ヤマレコ

記録ID: 1232582 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

裏銀座→槍・穂高連峰縦走 (扇沢→上高地)

日程 2017年08月15日(火) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー
天候8/15(火) × 曇り のち霧雨〜小雨。無風〜微風
8/16(水) × 雨 時々止む。無風。
8/17(木) ○ 晴れ 時々曇り
8/18(金) × 雨。風あり(煽られるほどではない)
8/19(土) △ 雨&濃霧→曇り。午後、薄晴れ。
8/20(日) ○ 晴れ→薄曇り
アクセス
利用交通機関
バス
[往] バス: まいたび 毎日あるぺん号 東京竹橋 22:30→扇沢 3:50頃
[復] バス: アルピコ さわやか信州号 上高地BT 16:15→新宿 21:55 (1h遅れ)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間58分
休憩
49分
合計
10時間47分
S扇沢駅05:0806:15大沢小屋08:59針ノ木小屋09:2010:32蓮華岳10:4513:33北葛岳13:3415:31七倉岳15:4515:55船窪小屋
2日目
山行
8時間22分
休憩
58分
合計
9時間20分
船窪小屋06:2506:36七倉岳06:4006:47船窪天場07:10船窪乗越07:19船窪岳07:2209:01船窪第2ピーク09:0311:26不動岳12:59南沢岳13:1513:46烏帽子田圃13:4814:17烏帽子岳山頂分岐14:1814:32烏帽子岳15:0215:13烏帽子岳山頂分岐15:45烏帽子小屋
3日目
山行
9時間35分
休憩
34分
合計
10時間9分
烏帽子小屋06:0308:44野口五郎小屋08:56野口五郎岳09:29真砂岳09:34真砂岳分岐10:45東沢乗越10:4711:44水晶小屋12:15水晶岳12:3213:00水晶小屋13:1414:00ワリモ北分岐14:16ワリモ岳14:1714:51鷲羽岳16:12三俣山荘
4日目
山行
9時間41分
休憩
44分
合計
10時間25分
三俣山荘05:5806:32三俣峠06:44三俣蓮華岳06:5007:15丸山07:45中道分岐08:06双六岳08:1008:42双六岳中道分岐08:44双六岳巻道分岐08:4509:17双六小屋09:2009:49樅沢岳09:5012:42千丈乗越12:4613:51槍ヶ岳山荘14:1414:23飛騨乗越14:40大喰岳15:17中岳15:1815:58天狗原分岐16:16南岳16:1716:23南岳小屋
5日目
山行
6時間7分
休憩
45分
合計
6時間52分
南岳小屋06:2407:58長谷川ピーク08:0109:49北穂高小屋10:2410:26北穂高岳(北峰)10:3312:50涸沢岳13:16穂高岳山荘
6日目
山行
8時間28分
休憩
44分
合計
9時間12分
穂高岳山荘05:3906:33穂高岳06:42南稜の頭07:57紀美子平08:35前穂高岳08:4109:06紀美子平09:0811:08岳沢小屋11:1312:46岳沢湿原・岳沢登山口13:25嘉門次小屋13:5614:04明神館14:47河童橋14:51上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[針ノ木雪渓] まだ雪面歩きます。軽アイゼンあった方が楽です。
[蓮華岳〜七倉岳] 割とアップダウンあり、疲れます。
[七倉岳〜四十八池] 左側が切れ落ちている細い尾根道。砂地っぽい尾根なので、怖いです。また、鎖で激しく登り下りするところもあります。(この区間、レベルは八峰や不帰キレットと同じくらいだと思います。)
[烏帽子小屋〜槍ヶ岳山荘] 危険箇所はないです。
[槍ヶ岳山荘〜南岳小屋] アップダウン激しいです。ハシゴもあり。
[大キレット、〜涸沢岳] 危険箇所だらけです
[奥穂高岳〜岳沢] きついです。紀美子平を出てすぐ、一枚岩の上を下りていくところがありますが、乾いてるのに滑ってびびりました。 

装備

備考 [持って行ってよかったもの] ヘルメット。大キレット〜涸沢岳間で、上方をよく見ず岩場をよじ登ろうとして、思わず頭上の岩に全力で頭突きを食らわすこと数回。ヘルメットがなかったら、頭から流血ダラダラだったことでしょう。(既に経験済)
[持っていけばよかったもの] 軽アイゼン。昨年8月上旬に針ノ木雪渓を下った時は雪上歩きが無かったので(→右へ左へ巻道の嵐) 油断したら、今年はしっかり雪残ってました。慎重に歩いてつぼ足で乗り切れましたが、軽アイゼンあった方がより安心できたと思います。

写真

【Day1】 扇沢駅から針ノ木雪渓を1時間半ほど歩くと雪面歩行に。去年は雪なかったのに...
2017年08月15日 07:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day1】 扇沢駅から針ノ木雪渓を1時間半ほど歩くと雪面歩行に。去年は雪なかったのに...
20分ほど歩いた後は、雪無いです。
2017年08月15日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分ほど歩いた後は、雪無いです。
最後、木で補強された土の急斜面をジグザグに登ると、
2017年08月15日 08:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後、木で補強された土の急斜面をジグザグに登ると、
針ノ木峠着。
2017年08月15日 08:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木峠着。
これから進む稜線はもう雲が。
2017年08月15日 09:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む稜線はもう雲が。
蓮華岳へなだらかな砂利道を登る。左右両側からガスが吹き上がって眺望はない。
2017年08月15日 09:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳へなだらかな砂利道を登る。左右両側からガスが吹き上がって眺望はない。
コマクサ
2017年08月15日 10:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
ザレた地面一面に群生。
2017年08月15日 10:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた地面一面に群生。
殺風景な蓮華岳山頂。四方真っ白。無音で少し不気味。霧雨に。
2017年08月15日 10:31撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺風景な蓮華岳山頂。四方真っ白。無音で少し不気味。霧雨に。
白・紫・ピンクの花がいっぱい。
2017年08月15日 10:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白・紫・ピンクの花がいっぱい。
高山植物いなくなり、ガレ場の大下りに
2017年08月15日 10:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山植物いなくなり、ガレ場の大下りに
そして岩場
2017年08月15日 11:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして岩場
鎖の連続
2017年08月15日 12:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖の連続
特に何もない北葛岳山頂
2017年08月15日 13:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特に何もない北葛岳山頂
樹木の相がいきなり変わった
2017年08月15日 14:10撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木の相がいきなり変わった
道脇の岩に陣取るライチョウ。人を気にしないみたいなので、数m後ろをそっと通過させていただく。(ヒナはトコトコ歩き回ってたけど)
2017年08月15日 14:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道脇の岩に陣取るライチョウ。人を気にしないみたいなので、数m後ろをそっと通過させていただく。(ヒナはトコトコ歩き回ってたけど)
次から次へと霧の向こうから湧き出るピークと岩場
2017年08月15日 15:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次から次へと霧の向こうから湧き出るピークと岩場
やっと七倉岳山頂
2017年08月15日 15:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと七倉岳山頂
船窪小屋着。
2017年08月15日 15:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋着。
夕食。手が込んでます。アザミなどの野草の天ぷら出てきました。
2017年08月15日 17:03撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食。手が込んでます。アザミなどの野草の天ぷら出てきました。
【Day 2】 結構、左が砂地で切れ落ちてる箇所をよく通る。よく下が見えないが、ガス晴れたら、かなり怖いのかも。
2017年08月16日 07:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day 2】 結構、左が砂地で切れ落ちてる箇所をよく通る。よく下が見えないが、ガス晴れたら、かなり怖いのかも。
崩れ気味の切れ落ちた砂地の細尾根という、不気味な進路。
2017年08月16日 07:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れ気味の切れ落ちた砂地の細尾根という、不気味な進路。
一瞬晴れ間が。(が、すぐ雨に戻った)
2017年08月16日 08:37撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬晴れ間が。(が、すぐ雨に戻った)
下りきったら、また新しいピークがうっすら見えてきた
2017年08月16日 09:30撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきったら、また新しいピークがうっすら見えてきた
いきなり黒部湖が右下に。(この日唯一の遠望)下界は晴れらしい。
2017年08月16日 09:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり黒部湖が右下に。(この日唯一の遠望)下界は晴れらしい。
不動岳。雨。
2017年08月16日 11:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳。雨。
この辺、まだ砂地にはコマクサの群生が。
2017年08月16日 11:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺、まだ砂地にはコマクサの群生が。
ガレの下り。歩きにくい。ただ、左右、花咲きまくりで慰められる
2017年08月16日 11:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレの下り。歩きにくい。ただ、左右、花咲きまくりで慰められる
左は80度くらいの土斜面。こわ〜
2017年08月16日 12:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は80度くらいの土斜面。こわ〜
南沢岳山頂。広いが四方何も見えない。だが、
2017年08月16日 12:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢岳山頂。広いが四方何も見えない。だが、
ほんの1,2分だけガスが途切れて、目の前が明るくなった。
2017年08月16日 13:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんの1,2分だけガスが途切れて、目の前が明るくなった。
池 (池塘) のあるお花畑に
2017年08月16日 13:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池 (池塘) のあるお花畑に
まあとにかく花だらけ
2017年08月16日 13:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まあとにかく花だらけ
1
分岐から烏帽子岳山頂へ。山頂手前で鎖場。
2017年08月16日 14:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から烏帽子岳山頂へ。山頂手前で鎖場。
烏帽子岳山頂。さらにこの隙間を抜けると、、
2017年08月16日 14:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂。さらにこの隙間を抜けると、、
烏帽子岳山頂裏面。
2017年08月16日 14:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂裏面。
烏帽子小屋の夕食。ボルシチ。
2017年08月16日 17:05撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋の夕食。ボルシチ。
【Day 3】小屋前から見る薬師岳の稜線。3日目にしてやっと青空。(涙
2017年08月17日 06:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day 3】小屋前から見る薬師岳の稜線。3日目にしてやっと青空。(涙
雲海をバックに表銀座の稜線も。
2017年08月17日 06:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海をバックに表銀座の稜線も。
1
やっと北アルプスに来た感じ
2017年08月17日 06:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと北アルプスに来た感じ
コマクサの群生を横目に、見通し良い稜線を意気揚々と登る
2017年08月17日 06:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの群生を横目に、見通し良い稜線を意気揚々と登る
裏銀座のゴール・槍を視認!
2017年08月17日 06:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀座のゴール・槍を視認!
1
昨日まで2日間の歩みを一望。背後には後立山連峰の山々、左には雲を被った立山も。
2017年08月17日 07:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日まで2日間の歩みを一望。背後には後立山連峰の山々、左には雲を被った立山も。
2
野口五郎岳までは、気持ちよくさくさく歩ける。
2017年08月17日 07:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳までは、気持ちよくさくさく歩ける。
3
野口五郎岳山頂。雲が増えてきた。風も少し冷えてきた。
2017年08月17日 09:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳山頂。雲が増えてきた。風も少し冷えてきた。
1
野口五郎岳よりこれから進む稜線が。右の水晶岳から左の裏銀座終点・槍ヶ岳まで。
2017年08月17日 08:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳よりこれから進む稜線が。右の水晶岳から左の裏銀座終点・槍ヶ岳まで。
ここからはガレたアップダウンの多い稜線。割と大変。左は切り立ってます。
2017年08月17日 09:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはガレたアップダウンの多い稜線。割と大変。左は切り立ってます。
ガレのアップダウンが終わると、水晶小屋が見え始める。
が、今度はこの赤土の急登を一気に登る
2017年08月17日 11:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレのアップダウンが終わると、水晶小屋が見え始める。
が、今度はこの赤土の急登を一気に登る
水晶小屋で少し休んで、水晶岳に向かう。前半はなだらかだが、
2017年08月17日 11:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋で少し休んで、水晶岳に向かう。前半はなだらかだが、
1
後半はかなりの岩場っぷりです
2017年08月17日 12:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半はかなりの岩場っぷりです
ガレ場の山頂・水晶岳。ガスがかかり始め、眺望は残念。
2017年08月17日 12:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の山頂・水晶岳。ガスがかかり始め、眺望は残念。
雲が増えてきてるので、急いで鷲羽岳へ。
2017年08月17日 13:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が増えてきてるので、急いで鷲羽岳へ。
ワリモ北分岐
2017年08月17日 13:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ北分岐
登りきったと思ったら違うピークだった。下りて登り返すらしい。
2017年08月17日 14:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきったと思ったら違うピークだった。下りて登り返すらしい。
1
鷲羽岳山頂。
2017年08月17日 14:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳山頂。
1
池がある。
2017年08月17日 15:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池がある。
2
下に見えてる三俣山荘まですぐかと思ったら、急な下りをジグザグに下る、膝に優しくないハードな大下りだった。
2017年08月17日 15:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に見えてる三俣山荘まですぐかと思ったら、急な下りをジグザグに下る、膝に優しくないハードな大下りだった。
三俣山荘の夕食。ジビエスープ(鹿肉)が美味でした。
2017年08月17日 16:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘の夕食。ジビエスープ(鹿肉)が美味でした。
【Day4】また雨。ただ、朝、ほんの一瞬、小屋前から槍が見えました。(これが今日、槍を見た最後でした...)
2017年08月18日 05:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day4】また雨。ただ、朝、ほんの一瞬、小屋前から槍が見えました。(これが今日、槍を見た最後でした...)
三俣蓮華への登り。前半は、登山路が川のようになってた。
2017年08月18日 06:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華への登り。前半は、登山路が川のようになってた。
真っ白な三俣蓮華山頂
2017年08月18日 06:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な三俣蓮華山頂
のどかなで気持ちよさそうな稜線。晴れてれば。
2017年08月18日 07:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかなで気持ちよさそうな稜線。晴れてれば。
双六岳山頂。真っ白で、もうさっきの三俣蓮華と何が違うのかわからん。
2017年08月18日 08:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳山頂。真っ白で、もうさっきの三俣蓮華と何が違うのかわからん。
砂地の道をおりていくと
2017年08月18日 08:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂地の道をおりていくと
双六小屋。
2017年08月18日 08:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋。
硫黄乗越。こごまでガンガン下っていく
2017年08月18日 10:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄乗越。こごまでガンガン下っていく
岩尾根に出た
2017年08月18日 11:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩尾根に出た
千丈乗越。左側からの風が強かったが、ここで影に隠れて休憩。
2017年08月18日 12:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈乗越。左側からの風が強かったが、ここで影に隠れて休憩。
上の方に雲の中から岩の城みたいなのが見え始める。山頂?
2017年08月18日 13:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方に雲の中から岩の城みたいなのが見え始める。山頂?
肩の小屋着。槍の穂先は全く見えず。登頂はパスしました。
2017年08月18日 13:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋着。槍の穂先は全く見えず。登頂はパスしました。
南岳小屋まではスタスタ行けるのかと思ってたら、3000m峰3つ超えるアップダウンある道だった。
2017年08月18日 15:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋まではスタスタ行けるのかと思ってたら、3000m峰3つ超えるアップダウンある道だった。
ハシゴも
2017年08月18日 15:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴも
中岳山頂
2017年08月18日 15:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂
そしてやっとこさ南岳山頂。
2017年08月18日 16:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてやっとこさ南岳山頂。
雨強まる中、やっと小屋着。
2017年08月18日 16:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨強まる中、やっと小屋着。
【Day 5】晴れの予報だったのに濃霧&雨の中、大キレット突入。
2017年08月19日 06:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day 5】晴れの予報だったのに濃霧&雨の中、大キレット突入。
ホントは両側切れ落ちてて、怖いんだろうなー (が、見えない。)
2017年08月19日 07:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントは両側切れ落ちてて、怖いんだろうなー (が、見えない。)
長谷川ピーク。よじ登るのに苦労するが特に何もない...
2017年08月19日 07:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷川ピーク。よじ登るのに苦労するが特に何もない...
岩が濡れてるので慎重に
2017年08月19日 08:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が濡れてるので慎重に
休憩できそうなコル。その奥にも手強そうな岩山がぼんやり見える。
2017年08月19日 08:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩できそうなコル。その奥にも手強そうな岩山がぼんやり見える。
北穂かな?(→違いました)
2017年08月19日 08:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂かな?(→違いました)
"展望台" より滝谷。そそり立つ岩の谷の中、雲がゆっくりうず巻いてる。(キレット通過中、唯一の眺望)
2017年08月19日 09:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
"展望台" より滝谷。そそり立つ岩の谷の中、雲がゆっくりうず巻いてる。(キレット通過中、唯一の眺望)
ここからも最後の急登続きます。
2017年08月19日 09:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも最後の急登続きます。
北穂高小屋。
2017年08月19日 10:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋。
引き続き涸沢岳を目指す。
2017年08月19日 10:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き続き涸沢岳を目指す。
天気が良くなり始めた。
2017年08月19日 11:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良くなり始めた。
涸沢カールの中は割と見える。
2017年08月19日 11:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カールの中は割と見える。
おー、やっと青空が
2017年08月19日 12:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、やっと青空が
穂高岳山荘に下りてきました。
2017年08月19日 13:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に下りてきました。
【Day6】下山日になって初めてまともな夜明け... 穂高岳山荘前より涸沢カールを見下ろす
2017年08月20日 05:41撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【Day6】下山日になって初めてまともな夜明け... 穂高岳山荘前より涸沢カールを見下ろす
穂高岳山頂を目指します。
2017年08月20日 06:03撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山頂を目指します。
ジャンダルム山頂にも人たくさん
2017年08月20日 06:15撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム山頂にも人たくさん
1
賑わう奥穂高山頂
2017年08月20日 06:19撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わう奥穂高山頂
1
南側も、富士山も南アルプスも見える
2017年08月20日 06:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側も、富士山も南アルプスも見える
槍ヶ岳に至る稜線もしっかり見える
2017年08月20日 06:28撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳に至る稜線もしっかり見える
前穂高岳へ向かう。近づくと、結構アップダウンあるなー
2017年08月20日 06:43撮影 by iPhone, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳へ向かう。近づくと、結構アップダウンあるなー
基本、吊り尾根の右側の巻道を行く
2017年08月20日 07:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本、吊り尾根の右側の巻道を行く
紀美子平。デポされたザックがたくさん並んでる
2017年08月20日 07:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平。デポされたザックがたくさん並んでる
30分ほど登ると前穂高山頂。ひろーい
2017年08月20日 08:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど登ると前穂高山頂。ひろーい
先っちょまで行くと、涸沢カールが見下ろせる。ただ、もう稜線、雲がかかり始めた
2017年08月20日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先っちょまで行くと、涸沢カールが見下ろせる。ただ、もう稜線、雲がかかり始めた
重太郎新道をがりがり下りていく。
2017年08月20日 09:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重太郎新道をがりがり下りていく。
岳沢パノラマ。が雲が...
2017年08月20日 09:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢パノラマ。が雲が...
この先は緑が増えるが、なぜか地面が水でじめってて、コバエだらけ。
2017年08月20日 10:30撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は緑が増えるが、なぜか地面が水でじめってて、コバエだらけ。
雲の下側に抜けたせいか、天気はよくなる。(薄晴れ) 岳沢小屋、上高地が見えてる
2017年08月20日 10:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の下側に抜けたせいか、天気はよくなる。(薄晴れ) 岳沢小屋、上高地が見えてる
顔にまとわりつくくらいこのチョウが岩に止まって乱舞してる。
2017年08月20日 10:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顔にまとわりつくくらいこのチョウが岩に止まって乱舞してる。
1
岳沢。これが上高地からきれいに見えてる沢ですね。
2017年08月20日 11:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢。これが上高地からきれいに見えてる沢ですね。
岳沢→上高地は、整備された樹林の登山道。
2017年08月20日 11:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢→上高地は、整備された樹林の登山道。
上高地手前で明神の嘉門次小屋に寄り道。ウォルター・ウェストンゆかりの小屋。名物の岩魚の焼魚定食、おいしかった。
2017年08月20日 13:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地手前で明神の嘉門次小屋に寄り道。ウォルター・ウェストンゆかりの小屋。名物の岩魚の焼魚定食、おいしかった。
撮影機材:

感想/記録

・夏休みを使って、普段は行けない裏銀座コースにトライ。さらに、去年やった後立山連峰の縦走(〜針ノ木峠)に繋げてみたくなって、扇沢から入ってみました。

・眺望満喫の縦走を期待してたんですが、お天気運にとことん恵まれず、行程の7割方は、雨や霧で左右真っ白な稜線を黙々と歩く、という残念な山行になってしまいました。

・槍ヶ岳まで到達したら下りてもいいや、と思ってたんですが、最初の4日でお天気的に1勝3敗、という惨状に、穂高までの縦走延長を決意。

・遠くの稜線が見えないだけでなく、自分が登頂した山がどんな形してるのかさえ分からない、というのは、かなり切ないです...(烏帽子小屋で写真を見て、みんなで「こんなきれいな形の山に登ったんですねー」と苦笑いしてました。)

・まあ、よかった(?)のは、キレットとかナイフリッジな通過点でも、周りがあまり見えないので「ホントはすごい光景なんだろうなぁ」と思いながら、恐怖もスリルも感じることなく、あっさり通過したりで、なんだかなぁ、という感じ。
(むしろ、濡れた岩面が滑らないだろうか?という不安の方が大...)

・というわけで、岩稜帯は "怖い" より "登りがきつい" 印象が強いです。
・とりわけ、北穂高〜涸沢岳間では「あれが涸沢岳か?」とピークを登りつめる度に、白雲の奥から次々と新たなピークが現れる。コルに立って真上を見上げても、空ではなく、そびえ立つ岩鱗のピークが目に入る。そして、そこに至るまでに付けられた白ペンキの目印はどれも ↑、↑、↑ と垂直あげあげモード。

・悪天中、単独でのキレット突入ならかなり不安だったと思うんですが、同じ小屋泊や途中出会ったソロ4人で集まって行動でき、とても心強く、また楽しかったです。感謝!

・高山植物がいっぱい。あまり興味なかったけれど、悪天時でも少しでも楽しめるので、勉強してみようかな?とちょっと思いました。
・悪天故に、ライチョウくんたちによく遭遇(3回ほど)。
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ