また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1236434 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

1年振りの表銀座ルートから常念山脈ルートへ

日程 2017年08月20日(日) 〜 2017年08月22日(火)
メンバー
天候晴れ 一時雨
アクセス
利用交通機関
バス
安曇野穂高までは夜行バス(さわやか信州号:大阪発)。
穂高より相乗りでタクシーにて中房温泉へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール

写真

昨年体験した圧巻の表銀座コースをもう一度見たかったし、未体験ゾーンの常念山脈も縦走したかったしで、両方叶えるべく今年も中房温泉から入山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年体験した圧巻の表銀座コースをもう一度見たかったし、未体験ゾーンの常念山脈も縦走したかったしで、両方叶えるべく今年も中房温泉から入山。
去年は素通りしてゴメンね。今年は頂上にタッチ!
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年は素通りしてゴメンね。今年は頂上にタッチ!
1
ここのところ、ほぼ毎年来ている燕山荘
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのところ、ほぼ毎年来ている燕山荘
そして、ほぼ毎年食ってる燕山荘のカレー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ほぼ毎年食ってる燕山荘のカレー
1
燕山荘にもどって、やっとたどり着く。念願のコレ。
2017年08月20日 15:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘にもどって、やっとたどり着く。念願のコレ。
1
この日、一番組の夕食。
2017年08月20日 17:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日、一番組の夕食。
1
2日目。燕山荘の朝食はとらず、ヘッドライトを頼りに早朝出発。
コマクサが朝霜に被われている。
2017年08月21日 04:20撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。燕山荘の朝食はとらず、ヘッドライトを頼りに早朝出発。
コマクサが朝霜に被われている。
夜が明けてきた。
北アルプスの夜明け。
稜線には俺一人。
その不思議さ。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜が明けてきた。
北アルプスの夜明け。
稜線には俺一人。
その不思議さ。
夜明け。
北穂高が姿を現す。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け。
北穂高が姿を現す。
1
大下り
すっかり夜が明ける。
そろそろ朝めし・・・
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大下り
すっかり夜が明ける。
そろそろ朝めし・・・
燕山荘の作ってくれたお弁当
もち米で腹持ちよさそう。
美味かった!
2017年08月21日 06:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘の作ってくれたお弁当
もち米で腹持ちよさそう。
美味かった!
1
去年上った大天井岳と槍ヶ岳の揃踏み。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年上った大天井岳と槍ヶ岳の揃踏み。
2年連続の大天井岳
ここにもまた泊まりたい大天荘
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2年連続の大天井岳
ここにもまた泊まりたい大天荘
東大天井岳を経て、いよいよあれが常念小屋か??
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大天井岳を経て、いよいよあれが常念小屋か??
常念小屋。
今夜の部屋。
一番乗り〜
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋。
今夜の部屋。
一番乗り〜
1
さっそく昼飯。
やはりカレー
常念小屋のは豪華でした。
2017年08月21日 12:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっそく昼飯。
やはりカレー
常念小屋のは豪華でした。
明日も早朝出発するつもり。
ヘッドライトだけで危険かないか、下見しておこう。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日も早朝出発するつもり。
ヘッドライトだけで危険かないか、下見しておこう。
明日は常念岳を超えて、その向こうに行くわけだが
下見も兼ねて、山頂まで。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日は常念岳を超えて、その向こうに行くわけだが
下見も兼ねて、山頂まで。
しかし、思っていたよりはるかにきつかった。
明日も登るのに・・
後悔しながらの登頂。
2000年01月01日 00:00撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、思っていたよりはるかにきつかった。
明日も登るのに・・
後悔しながらの登頂。
1
足がガクガクになりながら、常念小屋にもどる。
燕山荘で一緒だった人生の先輩と談笑。
そして夕飯
2017年08月21日 16:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足がガクガクになりながら、常念小屋にもどる。
燕山荘で一緒だった人生の先輩と談笑。
そして夕飯
翌朝、再び常念岳へ。
足が進まず、途中でご来光
2000年01月01日 00:03撮影 by Canon EOS Kiss Digital N, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、再び常念岳へ。
足が進まず、途中でご来光
2
蝶槍
昔はココが蝶ヶ岳の山頂だったらしい
2017年08月22日 09:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍
昔はココが蝶ヶ岳の山頂だったらしい
4
最後の目的地
蝶ヶ岳
これで、すべての目的を成就
2017年08月22日 10:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の目的地
蝶ヶ岳
これで、すべての目的を成就
2
徳澤に下山しホッと一息の図
2017年08月22日 14:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳澤に下山しホッと一息の図
1
松本より帰阪
2017年08月22日 17:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本より帰阪

感想/記録

今年も、私の夏休みは北アルプス。
2泊3日の山小屋泊の旅。

昨年体験した圧巻の表銀座コースをもう一度見たかったし、未体験ゾーンの常念山脈も縦走したかったしで、両方叶えるべく今年も中房温泉から入山と言う事に。
中房温泉〜燕岳〜大天井岳〜東大天井岳〜常念岳〜蝶ヶ岳〜上高地と巡ってきました。

今年のテーマは「早朝出発」
両日とも、小屋の朝食は頼まず、午前4時過ぎ・・ヘッドライトを頼りに出発。

まだ人気の無い闇に包まれた稜線を一人歩く。
去年も歩いた道だからこそ出来る。
しばらく危険個所は無い。道迷いにだけ注意して進む。

夜明けが近づいてきた頃、目の前に雄大な北穂高の峰々が姿を現してくる。
一人で北アルプスの山中、夜明けを迎えようとしている、その不思議さ。
今、生きているんだ!!と実感。
もうたまらない時間。

まだ夏と言えど、8月も終わりに近づいた北アルプスの早朝は・・・寒い!
朝霜に包まれたコマクサを発見。
この氷結コマクサが今年の宝物。

山上で知り合った、山の旅人達とのひと時も楽しい時間。
はなから一期一会と知りつつ名残惜しい。
また、どこかの山でお会いしましょう!
訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

コマクサ ご来光 道迷い
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ