年08月13日 14:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピゾンテは見えてきた
国立公園のゲート
2017年08月13日 14:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国立公園のゲート
バッチリ観光地です
2017年08月13日 15:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バッチリ観光地です
下山!お疲れ様でした
2017年08月13日 15:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山!お疲れ様でした

感想/記録
by samoa

今年のお盆はどこへ行こうといろいろ考えた結果、癒しの渓を求めてボンヤリとイメージのあった韓国の沢へ行ってみようということになった。

韓国の沢登りについてはチラチラと耳にはしていたが、いざ情報を探してみると思いの外少ない。
最終的に6月に懇親会に出させていた海外溯行同人が発行している韓国での溯行記録を取り寄せて具体的な計画を詰めていった。

場所はソウルから北東方面、北朝鮮の国境もそこそこ近いソラクサン(雪岳山)の至極のナメがあるというクギョムダム(九曲潭)渓谷の支流、白雲洞渓谷のクングイッテキ、コクベグン、チェダンゴクを溯下降する計画を立て、あわよくばソウル近くのプッカンサン(北漢山)の岩稜をやんちゃってアルパインも盛り込んで、韓国6日間の旅程を計画して、出発した。

10日 トラブルに見舞われつつもソクチョ(草束)へ
久々の関空からインチョンへ。フライトは二時間弱で北海道に行くのとあまり変わらない。

入国審査を済ませ、いざソウル行きのバスへ乗ろうとした時、samoaの財布紛失が発覚。
結局、航空機の中に忘れており無事に回収することができたが山にも行かず敗退するところだった。

そんなこんなで時間を浪費してしまったため、ソウルには寄らず、インチョンからソクチョへ直接向かうこととする。バス代は7000ウォンで3時間弱くらい。
たまたま休憩で寄ったサービスエリアがちょっとしたハイキングの拠点だったようで、ガス缶を購入することができた。

そんなこんなでソクチョへ。とりあえず、市内バスターミナルからタクシーで宿に向かう。海の近い綺麗な宿だ。

とりあえず、一息ついてから市街に繰り出す。
明日のために荷物をデポする高速バスターミナルにコインロッカーがあるのを確認。

近くの大型スーパーに食料等の買い出しに。
いろんな売物が見れてなかなか楽しかった。

そのあとはソクチョで目的としていたさしみタウンへ。
生け簀にさまざまな魚が入れられており、1人15000ウォンくらいで刺身の盛り合わせと海鮮チゲが堪能できる。
こんもりとヒラメとツバス、ホヤのお造りが出て来て、アラの入った海鮮チゲももりもり食べて大満足。

しかし、明日の天気は雨マーク。とりあえず、朝様子見よう。

11日 雨につき入山延期
朝起きると予報通りガッツリ雨が降っているので、二度寝。
適当に起きて荷物を片してチェックアウトギリギリで外に出る。曇りだが存外悪くなさそうなので、とりあえず登山口までいってみることにする。

高速バスセンターのコインロッカーにいらない荷物を預け、市内バスセンターに行き、ペッタムサ(百潭寺)入口行きを購入3500ウォン。
バスに30分ほど揺られてペッタムサ入口へ。そこから長閑な畑の中を歩いていくと、20分ほどでシャトルバス乗り場へ。
ちょうどシャトルバスが来ていたので切符を購入(1300ウォン)してペッタムサ寺院まで。観光スポットできらびやかな色彩をした寺院。

寺を見学して登山口に行くも降ったりやんだりだった雨が強くなってきたので、今日はシャトルバス乗り場の先にあったキャンプ場で泊まり、明日、超早出して遡行を目指すことにする。
というわけで、再度シャトルバスに揺られて戻り、50000ウォン払ってキャンプ場に泊って、クングイッテキはカットしてコクベグン遡行、チェダンゴク下降を目指すことにする。
韓国はキャンプ文化が盛んなのか多くに人で賑わっていた。適当にレトルトカレーをかき込んで沈。

12日 噂通りの秀渓 ナメナメ天国
23時半に起床し、日付が変わるくらいにキャンプ場を出発。
今日はソクチョは曇り予報だが、まだ霧雨がちらついている。そう悪くならないことを信じて、暗い中、昨日シャトルバスで走った林道を歩いて行く。

1時間半ほどで登山口へ。登山口から先もよく整備された道で暗くてもなんら支障はない。
スリョムドン(水簾洞)山荘を過ぎて、クギョムダム渓谷沿いに出る。渓谷沿いの歩道はゴムの滑り止めまでついて歩くのは超快適。
適当なところで明るくなるまで仮眠をとる。

明るくなってから、20分ほど歩くと大きな白雲洞渓谷の出合つく。すでに登山道沿いの沢がナメナメしてきていて期待が高まる。
少し先に進むと立派な橋が出てくるので分かりやすい。
ここで沢足袋に履き替え、入渓。少し進んだところにおあつらえ向きのところがあったのでテントを設営していらないものをデポしていく。

テントから少し進むとさっそくナメ滝が出てくる。左岸を微妙なへつり上がりで突破。
右岸から巻くこともできる。

一瞬だけゴーロ帯を挟んで出てくる大きなナメ滝を皮切りに川幅一杯のナメが現れテンシヨンが上がる。
第一石畳帯だ。自然に笑みがこぼれる。
コクベグン出合は両股ともナメ滝となって合流してスケールもあり見ごたえもある。出合から先もナメが続き素晴らしい。
花崗岩にエメラルドグリーンの水が流れる感じは鈴鹿に似てるかもしれない。

そんなこんなで第一石畳帯が終わるとまた少しゴーロとなるが、面倒なところはだいたい左岸の巻き道を使って抜けることができる。
道の途中には碑のようなものもあった。

奥に聳える岩塔を正面に見ながら少し進むと、堰堤のように直下たつ岩壁に大きな滝が流れ落ちる。白雲瀑布だ。
迫力もそこそこありながら美しい滝。しばし眺めながら休憩する。

巻きは右岸から。側壁にフィックスロープが結びつけてあり、それを頼りに滝上へ。
フィックスなかったらなかなか難しい気がする...

滝上からは再びナメが連続する。第二石畳帯だ。
ここは斜度もあって、ナメ滝が連瀑となって数百メートル流れ落ちてとても美しさと迫力を兼ね備えている。
斜度の強いナメ滝はブッシュを掴んだりしながらスリップに気を付ける。
それ以外は特に危険はなく、右に左に思い思いに歩いていく。

どこまで続くのかと思っていたナメも沢の屈曲を過ぎると一段落。大したゴーロ帯も無く歩いていくと、二股が現れる。進むは右股。
そして右股を進んでいくと三度ナメ帯に突入する。これが第三石畳帯。
長さはこれまでに劣るものの川幅一杯に緩やかなナメが続き癒される。

第三石畳帯の途中で左から沢が入ってくるのでこれを詰めて稜線を目指していく。
黄色や赤のテープもある。
ここからは単調な沢を詰めて、最後は藪の中のよく刈り込まれた踏跡を辿っていく。
この間もテープやケルンがちょいちょいある。蒸し暑さが続く中踏跡を辿っていき、稜線の登山道へ。
登山道へ出る直前で、コクベグンに降りていくのだろうか、4人パーティともすれ違った。

稜線の登山道は沢沿いの道同様、階段などがよく整備されている。
日本でも見るレイジンソウやフシグロセンノウや途中可愛らしいシマリスと出会うこと出来た。
東に進んでいき3つめくらいのポコを右から巻いた先で登山道が稜線に復帰するところがチェダンゴクへの下降点。
トポや記録の記述だけでは不安だったが、幸いwifiが通じたためNaverMapで現在地が確認できた。

下降点から真北にコンパスを切って藪に突っ込んでいく。
蔦が絡まってきて結構面倒な藪だったが、1時間弱で抜けてチェダンゴクの源頭へ出て一休み。遠くには岩塔群も見えていい眺めで、ここでちょっと一息。

源頭から斜度のある一枚岩で、滑りそうなところを避けるとガレていて落石には要注意だ。
慎重に斜度が緩くなるところまで下ろしていくと一枚岩は当然ナメとなって水をたたえ始める。
ナメをのんびり下ろしていくと、どこからか水が流れ込んで水量が増えていく。

コクベグンほどの規模ではないか、小気味よく小滝が続き、それをスタスタ歩いて降りていく。
振り返ればナメ滝群でいい感じだ。
1個だけクライムダウンが微妙な4mほど滝があり、岩を支点にtentyoは懸垂し、samoaは空身で右岸をクライムダウン。まぁ、降りてみたら大したことなかったかも。

そこから少し進むと20mの滝にぶち当たる。白雲瀑布のような堰堤な岩壁の右に水が流れ込む感じ。
この滝は右岸の木を支点に20mの懸垂下降。久々の長い懸垂だが下降自体はまっすぐで素直。

20mの滝を越えて進むと白雲洞渓谷の本流と合流。ここからは再び第一石畳帯の上部から下ろしていくことになる。
やはりスケールが大きくて素晴らしい。思い思いに歩いてナメを堪能する。
やがてコクベグンも合流してくる。両股ともに大きなナメ滝で合流してくるのはやはり見事としか言いようがない。

あとは、朝登ったところを下ろすのみ。行きに左岸から微妙なへつりで越えたナメ滝の手前までナメを堪能してナメ滝は右岸の巻道でサクッと降りる。
あとはゴーロをこなしてテント場まで。

さすがに0時から仮眠を挟んで歩き通しなのでテン場に着く頃にはヘロヘロになった。
服もさして濡れていないので焚火をするきも起きず。飯を作ることにする。
今晩はトッポギ麺とレトルトカレーの2ピッチ。
ご飯を食べているとどこからかシマリスくんたちが2・3匹よってきてご飯のカスなどを狙ってくる。
中にはハチ避けに空き缶にそそいでおいたマッコリまでナメだす始末だ。
そういえば、上から6人位のパーティも降りてきた。コクベグンを降りてきたのだろうか。

ご飯も食べてお腹いっぱいし、たっぷりのお茶を飲んだら早々に眠くなってきたのでそそくさとテントに潜り込んで眠りに落ちた。

13日 テチョンボン(大青峰)を越えてチョンフルドン(千仏洞)渓谷を堪能
朝は4時起床のつもりがねつぼって4時半。そそくさとインスタントラーメンをかき込んで、適当にテントを撤収する。

一瞬だけ沢足袋を履いて沢をちょっろ降ろしてクギョクダム渓谷沿いの登山道に復帰して歩いて行く。
やはり整備の行き届いた登山道で歩きやすい。ふと渓谷に目をやると。ナメ滝や美しい滝を見ることが出来る。サンリョン瀑布などの大きな滝もちょいちょい出てきて飽きることはない。
時折見上げることの出来る岩塔もすごい迫力。沢底からてっぺんまで岩壁のところもある。

それにしてもまだ6時過ぎだと言うのに上から続々と人が降りてくる。
昨日上の山荘に泊まっていた人たちだろうか。長い階段で渋滞になっているところもあった。

沢沿いの登山道を過ぎると岩峰を縫うように急な上りが始まる。きつい上りを1時間くらいこなすとホンジョムア寺院へ。
山中なのに大きくて立派な寺院だ。晴れていれば後ろに迫力の岩塔も見えるのだろう。ちょっとだけ極彩色の寺を見て先へ進む。

寺院からも登りが続くが、ガイドマップで見るコースタイムや距離感よりかは大分早く小青山荘に到着。このあたりから亜高山のような植生となってきてフウロソウやソバナなんかを見ることが出来る。
少し進んでチュウチョンボン(中青峰)手前の分岐。ここからテチョンボンまではピストンなので荷物をデポしてテチョンボンアタックへ。

立派な歩道が整備されたチュウチョンボンを快適に越えるとチュウチョンボン山荘。小青山荘に負けず劣らず立派な小屋だ。
山荘の先はハイマツ帯。この高度でのハイマツ帯は久しぶり。よく見ると新芽にカバーが掛けられていて保護されている。齧る動物がいるのだろうか。シマリス?
ハクサンイチゲやイワギキョウの仲間を見ることが出来た。

ちょこっと登ると韓国第3位のテチョンボンのピークへ。石碑と三角点のみのシンプルなピークだ。
ガスガスで何も見えないのが残念。晴れていれば海や北朝鮮まで見渡せることだろう。写真をとって引き返し。

分岐まで戻って荷物を回収して下ろしていく。ここからフイウンガ山荘までは激下り。昨日から長い距離を歩いている足にはなかなか応える。
ひぃひぃ言いながら高度を一気に下ろしてい。

やはり立派なフイウンガ山荘で一休みして少し進むとクニョンヌンソン(恐竜稜線)と呼ばれる岩塔のリッジを望むことが展望台へ。
花崗岩のかっこいいリッジがギバギバと聳え素晴らしい。これ全部尾根通しに行けるのだろうか。そんなことを考えながら先へ。

まだまだ激下りは続き、ようやく終わったと思ったらさっき眺めていた岩塔群の下へ。
ここから一気にスラブの岩壁がそびえ立っていてすごい迫力だ。

ほどなく登山道はチョンフルドン(千仏洞)渓谷に吸い込まれていく。
最初は反対側と同じくナメ滝がちょいちょい出てくる感じだったが、更に進んでいくと、両岸がスラブとなって切り立ち、みごとなゴルジュとなり、滝が懸かる。
渓相も見事だが、ここに足場が整備されて登山道として歩けるのがすごいなと思う。

トイ状のゴルジュも見事だし、進んでも進んでも鋭い岩塔群が沢中から一気にそそり立ち、まるで山水画の世界に入りこんだようだ。
これはさすがに日本では見られない景観だと感動しなが歩いて行く。
この岩塔群が千の仏に見えるのだろう。

大きな岩塔を後ろに備えたヤンポク山荘を過ぎるてからもなお素晴らしい景観は続き見飽きることはない。
そんなこんなで歩き続け川幅も大きくなってきたなと思うと国立公園のゲートが出て来る。
さらにその先には一際目立つ岩峰が。ピゾンテへたどり着いたようだ。

ここから先は大きく河原が開け、道も遊歩道のように整備された道となる。
小一時間ほどあるくとゴール地点の寺院へ。ここはもはや観光地でロッテリアや飯屋が立ち並びすごい人だ。
ここからロープウェイも出ていて集仙峰へ行くことも出来る

適当に飲み物を買って喉を潤しながら、歩いて寺院の門のところで下山写真。お疲れ様。
ほどなくソクチョ市街行きのバスがやってくる2500ウォン程度で市街まで行ける。
無事に高速バス乗り場で途中下車し、デポしていた荷物を回収。
ソウル行きのバスに乗り込んだが、高速が大渋滞し、ソウル宿にたどり着く頃には11時近くになっていた。

疲労感はマックスだが、噂以上の美しいナメを備えた秀渓と素晴らしい景観の山々を楽しむことが出来て大満足の山行となった。
訪問者数:181人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ