ヤマレコ

記録ID: 1229865 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

鼻曲山 【蓮華升麻を訪ねて】

日程 2017年08月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 県道54号の二度上峠までクルマで上がりました。二度上峠の登山口は4〜5台置けるスペースがあります。と云うか、4〜5台しか置けません。これを超えると離れた駐車スペースに停めることになります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
37分
合計
3時間55分
S二度上峠(登山口)07:0307:42氷妻山07:4608:53国境平分岐08:55鼻曲山09:2609:29大天狗09:3009:33鼻曲山09:36国境平分岐10:26氷妻山10:2710:58二度上峠(登山口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 迷いやすいところや危険な個所はありませんが、氷妻山の少し手前あたりから鼻曲山の間は、断続的に最大胸近くまである笹藪があります。道を失する印象はありませんが、足元が見え難いので要注意なのと、この日のように雨の後だと笹が濡れているので、下だけでも雨具を着るのが吉です。

写真

ぼぅと白いのは、水滴の付いたクモの巣
最初は何かと思いました
2017年08月19日 07:06撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼぅと白いのは、水滴の付いたクモの巣
最初は何かと思いました
1
鼻曲山の山頂標識は、大天狗にあります
2017年08月19日 09:29撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鼻曲山の山頂標識は、大天狗にあります
1
天気が今ひとつなので、花撮りに徹します
カラマツソウ
2017年08月19日 08:09撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が今ひとつなので、花撮りに徹します
カラマツソウ
3
アズマギク?
ではなく、ノコンギクのようです
2017年08月19日 09:26撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アズマギク?
ではなく、ノコンギクのようです
2
以下、レンゲショウマ
今回のお目当て
2017年08月19日 08:30撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下、レンゲショウマ
今回のお目当て
11
まさに”森の妖精”
2017年08月19日 08:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに”森の妖精”
17
まんまるな蕾も多く、もう少し楽しめそうです
2017年08月19日 08:37撮影 by PENTAX K-3 II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まんまるな蕾も多く、もう少し楽しめそうです
16

感想/記録

 このところのぐずついた天気で、山に行っても眺めが得られず写真も撮れないと思い、家で燻っていましたが、鼻曲山のレンゲショウマが見頃を迎えているようなので、青空を待たずに出掛けてきました。

 二度上峠から山道に入り緩いアップダウンを繰り返しながら、40分程で氷妻山へ。ここで小休止して先に進みます。鬱陶しい笹薮をかき分けながら氷妻山から約一時間、鼻曲山山頂間近で急登になり、ここにレンゲショウマの群落があります。写真で見る以上に清楚で可憐な花が登山道脇にたくさん咲いていて、足を止めて眺めるとともにカメラに収めます。お蔭で山頂を目前にしているものの遅々として進みません。
 レンゲショウマを堪能して山頂に到着しますが、山々はガスに覆われていて眺めはありません。少しでも眺めが得られないかと珈琲を淹れながら粘るもののやっぱりダメでした。ま、今日はレンゲショウマが目的と割り切って、天気には期待していなかったので仕方ありませんが。
 
 山頂を辞しようとしていたとき、登ってこられた方に「ここは小天狗。この先の大天狗が山頂。」と教えてもらいました。標高点の柱石があったのでてっきり「山頂標識もない山なんだ。」などと勝手に思い込んでいましたが、ほんの少し歩いて大天狗に行ってみるとちゃんと山頂標識がありました。ここでも少し過ごそうかとも思いましたが、充分休憩した後だったことと眺めが小天狗以下なので、山頂標識だけ撮って下山に掛かります。
 今回はピストンなので下りでもレンゲショウマの群落を通ります。山頂では青空も少し見えていたので、少しは陽射しが得られていい写真も撮れるかもと期待しましたが、下り始める頃には天気は下り坂気味になり、加えてたくさんの方が登ってこられるので、復路では写真はやめて眺めるだけにして通過しました。群落の急坂を下ったあとは淡々と歩いて登山口に戻りました。

 いつもなら登るのを止めるような天気でしたが、主目的のレンゲショウマを始め、花々を楽しむことは出来ました。ただ、他の方のレコのようにホトトギスやカニコウモリ等、他にもいろいろ見つけることは出来ませんでした。相変わらずの観察眼のなさに少々凹み気味です。

訪問者数:170人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/2
投稿数: 522
2017/8/23 20:37
 観察眼が足りん・・・って同じですね!
papibanさん、こんばんは〜
同じような時期、同じルートを歩いても中々お花に巡り合えない事も多いですね。まぁ、警察の鑑識部門でもないから、必ず見つけなきゃって事はないから、それはそれで良い様な気もしますが、少し悔しかったりして。
レンゲショウマは見つけると嬉しいですが、栃木県北でも低山で咲く物はとうの昔に終わっている時期なので、今年はお目にかかる事ができず、papibanさんのレコで今年は堪能させて頂くことにしましょうかね
登録日: 2012/5/5
投稿数: 226
2017/8/25 22:25
 Re: 観察眼が足りん・・・って同じですね!
aracyanさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
レス遅くなり、申し訳ありません。

今回のように薄暗い中だと、歳のせいか視力が極端に落ちて、明るければ見付けられるものも見付けられないことがあったり、気付いていても写真にならないと思ったら記憶から排除していることもあるようですが、やはり見る目が無いように思えます。
以前、見付け方をこの場で質問したことがあったのですが、足元ばかりではなく少し視野を広くするとか、会った方と情報を交換するとかのアドバイスも受けました。前者はそれなりに意識しているのですがまだまだのようで、今後も同じパターンが続きそうです。

群馬の山々ではレンゲショウマが見頃を迎えているようで、レコもたくさんあります。山にもよるとは思いますが、1500m〜2000mの山では今週から来週がピークのようなので、奥様と出掛けられては如何でしょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ