また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1239983 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳☆冷池山荘にてテント泊。扇沢ピストン

日程 2017年08月26日(土) 〜 2017年08月27日(日)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
・長野駅→扇沢
 アルピコ
 http://www.alpico.co.jp/access/express/nagano_omachi/
 料金:4,200円(往復)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間40分
休憩
22分
合計
4時間2分
Sスタート地点10:0110:11柏原新道登山口11:02ケルン(柏原新道)11:06駅見岬11:1011:44水平岬12:09富士見坂12:1212:31種池山荘12:4313:12爺ヶ岳南峰13:19爺ヶ岳中峰13:30爺ヶ岳北峰13:44冷乗越13:53冷池山荘13:5614:03冷池山荘テント場
2日目
山行
5時間10分
休憩
35分
合計
5時間45分
宿泊地05:1905:44布引山06:07鹿島槍ヶ岳06:2606:52布引山07:18冷池山荘テント場07:51冷池山荘07:5608:07冷乗越08:0808:29爺ヶ岳北峰08:41爺ヶ岳中峰08:50爺ヶ岳南峰08:5509:19種池山荘09:32富士見坂09:3409:47水平岬10:13駅見岬10:1610:19ケルン(柏原新道)10:51柏原新道登山口11:04扇沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・全般
 整備が行き届いていて、迷わず歩ける。
 濡れた石の上でのスリップには注意。

・扇沢→登山口
 バスで来た道を10分ぐらい戻る。
 行きは下りだからいいけれど、帰りは地味につらい。

・登山口→種池山荘
 最初は登りが多いが、水平道などなだらかな登りもある。
 細めのトラバース箇所が一か所ある。そこだけが注意箇所。

・種池山荘→爺ヶ岳
 ハイマツの道。迷うところなし。

・爺ヶ岳→冷池山荘
 下りが多い。帰りは堪える。
 迷うところや危険個所はなし。

・冷池山荘→鹿島槍ヶ岳
 稜線歩き。晴れて風がなければ特に問題なし。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ(モンベル#3)

写真

長野駅からのバスで扇沢着。
準備を整えて10時ぐらいに出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野駅からのバスで扇沢着。
準備を整えて10時ぐらいに出発。
最初は一般道。
下りだから楽。
帰りはつらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は一般道。
下りだから楽。
帰りはつらい。
橋を渡って左に登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って左に登山口。
登山口。
登山届のポストあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
登山届のポストあり。
標識はたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はたくさん。
扇沢がだいぶ下に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢がだいぶ下に。
種池山荘も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘も見えてきた。
石畳。
石が畳のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳。
石が畳のよう。
水平道。
ここは楽ちん。
眺めもいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平道。
ここは楽ちん。
眺めもいい。
注意していれば問題ない感じだけれど、一人分の幅しかないので、すれ違いができず、渋滞になる場合あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意していれば問題ない感じだけれど、一人分の幅しかないので、すれ違いができず、渋滞になる場合あり。
タイヤが出てくればもうすぐ山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイヤが出てくればもうすぐ山荘。
いい天気、いい眺め。
ここでコーラでエネルギー補給。
400円。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気、いい眺め。
ここでコーラでエネルギー補給。
400円。
振り返っていい景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っていい景色。
鹿島槍ヶ岳が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳が見える。
1
今日は行かない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は行かない。
冷池山荘とテン場も見える。
まだ余裕はありそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘とテン場も見える。
まだ余裕はありそう。
山荘に着くと、ヤマネがお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に着くと、ヤマネがお出迎え。
8
テント場の大半は斜めってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の大半は斜めってる。
1
時間もたくさんなので、山とチャイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もたくさんなので、山とチャイ。
日が暮れていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が暮れていく。
空の色がどんどん変わる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空の色がどんどん変わる。
2
みんな見つめる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな見つめる。
3
朝。
もうみんな撤収している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝。
もうみんな撤収している。
日の出とともに出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出とともに出発。
あっという間に頂上。
出発して50分かからず。
ここのCTは甘目なのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に頂上。
出発して50分かからず。
ここのCTは甘目なのか。
1
五竜方面。
行きたいなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜方面。
行きたいなぁ。
山頂にはたくさんの人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはたくさんの人。
妙高方面は雲海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高方面は雲海。
お花がたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花がたくさん。
こちらはまだ咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはまだ咲いていた。
二度目の朝ご飯を食べて、テントを撤収して下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度目の朝ご飯を食べて、テントを撤収して下山開始。
登り返しが辛い。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しが辛い。。
八ヶ岳の右に富士山が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の右に富士山が!
とりあえず登った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず登った。
ヘリがと飛んでいく。
何かあったのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリがと飛んでいく。
何かあったのかな。
1
冷池山荘の上の稜線をヘリは越えていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘の上の稜線をヘリは越えていく。
1
種池山荘への道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘への道。
1
振り返って種池山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って種池山荘。
下山完了。
思ったよりだいぶ早く着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了。
思ったよりだいぶ早く着いた。
扇沢への登り返しが堪える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇沢への登り返しが堪える。

感想/記録
by chasou

ようやく鹿島槍ヶ岳。
この夏は週末の天気があまりよくなく、夏の初めに行こうと思っていた鹿島槍ヶ岳にようやく行けました。

1日目:扇沢→冷池山荘
東京から朝早くの新幹線で長野駅。
バスに乗り換えて扇沢に10時着。

朝は雨が降っていたけれど、扇沢に着くころには快晴に。
遅めのスタートだったけれど、それほど暑くもない。

登山口から種池山荘まで樹林帯の道を登る。
整備されているので、歩きやすいところが多い。
ケルンの辺りからは稜線上の種池山荘も見える。

歩きだして2時間半ぐらいで種池山荘到着。
ここまで登ると立山や剣岳など北アルプスの山々が見えるようになる。
山荘でコーラを買って、お昼休憩をして冷池山荘へ。

爺ヶ岳への稜線歩き。
登りだけれど、ハイマツの道で眺めはいい。
登り切った後は冷池山荘まではほぼ下りの道。
見えている割にはなかなかつかない。

冷池山荘には13時50分ぐらい着。
山荘に向かうと、山荘の人に足元気を付けて!と言われ、地面を見るとそこにはヤマネが☆
小さくてかわいい。

山荘でテント泊の受付を済ませて、テント場へ。
歩いて8分。登りの道。
トイレは小屋にしかないので、夜はけっこう危ない。

テント場は埋まり気味で、斜めのところが大半だったけれど、ましなところに張れた。
14時ぐらいから夕ご飯までけっこう時間があるので、のんびりチャイを飲んだり、お花の写真を撮ったりして過ごす。

夕暮れ時が近づくと、剱と立山が美しさを増す。
テント場の人々はみんな外に出て、日が沈んでゆくのをじっと見る。
刻々と色が変わる雲。
剱の真上から沈んでいく。
久しぶりに夕暮れをじっと見た。
テント泊の醍醐味。
暗くなってからはやることもないので、テントでゆっくり。

2日目:冷池山荘→鹿島槍ヶ岳→扇沢
翌朝、朝ごはんを食べていると少しずつ明るくなっていく。
日の出前に出発したかったけれど、結局日の出をテント場で見てから出発。

稜線歩きに近いので、お花畑や稜線からの眺めを楽しみつつ歩ける。
コースタイムよりだいぶ早く山頂には到着。
山頂からは五竜や白馬がよく見える。
妙高や火打山は雲海に浮かぶ。
槍ヶ岳や穂高、八ヶ岳や南アルプスもよく見える。
素晴らしい景色。

山頂で少し休憩をしたら、下山開始。
テント場でテントを撤収し、まず爺ヶ岳を目指す。
冷池山荘からは地味に登りが続き、けっこう疲れる。

爺ヶ岳の南峰に登り、南の方を見ると八ヶ岳の横に富士山が☆
この日もいい天気。
種池山荘方面には立山や剣が美しい。
山荘までの稜線からの眺めを楽しんだ後は、樹林帯の下りへ。
1時間半ほどで扇沢到着。
バスを待つまでにソフトクリームなどを食べて待つ。
長野行きの特急に乗客は3人ぐらい。

あっという間の1泊2日。
快晴でテント場からの眺めは最高。
鹿島槍ヶ岳にも無事に登ることができ、夏の終わりにいい山行ができました。
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/4/29
投稿数: 24
2017/8/29 15:03
 初めまして。
冷池山荘に、やまねが居るとは!翌日に泊まりましたが、全く気付きませんでした。まだ山で見た事がなく、いつか会えるのを楽しみにしているのですが、chasouさんが見掛けられた時は、どんな様子でしたか?
チョロチョロしているとか、のんびり歩いているとか・・ 写真に見いってしまいました。
登録日: 2014/1/16
投稿数: 19
2017/8/29 20:06
 Re: 初めまして。
コメントありがとうございます☆
ヤマネは冷池山荘のお水の販売窓口の前の道をうろうろしてましたー。
山荘の人に踏まないように気を付けてねと言われて気が付きました。
小さくてかわいかったです。
動きはのんびりとしていて、網の側溝のそばに行ったりしていたので、落ちないかハラハラしながら見てました。
山荘到着直後だったのですが、疲れも取れるぐらい癒されました^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ