また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1236364 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

伯耆大山1729m夏山道(早朝夏山道往復)

日程 2017年08月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松江自動車道溝口インターが最寄りのインター、帰りは山陰道→松江自動車道を利用してみました(三良坂から地道で西条まで3時間弱でした)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天気が良ければ普通に気を付けて歩けば問題ないと思います。
その他周辺情報参道沿いに日帰り入浴施設の豪円湯院あり。モンベルが南光河原駐車場から橋を渡ったところにあり。鬼守橋周囲の国道沿いにコンビニが数件あり。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック(バーサライト パック 40) 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS(Fenix5x) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

寝すぎて5時半の日の出に出発できず6時に出発した。ふもとか
ら大山の稜線が見えていた。
2017年08月26日 05:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝すぎて5時半の日の出に出発できず6時に出発した。ふもとか
ら大山の稜線が見えていた。
豪円山800mの頭に雲が流れている。
2017年08月26日 06:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪円山800mの頭に雲が流れている。
四合目を過ぎたあたりでガスがでてきたけれどもまた取れて雲の
合間から青空が時々顔をだすようになった。
2017年08月26日 06:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目を過ぎたあたりでガスがでてきたけれどもまた取れて雲の
合間から青空が時々顔をだすようになった。
5合目到着。残念ながら展望はない。そのすぐ上が元谷分岐だ。
2017年08月26日 06:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目到着。残念ながら展望はない。そのすぐ上が元谷分岐だ。
このあたりは結構急で単調な階段の登りが続く。冬なら天気が良
ければ展望が楽しめるけども夏は灌木で展望があまりよくない。
2017年08月26日 06:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは結構急で単調な階段の登りが続く。冬なら天気が良
ければ展望が楽しめるけども夏は灌木で展望があまりよくない。
1
6合目避難小屋に着いた。一人休んでおられる。休まずそのまま
登っていく。
2017年08月26日 07:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目避難小屋に着いた。一人休んでおられる。休まずそのまま
登っていく。
沸き立つ雲海の合間から太陽が見えている。
2017年08月26日 07:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沸き立つ雲海の合間から太陽が見えている。
1
7合目に着いた。別山の向こうに弥山山頂が見える。8月6日の雲
海に比べると雲の高さがだいぶん高い。振り返ると登ってきた尾
根を西から東へ濃いいガスが流れている。
2017年08月26日 07:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7合目に着いた。別山の向こうに弥山山頂が見える。8月6日の雲
海に比べると雲の高さがだいぶん高い。振り返ると登ってきた尾
根を西から東へ濃いいガスが流れている。
草鳴社ケルンのところまで登ってきた。
2017年08月26日 07:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草鳴社ケルンのところまで登ってきた。
1
雲海がダイナミックな動きをしていて見ていて飽きない。
2017年08月26日 07:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がダイナミックな動きをしていて見ていて飽きない。
1
8合目まで登ってきた。大山のトイレ事情の看板がある。このさ
きから左が崩落したところを進むようになる。
2017年08月26日 07:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目まで登ってきた。大山のトイレ事情の看板がある。このさ
きから左が崩落したところを進むようになる。
木道がでてくると右側がキャラボク帯となる。
2017年08月26日 07:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道がでてくると右側がキャラボク帯となる。
1
伯耆大山山頂小屋まで登ってきた。
2017年08月26日 07:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伯耆大山山頂小屋まで登ってきた。
山頂石碑に到着。雲海に浮かぶ剣が峰を想像していたけどこちらは雲海はない。
2017年08月26日 08:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂石碑に到着。雲海に浮かぶ剣が峰を想像していたけどこちらは雲海はない。
2
山頂小屋の向こうはわた雲の雲海になっている。
2017年08月26日 08:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂小屋の向こうはわた雲の雲海になっている。
再び山頂小屋
2017年08月26日 08:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山頂小屋
わた雲の雲海。北から南へと流れている。
2017年08月26日 08:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わた雲の雲海。北から南へと流れている。
1
サラシナショウマ
2017年08月26日 08:37撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
1
キュウシュウコゴメグサ
2017年08月26日 08:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キュウシュウコゴメグサ
2
小屋へよって温度計を見ると14度だった。寒いはず。
2017年08月26日 08:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋へよって温度計を見ると14度だった。寒いはず。
2
アキノキリンソウ
2017年08月26日 08:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
シコクフウロ
2017年08月26日 08:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクフウロ
三鈷峰と雲海
2017年08月26日 08:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰と雲海
ダイセンオトギリ
2017年08月26日 08:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイセンオトギリ
下っていく夏山道
2017年08月26日 09:06撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていく夏山道
1
ガラス細工のようなソバナ
2017年08月26日 09:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガラス細工のようなソバナ
1
6合目小屋に着いた。天気は晴れ。にぎわっている。
2017年08月26日 09:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目小屋に着いた。天気は晴れ。にぎわっている。
小さな白い花がボールのようになったイケマ(たぶん)。
2017年08月26日 09:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな白い花がボールのようになったイケマ(たぶん)。
元谷分岐に着いた。今回は元谷へはいかず尾根を下りてゆく。
2017年08月26日 10:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷分岐に着いた。今回は元谷へはいかず尾根を下りてゆく。
ヤマアジサイ
2017年08月26日 10:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ
やがてブナ林へ。空気がひんやりしている。
2017年08月26日 10:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてブナ林へ。空気がひんやりしている。
1
登りには気づかなかったヤマジノホトトギスがちらほらみられ
る。
2017年08月26日 10:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りには気づかなかったヤマジノホトトギスがちらほらみられ
る。
南光河原駐車場へ。天気は晴れ。今日も一日大山を
楽しむことができた。
2017年08月26日 10:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南光河原駐車場へ。天気は晴れ。今日も一日大山を
楽しむことができた。
秋になったら烏ケ山など大山周囲の山々も散策しよう。
2017年08月26日 10:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋になったら烏ケ山など大山周囲の山々も散策しよう。
3

感想/記録
by ohkamo

今年は花の東赤石へと思えど
なかなか機会がなくて今度こ
そと思っていたものの前線が
南下するようであきらめて伯
耆大山へ登ることにした。雨
上がりで面白い雲海が期待で
きそうなのと虫が多そうなの
でユートピアはやめて夏山道
往復にした。

前日の22時に東広島を出発し
て国道375号→三良坂IC(松
江自動車道)→庄原IC(中国
道)→
道後山のふもとを通って大山
登山口にある南光河原駐車場
へ。道中、三次あたりは土砂
降り。
駐車場は小雨が降っている。
こんな天気なのに車が数台止
まっている。前回は暑くて寝
れなかったけれども今回は寒
いくらいで車中泊用シュラフ
で寝た。

寝すぎて5時半の日の出に出
発できず6時に出発した。ふ
もとから大山の稜線が見えて
いる。
天気は良くなっていくような
ので展望が期待できるかな。
6時20分に1000m道標を通過
した。
ヤマジノホトトギスが咲いて
いる。ただこのあたりは咲き
終わりかけか。豪円山の頭に
雲が流れている。四合目を過
ぎたあたりでガスがでてきた
けれどもまた取れて雲の合間
から青空が時々顔をだすよう
になった。

6時47分に5合目到着。残念な
がら展望はない。そのすぐ上
が元谷分岐だ。今回はパスす
る予定で
夏山道往復の予定。6時55分
に1300m道標を通過した。こ
のあたりは結構急で単調な階
段の登りが続く。冬なら天気
が良ければ展望が楽しめるけ
ども夏は灌木で展望があまり
よくない。クサボタンがちら
ほらみられる。ソバナも咲い
ている。夏から秋への花へと
変わってきている。

7時過ぎに6合目避難小屋に着
いた。一人休んでおられる。
休まずそのまま登っていく。
引き続き
きついのぼりが続くけれども
展望はよくなる。サラシナシ
ョウマの群落がみられる。沸
き立つ雲海の合間から太陽が
見えている。北壁がうっすら
見えている。三鈷峰はもくも
くした雲に覆われている。尾
根の上の方を見ると青空が広
がっている。

7時20分に7合目に着いた。別
山の向こうに弥山山頂が見え
る。8月6日の雲海に比べると
雲の高さがだいぶん高い。三
鈷峰の雲がとれてユートピア
までの稜線がよく見える。振
り返ると登ってきた尾根を西
から東へ濃いいガスが流れて
いる。

7時半に草鳴社ケルンのとこ
ろまで登ってきた。雲海がダ
イナミックな動きをしていて
見ていて飽きない。シモツケ
ソウがでてきたけどさすがに
もう終わり。7時40分に8合目
まで登ってきた。大山のトイ
レ事情の看板がある。このさ
きから左が崩落したところを
進むようになる。木道がでて
くると右側がキャラボク帯と
なる。8時前に伯耆大山山頂
小屋まで登ってきた。そこか
ら1,2分で山頂石碑に到着
。雲海に浮かぶ剣が峰を想像
していたけどこちらは雲海は
ない。何人か下りてくる人が
いたけど地元の方らしき男性
との話によると昨日は大雨だ
ったようで今日は人がとても
少ない。
石碑には一名いるのみ。

山頂小屋の向こうはわた雲の
雲海になっている。北から南
へと流れている。ポシェット
の温度計を見ると18度。風が
強くて寒い。半袖ではおれず
。長袖を着る。30分ほど景色
を楽しみ8時半に下山を開始
した。途中、小屋へよって温
度計を見ると14度だった。寒
いはず。サラシナショウマ・
シコクフウロ・キュウシュウ
コゴメグサ・ダイセンオトギ
リなどを写真に撮ったりしな
がら下山してゆく。アキノキ
リンソウも咲いている。崩落
地にはホソバノヤマハハコの
群落がみられる。赤色がきれ
いなネジバナがさいている。

8合目を過ぎたあたりから少
しずつ登ってくるハイカーが
増えてきた。これから続々と
登って
来られるだろうと思われ6合
目まで急ぐ。ただいつものよ
うに下山はスピードがでない
。ガラス細工のようなソバナ
が咲いている。9時半に6合目
小屋に着いた。天気は晴れ。
にぎわっている。小さな白い
花がボールのようになったイ
ケマ(たぶん)がみられる。

9時40分に元谷分岐に着いた
。今回は元谷へはいかず尾根
を下りてゆく。登ってくるハ
イカーは
多いけれども道が広いので休
み休みであるけれども下りて
いける。ヤマアジサイが咲い
ている。登りには気づかなか
ったヤマジノホトトギスがち
らほらみられる。やがてブナ
林へ。空気がひんやりしてい
る。10時25分に阿弥陀堂前の
ベンチがでてきた。10時半に
南光河原駐車場へ。天気は晴
れ。今日も一日大山を楽しむ
ことができた。

帰りは試しに山陰道→松江自
動車道を利用してみる。山陰
道は片側一車線があるものの
流れはスムーズ。ただ松江自
動車道はトラックがいると登
坂路では極端にスピードがお
ちてしまう。それでも3時間
はかからず自宅に着いた。秋
になったら烏ケ山など周囲の
山々を散策しよう。

http://sengamine.sakura.ne.jp/homepagenew/yamakiroku/2017/sandaisen170826/sandaisen170826.html

HDRを使って撮ると鮮やかさが少なくなってしまった(対策検討しないと)。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ