ヤマレコ

記録ID: 1234786 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

*白馬岳(大雪渓)*暴風雨で計画丸つぶれ(T_T)

日程 2017年08月22日(火) 〜 2017年08月23日(水)
メンバー
天候22日曇り→暴風雨 23日暴風雨→曇り(暴風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉無料駐車場
トイレは猿倉荘の隣
ポストは猿倉荘
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
10分
合計
5時間20分
S猿倉荘05:4006:35白馬尻荘06:4009:55避難小屋10:0011:00白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
5時間8分
休憩
42分
合計
5時間50分
白馬岳頂上宿舎09:0009:13白馬山荘09:1509:30白馬岳09:3209:43白馬山荘09:4510:00宿泊地頂上宿舎(食堂)10:3011:15避難小屋11:1613:55白馬尻荘14:0014:50猿倉登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回ログは手書きです。
アイゼン、レインウェア等の着脱の時間や小休止などは記録していません。
コース状況/
危険箇所等
雪渓の登り始めに大きなクレバスが有る為
雪渓から離れ高巻道を通過します。
間違ってクレバスに近づかないように注意して下さい。
雪渓部は落石が数多く見られます。
私は念の為ヘルメットを装着しました。

登りでは落石注意以外は危険個所は特にありませんでしたが
下りでは大雨の為危険度が大きく増しました。

写真

猿倉荘脇が登山道入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘脇が登山道入口
3
暫くバラスの車道を歩き登山道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くバラスの車道を歩き登山道へ
この時点では曇り空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時点では曇り空
白馬尻荘到着♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻荘到着♪
8
雪渓が見えて期待と不安が高まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が見えて期待と不安が高まります。
3
いよいよ雪渓
軽アイゼン装着します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ雪渓
軽アイゼン装着します
3
前方はどよんどよん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方はどよんどよん
3
後ろは結構明るいんだけどね〜
雪渓の上は落石だらけ…
ヘルメット装着したけど大きいのに直撃されたらと思うと不安。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろは結構明るいんだけどね〜
雪渓の上は落石だらけ…
ヘルメット装着したけど大きいのに直撃されたらと思うと不安。
8
雪渓の脇にはミヤマキンポウゲのお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の脇にはミヤマキンポウゲのお花畑
7
ガスが取れないな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが取れないな〜
3
乙妻山、高妻山は綺麗に見えてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乙妻山、高妻山は綺麗に見えてる
6
ハウサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハウサンフウロ
10
雪渓は意外と歩きやすかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓は意外と歩きやすかった
天狗菱というのかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗菱というのかな
5
登りはまだ良かったな〜
今となって思えばね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはまだ良かったな〜
今となって思えばね。
1
シナノキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
1
大分登って来たね♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分登って来たね♪
2
ハウサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハウサンフウロ
1
ユキノシタ?
ダイモンジソウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキノシタ?
ダイモンジソウ?
1
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
3
突然うどん(笑)
白馬頂上山荘の手前5分くらいの所で
猛烈な雨に見舞われ写真撮れませんでした。
11時に頂上山荘に到着後大雨の為停滞
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然うどん(笑)
白馬頂上山荘の手前5分くらいの所で
猛烈な雨に見舞われ写真撮れませんでした。
11時に頂上山荘に到着後大雨の為停滞
11
翌朝、暴風雨の中を登って
白馬岳山頂ゲット!
日本百名山57座目はとんでもない日になりました。
山頂は私達だけ(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、暴風雨の中を登って
白馬岳山頂ゲット!
日本百名山57座目はとんでもない日になりました。
山頂は私達だけ(笑)
24
いやはやスゴイ暴風雨
富山側から長野側へ吹き付けます。
雨粒が顔に当たって痛いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやはやスゴイ暴風雨
富山側から長野側へ吹き付けます。
雨粒が顔に当たって痛いです。
1
再び頂上山荘の食堂に戻りお昼ご飯を食べて下山します。
登山道は沢みたいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び頂上山荘の食堂に戻りお昼ご飯を食べて下山します。
登山道は沢みたいでした。
13
こんな中を下るんです((+_+))
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな中を下るんです((+_+))
12
流されないように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流されないように
32
登りと難易度がまったく変わってしまいました。
滝の様に流れる登山道の水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りと難易度がまったく変わってしまいました。
滝の様に流れる登山道の水
8
タカネナデシコ
ですが、お花を楽しむ精神的余裕なし( ;∀;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
ですが、お花を楽しむ精神的余裕なし( ;∀;)
7
こんな所を渡れっての!
恐い!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所を渡れっての!
恐い!
20
板が渡してある上まで水が・・・!
滑って転んで落ちたら死にますね。
まだ死にたくないので必死で渡りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板が渡してある上まで水が・・・!
滑って転んで落ちたら死にますね。
まだ死にたくないので必死で渡りました。
40
やっと雪渓にきた。
雪渓まで来れば一安心だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと雪渓にきた。
雪渓まで来れば一安心だ。
6
雪渓も終わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓も終わります。
4
なんとか生きて帰れそうだよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか生きて帰れそうだよ
4
計画では2日目に歩く予定だった稜線もガスガスのまま。
雨が降っているかもしれないな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
計画では2日目に歩く予定だった稜線もガスガスのまま。
雨が降っているかもしれないな。
1
漸く駐車場に戻って来ました。
あ〜、疲れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く駐車場に戻って来ました。
あ〜、疲れた。
3

感想/記録

某有料天気予報サイトで白馬岳のお天気が良かったので出かけてみたら
とんでもない間違い予報でした。

さて雪渓登りはさほど辛く無く、涼しいので岩手山や羊蹄山のバテバテ登山よりはずっと楽でした。
雪渓を終えお花畑を見ながら稜線に近づき
白馬岳頂上宿舎がガスの中に見えたと思ったら
土砂降りの雨に見舞われました。
小屋まで残り5分といった所だったでしょうか。
慌てて頂上宿舎の食堂(休憩所?)に滑り込みました。
そこからはずっと暴風雨。
時間が経っても強まるばかりです。
今日は山頂は諦めて白馬岳頂上宿舎に泊まることにしました。

明日は良い日になって欲しい…

しかし二日目も暴風雨、全く収まる気配なしです。
パトロール隊の方も稜線歩きは危険なので
雪渓で下る方が良いと登山者に薦めています。
朝食後次々と雪渓を下る登山者の人達。
私達はどうする?
やっぱり山頂は踏みたい…
ザックをデポして、試しに稜線に出てみました。
稜線に出ると暴風雨だけどなんとか行けそうでした。
で、白馬岳山頂ゲット!
暴風雨、展望ゼロ、写真を3枚撮っただけの悲しい山頂でした。

そして下山時の登山道は沢の様な道に変貌してました。
雪渓に出るまでは緊張の連続で生きた心地がしませんでした。
どうにかこうにか雪渓に着いた時は本当にホッとしました。
あ〜、生きて帰れたって。

そうそう白馬尻小屋に着くと猿倉〜二股間が
大雨で通行止めの表示があるではないですか(''◇'')
今度は猿倉でストップか?
小屋の人に確認してみると丁度今開通の連絡が入ったところです!
って。
なんてこともありました。
これだけはラッキーでした。

計画では小屋に泊まって旦那は白馬三山経由で猿倉へ
私は白馬大池から栂池へ下る予定だったんです。
楽しみにしてた稜線歩きだったんですが
今回はオジャンになってしまいました。

でもいつの日か絶対に晴天リベンジを誓う私なのでした。
訪問者数:2474人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/1
投稿数: 1405
2017/8/25 20:08
 怖すぎです
tamatanさん こんばんは

NO39とNO40の写真、怖すぎです。よくぞ無事で下山されましたね。
お疲れ様でした。それでも山頂まで行っているところが凄いです…。

自分の予定していた今年の白馬岳は、これで完全に白紙になりました。
                          埼玉のchii
登録日: 2012/12/8
投稿数: 699
2017/8/26 9:11
 Re: 怖すぎです
chii1961 さんおはようございます。
私はドキドキでしたが相方は平気の平左でしたし
小学生のお子さん達も降りて行ったのですから
大したこと無かったのかもしれませんね。
でも滑って転んでもしたらと思うとホントに恐ろしいです。

頂上宿舎から山頂は暴風雨でしたが
登山道が広いのでそれ程恐怖を感じませんでした。

今日の午後からは北ア北部もお天気が回復しそうですね。
1週間早すぎたようです。

chii1961 さんの白馬山行が素晴らしいお天気に恵まれますように♪

コメントありがとうございました。
登録日: 2017/6/12
投稿数: 1
2017/8/28 16:41
 一緒でしたね
私達も16名で同じ日に登りました。本当に最悪でした。
白馬三山を縦走の予定でしたが、安全を考えて下山に決定。
下山時の沢は写真通りで、水以外に落石も心配でやっと渡れました。
来年リベンジしたいと思います。
登録日: 2014/6/22
投稿数: 1
2017/8/28 22:16
 お疲れ様です。
tamatanさんの10日くらい前に、小雨のなか、大雪渓を登りましたが、tamatanさんの比ではありませんね。こんな暴風雨のなか、よくぞ、ご無事で。登山道でなく、完全に川ですね。ある意味、沢登りならぬ、沢下り。小雨の翌日、大池から栂池までの道が泥だらけで、グダグダ文句言ってたのを反省します。ぜひ、リベンジしてください。 yoikonomori
登録日: 2012/12/8
投稿数: 699
2017/8/30 18:45
 Re: 一緒でしたね
shiniatozannさんこんばんは
お互い酷い日に当たってしまいました
そうなんです、水だけじゃなく地盤が緩んだので落石も心配でしたね。
小学生なども下っていたので自分のことだけじゃなくて
皆無事に戻られたかなととても心配してました。

shiniatozannさん達が今度登られる時には素晴らしいお天気に恵まれますように

コメント遅くなり申し訳ありませんでした。
登録日: 2012/12/8
投稿数: 699
2017/8/30 18:54
 Re: お疲れ様です。
yoikonomoriさん初めましてこんばんは♪
そうなんです、まさかの暴風雨で冷や冷やしながら下りました。
yoikonomoriさんのルートを私は計画してました。
小雨でも泥濘ドロドロになっちゃうんですね〜。
やっぱり良いお天気の時に歩きたいですね。
はい、いつになるかはわかりませんが
リベンジしたいと思っています

コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ