また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1238833 全員に公開 沢登り谷川・武尊

万太郎本谷 日帰り

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇り、ガス時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
マイカーで土樽駅へ。
下山後、土合駅から電車で土樽駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間33分
休憩
4時間8分
合計
15時間41分
S土樽駅04:4605:31吾策新道登山口05:4607:24オキドウキョのトロ07:5009:57一ノ滝高巻10:2110:54二ノ滝12:25三ノ滝15:1517:57谷川岳・肩の小屋18:1020:27土合駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<オキドウキョのトロ>
左、右と泳いで渡ります。最後は左足のハイステップで左に乗り越えます。
これが155cm以下くらいだと厳しめ。左手はガバです。
<イシクラ沢分岐>
二の滝を超えた先にある分岐。右側を選択すれば良いのですが、左のイシクラ沢の方が取付きやすいのか、誰も気づかず迷い込みました。30分ほどこれでロス。
分岐には大岩があるので、それを目印にしてください。
<一の滝>
色んなレコを読むに、高巻を失敗している人が多いですが、
今回はすんなり巻けました。
コツは、標高を上げすぎないこと。むしろ殆ど上げないくらい。
高巻の取付きは岩で、そこからちょっと上がり、あとは水平。
滝の上部と同じ高さをキープ。
<三の滝>
前日までの降水により水量多目。バンド沿いに支流へ取付こうと考えていたが水量多目。トラバースは悪かったです。写真参照。
<詰め>
二俣は全て右側へ。アザミが痛い。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

5時前に出発。そっちは行き止まりですよ。
2017年08月27日 04:47撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時前に出発。そっちは行き止まりですよ。
1
ここから入渓。
2017年08月27日 05:32撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入渓。
2
堰堤を3つ越えます。全部中央突破。
2017年08月27日 05:55撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を3つ越えます。全部中央突破。
1
4m魚止めの滝。泳いで左壁に取り付きます。
2017年08月27日 06:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m魚止めの滝。泳いで左壁に取り付きます。
2
関越道の換気口。
2017年08月27日 07:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関越道の換気口。
1
オキドウキョのトロに差し掛かりました
2017年08月27日 07:24撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキドウキョのトロに差し掛かりました
3
対岸より。ジャンプしちゃえ。
2017年08月27日 07:27撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸より。ジャンプしちゃえ。
3
最後はこのハイステップ。
2017年08月27日 07:40撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はこのハイステップ。
3
井戸小屋沢の出合。
2017年08月27日 08:08撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸小屋沢の出合。
1
ここは左上の木を掴みながら突破。
2017年08月27日 09:07撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは左上の木を掴みながら突破。
2
このラインが良い。
2017年08月27日 09:12撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このラインが良い。
3
右からは難しいので左からへつって取付きます
2017年08月27日 09:26撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右からは難しいので左からへつって取付きます
1
ここはツルツルなので右側を巻きました
2017年08月27日 09:31撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはツルツルなので右側を巻きました
1
一ノ滝に登攀中の2人組。この方達とは最後の電車まで前後しました。
2017年08月27日 09:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ滝に登攀中の2人組。この方達とは最後の電車まで前後しました。
2
ここから高巻の取付き。
2017年08月27日 09:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから高巻の取付き。
1
踏み跡は分かる程度にあります。
2017年08月27日 09:59撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は分かる程度にあります。
1
滝の上部の高さを意識しましょう。
2017年08月27日 10:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上部の高さを意識しましょう。
1
2人組のクライマーが左壁を登攀中。
2017年08月27日 10:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人組のクライマーが左壁を登攀中。
1
一の滝上部に出ました。
2017年08月27日 10:21撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の滝上部に出ました。
1
二の滝は右側を簡単に登れます。
2017年08月27日 10:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝は右側を簡単に登れます。
2
イシクラ沢との分岐が近づいて来た。
本谷は右側ですが、我々は誤って左のイシクラ沢へ入ってしまいました。
2017年08月27日 11:17撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イシクラ沢との分岐が近づいて来た。
本谷は右側ですが、我々は誤って左のイシクラ沢へ入ってしまいました。
1
すぐ気が付いたので戻ります。
2017年08月27日 11:32撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ気が付いたので戻ります。
1
戻って、クライマックスの三の滝。
2017年08月27日 12:27撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って、クライマックスの三の滝。
2
下段はこのように取付き。
2017年08月27日 12:34撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下段はこのように取付き。
1
上段の滝。今日は水量多目につきバンドを右上には突破出来そうになく
2017年08月27日 12:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の滝。今日は水量多目につきバンドを右上には突破出来そうになく
2
このように右側をトラバースしましたが、悪かった〜。
2017年08月27日 13:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように右側をトラバースしましたが、悪かった〜。
1
支流から滝の上部の高さを意識してトラバース。踏み跡あります。
2017年08月27日 14:02撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支流から滝の上部の高さを意識してトラバース。踏み跡あります。
1
三の滝以降、二俣は右側を選択します。
2017年08月27日 15:25撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の滝以降、二俣は右側を選択します。
1
源頭になってきた。
2017年08月27日 17:38撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源頭になってきた。
2
18時前、無事肩の小屋に到着です。
2017年08月27日 17:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18時前、無事肩の小屋に到着です。
1
土合駅には天神尾根で下り、最終便に間に合いました。
2017年08月27日 20:29撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土合駅には天神尾根で下り、最終便に間に合いました。
1
撮影機材:

感想/記録

もともと土日の1泊で予定していた万太郎本谷でした。
天気が悪く日曜日帰りとなり、15:30のロング山行になりましたが、
色々と経験出来て大満足です。

イシクラ沢分岐辺りにテンバ適地があるらしいですが、探せど見つからず。
警戒していた一ノ滝の高巻はすんなりでしたが、三ノ滝突破に時間を食いすぎました。

土合の最終便を逃すと自宅に帰れない!
疲れた体にムチを振り、天神尾根を何度もこけながら無事土合駅に付き、長い山行が終わりました。
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ