また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228431 全員に公開 ハイキング比良山系

小女郎谷を通ってホッケ山

日程 2017年08月17日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線蓬莱駅〜小女郎峠登山口 徒歩1時間10分。
登山口手前の路肩に1〜2台なら駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
28分
合計
4時間16分
Sスタート地点07:5408:15薬師ノ滝道登山口08:30薬師ノ滝09:36二股10:08RP小女郎110:2410:25小女郎峠10:28小女郎ヶ池10:3010:32小女郎峠10:55ホッケ山11:0511:49ホッケ谷生活道11:59牧場の上12:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
薬師ノ滝手前から稜線まで小女郎谷を行く。
コース状況/
危険箇所等
蓬莱駅前に登山ポストあり。
小女郎谷沿いに登山道がある。
下山に使ったホッケ山第一支稜は踏み跡程度。支稜を降りると道が有る。
その他周辺情報雄琴にスパリゾートあり。
堅田に飲食店多数有り。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 時計 タオル カメラ ヘルメット スリング ロープ ゴム手袋 虫除けスプレー 濡れて良い靴 替えの靴下

写真

A7:47 湖西道路側道からの入口。標識が有る。
2017年08月17日 07:47撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:47 湖西道路側道からの入口。標識が有る。
A7:49 途中に休憩所が有る
2017年08月17日 07:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:49 途中に休憩所が有る
A7:54 牧場の上に降りて来る予定なのでここに駐める。
2017年08月17日 07:54撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A7:54 牧場の上に降りて来る予定なのでここに駐める。
A8:15 小女郎峠登山口。ここから地道。
2017年08月17日 08:15撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:15 小女郎峠登山口。ここから地道。
A8:28 薬師ノ滝少し手前から谷に降りる。
2017年08月17日 08:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:28 薬師ノ滝少し手前から谷に降りる。
A8:29 3端仟譴ら・・
2017年08月17日 08:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:29 3端仟譴ら・・
2
A8:30 薬師ノ滝2段8誕
2017年08月17日 08:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:30 薬師ノ滝2段8誕
1
A8:30 薬師ノ滝下5叩左端から。
2017年08月17日 08:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:30 薬師ノ滝下5叩左端から。
2
A8:32 上3叩これは登れない・・右から巻く。
2017年08月17日 08:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:32 上3叩これは登れない・・右から巻く。
1
A8:35 4端俤董
2017年08月17日 08:35撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:35 4端俤董
1
A8:52 でも奥の堰堤で大き目なのは終わり。
2017年08月17日 08:52撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:52 でも奥の堰堤で大き目なのは終わり。
2
A8:58 平凡な渓に・・
2017年08月17日 08:58撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A8:58 平凡な渓に・・
2
A9:04 チャプチャプには手頃ですが・・
2017年08月17日 09:04撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:04 チャプチャプには手頃ですが・・
A9:36 二股。左がホッケ山。右へ行く。
2017年08月17日 09:36撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:36 二股。左がホッケ山。右へ行く。
A9:41 ガレ谷になる。
2017年08月17日 09:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:41 ガレ谷になる。
A9:49 終盤に脆い壁が3〜4個。3叩
2017年08月17日 09:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:49 終盤に脆い壁が3〜4個。3叩
A9:50 続けて3叩
2017年08月17日 09:50撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:50 続けて3叩
A9:51 少し滑って、その上脆い。
2017年08月17日 09:51撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:51 少し滑って、その上脆い。
A9:53 3叩左から上がり、中央へ寄り上へ抜ける。緊張する。これで最後。
2017年08月17日 09:53撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:53 3叩左から上がり、中央へ寄り上へ抜ける。緊張する。これで最後。
A10:01 直下。小女郎谷を詰めると小女郎峠に出るのかと思ったらどうも違う。
2017年08月17日 10:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:01 直下。小女郎谷を詰めると小女郎峠に出るのかと思ったらどうも違う。
A10:08 小女郎峠南側のピーク横に出た。最後を間違えたか?
2017年08月17日 10:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:08 小女郎峠南側のピーク横に出た。最後を間違えたか?
A10:10 小女郎峠南ピーク。ここで靴を替える。蛭はいなかった。
2017年08月17日 10:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:10 小女郎峠南ピーク。ここで靴を替える。蛭はいなかった。
1
A10:23 誰かお酒を供えている。この顔を見るとホッコリする。
2017年08月17日 10:23撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:23 誰かお酒を供えている。この顔を見るとホッコリする。
1
A10:30 小女郎ヶ池へ寄る。
2017年08月17日 10:30撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:30 小女郎ヶ池へ寄る。
2
A10:35 途中の石碑の句を見て、亡くなった山友達を思い出す。感傷的なのは年のせい?
2017年08月17日 10:35撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:35 途中の石碑の句を見て、亡くなった山友達を思い出す。感傷的なのは年のせい?
1
A10:55 ホッケ山。1050丹漫K榮の最高点。
2017年08月17日 10:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:55 ホッケ山。1050丹漫K榮の最高点。
2
A11:07 下山はホッケ山第一支稜。
2017年08月17日 11:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:07 下山はホッケ山第一支稜。
A11:17 アカヤマタケ?写真よりもっと赤いのですが・・
2017年08月17日 11:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:17 アカヤマタケ?写真よりもっと赤いのですが・・
A11:25 先日より踏み跡がハッキリしている。人が入っている。
2017年08月17日 11:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:25 先日より踏み跡がハッキリしている。人が入っている。
A11:31 ピンクの吹き流しテープが未だ有る。こちらは支尾根。お勧めしません。
2017年08月17日 11:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:31 ピンクの吹き流しテープが未だ有る。こちらは支尾根。お勧めしません。
A11:49 尾根が一度緩くなった所で、ホッケ谷口の方へ降りると昔の生活道が有る。
2017年08月17日 11:49撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:49 尾根が一度緩くなった所で、ホッケ谷口の方へ降りると昔の生活道が有る。
A11:52 生活道の二股。左のトラバース道を選ぶ。
2017年08月17日 11:52撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:52 生活道の二股。左のトラバース道を選ぶ。
A11:59 牧場の上に出る。奥の林の所が舗装路。一度柵の内側に入り道路に向かう。
2017年08月17日 11:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:59 牧場の上に出る。奥の林の所が舗装路。一度柵の内側に入り道路に向かう。
P0:09 なんとかたどり着いたが、凹状の2辰陵竸縅を越えるのに手間取る。この直ぐ上にバイクが有る。
2017年08月17日 12:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:09 なんとかたどり着いたが、凹状の2辰陵竸縅を越えるのに手間取る。この直ぐ上にバイクが有る。

感想/記録

薬師ノ滝手前から谷に降りる。斜滝・薬師ノ滝と続く。その後も3蛋宛紊亮仟譴数個。良い感じと思ったら、大きな堰堤があり、それを越えると滝が無くなる。

平凡な渓を詰め二股は右(左はホッケ山)。蛭に注意しながら詰めて行く。水も涸れた終盤3丹未寮箸な匹4個。緊張しながら越える。

出た所は小女郎峠南ピーク。最後に間違っているが、峠の方は登山道だから、こちらの方が良かった。

下山はホッケ山第一支稜。植林帯の少し急な斜面から開けた所でホッケ谷の方へ。そこの昔の生活道を下る。少し行くと二股。左に道を(荒れている)下ると、牧場の上に出る。柵内に入る。私は道路側にバイクを置いているのでトラバースの道を選ぶ。(別の道も有る。)
でもこの道は凹状の2辰陵竸縅手前で終わる。こちらへは行かない方が良いかも・・
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

堰堤 ガレ 登山ポスト 支尾根
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ