ヤマレコ

記録ID: 1232398 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳・栗沢山(黒戸尾根)

日程 2017年08月20日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴・曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

有名なつり橋。
2017年08月20日 00:51撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名なつり橋。
朝焼け。
2017年08月20日 04:47撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼け。
1
御来光。
2017年08月20日 05:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光。
2
八ヶ岳。
2017年08月20日 05:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。
1
富士山。
2017年08月20日 05:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山。
1
甲斐駒ヶ岳。
2017年08月20日 05:34撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳。
4
仙丈ヶ岳。
2017年08月20日 05:34撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
2
アサヨ峰,栗沢山。
2017年08月20日 05:35撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰,栗沢山。
3
雲海がきれい。
2017年08月20日 05:36撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海がきれい。
1
北沢峠。
2017年08月20日 08:09撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠。
静かな森。
とても好きな雰囲気。
2017年08月20日 08:41撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな森。
とても好きな雰囲気。
2
栗沢山。
天気が悪くなってきた。
2017年08月20日 09:52撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗沢山。
天気が悪くなってきた。
アサヨ峰。
稜線ルートは意外と険しい。
ざっくり往復1.5時間くらい?
2017年08月20日 09:52撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサヨ峰。
稜線ルートは意外と険しい。
ざっくり往復1.5時間くらい?
撮影機材:

感想/記録
by abey

黒戸尾根は日本三大急登と呼ばれていたと思うが,
イメージしていた急登とは違い,所々に現れる梯子を除くと,
大きな段差は少なく,かなり歩きやすい。

予想通り,頂上での御来光には全く届かなかったが,
ちょうど見晴らしが良い場所があったので,途中で御来光を鑑賞。
東の空に雲があったのがちょっと残念。

甲斐駒ヶ岳からはアサヨ峰を目指す。
そのままピストンしても良かったが,一旦北沢峠に下って登り返す計画。

こもれび山荘から栗沢山へ至る登山道は,今回最も気に入ったルート。
南アルプスらしさを感じる深く静かな森で,
道は険しくないものの,ある程度の高度差を淡々と登り詰める達成感もある。
メジャーなピークに絡んでいないからか,人も少ない。

栗沢山に着いてみると,アサヨ峰までの稜線はなかなか険しそうで,
早くも天気が崩れ始めてきたこともあって,
残り時間を考えて,アサヨ峰は見送りることにする。

再び甲斐駒ヶ岳に登り返して,あとは下山するのみ。
コースタイム5.5時間の道標が心に重い。
同じ道標で北沢峠まで3時間のところ2.5時間なので(下りは苦手),
同じ比率でいくと4.5時間は掛かる見込み。

だらだらと下山していると,
刃渡りの手前で,GPSからバッテリー切れ間近を示すアラーム。
ログを失うのは避けたかったので,ここからゴールまでは走って下山。
残念ながら,バッテリーは最後まで持たなかったが,
結果として,長丁場の下山を飽きることなく終えることができて楽だった。
幸い,途中でサブのGPSの存在を思い出したので,ログが失われることもなかった。

下山後の体重は2kg程度落ちているが,
グリコーゲンの消耗によるものが大半のはず。
数日後に数字が落ち着いたときに効果が表れていると良いのだが。
訪問者数:511人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 急登 GPS ピストン 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ