ヤマレコ

記録ID: 1236250 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

南ア白峰三山縦走

日程 2017年08月23日(水) 〜 2017年08月24日(木)
メンバー
天候23日晴れのち曇り 24日霧小雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
(行き)芦安市営駐車場−広河原(バス)
(帰り)奈良田バス停ー広河原−芦安市営駐車場(バス)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間30分
休憩
1時間10分
合計
8時間40分
北岳山荘04:1004:40中白根山05:20間ノ岳05:3006:10農鳥小屋06:2006:50西農鳥岳07:0007:30農鳥岳07:4008:10大門沢分岐08:3010:00大門沢小屋10:1012:20奈良田ゲート12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
広河原から大樺沢、左俣ルートは道も整備されて登りやすい。大門沢下降は、岩&根の急坂路となり注意が必要だが、沢道や吊り橋、南アルプスの大自然を満喫できる趣のあるルート。
その他周辺情報奈良田にて奈良田の里温泉「女帝の湯」で疲れを癒しました。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 調理用食材 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ 地図(地形図) コンパス 計画書 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール

写真

八本歯のコルから間ノ岳方面を望む
2017年08月23日 09:23撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルから間ノ岳方面を望む
大樺沢では熊の足跡を発見
2017年08月23日 07:04撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢では熊の足跡を発見

感想/記録

1日目
0615広河原-0745二俣−0910八本歯のコル–1000北岳山頂−1130北岳山荘

前日に北岳山荘周辺で熊の出没が相次いでいるとの情報。一気にモチベーションが
下がるも、太平洋高気圧の影響で好天する予想に期待をしながら登山開始。
小屋に状況を確認し小屋泊まりに変更する。道中、大樺沢辺りで熊の足跡を発見、
ビビりながら距離を稼いでいく。広河原ではガスに覆われていた白峰三山も
大樺沢二俣辺りから青い空に覆われ八本歯のコルでは最高の登山日和となる。
しかし好天は長く続かず北岳山頂では軽いガスに覆われる場面も。
後は小屋にいくだけなので、北岳山荘で大休止&北岳山荘までお花畑を堪能した。

2日目
0410北岳山荘−0440中白根山−0520間ノ岳−0650西農鳥岳−0730農鳥岳−
0810大樺沢下降点(中休止)−1000大門沢小屋–1220奈良田ゲート-1250奈良田温泉

奈良田から広河原行き(最終1530)に乗る予定で早出をする。
4時に弁当を受け取り0410小屋を出た!?と周りを見渡しても間ノ岳方面に向かう人は誰もいない(汗)前日に大体のルートは下見しておいたが、暗闇&ガス&熊の影響もあり慎重にルートファインディングしながら中白根山着。間ノ岳へ向かう稜線に出てからは10mを超える風と雨を受けながら岩稜帯を抜ける。中白根山後は徐々に白み出しルートファインディングの難はなくなったが、時折耐風姿勢が必要だろうって風が襲いかかってくる。
 間ノ岳、西農鳥、農鳥と岩稜帯を抜け、いよいよ大門沢下降点へ!今回の山行はここを安全にそして迅速にということをテーマにあげていた。大門沢下降路は日向山の錦滝ルートのような急な岩や根の下りが延々と続くが、道が沢(小川)になっていたりアトラクションのような橋、何より南アルプスの深い自然を堪能できる道で個人的には大好きな道と感じた。タイム的にも余裕を持って下山、ゆっくりと温泉&最終バスにも間に合い帰路につくことができた。

以上
訪問者数:172人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ