また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1236454 全員に公開 沢登り甲斐駒・北岳

尾白川本谷

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月27日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候雨曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日向山登山口駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間47分
休憩
27分
合計
7時間14分
Sスタート地点08:1708:47錦滝09:0509:35尾白川林道終点09:3710:31鞍掛沢出合10:3211:57噴水滝12:15黄蓮谷二股12:2115:31宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
尾白川本谷遡行、2000m付近岩屋泊、日向八丁尾根下山
コース状況/
危険箇所等
ちゃんと探せば踏み後のしっかりした巻き道が結構あります。
正直に進もうとすると結構悪い滝が多いです。

八丁尾根は、地面のクッション性が高く、全体的に歩きやすい。ぐんぐん標高を下れます。
ただし、大岩山直下は標高差100mほどを鎖とはしごとワイヤーとワイヤーに続くワイヤーと鎖とロープで、まるで大滝の悪い巻き道のような急斜面の直登となり、疲れた体にパンチが効きました。

日向山から錦滝へのコースは滑落危険のため一応通行止めとなってます。ただ、稜線の分岐には何も表示はありませんでした。日向山経由でも大した登りはなく、むしろ下山は歩きやすいです。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

トンネルくぐって〜
林道終点まで。
2017年08月26日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルくぐって〜
林道終点まで。
キレイな滑沢
水はそこまで冷たくない。
2017年08月26日 10:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイな滑沢
水はそこまで冷たくない。
全般的に結構ヌメヌメツルツルで変な力が入ってしまった
2017年08月26日 10:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全般的に結構ヌメヌメツルツルで変な力が入ってしまった
でも登れるなめたきが続く
2017年08月26日 10:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも登れるなめたきが続く
なめたき
しぶきをあげた水が輝ききれいじゃった
2017年08月26日 12:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なめたき
しぶきをあげた水が輝ききれいじゃった
階段状なめたき
2017年08月26日 13:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段状なめたき
中盤からはこんな大岩な滝が多く、トポでいうCS滝がどれか分からなかった。むしろどれもこれもCS滝でした
2017年08月26日 13:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤からはこんな大岩な滝が多く、トポでいうCS滝がどれか分からなかった。むしろどれもこれもCS滝でした
普通にクライミングな感じ。
明らかに通常のルートじゃなかったと思ってる
2017年08月26日 14:12撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通にクライミングな感じ。
明らかに通常のルートじゃなかったと思ってる
大岩。人がちっこく見えます。
この大岩をくぐった先に岩屋があります。
2017年08月26日 15:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩。人がちっこく見えます。
この大岩をくぐった先に岩屋があります。
大岩ズーム
2017年08月26日 15:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩ズーム
大岩の胎内くぐり。
光の射す方へ
2017年08月26日 15:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の胎内くぐり。
光の射す方へ
大岩上の岩屋。平地で雨風防げる適地
2017年08月26日 15:46撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩上の岩屋。平地で雨風防げる適地
たき火缶おろしたて。
帰ってからのすす落としが大変でした
2017年08月26日 17:11撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たき火缶おろしたて。
帰ってからのすす落としが大変でした
大岩とCSの連続
2017年08月27日 07:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩とCSの連続
大滝を臨む。
右のガレから多分一気に巻ける。
2017年08月27日 07:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝を臨む。
右のガレから多分一気に巻ける。
大滝右を巻き気味に登る
2017年08月27日 07:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝右を巻き気味に登る
残置あり。
ホールドが余りなく、つらい。
2017年08月27日 07:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置あり。
ホールドが余りなく、つらい。
左を登ったメンバーはかなり無理矢理左に逃げて落ち口に降りてきた。
右を登ったメンバーは、結構頑張って何とか登ってました。
私は右から小さく高巻きました。踏み後しっかりで、小さな尾根にたどり着きました。右を見れば先ほどのガレ場。大滝全部巻く道と合流かな
2017年08月27日 08:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を登ったメンバーはかなり無理矢理左に逃げて落ち口に降りてきた。
右を登ったメンバーは、結構頑張って何とか登ってました。
私は右から小さく高巻きました。踏み後しっかりで、小さな尾根にたどり着きました。右を見れば先ほどのガレ場。大滝全部巻く道と合流かな
詰めのガレ場
2017年08月27日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めのガレ場
詰めの藪こぎ(林の中)
2017年08月27日 09:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めの藪こぎ(林の中)
烏帽子岳から
ホントに烏帽子な形の岩の山
2017年08月27日 11:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳から
ホントに烏帽子な形の岩の山
大岩山の梯子が見える。
すごくハシゴが長そうに見えたが、そうでもなく、ワイヤーや鎖の方が多かった
2017年08月27日 12:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩山の梯子が見える。
すごくハシゴが長そうに見えたが、そうでもなく、ワイヤーや鎖の方が多かった
大岩山のワイヤー。
ワイヤーがあるからルートがわかるというぐらい、悪場
2017年08月27日 12:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩山のワイヤー。
ワイヤーがあるからルートがわかるというぐらい、悪場
日向山。癒されるハイキングコース
2017年08月27日 15:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山。癒されるハイキングコース

感想/記録

片桐松川からの越百川からの転進で尾白川本谷に参りました。
今年の夏は雨ばかり。でも今回は雨に降られずいい天気の二日間でした

日ごろ縦走で歩いているから下山の長さは頑張れた。
むしろクライミングにより上半身の筋肉という筋肉が筋肉痛になってしまった。
訪問者数:156人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ