ヤマレコ

記録ID: 1232661 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

北岳【途中撤退】(広河原〜白根御池〜草すべりコース)

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
マイカーで芦安駐車場、そこから広河原までバス。
深夜到着、4:30頃から準備開始するも、乗り合いタクシーは満車。
5:15始発バスには乗れたが、広河原まで約1時間の立乗車となり登山開始前につかれる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間31分
休憩
36分
合計
5時間7分
S広河原インフォメーションセンター07:0007:08広河原山荘07:1107:25白根御池分岐07:2610:56大樺沢二俣11:2812:07白根御池小屋
2日目
山行
3時間46分
休憩
3時間17分
合計
7時間3分
白根御池小屋03:2704:27草すべりコース途中05:4006:10白根御池小屋08:1110:14白根御池分岐10:22広河原山荘10:2510:28広河原・吊り橋分岐10:30広河原インフォメーションセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日目の深夜、草すべりコースから登頂開始。
一時間ほど登ったところで、下ってくる外国人からレスキュー要請。一緒にしばらく上へあがると、その外国人の同行者が転んで足を痛めて(恐らく骨折)自力歩行困難状態でしゃがみこんでいた。運よくその場は携帯が繋がり、白根御池小屋にレスキューを要請。携帯電話も持ってなく軽装薄着であったため、レスキューが到着するまで付き添うことに。その後レスキューの方が御池小屋まで背負って下ろしヘリで下山された。暗闇の下山は危険であることを再認識させられる出来事であった。

自分たちの体力ではその後、山頂まで行って小屋に戻りテント撤収後、最終広河原発のバスに間に合わない可能性があると判断し、そのまま下山することに。人助けしたし、また来ればいいと思い、後ろ髪は轢かれたが納得して帰路についた。
コース状況/
危険箇所等
8月入ってからの長雨でコースはぬかるんでいて、所々沢状態の箇所あり、木の根や石の上は滑りやすく注意が必要。また登山道を示すペンキやリボンが分かりずらく注意して歩かないと見落とす可能性あり。
その他周辺情報芦安温泉街に立ち寄り湯あり。

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ
備考 耳栓を忘れる。隣のテントのおじさんのいびきでなかなか寝付けなかった。

写真

おなじみのつり橋から登山開始
2017年08月19日 06:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみのつり橋から登山開始
沢沿いの心地よい登山道でウォーミングアップ。
大樺沢コースへ。
2017年08月19日 07:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの心地よい登山道でウォーミングアップ。
大樺沢コースへ。
早くもかわいいお花が出現
2017年08月19日 08:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くもかわいいお花が出現
肝心な花が白飛びしているけどエーデルワイスっぽい葉っぱ。
2017年08月19日 08:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肝心な花が白飛びしているけどエーデルワイスっぽい葉っぱ。
八本場のコルに向かうコースには雪渓が見えるが、そちらへは行かない。
2017年08月19日 09:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本場のコルに向かうコースには雪渓が見えるが、そちらへは行かない。
かわいいお花。花の名前がすぐにわかったらいいと毎回思う瞬間。
2017年08月19日 09:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいお花。花の名前がすぐにわかったらいいと毎回思う瞬間。
八本場への道しるべ。
2017年08月19日 10:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本場への道しるべ。
歩いたら気持ちよさそうな雪渓だが、テント背負って登る体力に自信がない。二股分岐を白根御池方面へ。
2017年08月19日 10:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いたら気持ちよさそうな雪渓だが、テント背負って登る体力に自信がない。二股分岐を白根御池方面へ。
鳳凰三山かな?
一昨年は向こうからこちらを臨んだ。
2017年08月19日 10:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山かな?
一昨年は向こうからこちらを臨んだ。
白根御池小屋に到着。
2017年08月19日 12:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋に到着。
本場の「南アルプスの天然水」で冷やされたサイダーで一服。
2017年08月19日 12:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本場の「南アルプスの天然水」で冷やされたサイダーで一服。
曇りだが鳳凰三山の尾根がきれいに見える。今夜はここでテント泊。いつの間にか寝てしまい。深夜の登頂に備えるがこの後トラブル発生。
2017年08月19日 12:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りだが鳳凰三山の尾根がきれいに見える。今夜はここでテント泊。いつの間にか寝てしまい。深夜の登頂に備えるがこの後トラブル発生。
ここから途中撤退下山の写真となる。
2017年08月20日 04:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから途中撤退下山の写真となる。
これもかわいいお花。
2017年08月20日 04:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもかわいいお花。
すっかり日が昇ってしまった。。。
2017年08月20日 04:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり日が昇ってしまった。。。
なんだろう?
2017年08月20日 04:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだろう?
朝のうちは快晴。
2017年08月20日 04:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のうちは快晴。
山頂も良い天気のようで行けずに残念。
2017年08月20日 05:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂も良い天気のようで行けずに残念。
1
白根御池小屋からもきれいに北岳が見える。
2017年08月20日 05:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根御池小屋からもきれいに北岳が見える。
草すべりコースの名の通り草をかき分けて登る。
2017年08月20日 05:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりコースの名の通り草をかき分けて登る。
御池ほとりの静かなテン場。
2017年08月20日 05:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池ほとりの静かなテン場。
いままで行ったなかでも上位にランクされる素晴らしいテン場。
2017年08月20日 05:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いままで行ったなかでも上位にランクされる素晴らしいテン場。
1
我が家と北岳。
まだ居たいが撤収に取り掛かる。
2017年08月20日 05:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が家と北岳。
まだ居たいが撤収に取り掛かる。
ここまでかなりの急斜面を下りてきて写真撮る余裕なし。
2017年08月20日 09:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでかなりの急斜面を下りてきて写真撮る余裕なし。
下部では道が沢になっていた。
2017年08月20日 09:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部では道が沢になっていた。
下まで降りてきた。
2017年08月20日 09:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下まで降りてきた。
おなじみの橋が見えてきて。
2017年08月20日 09:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの橋が見えてきて。
熊には出会わなくて一安心。
2017年08月20日 09:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊には出会わなくて一安心。
橋を渡ると広河原バス乗り場です。
2017年08月20日 09:25撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると広河原バス乗り場です。
本当にきれいな川の流れに癒されて登山終了。
2017年08月20日 09:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にきれいな川の流れに癒されて登山終了。
1
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 雪渓 コル テン 撤退
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ