また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1233628 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

旭岳・トムラウシ山

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月21日(月)
メンバー
天候8月19日晴れ 20日晴れ/ガス 21日晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等、 飛行機
◾️往き
旭川駅 9番乗場 いでゆ号バス 1430円
07:40旭川駅 - 09:06旭岳
旭岳ロープウェイ 1800円片道
09:15乗り場 - 09:25降り場

◾️帰り 
天人峡送迎バス(要予約) 
16:00天人峡 - 17:00旭川駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
15分
合計
5時間45分
S姿見駅09:4709:50旭岳石室09:5311:18金庫岩11:30旭岳11:4212:04裏旭キャンプ指定地12:37間宮岳分岐12:42荒井岳13:15松田岳13:27北海岳14:29白雲分岐15:32白雲岳避難小屋
2日目
山行
8時間34分
休憩
1時間33分
合計
10時間7分
白雲岳避難小屋04:4305:35高根ヶ原分岐07:02忠別沼07:2008:00忠別岳08:1008:50忠別岳避難小屋分岐09:25五色岳09:3010:44ヒサゴ沼分岐11:10ヒサゴのコル11:1511:42天沼12:1312:20日本庭園13:00ロックガーデン13:34北沼13:4314:20トムラウシ山14:3514:50南沼キャンプ指定地
3日目
山行
7時間27分
休憩
33分
合計
8時間0分
南沼キャンプ指定地05:1505:45北沼06:12ロックガーデン06:44日本庭園07:00天沼07:25ヒサゴのコル07:3508:03ヒサゴ沼分岐08:10化雲岳08:2510:50第一公園12:10滝見台12:1813:10天人閣13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
姿見池〜旭岳山頂      観光道火山礫の道 
旭岳山頂〜北海岳分岐    雪渓が一部残り急下坂 景色最高!
北海岳分岐〜白雲岳避難小屋 緩やかな登り白雲岳分岐を過ぎ一旦下げ避難小屋  
白雲岳避難小屋〜忠別沼   平坦な地形で雄大な景色
忠別沼〜忠別岳       緩やかな登り
忠別岳〜五色岳       一旦下げ忠別岳避難小屋分岐を過ぎると急坂
五色岳〜ヒサゴ沼分岐    ハイマツ帯の中を歩き木道を歩く平坦な道
ヒサゴ沼分岐〜天沼     ロープで道が仕切られ迷いはない
天沼〜北沼         ロックガーデンなど大きな岩場目印が見辛い
北沼〜トムラウシ山     大きな岩を登る浮石も多い
化雲山〜天人峡       ひたすら下り、滝見に来るとあと少し倒木が多い
その他周辺情報天人峡温泉、1000円
予約すると無料送迎バスの利用ができる。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

旭川駅9番よりいで湯号に乗り込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭川駅9番よりいで湯号に乗り込む
ロープウェイを利用し姿見からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイを利用し姿見からスタート
1
あいにくガス、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あいにくガス、、、
チングルマは綿毛
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマは綿毛
蒸気がシューシュー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蒸気がシューシュー
たまにガスが濃くなり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにガスが濃くなり
これで百名山84座目の山頂、ガス晴れず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで百名山84座目の山頂、ガス晴れず
3
宮間岳方面に向かう人は少なかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮間岳方面に向かう人は少なかった
雪渓、前の人滑る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓、前の人滑る
間宮岳へ少し上がり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間宮岳へ少し上がり
有毒温泉の景気が素晴らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有毒温泉の景気が素晴らしい
3
紅葉が始まりかけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が始まりかけ?
分岐を一旦下げると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を一旦下げると
この日の宿泊場所へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の宿泊場所へ
水場、浄水するので時間がかかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場、浄水するので時間がかかる
1
この日のテン場はゆとりがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日のテン場はゆとりがありました
2
夜が明けてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきます。
ワクワクする果てしな道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワクワクする果てしな道
1
ピンク色に染めてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンク色に染めてます。
白雲岳も目覚めの時間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲岳も目覚めの時間
1
まだ日が差さない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ日が差さない
明けてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明けてきました。
1
暖かい日差しが差し込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かい日差しが差し込みます。
終わりかけのコマクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりかけのコマクサ
3
薄いガスが巻いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄いガスが巻いています。
1
三笠新道は通行止め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三笠新道は通行止め
1
崖の際を歩きます・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の際を歩きます・
2
鹿?偶蹄類の足跡か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿?偶蹄類の足跡か?
平坦な道も終わり忠別沼へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道も終わり忠別沼へ
3
ここでしばし休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでしばし休憩
3
快晴の忠別岳!トムラウシまでスッキリ!でも遠いな〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の忠別岳!トムラウシまでスッキリ!でも遠いな〜
4
忠別岳避難小屋。コースから少し離れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忠別岳避難小屋。コースから少し離れています。
2
トムラウシ側からみた忠別岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トムラウシ側からみた忠別岳
1
一旦落とし急な坂を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦落とし急な坂を登ります。
五色岳分岐をからはハイマツと木道の道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色岳分岐をからはハイマツと木道の道
ヒサゴ沼分岐をトムラウシへこのへんからガスに巻かれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒサゴ沼分岐をトムラウシへこのへんからガスに巻かれる
あーガスの中に隠れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーガスの中に隠れた
木道とロープで道迷いは少ないかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道とロープで道迷いは少ないかな
1
どこが登山道だ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこが登山道だ、、、
わかりづらい、濃霧だったら怖いな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりづらい、濃霧だったら怖いな
岩場を抜けてようやく北沼。キタキツネがお出迎え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を抜けてようやく北沼。キタキツネがお出迎え
一瞬晴れて山頂が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬晴れて山頂が見える
1
サンショウウオ?カエル?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンショウウオ?カエル?
1
ナキウサギ発見、可愛い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナキウサギ発見、可愛い
3
で85座目の山頂!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で85座目の山頂!
7
あーーガス、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーーガス、、、
でテント場に下ります。
終始ガスでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でテント場に下ります。
終始ガスでした。
翌朝起きると、晴天の予感
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝起きると、晴天の予感
1
マイハウスを回収します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイハウスを回収します。
1
テント場は少なかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は少なかった。
十勝岳方面今度はあそこに!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳方面今度はあそこに!
1
わかりやすい目印こんなの希
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりやすい目印こんなの希
朝日に浴びる北沼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に浴びる北沼
1
チングルマが少し残ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマが少し残ってました。
あっちは何の山でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは何の山でしょうか?
ナキウサギの後ろ姿
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナキウサギの後ろ姿
1
ここで踏み跡追ったらコースから外れていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで踏み跡追ったらコースから外れていた
またねトムラウシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またねトムラウシ
2
ヒグマのふん?すごい大きい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒグマのふん?すごい大きい!
何本も倒木がありくぐったり、乗り越えたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何本も倒木がありくぐったり、乗り越えたり
小さな冒険終了、足ボロボロ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな冒険終了、足ボロボロ
2
汗を流して帰ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗を流して帰ります。
3

感想/記録
by wataq

夏休みは北海道の山々へ

旭岳とトムラウシを目指しました。
最初はロープウェイに乗り込み姿見から進みます。
旭岳まではたくさんの人が歩いていて賑やかな感じで火山礫の道をひたすら
標高を上げます。残念ながら旭岳山頂付近のみガスで展望はありませんでした。

金庫岩をすぎると沢山の人が山頂を楽しんでいました。
人混みに紛れ休憩し本格的な山歩きへ、
旭岳をおりキャンプ指定地直前には雪渓が残り慎重におり宮間岳分岐に向かいます。
宮間岳からは大きな外輪山の縁を歩き眼下に有毒温泉が煙を上げていました。
外輪を歩き北海岳から白雲岳避難小屋へ白雲岳直下に少し残雪を残していました。
分岐をすぎ少し標高を下げると避難小屋のある野営指定地へ

この日のテン場はそれなりに余裕がありました。
そんな疲れた訳ではありませんでしたが18時には就寝し翌日に備えました。

翌日は3時に起床し4時45分出発遠くはトムラウシ山が見えました。
忠別池までは平坦な道で流れる薄いガスに朝日があたり幻想的な光景の中を
歩きました。

忠別池で休憩をとり少し標高を上げ忠別岳へ、ここまでの登山者が数名して
ピストンで白雲岳へ引きかえしていきました。
自分はここから一旦標高を下げ五色岳に登ります。
急坂はロックガーデンのところとここだけで重い荷物に息が上がりました。

五色岳からヒサゴ沼分岐へはハイマツと木道の繰り返しで極めて平坦でした。
この辺からトムラウシ山の山頂にはガスが巻いていました。
10時をすぎるとガスが上がり早上りが基本とすれ違った人に教えてもらいました。

ヒサゴ沼分岐から今回の核心部に向かい歩きます。
この辺の登山道はロープで仕切られていて登山道は明瞭でした。
木道が一旦終わると天沼。ここで休憩し少し先に大きな石がゴロゴロ。
道しるべである岩へのペンキは薄く目立ちませんでした。
登山者が示しただろうケルンを頼りに進みます。
濃霧の場合は場所が不明瞭なので注意が必要だと思います。

日本庭園、ロックガーデンをすぎると北沼
ここでキタキツネとナキウサギが顔を出し癒してくれました。
北沼分岐でトムラウシ山頂に向かいますが、あいにくのガス
景色のない中85座目も山頂たちました。
ガスのせいか、時間が遅いのか景色はないのですが山頂を独り占め
しばし、堪能し南沼野営指定地へ

ここは、8月中旬位は水場がかれると山と高原地図には記載されていましたが
残雪がまだあり十分水は確保できました。
2日目は疲れ果てて18時には就寝してしました。

朝起きると満点の星空で快晴状態、少しずつ白んでくる空に周りの方々は
山頂を目指していましたが自分は下山準備を始めます。

下山は一旦化雲岳まで戻り、天人峡へものすごく長く感じましたが
途中の看板にある残り10kmには少しげんなりしながら下山

途中、ヒグマと思われる糞が落ちていて、少し焦りましたが無事に下山できました。


最後は天人峡で汗を流し帰路につきました。
これで、84、85座目少しずつ残りが少なくなり嬉しいやら寂しいやらです。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ