また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228839 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳〜白馬岳縦走

日程 2017年08月12日(土) 〜 2017年08月15日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候初日は小雨、2日目、3日目は晴れ、4日目は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の大谷原へは自家用車で。駐車場は10〜15台程度。
帰りは乗り合いタクシー、電車、タクシーと乗り継ぎ大谷原へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間31分
休憩
12分
合計
4時間43分
S大谷原05:3906:33西俣出合06:4008:29高千穂平08:3410:07冷乗越10:22冷池山荘
2日目
山行
8時間45分
休憩
1時間13分
合計
9時間58分
冷池山荘テント場04:1304:58布引山05:0205:43鹿島槍ヶ岳06:0206:32鹿島槍ヶ岳北峰06:5307:43八峰キレット07:5508:12八峰キレット小屋08:1512:57五竜岳13:1114:11五竜山荘
3日目
山行
8時間11分
休憩
1時間13分
合計
9時間24分
五竜山荘04:0404:05遠見尾根分岐04:0904:09白岳04:1004:52大黒岳04:5306:09牛首06:32唐松岳頂上山荘06:49唐松岳07:30不帰嶮(不帰二峰南峰)07:3507:51不帰嶮(不帰二峰北峰)08:1208:40不帰嶮(不帰一峰)08:5209:08不帰キレット09:1910:08天狗ノ大下り11:07天狗山荘11:2211:51鑓温泉分岐11:5212:23鑓ヶ岳12:2513:24丸山13:28白馬岳頂上宿舎
4日目
山行
4時間36分
休憩
1時間11分
合計
5時間47分
白馬岳頂上宿舎03:5804:17白馬山荘04:2304:37白馬岳05:0005:15白馬山荘05:2805:43白馬岳頂上宿舎06:30避難小屋06:4607:54岩室跡07:5608:46白馬尻小屋08:5108:52白馬尻荘08:5309:37猿倉荘09:42
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は明瞭。危険な個所には鎖が設置されており、安全に通行できる。
その他周辺情報お盆の時期ということもあるが、テント場が遅い時間になるといっぱいになる可能性があるため早い段階で到着するのが無難。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え ザック 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 ツェルト ナイフ カメラ
共同装備 サンダル テント テントマット 調理器具

写真

赤岩尾根の中間点
2017年08月12日 08:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩尾根の中間点
このあたりで雨が
2017年08月12日 09:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで雨が
稜線に到着。結構な雨
2017年08月12日 10:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に到着。結構な雨
冷池山荘
2017年08月12日 10:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘
1
翌日は雲海
2017年08月13日 04:40撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日は雲海
布引岳で夜明けを迎える
2017年08月13日 05:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引岳で夜明けを迎える
歩いてきた道。冷池山荘が見える
2017年08月13日 05:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道。冷池山荘が見える
3
ブロッケン現象
2017年08月13日 07:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象
八峰キレット
2017年08月13日 07:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレット
八峰キレット小屋全体。狭いところに作られている。
2017年08月13日 08:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八峰キレット小屋全体。狭いところに作られている。
2
五竜岳G5
2017年08月13日 11:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳G5
五竜岳頂上
2017年08月13日 12:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳頂上
2
唐松岳頂上山荘
2017年08月14日 06:14撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘
いよいよ不帰キレット
2017年08月14日 07:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ不帰キレット
名物空中ハシゴ
2017年08月14日 08:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物空中ハシゴ
1
キレット越えて天狗の頭
2017年08月14日 10:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット越えて天狗の頭
1
天狗山荘
2017年08月14日 11:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗山荘
1
白馬のテン場。
2017年08月14日 13:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬のテン場。
1
白馬頂上宿舎
2017年08月15日 05:44撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬頂上宿舎
大雪渓はところどころ大きく割れている。
2017年08月15日 07:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓はところどころ大きく割れている。
白馬尻小屋
2017年08月15日 08:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋
この時期にアジサイ
2017年08月15日 08:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期にアジサイ
1
綺麗に咲いている。
2017年08月15日 09:06撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に咲いている。
下山後大町温泉にあるケーキ屋へ
2017年08月15日 12:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後大町温泉にあるケーキ屋へ
とてもおいしかった
2017年08月15日 12:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とてもおいしかった
昼飯は鹿肉ステーキ
2017年08月15日 12:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼飯は鹿肉ステーキ
脂っこくなく赤身がおいしかった。
2017年08月15日 13:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脂っこくなく赤身がおいしかった。
撮影機材:

感想/記録

今回は鹿島槍ヶ岳から白馬までの縦走を計画。

初日
大谷原から入山。鹿島槍東尾根以来の大谷原。車は10台程度止まっている。車道を歩いていき、堰堤のトンネルを抜け、赤岩尾根の取付へ。赤岩尾根は道はしっかりしているため、ゆっくり登っていく。2時間かからず、高千穂平へこのあたりから、雲が徐々に出始める。もうちょっと進むと雨が降り始める。稜線に出るころにはかなりの降雨となる。急いで冷池小屋へ。テン場は700円/人、水は150円/ℓ。小屋では前日に八峰キレットにて滑落があったため、気を付けるようアナウンスされる。キレットを越えるときは地面が濡れているであろうから気を付けていかなければ。

2日目
雨も上がり、雲海の中を歩く。布引山を越えて鹿島槍ヶ岳へ。鹿島槍ヶ岳北峰からのくだりはなかなかの高度感。下って南峰をピストンし、キレットに向かう。ちょうど遭対の方がおり、滑落の現場確認を行っていた。話を聞いてみると、滑落した人は写真を撮ろうとして草付に入り、足を滑らせた模様。危険性を喚起するのはいいと思うが、きちんとどうして落ちたかもわかれば教えてほしいとおもった。八峰キレットを越えると小屋が見えた。この小屋本当に狭いところに立っている。初めに建てた人には頭が下がります。以前登った時は、こやから五竜岳はそんなに遠くないという感覚であったが、歩いてみるとなかなかの距離。ひいひい言いながら五竜岳へ。今日は唐松頂上小屋まで行こうと考えていたが、疲れたため、五竜山荘で終わり。
テン場はほぼいっぱいで、はじにあるスペースをかろうじて確保してテントを張る。テン場は1,000円/人、水は100円/ℓ

3日目
予定通り、白馬まで行くため早めに出発。暗い中五竜山荘を出発。唐松山荘からはいよいよ不帰キレット。前回来たときは雷鳥が出てきて楽しかった記憶があるが今回はどうか。唐松岳を越えるとザラザラの道を下っていく。
3峰を越えると鎖のある岩場となる。ただ危なそうなところにはしっかり鎖が設置されているため、特に問題はない。2峰北峰、南峰を越えていく。名物の空中ハシゴは確かに落ちたら終わりだが、こちらも鎖がついているため、慎重に行けば問題なし。一峰を越えるとコルまで下るだけ。コルで一休みしていよいよ天狗の大登り。これまで下った分を一気に登る。ゆっくりと高度を上げていく。300mほどのぼるとなだらかになりそのご少しずつのぼっていく。天狗の頭を越え、15分ほど歩くと天狗山荘が見える。今年は雪害のため小屋の営業はしていない模様。ここで水を補給し、白馬までラストスパート。小屋のテン場は、たくさんテントが張られているものの、まだ空いている。今日は長かった。

4日目
今日は下山日。とりあえず白馬岳の頂上を目指す。当初は栂池まで抜けようと考えていたが、小屋で軽アイゼンが借りられることが分かったため、小屋でアイゼンを借り、大雪渓を下ることに変更。大雪渓は小屋直下から始まっているかと思いきやゴーロを1時間以上下らなければあらわれず、時期が違うとこんなにも変わるのかと感じる。大雪渓の入口につき軽アイゼンをはめ、いよいよ大雪渓。滑らないよう気を付けながら下っていく。道はしっかりペイントされているため、迷う心配はなし。雪渓はところどころわれていたり、落ちていたりしており、間違えると危険なところも多くみられた。雪渓を淡々とくだり、雪渓を抜けると白馬尻小屋に到着。ここから猿倉までは小1時間歩くだけ。
猿倉からはバスに乗って帰ろうと思っていたら、たまたま人が集まり、乗り合いタクシーとなり、白馬駅へ。そこから電車、バスを乗り継ぎ大谷原へ戻る。


今回も怪我無く無事に歩きとおすことができた。
訪問者数:168人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ